blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 11日

雪もようの休日

この土曜日は石徹白の山をガイドする予定でしたが天気が悪そうなので延期しました。
その代わりにNSネットのネイチャースキーのお手伝いをするつもりでしたが、それも流れ。
朝一番でボレのスキーアイゼンの取り付けをしました。
96㎜用のやつですが100㎜センターのアトミックにぎりぎり付きました。
e0064783_16512534.jpg
手前はペッツルのスキーアイゼンです。
ペッツルはビス3本なのに対しボレは2本。
e0064783_16512574.jpg
アイゼンの形状も凹凸で強度を出しているペッツルに比べボレは一枚板。
刃先の鋭さもペッツルに分があるようです。
なお96㎜用を100㎜に付けるのはシビアな穴あけの位置決めが必要です。

まだ雪が降っています。
かみさんが美濃の小坂酒造の蔵開きにに行くというので付いて行きました。
e0064783_16512580.jpg
沢山の人がみえてました。
e0064783_16512438.jpg
蔵の裏庭
e0064783_16512591.jpg
蔵の中まで入れてもらい
e0064783_16512332.jpg
「夢のじゃぐち」から無濾過の純米しぼりたてを瓶に入れていただきました。
e0064783_16512606.jpg
運転を任せて試飲もいただきました。
e0064783_16512555.jpg
粕汁や酒粕の振舞いや酒饅頭でお腹もいい感じ。
e0064783_16512480.jpg
次は3月4日・5日です。
お酒は吟醸しぼりたて。
シボリ上げるそうですよ。

午後は関市の映画館へ行って「この世界の片隅に」を観ました。
ヒロイン「すず」のおっとりと対照的にストーリーは目まぐるしく展開し、年寄にはついていくのがやっとでした。
けど、描いている世界はよくわかるし、歴史のことを考えるとき、いつも感じていることでした。
(日常にかまけて深く考えることなどほとんどないのですが。)

あの時代に生きた人たちの人生は、不幸な人生でしたねで片付けられるのか。
すずはおっとりしたままで死ねれたら幸せだったのか。
あの時代の人はどうすればよかったのか。

純米しぼりたてを呑みながらでは、考えがまとまりません。




[PR]

by s_space_s | 2017-02-11 19:58 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/25346449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 奥美濃大ダワ1087.5m東尾...      傷だらけの天使 >>