blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 30日

粥川左岸40m滝登攀&右俣遡行

【山域】奥美濃
【場所】瓢ヶ岳、粥川
【日時】2017年7月29日(土)
【コース】粥川左岸40m滝~上流10m滝まで、粥川右俣~林道~瓢ヶ岳登山道
【メンバー】コウムラ、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】曇り
【遡行図】(クリックしてね)
e0064783_08354705.jpg
この金土日はコウムラと剱岳八ツ峰の岩場に行く計画でしたが、好天が期待できそうもないので延期にしました。
金曜日は近場の沢でアマゴ釣り。
小さいのが多かったけど「くしびき」に届けました。
土曜日はクライミングのトレーニングを兼ねて粥川の滝を登りに行きました。
普段は巻いて登っている滝をできるだけ直登するつもりである程度ギアも揃えました。

梅雨が長引いていることもあり、水量はまずます。
いつも下を通過するだけの40m滝にまずは取り付きます。
e0064783_14411094.jpg
アンカー構築中のコウムラ
e0064783_14411133.jpg
ここで一つ失敗。
水をなめて、Tシャツ1枚で登ったら震えが来てしまい、攻撃的なライン取が難しくなってしまいました。
e0064783_14413831.jpg
大滝の落ち口。
左岸の植林が伐採されていて倒木が多いのが玉にきず。
e0064783_14411118.jpg
大滝の上流にも中ぐらいの滝が続いていました。
これは落ち口が微妙でした。
e0064783_14411126.jpg
落ち口右手に大木が載っている10m滝。
e0064783_14411187.jpg
登ってみると、モミの大木でした。
e0064783_14411001.jpg
その上にも滝が続きます。
まるで山の上から水が湧いているようです。
e0064783_14412553.jpg
大きな滝を登りに来たので、今日はここまで。
取付きに戻り大休止して、午後は右俣に入りました。
三枚滝25mは水量多く、とても取り付けそうにない。
e0064783_14412517.jpg
tsutomuさんの記録にあった右手のルンゼから落ち口に出ました。
わしらは怖いのロープを出しました。
凄い水量で這い上がるのに思い切りが要りました。
e0064783_14412573.jpg

e0064783_14413857.jpg
落ち口をフォローするコウムラ
e0064783_14412698.jpg
中流のチョックストン滝15m
e0064783_14412685.jpg
これは気持ちよかった。
e0064783_14413954.jpg
右俣は小さな滝が少ないかわりに大きい滝が多い。
最後に登りごたえのある20m滝が現れました。
当然、取り付きます。
e0064783_14412535.jpg
水量もありヌメッていて登りごたえあり!
e0064783_14413896.jpg
林道に近づくとゴミが目立つようになり、興ざめ。
登山道経由で下山しました。
林道へ出てから対岸を見ると今朝登った40m滝がむちゃくちゃカッコよく見えました。
e0064783_14413895.jpg
40m滝取付9:00 終了11:30 右俣遡行開始12:00 林道15:30 登山口17:00 




[PR]

by s_space_s | 2017-07-30 15:28 | 山登り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/25947763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by two2106 at 2017-07-30 19:36
あの40mを!流石ですね。やっぱりやられることが一味違います。右股、最後の滑った滝もいかれるなんて、イカれてる(?)
Commented by s_space_s at 2017-07-31 17:35
ロープ使ってちゃんとプロテクションをとって登りましたので、アドレナリンが出るほどではありませんでした。
三枚滝はよっぽど渇水でないと無理そうですね。


<< 剱岳八ツ峰Ⅵ峰Cフェース剣稜会ルート      梶井基次郎全集 >>