blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 06日

剱岳八ツ峰Ⅵ峰Cフェース剣稜会ルート

【山域】北アルプス
【場所】剱岳八ツ峰
【日時】2017年8月3日(木)~5日(土)
【コース】室堂~剣沢~長次郎雪渓~熊ノ岩(泊)~Ⅵ峰Cフェース~八ツ峰上半~剱岳~別山尾根~剣沢(泊)~別山乗越~立山三山縦走~室堂
【メンバー】コウムラ、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
e0064783_13125825.jpg
前回、コウムラの希望でDフェースを登りに来てからもう3年の月日が流れた。
コウムラは3年間まじめに努力した。
このルートならツルベで登っても安心できるまでになった。
今後は、禁煙して強いクライマーになってもらいたい。

剱は岩と雪の殿堂だ。
自分の小ささが実感できる。

1日目 曇り夕方小雨

室堂はスキーができそうなほど残雪が多い。
剣沢小屋の横に2泊目の食料などをデポして長次郎に向かう。
e0064783_13171055.jpg
長次郎谷出合から剣沢を振り返る。

e0064783_13171082.jpg
3年前の9月に雪渓が切れていたところも快調に登れる。

e0064783_13171079.jpg
チェーンスパイクとアプローチシューズはぎりぎりの選択だった。
この足回りでは下降は難しい。
e0064783_13161110.jpg
3時ごろ熊ノ岩に到着。
この風景、既視感がある。

e0064783_13171003.jpg
テントサイトはほとんど残雪に覆われ、5張ほどのスペースしかなかった。
テントキーパーしていた女性に1段下の快適なスペースを教えていただいた。
草原状の尾根に小さく人影が見えるところ。
e0064783_13143813.jpg
水は雪渓の下から豊富に流れ出していた。
手の切れそうなほどの氷水。
e0064783_13144032.jpg
今日のねぐらはツエルト
e0064783_13161122.jpg

2日目 曇り時々晴れ、夕方小雨

一段上のテントサイトを見上げる。
今日はCフェースも貸切かと気を抜いたのがまずかった。
e0064783_13192599.jpg
キジを打ったりしてゆっくり準備していると、5人のパーティーが長次郎を登ってきて、Cフェース基部に着いてしまった。
雪渓を横断してわしらも行ってみると、大学生パーティーで全員が剣稜会を登るという。
2パーティー目は新人2人をドッペルするというので、腹をくくってのんびり待つことにする。
e0064783_13192588.jpg
1ピッチ目の取付きは雪渓のシュルンドになっていて登りにくい。
写真は先行1パーティー目。
e0064783_13215656.jpg
1時間以上待ってスタート。
今日はジャンケンでオーダーを決める。
1ピッチ目はわしから。
ファイブテンのシューズは非常に快適で楽しく登れる。
残置はかなり古く、また少な目なのでカムが有効だ。

2ピッチ目の出だし。
安心して見ていられるようになったコウムラのリード。
学生パーティーは何回か落石を起していた。
確保技術も怪しい感じだったが、口を出さず。
e0064783_13192501.jpg
3ピッチ目の長いスラブがハイライト。
e0064783_13215602.jpg
リッジの尖がった先からのハンドトラバースがよく写真になっているピッチ。
コウムラはリッジを行かず、フェースを登ってしまった。

e0064783_13133718.jpg
最後、2級の岩場を少しで終了。
この時点で既に11時になってしまい、時間に追われることとなった。

八ツ峰上半はⅥ峰はクライミングダウン、Ⅶ峰は巻いて時間をかせぐ。
コウムラは2年前にも来ているので案内してもらった。
e0064783_13192477.jpg
e0064783_13133768.jpg
八ツ峰の頭は割愛して池ノ谷乗越へ。
ここからコウムラのスピードがガクンと落ちる。
先に歩くと置いていってしまいそうなので、先に歩かせる。
不思議なことにセカンドを歩いていると、その間のルートの記憶が曖昧になる。

14時半ごろ頂上着。
ガスに覆われ展望はない。
e0064783_13133791.jpg
コウムラのザックがやけに大きい。
協同装備はツエルトとラジオだけなのに。
装備を切り詰めるのも技術のうち。
e0064783_13192466.jpg
前剣のあたりでガイドの松原さんに会って懐かしかった。
お名前を間違えて申し訳ありません。
剣山荘のあたりで雨が降り出したが、すぐに上がってほっ。
e0064783_13192499.jpg
夜中におしっこに起きるとヘッドランプが要らないほどの月夜だった。

3日目 晴れ

剣沢キャンプ場のアサ~。
e0064783_13133701.jpg
9時ごろ出ればいいなとか言っていたけど、準備が出来てしまったので7時ごろ出発。
もう少し歩きたくて、別山乗越で立山三山縦走を提案するもコウムラは瞬時却下。
別行動でみくりが池集合とする。

別山方面からの剣

e0064783_13143986.jpg
雄山までは人も少なく気持ちが良かった。
e0064783_13143917.jpg
雄山の社務所には学校集団登山の人だかり。
この集団が降りだしたら大変な渋滞になると思い、休憩もそこそこに下山開始するも時既に遅し。
一ノ越からずら~っと登山の行列が出来ていた。
この人数はキャパを明らかにオーバーしている。
学校の集団登山はせめて休日は避けてもらいたい。

e0064783_13143964.jpg
こういう状況だと悪い人間性が出てきてしまい、いかん。

それでも3時間で集合場所に着く。
コウムラも道草しながら来たようで、そんなに待たせなかったみたい。
誕生日の前祝にコウムラがおごってくれた。
e0064783_13143928.jpg
わしらの夏が終わった。




[PR]

by s_space_s | 2017-08-06 15:39 | 山登り | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/25963127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by two2106 at 2017-08-06 16:52
誕生日、おめでとうございます。
素敵な前祝いになったようで良かったですね。
なかなか縁のない山行形態と山域ですが楽しく読ませていただきました。
Commented by s_space_s at 2017-08-07 12:34
コメントありがとうございます。
たまにやるクライミングも面白いですよ。
Commented by aya at 2017-08-07 19:28 x
1日遅れてしまいましたが、お誕生日おめでとうございます(*^▽^*)

お二人のやり取りが、なんとなく想像できて
それぞれの記事を読んで楽しませてもらえました☆

河村さん、かなり前から相当楽しみにしてたみたいなんで
天気も良くて楽しめたようで本当良かったです♪
Commented by s_space_s at 2017-08-08 12:30
> ayaさん
ありがとうございます。
コウムラの記事には何て書いてあったんやろう。
こっそり送ってください。
Commented by もんり at 2017-08-12 17:31 x
(わしらの夏が終わった)というフレーズがカッコいい!
充実したのですね。ぱくります
Commented by s_space_s at 2017-08-14 16:12
このフレーズって夏でしかニュアンスが出ないのは何故なんでしょうね。


<< 荘川シャワークライミングガイド      粥川左岸40m滝登攀&右俣遡行 >>