blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 05日

ドリアン・キャンディー

昼休みが終わって、席に戻ってみると、机の上に外国製の匂い(比喩です。)がする小さいお菓子が2個置いてあった。
包みを読んでみるとタイ製のお菓子。
ひとつがドリアン味、ひとつがココナッツ味のキャンディーだった。
隣の部屋で配られたものらしいが、わしなら食べるだろうということで、こちらにも特別に回ってきたという。

「ココナッツ味は口直しなので、後から食べてくださいね。」
と笑っている女性職員の前で、早速、包みを破ってドリアンのほうを食べてみた。
本物のドリアンを食べたことがないので、その再現性はわからない。
噂に聞いていたとおり、独特の風味(匂いといったほうがいいか)が口から鼻にかけて広がった。

その匂いは隣の男性職員にもすぐに届いた。
味を表現するならば、甘いタマネギ味。
食べてる時は、我慢できない味ではないと思った。

午後3時ごろ、いつまでたってもあの風味が消えない。
コーヒーを飲んでみたり、別のお菓子をたべてみたり。
もちろん、ココナッツ味は直後に「服用」した。

そして今、終業となった5時50分。
まだ、あの風味が残っている。
おまけに、あの風味のげっぷが、追い打ちをかける。
午後は、ほとんど同僚と話さなかったけど、家に帰ったら、かみさんにそれとなく訊いてみよう。
タマネギの腐ったような匂いがしないかと。


家に帰って、着替えながら訊いてみる。
すると、かみさんが、
「誰かに臭いって言われたの?」
「うん、まあ…。ドリアンみたいな匂いせえへん?」
「やっぱり、するかも。」
何か食べた匂いではなくて、いつもの体臭のことのように言われたので、ショックだった。
ちゃんとコリカキしよう。








[PR]

by s_space_s | 2017-09-05 17:51 | うまいもん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/26027569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大滝と苔むした原生林の沢(乗鞍...      鎌の柄を直す >>