blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 15日

細々と

7月初めに親メダカが全滅してしまって、卵から孵った稚魚が6匹だけ残りました。
そのなかで少し前に孵った3匹(メス2、オス1)が産卵し始めました。
荷造りひもをほぐして小石に縛り付け、水中花みたいに沈めて置いたら、そこに産み付けるようになりました。
普通は10日ほどで孵るらしいのですが、採卵して別の水槽に入れておいても、受精がうまくいっていないらしく、ちっとも稚魚が生まれませんでした。(オス頑張れ!)

土曜日に水槽を覗くと、稚魚が泳いでいるのを発見!
その後も追加があり、今朝で3匹になりました。
e0064783_21464282.jpg
目玉の見える卵がいくつかあるので、孵るのが楽しみです。
e0064783_21463712.jpg
3匹の親から生まれてきた子供は、代を重ねたら遺伝子的にどうなんやろう。





[PR]

by s_space_s | 2017-09-15 12:18 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/26048342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< よい沢の条件      大滝と苔むした原生林の沢(乗鞍... >>