blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 13日

PK

毎年恒例の「岐阜アジア映画祭」でインド映画「PK」を観ました。
この作品は岐阜市の広報誌に、SFラブコメディーと紹介されていました。
わしにとってはハズレがないジャンルだし、最近あることでインドには興味があるので。

天気が良ければ、クライミングに行く予定でしたが、明け方まで雨が残り、岩場は濡れてそう。
午前中、キウイの剪定をしてから、お昼過ぎに家を出ました。
岐阜市民会館の大ホールはそこそこ観客が入っていました。

映画が始まると最初に「この映画はどんな宗教も傷つける意図はありません。(大体こんな意味)」とのことわり書きが出ました。
見方によっては、かなり際どい内容で、非常に重要なテーマを扱ったドラマでした。



みんなからPK(酔っ払い)と呼ばれる宇宙人役のアーミル・カーンの演技最高。
最初は意味不明の行動が宇宙人ぽく、ちょっと気味悪いです。
けど、嘘という概念も知らない(知らなかった)無垢な彼の言動に、だんだん共感してしまうのでした。
最後はうるうる。

伝統的なものから現代的なもの、都会的なものから田舎的なもの、宗教もいろいろあって、多様性のあるインド社会に益々興味がわきました。
実際に行って見てみたい。

会館から出ると北風がぴゅーぴゅー。
4時からやっている「おふく」でちょっと温まって帰りました。

2014年 インド映画 ラージクマール・ヒラーニ監督




[PR]

by s_space_s | 2017-11-13 17:47 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/26172223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< タブレットのGPSを使ってみました      11月19日地図・コンパス勉強... >>