blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 27日

この飛び石連休

以前は11月下旬は初滑りしたくて、うずうずしていたものだが、最近はスキーモードになるのが遅い。
この時期はナメコのシーズンだし、近場の岩場も乾燥してクライミングによい。
この連休も遠出はしないで、近所で遊んだ。

23日の祝日は揖斐の山にナメコ採りに行った。
このあたりは数年前には何袋もナメコが採れるときがあったけど、ミズナラの立枯れも終息したのか、めっきり出なくなった。
採れなくても、この時期の山を歩くのは気持ちがよい。

もう少し開いたほうが味も香りも最高になる。
e0064783_12305988.jpg
山はもう冬のたたずまい。
北風がさっと吹いてきたと思ったら、雪が降ってきた。

e0064783_12305142.jpg
おふくの女将に約束していたので、食べごろのやつを一袋届けて帰った。
家では新鮮で大きなやつを割いて、すき焼きに入れて食べた。
松茸にも引けをとらない味と香りであった。


25日の土曜日は、コウムラとNさんちの岩場のプロジェクトをやりに行く。
車で向かう途中に雨が本降りになり、諦めムードで駐車場へ。
百々ヶ峰の下見でもよかったが、小雨になったので行くだけ行ってみる。

全体的に前傾しているため、沁みだしのある上部を除いて、登れる状態だった。
6月にビビビ氏に見せてもらったムーブをトップロープで試してみる。
1回目は前回と同じで足が上がらず、やはり体のサイズと柔軟性の問題かとおもいきや。
2回目手順を変えてみたら出来てしまった。
問題はムーブなのであった。
ヘッドウォールにも触り、進展のあった半日だった。
コウムラは相変わらず。

午後、時間ができたのでファミリーキャンプ用のテントのポールを修理した。
庭で張ってみると、透かして見るフライシートがまだら模様に。
袋にマジックで書いた購入年月日をみると、1998年8月8日となっていた。
出動回数は年に1回あるかないかなのに、経年劣化はしかたがない。

e0064783_12354812.jpg
今年も、この時期になった。
e0064783_12354763.jpg

26日の日曜日は、コウムラと美濃加茂の岩場へ行くことも考えたけど、朝、起きると久々のクライミングで筋肉痛。
気になっていた、鈴鹿北部のダイラというところへ歩きに行くことにした。

アプローチは時山集落の上流の毘沙門谷
e0064783_12520657.jpg
ダイラは名前のとおり平らな台地
e0064783_12515991.jpg
瓢箪池(琵琶池)にも寄って、のんびりした。
e0064783_12521372.jpg
3か所とも独特の雰囲気のある場所であった。
山行報告は後日。




[PR]

by s_space_s | 2017-11-27 18:40 | 山菜・きのこ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/26222301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 毘沙門谷から三国岳、ダイラ、瓢...      地図・コンパス勉強会(第3回)... >>