blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 28日

毘沙門谷から三国岳、ダイラ、瓢箪(琵琶)池を周遊

【山域】鈴鹿北部
【場所】三国岳、ダイラの頭
【日時】2017年11月26日(日)
【コース】ゲート手前駐車スペース~毘沙門谷~ダイラの頭~三国岳~阿蘇谷~ダイラ~瓢箪池~時山~駐車スペース
【メンバー】わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れのち曇り
【タイム】林道ゲート手前8:25 毘沙門谷出合9:00 ダイラの頭11:45 三国岳最高点12:50 ダイラの北の尾根上14:10 瓢箪池14:35~14:55 時山15:25 ゲート手前15:40

周遊ルート(クリックしてね)
e0064783_08422426.jpg
気になっていたといっても、ダイラを知ったのはごく最近の話。
「岐阜県の山」の次の候補として適当な山を探していて、三国岳にダイラという面白そうな場所があることを知りました。
牧田川上流の五僧の峠は2001年秋に岐阜ケルンのKさんとポデローザ3号で越えたところです。
その当時は、まだ車で越える林道はできていなくて、マウンテンバイクもどきを押したり担いだりして越えました。
なんとなく懐かしいエリアでもあるのです。

* * * * * * * * * * *

薮谷出合から少し奥に林道ゲートがあって、そこから歩く。
持ってきた古い5万図には、新しい林道が載っていなかった。
旧道と新道の分岐があることも知らず、毘沙門谷の出合まで新道を行く。
林道は毘沙門谷出合よりかなり上の急斜面に付けられていて、林道から下るのはやっかいそうだ。
うろうろしていたら、山仕事のご老人がみえた。
毘沙門谷へ下る道を尋ねると、さきほど通過した堰堤の上流に旧道の分岐があると教えていただいた。

言われたように、谷沿いには旧道の跡が残っていた。
e0064783_09462417.jpg
毘沙門谷出合には炭焼き小屋や廃車が打ち捨てられている。
e0064783_09462444.jpg
恐る恐る腐って傾いた木の橋を渡る。
e0064783_09462432.jpg
この小屋は2001年11月のサイクリングで旧道を下ってきたときにも写真を撮ったところだ。
毘沙門谷に入っても人工的な道の跡が残っていて、それを辿る。
ここは昔、橋が架かっていたところだろう。
なにやら上流が開けていると思ったら・・・
e0064783_09462403.jpg
こんな自然林の平坦地があった。
ミニ・ダイラと命名
e0064783_09462482.jpg
踏み跡を辿りながらズックで歩いていたが、へつりでドボンして、地下足袋に替える。
好きなところを歩けて、このほうが楽しい。
谷沿いに杉が植林してあるところもあるが、全体的には自然林の美しい谷だ。
ケヤキの大木が多いのが奥美濃と違う。
e0064783_12520657.jpg
こんな淵では、なにかの影を探してしまう。
e0064783_09495888.jpg
上流まで窯跡が多いのも鈴鹿らしい。
e0064783_09495851.jpg
明るい、谷の詰め
e0064783_09495907.jpg
コルに出て休んでいると、キノコ採りのおっちゃんがダイラへ下っていった。
ダイラの頭への尾根道

e0064783_09495925.jpg
三国へ向かう道は阿蘇谷側の急斜面をトラバースするところが多く、怖かった。
e0064783_09495934.jpg
三国岳手前で男女ペアが下ってきてすれ違う。
せっかくなので911mの最高点まで往復する。
e0064783_09495920.jpg
三国岳直下のやせ尾根からダイラを俯瞰する。
真ん中から少し右寄りの台地状のところ。
右に緩やかに降りている尾根を下った。
e0064783_09495815.jpg
現在の2万5千図の道は815m三角点付近から阿蘇谷に下っている。
下ってみると道などなく非常に急斜面で、下草がないので手掛かりがなく恐ろしい。
地形図で滝がありそうな気がしたところに3mほどの滝があって、クライムダウンできず巻く。
e0064783_09522789.jpg
ダイラ入口にかかると急に谷が開ける。

e0064783_09522773.jpg
最近の阿蘇谷への下降ルートは、ダイラの頭南東のコルから降りているようで、そっち方面から登山者が下ってきた。
先ほど三国岳直下ですれ違ったペアであった。
彼らはダイラに寄ったあと阿蘇谷を下降したようだ。
e0064783_09522791.jpg
ダイラは名前のとおり平らな森
種類は特定していないがカエデが多く、もう少し早い時期なら紅葉が素晴らしいだろう。
ブナやミズナラの林とは違う雰囲気で面白い。
それにしても、アセビとユズリハのほか下草が皆無なのは何で?

e0064783_09522703.jpg
当初はここでのんびりする予定であった。
けど、下降の尾根を確認するまで気が急いて、なんとなく通り過ぎてしまう。

e0064783_12515991.jpg
ダイラの北の尾根に乗り、597mピークを目指す。
途中、見落としやすい分岐がありテープが過剰なほど付けてある。
ピーク周辺には鹿の泊り場が。
e0064783_09540889.jpg
瓢箪といえば瓢箪か。
琵琶といえば琵琶か。

e0064783_09540708.jpg
あとのルートはほぼ見えたので、池の畔でまったりする。
ガスコンロを消すと静寂、鳥と獣の声しかしない。
林の向こうに大きな獣の影が見えてぎょっとする。
イノシシに見えたが、声を出すと立ち上がりサルだとわかる。
サルとお茶する風流さはなく、鈴をならして群れを離れさせた。
e0064783_12521372.jpg
時山への尾根の下部は急になり尾根芯がはっきりしないため、コンパスで方向を確認しながら降りる。
踏み跡が出てくると、やがて阿蘇谷の道と合流して、獣除けのフェンスに囲まれた時山文化伝承館に着いた。

e0064783_09545130.jpg
すでに夕暮れの気配漂う時山集落を抜け、15分ほど歩いて車に戻る。
エンジンをかけると雨が降り出した。

帰りに湯葉神社の大杉を見る。



[PR]

by s_space_s | 2017-11-28 17:34 | 山登り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/26224204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちーたろー at 2017-11-29 22:07 x
こんばんは。三国とダイラでお会いした者です(^^)
お友達からお会いしたのががおろさんだと教えて頂きました。
毘沙門谷から登って来られてたんですね。
私たちは烏帽子岳周回でした。
結局烏帽子は行きませんでしたが・・・
Commented by s_space_s at 2017-11-30 17:35
ちーたろーさま、コメントありがとうございます。
わしのほうもYAMAPで記録を拝見しとりました。
ダイラでお茶でもできれば良かったですね。ブログにも書きましたが下降が不安だったので、余裕がありませんでした。
よく歩いて見えるごようす、面白そうなところあったらご教授願います。


<< 岐阜テレマーク倶楽部交流会を開...      この飛び石連休 >>