blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 12日

城崎にて(その1)

すこし前から、かみさんと城崎温泉に行きたいねという話が出ていました。
志賀直哉の本を読んでみたりしましたが、なかなか具体的に考えられずに年末が近づいてきました。
かみさんは、来春ぐらいでよかったみたいですが、こういう話は思い立ったらすぐ計画を立てないと。

ネットの予約サイトでは、わしらには高級すぎるホテルしかありませんでした。
旅館協同組合に電話したらお手頃で場所もいい「つちや旅館」が予約できました。
温泉に入ってカニ食って、かみさんは温泉寺と「天空の城」竹田城、わしは玄武洞を観るのがメインエベントです。

おんぼろビッツでなるべく下道で城崎に向かいました。
この車、もう10年以上乗っています。
一昨年ぐらいからプラスチックのホイールキャップが割れたので全部外してしまいました。
黒いホイールがむき出しで、駐車場でもよく目立つし、ホイールキャップなんて飾りだと思っていました。
ところが先日、冬タイヤに交換するとき、センターハブが錆びついてCRCを塗って足で蹴飛ばさないと外れませんでした。
ちゃんと役目があるんですね。

閑話休題

時間があったので、舞鶴の赤レンガ倉庫群に寄りました。
赤れんが博物館では世界と日本のレンガの歴史を学べます。
レンガを焼くホフマン窯の内部です。
e0064783_21203991.jpg
赤れんがの中庭で

e0064783_21204892.jpg
赤れんがロードの懐かしい電柱

e0064783_21175642.jpg
海軍の魚雷を保管していた倉庫です。
e0064783_21203179.jpg
カフェで海軍カレーというのをいただきました。
自衛隊の砕氷船に乗っていた時も、やっぱり金曜日の昼はカレーと決まってました。

城崎温泉へは少し不安になるような県道の峠を二つ越えて着きました。
そこだけ吃驚するぐらい人がいて、まさしく観光地でした。
城崎温泉は外湯で発展してきた温泉街で、内湯は最小限しかありません。
旅館でフリーパスを貰って、近くの「鴻の湯」へ行きました。
夫婦円満の湯だそうです。
効果あったかな?

e0064783_21204780.jpg
温泉の湯は温まります。
温泉街を少し散策してから四所神社にお参りして、志賀直哉も歩いたであろう大谿川に沿った裏道で帰りました。

e0064783_21204733.jpg
仲居さんに撮ってもらいました。
e0064783_21204702.jpg
香住鶴の熱燗が最高で、何本もお代わり。
蟹の甲羅酒がうまくて、かみさんもこっちが心配になるぐらい飲んでいました。
翌日、道の駅で1升瓶を買ってしまいました。
e0064783_21204759.jpg

♪もう飲みすぎちまって
 きみをだくきにも~なれないみたい♪



夜のあいだ、外で水の音がずっとしていたので、雨でも降ったのかと窓を開けてみると。
e0064783_21220004.jpg
大谿川に面した部屋に泊まっていたのでした。




[PR]

by s_space_s | 2017-12-12 17:28 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/26251483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 城崎にて(その2)      岐阜テレマーク倶楽部交流会を開... >>