blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 17日

晩春の双六岳

6月10日の土曜日、滑り収めに双六岳に行ってきました。
林道はわさび平手前でデブリがありますが、高さがないので、自転車を押して通過できました。
小池新道入口少し手前まで自転車が使えました。



スキーの固定方法はこちら

雪は大ノマ乗越から林道までまだ繋がっていますが、デブリと土砂のため下部は快適ではありません。
双六岳からは本谷に落ちている広い谷を滑りました。
本谷出合で少し水が出ていましたが左右の斜面から巻いて、本谷に降りれます。

裏の高原川側の斜面はまだ十分雪があるようでした。
天気がよければもう1週ぐらい楽しめそうです。
当日は双六小屋の開業日でしたが、ここまで上がったのは私だけみたいでした。

今シーズンは残雪が多く例年なら5月下旬の状況だと思います。

(日時) 6/10(土)晴
(メンバー) 単独
(装備) テレマーク
(タイム) 5:00新穂高 ~ 5:50自転車デポ ~ 9:00大ノマ乗越  ~ 弓折岳 ~ 10:30-50双六小屋 ~ 12:00-20双六岳 ~ 双六谷2200m~ 14:00-30大ノマ乗越 ~ 15:30自転車デポ ~ 16:00新穂高

わさび平手前の林道
e0064783_15585355.jpg


小池新道入口から見上げる大ノマ谷
e0064783_15591013.jpg


双六岳。真中の広い沢を滑りました。
e0064783_15593592.jpg


双六岳頂上
e0064783_160187.jpg


滑降の途中で弓折岳方面を見る。向こうには見慣れた槍,穂高。
e0064783_1611061.jpg


谷の下部
e0064783_1612490.jpg


双六本谷2200mあたりから振り返る。
e0064783_1614475.jpg


大ノマ乗越から大ノマ谷を覗く。上部はまだ快適。
e0064783_1611693.jpg

[PR]

by s_space_s | 2006-06-17 16:15 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/3648784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 山之口川支流      LAST DAYS >>