blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 04日

天然石造希代の塔

たまに飲みに行くの主人に紹介されて,白山の山中に隠された伝説の石塔を10年以上探索している,Sさんと知り合いになった。
Sさんは私よりひとまわり年配の男性。りっぱな仕事をしている人である。遊ぶことも人一倍好きらしく,御母衣湖のほとりに全て手作りの山小屋「帰雲山荘」を仲間と立て,楽しんでいる。



Sさんによれば,白川村の加須良には昔から,加須良の山奥のどこかに岩窟があり中には仏像などが安置されているという類の言い伝えがあったらしい。
現に笈ヶ岳や妙法山の山頂では経塚が発見され,中から仏像,教筒などが出ているし,三方岩岳には13世紀ごろの修行僧が一時的に滞在した修行窟と思われる岩窟も発見されている。
とにかく何かありそうな匂いがぷんぷんする山域なのである。

Sさんも最初,加須良出の知り合いからその言い伝えを聞き興味を持ち,周辺の踏査をやり始めたらしい。
その活動がきっかけで,もっと具体的かつ驚くような記事が明治時代に新聞に載ったことを知り,その話を聞いた峠の主人が図書館で探して偶然見つけたのが下記の記事である。


●天然石造希代の塔

県下飛騨国大野郡白川村字加順良の人家を距ること三里余の深山に一基の石造塔あり 全体の高さ七丈余にして直径一丈五尺余 円形にて五層となり各層とも外面に何か彫刻しあるが如く見ゆれども青苔一面に覆ひ居りて其何たるを見分くるに由なく 下層には五個二階には四個三階に四個四階五階に各三個づつの窓あり 三階までは内部昇り得らるるも上層の四五階は昇り難く三階の内面には仏像彫刻しあり 下層より三層までは四方を取り巻きて左り巻きの恰も縄の如き欄干様のものあり 而して此の塔の希代なると云うは数個の岩石を累々積み重ねたる物にあらずして全体一個の自然石(黒色)より成るの一事なり 尚ほ此の塔の四面は凡五六十間四方平面砥の如き一個の大巌石にて其の巌が基礎と成りて突起せる部分が右の塔なり また塔の傍らに石造の築山様のものありてその頂上より冷水噴出す その他塔を離るる一丁余の所に数個の巌穴あり 其の最も大なるものは入口四間高さ一間半 最も小なるものは三尺四方位ひなりと 尤も其の穴の深さは何程なるやは測り難く其の邊は満山檜隙き間も無く繁り居れども 塔の三町四面余は樹木一本も生え居らずと云ふ 因に記すこの塔は本年の春同地の猟夫が狩猟の為め山深く跋渉歩く際に不図発見したるものにて 山間僻地の事とて何人の建設せしものなるか又岩窟は如何なるものなるかを研究する好古家も無く 唯不思議な塔と言ひ伝え居るのみなりと云へり

明治27年発行 岐阜タイムズより抜粋

(参考)一丈=約3m,一尺=約30cm,一町=約109m,一間=約1.8m 
(注)「加順良」とは,廃村となった加須良の部落と思われる。

えらく具体的に書いてある。旧仮名使いで読みにくいが,ちょっとその光景を想像してみていただきたい。Sさんが夢中になるのも分かる気がすると思う。

今回は,Sさんと私に「帰雲山荘」の仲間の2人の女性Kさん,Mさん,最近「帰雲山荘」に住み着いてしまった,Sさんの友人Mさん(びっくりする経歴の持ち主らしい)も一緒になって,おかしな5人の調査隊が結成されたのであった。

目指すは険谷で名高い境川本谷ボージョ谷周辺である。

この項,次回に続く
[PR]

by s_space_s | 2006-09-04 20:11 | 山登り | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/4100184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by taki at 2006-09-05 23:11 x
むぅぅ・・・これはなんとしたことか。
本当にありそうな話しで思わず引き込まれてしまいました。
楽しみに待ってます。
Commented by スー at 2006-09-07 12:10 x
結論から言ってしまうと,今回は特に収穫がありませんでした。
遊び半分(アクセントによって意味が違ってきますが)の気持ちで気長に探してみたいと思います。
なにか情報あったら教えてください。
Commented by mbne230 at 2009-06-25 11:13 x
Sさんと初めてあったのは、八方のスキーででした。それ以来何回かお会いいたしましたが、八方に来る途中スリップして包帯で顔が見えない時がありました。それでもスキーをして帰って行きました。凄くバイタリティーのある人だと感心しました。
その当時に「帰雲山」の事を聞き、埋蔵金伝説に心を躍らせました。
御母衣湖付近を走り、急な山を見るたび埋蔵金埋蔵金....と頭の中から沸いて来ます。


Commented by すー at 2009-06-25 20:16 x
mbne230さま
はじめまして
たしかにSさんのバイタリティーには敬服しております
スキーをやってみえた話は知りませんでした


<< 天然石造希代の塔(その2)      旧徳山村ヒン谷から若丸山(2) >>