blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 29日

根尾谷明神洞

近所のまっちゃんと,奥美濃の奇渓?明神洞へ行ってきました。



まっちゃんは沢登りの世界ではその名を知られた人。
付いて歩いてさすがと感心することしきりでした。
谷のほうもきっちり合理的なラインをとってすっきり登り,降りることができました。
心配していた天気もぽかぽかの沢日和になり,秋の沢登りを満喫。

2006年10月29日 晴れ
メンバー まっちゃん,わし

朝,5時半に同じ団地の実家から,歩いてまっちゃんが来る。
わしの車でサラ・ブライトマンを聴きながら根尾は大須ダムへ。

東河内谷の林道終点から,ガチャを着けて出発。
荒れた谷を少し歩くとすぐF1の懸かる明神洞出合。
ここでは人間のおろかな行為の結末を見ることができる。

F2下でじっくりラインを観察する。
F2 15m大滝、大瀬戸(明神滝)
e0064783_21232745.jpg

大滝上 F3の大釜
e0064783_21233647.jpg

左右の壁は100mほどある。
e0064783_21234682.jpg

F5上流,右岸の岩壁に開いた大岩窟の中に雨乞いの祠がある。
石碑が祀られており
「明神山 稲葉龍王」 昭和12年
「青葉龍神」 昭和21年
とあった。蝋燭の跡もある。
今でもここへ来る人がいるのであろうか。
e0064783_2124577.jpg

下流域は,すばらしい大釜を持った美しい滝が連続する。

中流のナメ床
e0064783_2124241.jpg

中流の二俣で日向ぼっこをしながら大休止。

まっちゃんが右俣を覗きに行ったので,昼寝をしているとしばらくして,左俣から降りてきた。
狐につままれたような気分。
まっちゃんは笑いながら中間の尾根を乗越してぐるっと周ってきたと,うれしそう。
面白い人である。

左俣を詰め,ちょっとした藪漕ぎで1114mピークの南に出る。
稜線にはかすかな踏み跡がある。
このあたりはマキ(コウヤマキ)の大木が多い。

明神山の頂上にはちょうどお昼に着いて,ここでものんびりする。
下降は東河内谷右俣を降りる。
まっちゃんの的確なルート取りにより1時間で明神洞出合まで降りてしまった。
のんびり下った印象であったのだが・・・

以前、この出合を覗いたとき、土砂が入り荒れた東河内谷右俣、左俣の流れに対し、明神洞から流れ落ちてくる水は別の世界から流れてくると思われるくらいに澄んで美しいと感じたものだ。
またこの出合に来ることがあるとすれば、その澄んだ水を見て、上流の美しい渓谷を思い浮かべることができると思う。

東河内谷林道終点7:30 中流二俣10:00~30 明神山12:00~30 林道終点13:40
[PR]

by s_space_s | 2006-10-29 22:32 | 山登り | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/4448325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aki at 2006-10-30 09:46 x
明神洞‥美しいところですね。
石際サンと行動できるよう精進していきますので、またご一緒してくださいm(__)m
Commented by s_space_s at 2006-10-30 21:04
こちらこそよろしくお願いします。
錫杖にも行ってみたいけど,もうすぐ雪ですね。
Commented by 米山 at 2006-10-31 00:05 x
やはり岐阜の沢は絵になりますね。マキの大木を見に、いつかいってみたい。僕の娘2歳の名が槙です。
Commented by s_space_s at 2006-10-31 18:02
米山さん、はじめまして
まっちゃんからはお話をうかがっています。
自生しているのは初めて見たのですが、マキの大木は美しい木でした。


<< 銀の龍の銭~儲け~♪      Tin Pan Alley >>