2007年 02月 14日

平瀬尾根から三方崩山

2月12日〈月)曇り時々小雪のち雨
メンバー石際、春日井、操

平瀬温泉の共同浴場跡地の駐車場で操先生と合流。
先生は昨日の乗鞍南面につづき2日連続でそのバイタリティーに敬服する。
ここに駐車させてもらい、出発。
国道を渡って林道を少し歩き登山口の堰堤までシール歩行。
すぐに急登となるのでシートラーゲン。
幸い新しいトレースがあり、ありがたく使わせていただく。
e0064783_22355076.jpg

尾根上に出ると傾斜が緩みシールに切り替える。
e0064783_22363053.jpg

今西先生も賞賛されたブナ林がすばらしい。直径1mもあるような大木も見られる。
e0064783_22374029.jpg

途中、尾根上にネズコが何本か生えていたのが珍しかった。
右(北側)斜面はよだれの出そうなブナ林の新雪斜面が随所に現れ、帰りが楽しみ。

2段ほどのプラトーを越えると、ダケカンバが出てきていよいよ雪稜っぽくなってくる。
e0064783_22382550.jpg

新雪は50~60cmで新しい斜面に入るたびにハンドテストを入れていくが、クラストした旧雪面との結束は悪くないようだった。
小雪が降りだし視界が悪くなり、大ノマ側(左手)に雪庇が出ているであろうリッジが確認しずらい。
1900m下で先行2人組に追いつき少し話をする。
e0064783_22391218.jpg

1920m辺りのリッジを右斜面から通過しようとすると、クラストに乗った新雪が雪崩れるようになる。
視界も悪く状況が判断できないので、今日はここまでとし、安全なところまで少し戻り行動食を摂りながら
滑降の準備をする。
先ほどのワカンパーティーはさらにリッジをラッセルしていった。

視界が悪いので最初は慎重に短く切りながら滑る。
e0064783_2240126.jpg

白弓スキー場がはるか下方に見える
e0064783_22403192.jpg

滑ってきた平瀬尾根上部
e0064783_2249569.jpg

アルプス的な風貌の大ノマ谷
e0064783_22542966.jpg

少し下りるとガスも消え、3人とも新雪を楽しみながら、のんびりビデオを撮ったりしながら下る。
e0064783_22544994.jpg

腰ぱう!
e0064783_22555664.jpg

1600mあたりで滑り込んだ北斜面は素晴らしかった。ここは2回滑る。

なるべく北斜面を絡むように滑り最後は1030mのコルから尾根を乗越し登山道脇の急な谷に滑り込む。
ここは南面なのと気温が高いのとで重い腐れ雪で、操先生は上手く滑って行かれたが、テレ組は我慢の滑降となった。

林道に出てからもほとんどショートカットでき、国道手前の除雪地点まですっきりした気分で到着。
気が付くと小雨が降り出していた。

楽山のK氏の話ではこの尾根は面白くないので山スキー屋は登らないということだあったが、
ブナ林、新雪、降りた所が温泉と3拍子揃っており、こんないい所はあまりないと思った。
これだけの寡雪(向かいの白弓スキー場で30cm)でも楽しめたということは、結構利用価値あるかも。

平瀬温泉6:25 最終堰堤7:20 1920mリッジ手前11:30~50 最終堰堤14:30 平瀬温泉15:00

操先生の記録
この方はこのあたりの主です
[PR]

by s_space_s | 2007-02-14 17:51 | テレマーク | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/5152680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タロー at 2007-02-15 09:37 x
スキー楽しそうですね。
こちらは週明け懲りずに錫杖に行ってきました。
ガンガンに降ってたので中央壁に変更。しかし最近、気が弱くなって突っ込めなくなったせいか(笑)時間かかってしまい4P登って時間切れ。
流石に続けて敗退だとかなり落ち込みます。

中央壁は去年も敗退してるのですが下部のラインがよく分かりません。
今回は中間部のチムニーまでは登ったのですが20メートル中、腐ったハーケンが2本だけでろくにプロテクションも取れずに相方は「とても冬よく登られているルートとは思えん」という感じでした。

自分らの実力不足もありますが右も左も残地がない一枚岩だったし、下降中に周囲を確認しながら降りましたが他に登れそうなラインがあるとは思えなかったので未だ悶々とした気分です。

にしてもこれだけ暖冬で晴れが続いていたのに山入った途端、寒気団。降りたら回復し始めてきた。
やはり娘ほったらかしにした仏罰が下ったみたいです(笑)
Commented by su- at 2007-02-15 17:30 x
わしも登ったのがすごく昔なので、あまり憶えていません。
ブッシュが多くて部分的に悪いところはあったような気がしますが、一枚岩というのはちょっと違うような・・・。
錫杖も一部ルートに人気が集中して、中央壁のようなところは、冬はもちろん夏もほとんど登られてないような気がします。
Commented by たき at 2007-02-15 21:52 x
楽しそうな尾根ですね。
三方崩への尾根ですよね?
あの辺りは意外と楽しいところが多いと感じますが斜度がきついのでちょっと躊躇してしまいます。
Commented by su- at 2007-02-16 17:31 x
平瀬から三方崩に上がる登山道のある尾根です。
ところどころにプラトーがあって一気に滑り降りる感じではないですが、変化があって面白い尾根でした。
itazoさんの記録にある東尾根も面白そうですね。
Commented by じゅん at 2007-02-17 06:02 x
SU-さん記録拝見しました。ウ〜〜んやや重パウダーの感動がよみがえってきました。寡雪の年ですが雪が豊富で良かったです。itazo君もこの辺の主ですね!いつも似たようなとこで遊んでますがなかなか遭わないんですよね・・・またお誘いください。
Commented by YAMADA at 2007-02-17 23:16 x
記録拝見しました。タイムリーな情報ありがとうございます。
今日さっそく行ってきました。今日も雨で気温が高いという
週間予報でしたが、直前になって気温が低く晴れマーク(^o^)/
午前中が勝負と三方崩山に行ってきました。意外と雪が多いのに
驚きました。風が強く、視界も悪くなったので1720mで行動中止。
下山したら雨。ラッキーな1日でした♪ 
Commented by s_space_s at 2007-02-19 12:13
雪が残っているのは北面だからでしょうね。
今の時期は森林限界あたりまでで遊んだほうが楽しいかもしれません。


<< 酔っ払ってます      オサンババから飛騨牧場 >>