2007年 06月 11日

入院

6月5日から入院し6日に胆嚢摘出手術,11日の今日,午前中に退院。今,家に帰ってきました。



胆嚢にあったのは4ミリもない小さな石で,普通なら見つかっても経過観察となるようなものなのですが,南極では,痛みが出た場合や胆道に入って詰まった場合の処置ができず,移送のの手段もないので命に関わる状況になる虞があり,身体検査後の指示で「行くなら取る」ということで,職場である岐阜大学の医学部附属病院でやっていただくことにしました。

内視鏡による手術で,開腹手術に比べれば,苦痛も少なく回復も早いのですが,やはり全身麻酔による手術のリスクと体へのダメージは相当あり,4ヶ所開けた腹の穴の傷の痛さもさることながら,手術後も患部から出る汁を出す管(ドレーン)が腹に刺さったままで,尿道にも管を入れ,おしっこバックをぶら下げてあったりと,思ったよりきつい体験でした。

入院時,手術前には担当の看護士さん麻酔科の先生,主治医の先生から懇切丁寧な説明がありました。また,医療ミスを防止する試みもしっかり行われているようでした。平成16年に新設された病院はゆったりとしていて快適。食事も美味しかった(ちょっと元気になってからは)。なにより,看護士の皆さんが明るい雰囲気で入院生活が楽しかった。
自分の働いている大学の病院が頑張っていることが実感でき,うれしかった。(わしも何年か前は病院の給食の食材を仕入れる担当だったのです。)

また,同室になった方々の病気と闘うというより付き合っていくご苦労を知り,自分も初めて手術というものを体験して,よい経験になりました。

以下備忘録

6月5日(火)
妻に付添われ10時過ぎ西8階着
852号室,4人部屋の窓際,見晴らしよい
担当看護士病棟案内
手術部看護士説明
ダイニングで昼食
妻帰る(窓から駐車場出て行くの見送る)
担当看護士から入院生活について説明
麻酔科担当医から説明
栄養士説明(知ってる人だった)
へそ掃除
血栓予防ストッキングサイズ測定
夕方シャワーで体洗浄,消毒液で腹消毒
夜,主治医から手術の説明
21時下剤飲む,以後絶飲食
22時就寝,よく寝れた。

6月6日(水)晴,暑い,妻付添い
朝シャワーで体洗浄,消毒液で腹消毒
精神安定剤と胃薬飲む
12時20分白いストッキング(腿まで)履きパンツ脱いで出発(スースーする)
ベッドに載せられ天井眺めながら手術室へ(ドラマみたい)
別のベッドに乗り換え,麻酔科の先生の声「麻酔薬入ります」が最後,数秒で意識無くなる
・・・・・
手術室で一度目が覚める
意識は朦朧,また寝る
病室に戻る
腹,背中痛む,寝返り打てず
妻に摘出した石を見せてもらう。2ミリほどのへそのゴマみたい
胆嚢はタラ子のようだったそう。これは病理検査へまわる
熱が出る(37.5度)

6月7日(木)晴,暑い,妻付添い
相変わらず,腹,腰痛い。点滴,ドレーン,尿チューブで身動きとれず苦しい
昼ごろ,はじめて水飲む
すべて装着のまま歩行訓練(廊下まで)
看護士さんに体を洗ってもらう
読書中,点滴が漏れ血の海事件発生。シーツ替え
職場の若い衆見舞いに来て「まるで病人みたいですね」
がまんできず痛み止めの点滴してもらう。寝てしまう
夕食は全粥。完食
痛みで寝られず痛み止めもらう

6月8日(金)小雨,涼しい,母付添い
割とよく寝れた
朝全粥,半分食べる
点滴終わる
膀胱まで入れてあったちんちんのチューブ引っこ抜いてもらう(痛い)
午後先生にドレーンを抜いてもらう(声が出るほど痛い)
痛いのではないかと恐れていたおしっこはよく出た
廊下を散歩する
夕方ガスが出る,腹が張る
夕立,雷,突風
夕食は普通食。完食
入院時から読んでいたカポーティの「冷血」読了

6月9日(土)曇り
朝食,初めて食事が美味しく思えた
野坂昭如集を読み始める
様子見に来た家族と病院の周り散歩。小亀がいた
主治医に相談し月曜日退院としてもらう(通常は1週間入院、1週間自宅療養)
初シャワー
夕食後,初うんち(3日ぶり)
くしゃみして痛みでしばらく動けず

6月10日(日)雨,夕方上がる
南極観測隊の選考に漏れた知らせを受ける夢で目が覚める
朝,8階から1階まで階段で往復しヤクルト買って来る
その後も適当に2往復する。足に力が入らない感じ。
「エロ事師」終わる
夕方,9階の図書室へいく
昔読んだ「怪奇小説集3」を見かけ,ディケンズの「信号手」とビアースの「怪物」を読む
(学生時代はこういうのよく読んだが,西洋人の恐怖ってピンとこないのが多い)
最後の夕飯はダイニングで天ぷら(金華山よく見える,イワツバメ飛ぶ)

6月11日(月)快晴
朝飯前に階段降りて病院の周り散歩
朝食は温泉卵,海苔,味噌汁,酢の物
父母が迎えに来てくれ,10時過ぎに退院
大学近くの「堀川」で冷やしたぬき蕎麦を食って帰る

6月12日(火)晴れ
出勤
[PR]

by s_space_s | 2007-06-11 14:15 | 南極 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/5871185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 冷血      錫杖に新ライン >>