blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 31日

笛吹川久渡沢ナメラ沢

1週間ちょっと前に沢登り部会第1回総会で決定された記念すべき第1回山行が雨の確立50%の微妙な予報にもかかわらず、果敢にも決行されました。

行先は笛吹川支流久渡沢のナメラ沢
メンバーはわし、A隊員、A(シェフ)隊員、U隊員、T隊員の5人。設立メンバーのK隊員は所用で次回ということに。

雁坂トンネル手前の駐車場から出発。8:10
e0064783_18242560.jpg

30分ほどで林道の終点。参考にしたガイドではここの沢(ふみきり沢)を下降して本流に降りることになっているが、「ナメラ沢下降点はここではありません」みたいなしっかりした看板があり、それを信用して登山道を10分ほど登ると、「ナメラ沢→」の古い標識があった。ここを降りると歩いて沢へ降りることができた。

入渓地点で地形図とコンパスで現在地を確認すると、ナメラ沢の入り口より上流に降りているようだ。それでは少し下ろうとしたら、ご親切に立木に下流に向けて→のマークが。地形図を読めない(読まない)人はたぶんここから上流へ行ってしまうのであろう。9:00

この沢のハイライト中流の20mナメ滝
e0064783_1825308.jpg

ナメ滝にトライするT隊員
e0064783_8294224.jpg

中流部はナメの連続
e0064783_8303652.jpg

記念撮影
e0064783_831411.jpg

この辺りまではるんるんの遡行でしたが、その後思わぬ(予想できた)事態がパーティーを襲うことに・・・

10時半ごろ休憩していると、雨が降り出した。もう少し登りたい気もしたが、ハイライト部分は楽しんだので、無理をせず下降することにした。

最初は少し水が濁ったなくらいのことだったが。
e0064783_8454037.jpg

みるみる増水してきて
e0064783_8462031.jpg

さいごはこのとおり
e0064783_8465852.jpg

小さい谷なので、増水した渡渉も楽しんでいられたが、これが本流の谷だったら・・・

最後はふみきり沢から林道に上がり、缶ビールを回し飲み。うめ~!12:00

駐車場にもどりそのまま温泉に直行。「ほうとう」を食べてから渋滞する中央道を007のDVDを見ながら極地研へ無事帰還。

ベランダに濡れものがずらっと
e0064783_8544062.jpg

[PR]

by s_space_s | 2007-07-31 18:28 | 山登り | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/6198951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by haru at 2007-08-02 17:40 x
以前,錫杖で同じようなことをしたような気が....
夏に十数年ぶりに注文を再登しに行ってきます.
Commented by su- at 2007-08-02 18:19 x
あの時に比べれば、かわいいもんでした。
注文もぢゃんぼさんにきれいにしてもらったみたいなので、楽しみですね。わしらはぐずついた天気でなかなか錫杖にはいれず、新ラインの完成は8月下旬過ぎになりそうです。
Commented by haru at 2007-08-03 00:14 x
完成したら教えてくだされ.一度登りに行こうと企てています.
あと盆何処登ろうかと悩んでいますが,本峰に行くラインで面白いのない??
Commented by s_space_s at 2007-08-06 13:21
新ルートはすげ~面白いラインなのでお楽しみに。
本峰なら見張り塔ぐらいしか思いうかびません。
ぶらり旅も非常にいいルートですがパートナーを人選しないと厳しいかも。
本峰踏むだけならグラスリンネ~東尾根~南尾根なんか楽しいです。
本峰北東壁にはルート開拓の余地もありますよー。


<< 丸黒山・乗鞍・平湯縦走(その1)      鷹取山あるいはセンチメンタルジ... >>