blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 31日

手打ちうどん講習

今日は〇〇製粉に昭和基地で打つうどんの講習会にいってきました。
参加したのは隊員12名。調理隊員を除いて有給休暇扱いです。

商品開発室?の名物講師の先生に1日指導を受け、皆さん腰のあるうどんを打つことができました。
試食した分以外はお持ち帰り。A(ガイド)隊員は切れ端も「これはほうとうになる」と言ってすべて持ってきていました。

★レシピ
中力粉500g(100%)
塩25g(5% 結構入れるんやね)
水215g(43% 常温)

★製法
手こね
塩水を半分入れて手早く混ぜ次また半分最後は全部
練らないように、すり合わせ

足踏み
3つ折踏み込み(2~3回)
ビニールに入れて足の平全体で

熟成
60~120分 乾燥を避ける

はま作り
生地を手で揉みながら丸める
グルテン出まくりでぱんぱん

熟成
30~60分
すこしやわらかくなる

延ばし
生地を足で踏みながらピザの生地みたいに丸く延ばす
(荒延ばし)
麺棒で3mm程度の厚みに延ばす
つの出しで四角に
3回ほど向きを変えて

包丁切り
幅3mm程度

茹で
13~18分(かま揚げは半分程度で)
湯が沸騰してから麺を入れる
大きな鍋で
箸でかき混ぜてはいけない
新しい水を使う場合は少し打ち粉を入れるとよい
びっくり水はしない
(少し水を入れるのは釜に対流を起こし麺を混ぜるため)
茹だったら冷水でもみ洗いしてぬめりを取る

試食
3回の足踏みだけですごいこしがでる。
讃岐うどんのこしは特別なものと思っていたが、かんたんにこしは出る。
あとは好き嫌いと食い方との兼ね合い。
釜玉醤油がGOOD!

終わってからS(シェフ)隊員がこのあいだまでまで厨房にいた虎ノ門パストラルのレストランで打ち上げをしました。
(人形町から虎ノ門までうどん腹をこなすため歩く)
久しぶりに肉(特に大和豚がうまかった)をたらふく食って、ビール、ワインもいっぱい飲めて大満足。

明日は休日なので朝寝坊しよっと。
[PR]

by s_space_s | 2007-08-31 23:26 | 南極 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/6379389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by GUCCII at 2007-09-01 21:53 x
講習会お疲れ様でした。基地では是非講習の結果を発揮してくださいね。
今朝は私も寝坊しました。その後、ふらっと出かけて気が付いたら、甲府でほうとう食ってました。
明日は帰る予定です(笑)
Commented by s_space_s at 2007-09-03 13:04
その行動力に脱帽&君の瞳に乾杯

持って帰ったうどんは早速土曜日の昼にA隊員と温泉たまご、納豆、みょうがを乗せた冷たいぶっかけにして食しました。
本場讃岐うどんなみの美味さでした(自画自賛)。
Commented by s_space_s at 2007-09-03 13:05
乗せたは載せたですね。
Commented by hee3hee3 at 2007-09-03 23:14
こちらは、三陸で大気球訓練でした
うどん講習会、行きたかった〜
本場なみのうどん、楽しみにしてます
ダシも本場なみで
讃岐の隣で生まれ育ったわたしをギャフンと言わせるやつお願いします
Commented by すー at 2007-09-07 09:19 x
あごが疲れるくらいのやつを食っていただきます!


<< 小川山(2回目)      TOTO、けんかに負ける >>