2007年 10月 28日

奥多摩倉沢谷支流長尾谷

今日は第49次南極地域観測隊沢登り愛好会の最後の山行に奥多摩へ行ってきました。
天気も最高で、キノコも少しとれました。
明日の晩は隊員室の食堂でキノコ鍋の予定です。

2007年10月28日
メンバー わし、K(ガイド)隊員、A(シェフ)隊員、K(通信)隊員、Tドクター、Hドクター
行ったところ 奥多摩倉沢谷支流長尾谷

Tドクターの代車で倉沢谷林道魚留橋に8時40分着。
準備をして9時発
Hドクターは今回初参戦でしたが、さすがバレーボールで鍛えたフットワークは軽く、滝場もすいすいこなしていました。
e0064783_22162014.jpg

小滝が連続してなかなか楽しい
e0064783_2217499.jpg

石積堰堤 10時半着

堰堤の上も楽しい遡行が続く。
この時期としては水も冷たくない。
e0064783_22183823.jpg

例によって元気なK(通信)隊員
e0064783_222071.jpg

上のほうでは少し紅葉もはじまっている
e0064783_22215753.jpg

最奥二股 11時20分
ここからしばらくは快適なナメが続いたが、登るにしたがって急なガレのルンゼになり落石に気を使った。
スズタケの藪を少しこいで登山道に12時半着
e0064783_223751.jpg

蕎麦粒山 12時55分~13時半
すごく眺めがよい。
e0064783_2238155.jpg

帰路は棒杭尾根にルートをとることにする。
棒杭尾根分岐 14時
棒杭尾根は一般の登山道ではないが、山仕事の道がしっかり付いているので、迷うことはない。
地蔵橋の上流、林道跡の終点にぴったり下りる。
魚留橋着 14時55分

もえぎの湯に入って帰る。露天風呂が塩素臭かった。
極地研に7時ちょっと過ぎ無事帰還。
今日の収穫 ナラタケ、ムキタケ

南極に仕事で持ち込む物資はほぼ目処がつき、隊員はあと私物の準備をすればやることがなくなるので、11月に入ると地元へ一時帰ったり、旅行に行ったりして、隊員室も寂しくなります。
4ヶ月あっという間に過ぎた極地研究所での生活でしたが、皆さんのおかげで大変楽しく過ごすことができました。
この勢いで、南極ではもっと楽しむぞ~!よろしく!
[PR]

by s_space_s | 2007-10-28 22:31 | 山登り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/6700626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< きのこ鍋      救助隊員のための外傷アプローチ >>