blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 05日

男だけの世界

秋晴れ休日、旧友(大工)と二人で沢登りに行った

入渓点の吊橋から上流を見る
e0064783_17342622.jpg

キノコを採りながらのんびり登る
e0064783_17415256.jpg

沢登りが10年ぶりの大工は、周りの景色を眺めながらかみしめるようにゆっくり登る
(ただキノコを物色していただけかも)
e0064783_17422685.jpg

e0064783_17424379.jpg

こういうところの良さが分かる歳にお互いなったのだなぁ
e0064783_17425695.jpg

ちょっと緊張する滝場もあったけど、ロープを出すか出さないかは黙っていてもわかる
e0064783_17432422.jpg

崩れかけた杣小屋
尻の白いニホンジカがケーンと鳴きながら尾根の上に駆け上がっていった
e0064783_17433887.jpg

源流のすだれ滝
e0064783_17435696.jpg

ブナの大木
大きすぎて上まで写らん
e0064783_1744388.jpg

下りの登山道でも大きな木や珍しい自然の落し物があるたびに立ち止まり、じっくり観る。
樹皮が割れたブナ、逆に滑らかな樹皮のミズナラ、カツラやサワグルミに樹形・樹皮が似たイヌシデ、ヤマナシの実、サルの糞など。
匂いだけでカツラが分かるようになった。
(今朝ジョギング中にも発見)

キノコも少々いただく

ヌメリスギタケ
e0064783_17445224.jpg

ムキタケ
e0064783_17451229.jpg

名前も知らない美しいキノコ
e0064783_17453746.jpg

ヌメリツバタケ
e0064783_1746320.jpg

その他、ブナハリタケ、エノキダケ、シロナメツムタケ、チャナメツムタケ、ツキヨダケ

降りてしまうのが惜しいような気がしてゆっくり下ったが終わりは来るもの。

この吊橋を渡ればまたもとの世界に戻る
e0064783_17462034.jpg

[PR]

by s_space_s | 2007-11-05 17:46 | 山登り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/6742510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by todo at 2007-11-10 14:06 x
沢のぼりって最終的にはどこに辿り着くんでしょう?景色きれいですね。寒そうですが。
Commented by すー at 2007-11-11 12:34 x
そんなに寒くなかったよ。
普通は山の頂上へ行くのですが、楽しいとこだけ登って途中で降りてくるなんてことも沢屋はします。


<< さらば神風      最後の晩餐 >>