2008年 01月 02日

ヘリオペ1回目

去年の話になってしまいましたが、12月29日にヘリコプター使用の野外オペレーションに参加しました。
目的地はスカーレン大池。
ミッションは無人磁力計のメンテナンスのサポートです。

スカーレンまではリュッツォフォルム湾の沿岸を飛び30分ほどかかります。
途中にはシェッゲをはじめクライマーならおお!と目を瞠るような岩壁がいくつもあります。
岩質はちょっと脆そうなかんじです。スケールは樹木など比較するものがないので、とえらいビックウォールに見えますが、大きいので400mどまりです。
e0064783_136297.jpg

シェッゲ。標高差400mぐらい。
e0064783_1371327.jpg

シェッゲ中央部の拡大写真(クリックすると大きくなります)
e0064783_1315556.jpg

無人磁力計
e0064783_18403343.jpg

時間があったのでスカーレン周辺を散歩してみました。
岩質は花崗岩質の片麻岩。ハーフドームの頂上を思わせる白いスラブの丘が広がっています。
e0064783_1839409.jpg

e0064783_1843024.jpg

入江対岸の氷瀑
e0064783_18441894.jpg

ちょっと早くヘリが迎えにきて慌てました。
e0064783_1845811.jpg

内陸方面も晴れてきたので、午後のオペレーションも期待できそう。
e0064783_18462344.jpg

[PR]

by s_space_s | 2008-01-02 13:18 | 南極 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/7034751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ヘリオペ2回目      ボルダーごっこ >>