blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 12日

胎内くぐりボルダリング

やっぱ胎内くぐりはオングル島の白眉です。
めんどくさいので日記から。

3月8日(土)晴れのち曇り
朝早く目が覚めた。酒が残っている。とりあえず朝食は食べる。パソコン見てぼけっとする。10時半ごろからワッチ(機械監視)。だいぶん早くできるようになった。昼は11時からカレーライス。盛りが少ないとAシェフから突っ込まれる。それより水分水分。

13時にK師匠、Aさんと胎内くぐりへ遊びに行く。緑池のボルダーは大きいけどあまり面白くなさそう。それより氷った池の上を歩くのが面白かった。
e0064783_414030.jpg

e0064783_4171017.jpg

胎内くぐりでは4本ルートを引くことができた。どの課題も比較的高く、コントロールできるクライマーなら楽しめると思う。4~5級くらいか。K師匠はちょっとナーバス気味。何も考えないわしは二日酔いにもかかわらず結構いけた。気温は-2~3度ぐらい。風がなかったので、靴を懐で温めながら、なんとか登れた。とちゅうで曇って来たら寒かった。

ハング越えの課題。左右2本ある。4~5級。
e0064783_4185665.jpg

けっこう高い。
e0064783_4175568.jpg

胎内フェース。最後の外傾したトップへのマントルは度胸試しにぴったり。
e0064783_4193398.jpg

フェースの左端にも甘いスローパーと穴を使う課題がある。カンテ禁止。
e0064783_4454285.jpg

今回は触れなかったが、ルーフのハンドクラックやシンクラック、ダイクをつまんで右上する見栄えの良いフェースなど、冬が明けたら楽しみなボルダリングエリアだ。

また遅刻するといかんので、16時で切り上げ、海岸に降りてちょっと北上。
氷山がすぐ近くに浮かんでいて、大陸もすぐそこに見え、いいところ。そのうちテント持ってきてキャンプしてみたい。
e0064783_4473319.jpg

オングル島では珍しい渓谷状の谷からHFレーダー小屋経由で管理棟に帰った。17時ジャスト着。昭和通信と隊長に連絡。すぐ風呂に入る。

夕食はすき焼き。生卵を久しぶりに食べた。卵かけご飯がうまい。すき焼きより昭和基地では御馳走かも。卵は6ヶ月ほどしかなく、生卵はこれが最後かも。昨日の今日なのでビールは我慢しようと思ったけど誘惑に負けて2本飲む。ばかうまかも。
e0064783_448161.jpg

T先生、Gさんと「2999年異性への旅」を途中まで観る。11時からワッチ。
[PR]

by s_space_s | 2008-03-12 04:21 | クライミング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/7493912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 南極初滑り      ガソリンの揺れかた >>