2008年 03月 25日

喫茶CRUX

土曜日の午後、昭和基地に喫茶店がオープンしました。
店名はCRUX。十字架とか南十字星の意味だそうです。
バーはいむるぶし(沖縄で南十字星)の姉妹店としていい名前ですね。

わしは開店当日の店員としてカウンターに立ちました。
2時間前から調理のKシェフから作り方を習ってミルフィーユを作りました。
カスタード、リンゴのプレザーブ、パイ生地はKシェフが作ってくれていたので、重ねただけですけど。
盛り付けも一工夫して、こりゃ金が取れるお菓子だ。
e0064783_18423144.jpg

あと、ホットケーキも焼きました。
素朴な味ですが、結構人気がありました。

喫茶店のマスターってなんか余裕がありそう。
お客さんが来たら、読んでた本を置いて、コーヒーを黙って入れて、少しおしゃべりして、また本を読む。
音楽は、ジミヘンかショパンのピアノ曲なんか少しボリュームを絞ってかけたい。
こんなのに憧れますが、ほんとに喫茶店を経営しようと思ったら大変なんでしょうね。

とにかくCRUX開店日は1時間ちょっとの営業時間のうちにお客さんが殺到し、気分を出すために用意した本も開く時間がありませんでした。

開店前の静かなひととき
e0064783_18431931.jpg

[PR]

by s_space_s | 2008-03-25 18:39 | 南極 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/7597341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ワルテル at 2008-03-26 11:08 x
映画好きのがおろさんに、わしのお気に入り映画を紹介します。(特にレアものでもないし、前にがおろさんが書いてたかも、自分も書いたかもしれんけど、お構いなし)
オーロラの彼方に
ニューヨークにオーロラが出る夜に突然、30年前の父親とハムで交信できるようになってみんなの運命は思わぬ展開を見せる。アメリカらしいはちゃめちゃな展開ながら、危機迫るドキドキと爽やかな感動の物語。
初恋の来た道
文化大革命の頃の中国の田舎での話。チャン・ツィイーが演じる娘の健気な姿にハートを打ち抜かれてしまいました。ばきゅーん!・・・・がくっ。
グリーンディスティニー(臥虎蔵龍)
カンフー映画とは違う、静かで美しいソードアクションがステキ。チャン・ツィイーが強くて可愛くてシビレちゃう。ボンドガールを演じたミシェル・ヨーも、アクションができる富士純子ってかんじでかっこいい。
デジャヴ
四日前の記録を完璧に再生できるシステムで爆破事件の犯人を暴く話。
あー、こういうの書くのってたいへんだな。もう辛くなってきた。こういうのをサラサラっと書いちゃうがおろさんってスゴイ。どですかでんとオールド・ボーイ見てみようかな。
Commented by gaoro at 2008-03-26 19:01 x
ここではソフトが限られているので、紹介してくれた映画があるかどうかわかりませんが、探してみます。
ありがとう。
Commented by taki at 2008-04-03 13:28 x
なかなか雰囲気のあるお店ですね。しかも懐かしい形のガラスカップ?がいい感じです。
チックコリアのReturn To Foreverなぞ聴きたいかも。
若い頃JAZZ喫茶で店番させられて知識が無いものだからマニア相手にお喋りも出来ずレコードジャケットの解説を読んでました(笑)結構面白いです。
Commented by s_space_s at 2008-04-04 13:29
実はここはバーと兼用、というか間借りをしているような感じです。
学生のころはJAZZ喫茶の雰囲気にあこがれて、JAZZを知りもしないのに、名古屋のJAZZ喫茶いろいろ回りました。
でも結局入り浸っていたのは和洋のロックのかかる「あしながおじさん」という小さな店でした。今はもうないけど。


<< アイスごっこ      シュプール公開! >>