2008年 03月 29日

オーロラ観察

3月27日の夜、風呂に入ってから、DVDで映画「アイランド」を観て酒飲んでたら、12時過ぎてしまいました。
トイレに行ってから寝ようとして居住棟に戻ってくる途中、外から帰ってきた人が、
「今、オーロラがすごい」
と言うので、着こんで外に出てみました。

確かに前回と比べものにならないくらい明るく光っています。
基地の建物の近くでは見たくなかったので、歩いてスキーゲレンデまで行きました。
眼前には月明かりで光る氷海が広がっています。
氷山の向こうから現われては、うねりながら、煙のようにダイナミックに形を変えて頭上を流れていくオーロラ。
時折、虹色に縁取られたカーテンがはためいているように見えます。

I隊員に教えてもらった設定で、ばかちょんカメラでの撮影に挑戦しました。
前回にはなにも映らなかったのが、今回はオーロラが明るいということもあり、なんとか「写りは悪いけど、これオーロラです。」と言える写真が撮れました。
三脚がなかったので地面に置いたり、膝の上に固定したりしましたが、微妙に動くので、ぶれた写真が多かった。

割とまともなやつを見てください。
e0064783_0285078.jpg

e0064783_0314453.jpg

今日、職場訪問があり、オーロラを観測している宙空部門のS隊員からオーロラの説明を受けました。
よく出現するのが上空140kmぐらいの緑色のオーロラ。
その下にピンクのが出るエリアがあるのですが、そこは相当強い太陽風が当たらないと光らないのだそうです。
今回虹色のオーロラが見えたのは、幸運なことのようです。

ぶれてるけど、少しピンク色が出ています。
e0064783_1331036.jpg

しっかりピンクの縁取りを写真に収めた隊員もいました。
けれども、刺すような夜の空気の中で見た本物とは、当然ながら比ぶべきものではありませんでした。
[PR]

by s_space_s | 2008-03-29 18:46 | 南極 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/7626910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ワルテル at 2008-03-30 11:07 x
どんな記録もライヴの力にはかなわんもんですね。ライヴを知ってる人が記録に触れると、脳内麻薬かなんかがぶちゅっと出て、肌触りや匂いまで思い起こされて、記録だけを見る人とはひと味違う感じ方ができるんでしょか?
 「オールドボーイ」見ました。カン・ヘジョンはこっちでも好演で可愛かったです。衝撃的なストーリーでしたが、映画の出来映えという点でちょっと見ていて辛かったです。今夜は{クジラの島の少女」を見ます。
Commented by あさみ at 2008-04-02 16:50 x
ギフコーンからやってきました。オーロラ・・・・緑・・・・一生に一度はみたいですね。
南極からの参加は、ちょっと遠いですね。可児も今日は寒いです。
Commented by がおろ at 2008-04-02 23:49 x
ワルテルどん
昔の日記のほんの1行からでも忘れていたその時の情景が浮かんでくることがあるもんねえ。
それで、メモしていた手帳とか失くすと、その間の記憶を失ったみたいで、寂しくなる、すぐ慣れるけど。
クジラ島の少女ってカン・ヘジョン出とるの?

あさみさま
いらっしゃいませ。ギフコーンて書くとなんか美味しそうですね。
帰ったら、またよろしくお願いします。


<< 蜂の巣山スキーツアー      ぱうだーげっちゅう >>