blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 19日

S16オペレーション

49次隊として、自分たちでルート工作し、泊まりがけで野外行動をするのは今回が初めてでした。
特に面白い話はありませんが、一応記録としてここに残しておこうと思います。



5月6日(火)晴れ
朝7:00、結集した装備を居住棟側の出入り口に運ぶ。その後、昼飯用のおにぎり作り。Kシェフに「でかいなあ」と言われてしまった。朝食後、雪上車ならし運転と、地学棟から準備して下した観測橇への積み込み。

9時40分、隊長等に見送られて出発。トレースはほとんど消えており、双眼鏡でルート旗を確認しながらのナビ。先頭SM413(わし、機械F)。2号車414(機械O、T)、3号車411(A兄、A)、4号車412(気象Y、M)。とっつき岬に12時半着。かなり時間がかかった。プレッシャーリッジは40cm開いてクラックになっていた。再凍結しており渡るのに問題なかった。上陸地点にタイドクラックの段差、50cm。こっちのほうが今後心配。

とっつき上陸地点
e0064783_4122837.jpg

モレーンの「駐車場」でおにぎりと「どんべえ」の昼食。13時出発。とっつき上の斜面は、夏来たときより裸氷帯が増えていた。1月に新設した旗はほとんど残っていなかった。立て直しながら進む。ハンドドリルでは氷が固くて作業が大変だった。途中で暗くなりGPS頼りのナビになる。トレースはほとんど残っていないし、ポイント旗を見つけるのが大変だった。

S16に17時着。雪上車SM100を4台立ち上げる。食糧担当ではなかったがFAということで夕食の世話をする。少し飲み過ぎた。SM111で寝ようとしたらエンジンが止まっていて掛からず、非常に寒かった。車内でマイナス20度ぐらい。機械O隊員が来なくて心配したが、暖房を入れたSM115で暖かく寝たらしい。心配して損した。

5月7日(水)晴れ
設営チームは橇引出作業。雪が多く、それも剣先スコップでも叩きつけないと歯が立たないほど硬いので作業難航。午前中1橇。2日で54橇引き出す計画だが諦めのムードが漂う。

こんなに深くかちかちの雪に埋まってて
e0064783_4135358.jpg

半日でやっとこれだけ掘ってもまだ出ない
e0064783_41424100.jpg

54台もあるのに・・・
e0064783_415183.jpg

午後、観測チームも合流し、少しはかどって、10橇。O隊員のパワーはやっぱ違う。暗くなっても雪上車のライトで作業。焼肉の夕食。ビールをかなり飲んだ。また飲み過ぎ。

夕食風景
e0064783_4172779.jpg

今日はSM116でF隊員と寝る。この雪上車はF隊員が会社に入って初めて作った車両だそうで、車に対する愛情を感じた。床に蒲団を敷いてシュラフで寝たが暑かった。昨日とえらい違い。

5月8日(木)晴れ
橇引出の要領がよくなり、37橇引きだす。手で堀り出すのを止め雪上車で引き出すタイミングを見極めるのと、どの方向へ引くかが「みそ」だった。しかし辛い作業だった。暗くなっても残業。夕食はマーボ豆腐と鰻。変な組み合わせだがうまかった。酒は控えめにして(それでも日本酒5合ぐらいは呑む)、SM116でF隊員とアイポッドを聴いてのんびりする。みんなの「先輩」ねたの話や無線を使った悪ふざけにはちょっとうんざり。

5月9日(金)曇り
朝食後、S16周辺の施設のチェック。キャンプを撤収して11時40分出発。
e0064783_4184870.jpg

先頭はSM116(F、わし)。帰りはSM40が4台、SM100が3台、橇7台と車両が増えている。トレースが残っているのでナビは楽だ。途中でラーメンの昼食。とっつきの坂(最大傾斜20度弱)はSM100、2台と橇3台の列車(雪上車で橇を前後から挟んでコントロールしながら走る方法)で下る。ちょっと連携がうまくいかなかった。観測橇1台はSM40、2台で列車。

暴れる橇
e0064783_4191766.jpg

15時30分モレーンに着く。もう3台の橇を引いて坂の上で待機しているSM114(機械T)を迎えにSM116(F、わし)で戻る。2回目の列車は、なかなかうまく行った。暗くなってからモレーン着。昭和基地からライトが見えたそうだ。食当は気象Mさんがやってくれた。レーションの海老のクリーム煮と豚肉のキムチ炒めでうまかった。今日も酒控えめ。SM116で音楽聴いてのんびり。ガンズンローゼズいいね。

5月10日(土)晴れ
オペ最終日。午前中、とっつき岬の観測作業班6名と車両立ち下げ班2名(F、わし)に分かれ作業。SM100、3台のデポと給油、目張り。橇編成の準備。昼は残り物の冷凍レトルト。13時15分発。途中で蜃気楼が見えた。

5日間一緒の車に乗った相棒F隊員。バックに蜃気楼が見える。
e0064783_434764.jpg

昭和基地に16時、無事帰還。家からメールが来ていてうれしかった。中日新聞記事の対応もする。装備の片づけ後、バーで一杯。
[PR]

by s_space_s | 2008-05-19 03:31 | 南極 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/7965435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ラングホブデルート工作      はいむるぶし >>