2008年 05月 19日

ラングホブデルート工作

月の半分以上、野外に出るスケジュールのため記録の整理ができてませんでした。
5月31日には1日中太陽が昇らない極夜を迎えます。
今日でも日の出が10時半、日没が14時で3時間半ほどしか日照がありません。
というわけで、極夜前のルート工作は12日、13日に行ったラングへの作業が最後になりました。

計画では、そのルートを使って、17日~19日でラングホブデ雪鳥小屋へオペに出るはずだったのですが、ブリが来る予報が出たので中止になってしまいました。
まだ海氷が安定しないこの時期には、往きに渡れた氷がブリの強風によって流され、帰りには海水が広がってしまう危険性があるので、少しでも天候の悪化が予想される場合には実施できないのです。

お楽しみは極夜明けにお預けになりました。
自分としてはラングホブデの長頭山の真横まで行けただけでも、満足です。

以下記録です。



5月12日(月)晴れ
午後気温マイナス24度前後、風速5m以下
今日はラング方面ルート工作初日。メンバーはわし、A兄、I隊員、Aシェフ。朝飯前にSM30立ち上げ。Aシェフが弁当を詰めてくれた。西オングル隊と前後して出発。わしとA兄がスノモ。SM302にI隊員とAシェフ。

まずオングル海峡に出て南下。防寒長靴では冷えて足が死にそうだった。A兄との連携は良好で作業は進んだ。快晴でラングや氷山の景色が素晴らしい。22ポイント、オングルガルテン先までルート設置。帰りはI隊員とスノモ。夕日がきれいだった。

オングル海峡に出る前にあったクラック
e0064783_22122065.jpg

途中で先頭を交代する。Aシェフ、A兄コンビの雄姿
e0064783_22125168.jpg

今日の最終地点。まだまだラングは遠い
e0064783_2215844.jpg

夕食後、8時から南極大学。宙空S隊員のオーロラの講義を聞く。

5月13日(火)曇り 風弱し
連日のルート工作。朝飯前にSM30暖気運転。U隊員も一緒に行く。昨日の教訓から、朝食後の準備担当3人と雪上車ならし運転担当1人に作業を分担。早めにならし運転を終了させ早く出発する計画だったのだが・・・。

スノモのエンジンがこの低温(昨夜はマイナス28度)のためかからない。始動液などで1台はなんとか始動したが、かからないもう1台のプラグを点検するためケーブルを外そうとしても固くて外れず、レンチの軸でケーブルの出ている部分を引掛けたらなんの抵抗もなくポキリと折れた。機械I主任に無線で連絡し修理を依頼。しかたがないのでスノモ1台のタンデム(わし、A兄)で行くことにする。SM302にU隊員、I隊員で後続。

9時15分発。スノモが先行し、10時に最終ポイントに到着。作業を開始しようとしたが、こんどは発電機のエンジンがかからない。バッテリーも上がり、手動で何回も試みるが、うんともすんとも言わない。11時過ぎにSM302到着。発電機を雪上車内に入れて温めることにする。慌ててもどうしようもないので、お茶を飲んで待つ。ついでに作ってもらった弁当も食べる。
e0064783_2216857.jpg

12時にセルを回してみると1発でかかった。マイナス30度近い低温ではウインター軽油はどろどろになってだめらしい。(帰還後、マイナス65度までいける南極用低温燃料(通称南極軽油)を給油した。)

ここから怒涛のルート工作開始。しらせの航跡(再凍結)を3回ほど渡る。2時過ぎまでに20ポイント設置、10km前進し終了。まだ全行程の3分の2ほどしか来ていないが、オペ本番でルート工作の続きをやるということで、望みは繋ぐことができた。

12時半でもここまでしか太陽が昇らない
e0064783_22173666.jpg

しらせの航跡は砕氷でガタガタ。奥はラングの長頭山。形を覚えておいてね。
e0064783_22193324.jpg

巨大氷山出現
e0064783_22205860.jpg

ついに長頭山の横まで来た。まあるく見えた長頭山の正面(写真では左面)は実は絶壁なのだ。
e0064783_22234498.jpg

今日はD靴で来て正解。A兄は長靴でつらそうだった。帰りは、わしが後ろに乗る(後ろのほうが寒いので)。あざらしの穴を見つける。使われていないらしく凍結していた。
e0064783_22243999.jpg

アザラシは氷の薄い夏の間に空けておいた穴を定期的にメンテナンスして冬期にも維持するらしい。

5時過ぎ真っ暗になって帰還。雪上車の立ち下げなどで灯火が漏れるので宙空のオーロラ観測を少し待ってもらう。

夕食後、早めに自転車こぎ40分240kcal、ベンチプレス60kg3セット、チンニング等。9時からバーで一杯。普通は11時過ぎに行くことが多いのだが、今日は釣り大会のショウワギスをAシェフが調理してくれるというので、開店時間に駆け付けた。揚げて餡かけになり、非常にうまかった。機械G隊員と意気投合して飲んでいたら調子が出て日本酒5本、ビール2本いってしまう。
[PR]

by s_space_s | 2008-05-19 15:33 | 南極 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/7967838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 最近観た映画      S16オペレーション >>