2008年 06月 12日

ニワトリはハダシだ

なかなかいい映画だった。
森崎東というベテラン監督の2004年作品。
舞鶴に在日朝鮮人の人がいるというのは初めて知った。
大きな港があるところでは大戦中に連れて来られた朝鮮の人たちがそのまま帰らずに残っていることは珍しくないのかも。

原田芳雄、倍賞美津子のコンビが人間の生きるエネルギーを感じさせてくれる。
韓国調の宇崎竜童の音楽もよかった。
生きてるうちが花なんだぜ♪
「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」も観てみたい。
[PR]

by s_space_s | 2008-06-12 23:46 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/8118934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< サイダーハウス・ルール      こっちで聴いている曲 >>