2008年 06月 13日

ジョゼと虎と魚たち

休日の朝、早く目が覚めたので、自転車をこぎながら、最後まで観てしまって、2時間漕いだ。
切ない話。恒夫は香苗という可愛い恋人がいるのに、身体障害者のジョゼに惹かれていく。
わしなら香苗ちゃんのほうがいいけど、恒夫にとってジョゼには不思議な魅力があった。

最後はハッピーエンドではない。それだけに余計切ない。
ラストシーンでは汗か涙か分からなくなってしまった。

2003年、監督:犬童一心、田辺聖子原作
[PR]

by s_space_s | 2008-06-13 14:42 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/8121941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 恋愛小説家”As Good a...      マシニスト >>