2008年 08月 11日

寒い日が続いています

先週いっぱいラングホブデのさらに南方のスカルブスネスという沿岸露岩地域へのルート工作に行ってきました。
天気はラングの時とうって変わって大変良かったです。
けど、その分、気温は低めでした。
放射冷却があるためでしょうか。

昭和基地に帰ってきてみると、基地周辺でも同じで、土曜日は最低気温がマイナス35.5度になりました。
部屋の温度も10度前後と寒いので、休日も専ら暖かい設営事務室で過ごしています。

昨日(土曜日)は第2回の釣り大会の予定でした。
朝から準備のため海氷に釣り用の穴を開けに行きました。
工作棟に置いてあった発電機のエンジンが寒すぎてかからないのは予想していたこと。
ジェットヒーターで暖めてかけました。

現場に着いて、1個目の穴を開けました。
氷厚が1m以上あり、2本目を繋いでやっと貫通。
たぶん1.7mほどでしょうか。
急いでドリルを引き上げましたが、途中で抜きにくいなと思う間もなくコチンコチンに氷りついてしまいました。

このアイスドリルは、ん百万もするアイスコア採取用の研究機材なので、下手に捩じって壊したらおおごとです。
結局、釣り大会の準備はおろか、ドリルの回収作業もブランチ後に出直してやることにしました。

午後、4人の有志で回収作業にあたりました。
いろいろ試しましたが、最後は電動ドリルで周りの氷を深さ1mほど割って掘るという力技で抜くことができました。
e0064783_11890.jpg

あっと言う間に海水が氷りつく低温の恐ろしさを感じました。

昨夜はバーでかなり遅くまで飲みました。
おかげで久しぶりに激しいオーロラを観察することができました。
なのに今朝(日曜日)は、いつもどおり6時半に眼が覚めました。

マイルスを聴きながら、2時間自転車こぎをしてから、モーニングコーヒーを飲みに食堂に行くと、氷霧という現象が窓の外に広がっていました。
e0064783_182182.jpg

これは、気温がマイナス30度以下の低温にならないと起きない現象なのだそうです。
視界が悪いので、計画していた隣島ネスオイアへのスキーツアーは中止です。
1日、記録を書いたり、映画「竜馬暗殺」をサロンで観たりして、のんびり過ごしました。
[PR]

by s_space_s | 2008-08-11 01:10 | 南極 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/8448976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aki at 2008-08-11 19:24 x
コチラとは70度くらいの気温差がありますね。
しかし、標高が低くても山は山。
錫杖では雷雨とともに雹が降りました。
Commented by s_space_s at 2008-08-11 23:52
もちろん衣類の違いはあるものの、人間の適応力ってすごいですね
逆に日本の夏山でも綿のTシャツだけで雨に打たれたりしたら、低体温症になってしまうのですから、自然の厳しさは同じだと思います


<< お菓子解禁      ラングホブデルート工作完了 >>