2008年 10月 08日

充実した1日

10月7日(火)晴れ
5時半に起きて、みずほ旅行(内陸250kmほどのところにある元基地までの観測旅行)支援隊参加のため不在の隊長の代理でトイレと風呂掃除。
(女性が当直のときは隊長がやることになっている)
7時の朝飯はご飯大盛り、味噌汁(とろろ昆布を大量に入れる)、納豆2パック、おかず少々、コーヒー。

8時から浄化槽スカム(汚泥。黒い便のようなもの)除去の準備。
8時20分から機械T隊員、A隊員に手伝ってもらってスカム除去。
Aガイド(みずほ旅行で3週間不在)が直前に取って行ったのか、スカムは少なかった。
バケツ4杯、50kgほど。少ないので焼却炉棟への運搬はT隊員にお願いした。

その後、ガソリンドラムを積んだクローラー(キャタピラー付きのクレーン車)で工作棟へ。
機械Iチーフと道の脇にドラムを下ろし、電離層棟の前にデポしてあったドラムも同じところに運び集積する。午前中はここまで。

昼は豚焼き肉定食。すごい肉の量があった。
現在みずほ隊8名、支援隊4名が出ているので、基地に17名しかおらず、いつもは4テーブルに別れて座るのを、1つの大テーブルにして食事をする。
食事後皿洗い。設営事務室でビル・エバンスを聴きながら昼寝。

午後、ミニバックホー(小型ショベルカー)の慣らしをしてから、Aヘリ下へドラムを取りに行く。
1kmもないが時速2kmぐらいしか出ないので、移動に時間がかかる。
埋まっていたドラムを掘ったりどづいたりして、クローラークレーンで引出し、12本積み込み工作棟へ戻る。
みずほ支援隊が戻ってきていた。
支援隊の帰りに橇置場から持ってきてもらった橇の除雪をしてから12本積み込む。

支援隊メンバーが風呂に入るかもしれないので、3時に基地に戻り、Iチーフ、A隊員に手伝ってもらって風呂を復旧(乾かしてあったすのこなどのセット)。
通常は5時から入浴可能なのだが、野外から帰ってきたパーティーがある場合はすぐ入れるようにしているので。
設営事務室でコーヒーを淹れちょっと休憩。

雪上車でドラム橇を海氷上の橇置場に置きに行って、カラ橇を持って帰り、ドラム脇に付けたところで作業終了。
設営事務室に戻ると5時過ぎていた。

夕食前にウエイトトレーニング1時間。今日はチンニングなどプル系。
1日おきに引っ張り系(懸垂、ベントオーバーローイング、カール)とプッシュ系(ベンチプレス、フレンチプレスなど)をやっている。
握力は右64kg、左63kgになった。
首が太くなって、カッターシャツが苦しくなってしまった。

夕食はチキンカツ、お浸し、竹輪麩、オクラ。
スパゲティとコンビーフは残す。
最近まで出されたものは絶対残さない人だったが、思い切って考えて要らないものは残すことにし始めたら、調子がいい。

漁協のミーティング。ライギョダマシ(1mを超える大型魚)釣りの準備と釣り大会の打ち合わせ。

7時からN隊員と12日のナイトハイクの下見で貝の浜の先まで行く。
雪がカンテコ(ウインドクラスト)しているので夏より歩きやすい。
危険個所、苔の自生地など、特に注意する個所はなかった。
カメラのバッテリーが寒さで切れて写真取れず。マイナス20度ぐらいか。
日の入りが7時22分だが、10時頃まで薄明るい。

8時に戻りみずほ隊と定時交信。
S17より奥の内陸ルートのメンテナンス(旗竿の立て直しと標識ドラム缶の掘り起こし)について状況報告と質問を受けたが、48次から特に引き継ぎを受けていないので、指示は隊長に任せる。

バーで焼酎を1杯もらってきて、部屋で監督解説付きで映画”SEVEN”(ブラピ主演の連続殺人物)を観て、10時半ごろ寝る。

野外に出ない日は、こんなふうに過ごしています。
いつもは、これに朝夕1時間ずつの自転車漕ぎが入るのですが、今日はよく動いたので省略。



[PR]

by s_space_s | 2008-10-08 21:44 | 南極 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/8729348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 夏至物語      弁天島 >>