blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 13日

ネスオイヤ一周スキーツアー

土日で西オングル徒歩旅行を予定していましたが、土曜日に強風の可能性があるということで、またまた中止にしてしまいました。

日曜日は高気圧に覆われてほぼ無風、快晴のツアー日和になりました。
基地にいるのはもったいないので、機械G隊員と基地のある東オングル島のすぐ北隣の島、ネスオイヤへスキーに行きました。
前回行ったのは新雪の降った非常に寒い日でした。
今回はマイナス13度ぐらいで暖かいので、のんびり島を1周して、もう一つ北の小島、初島にも上陸してみました。


パスタとドリアのブランチを済ませ12時に基地を出発。
いつものゲレンデから海氷上に滑り込み、数100m歩くともうネスオイヤです。

広い斜面を登って3回ほど滑りました。
標高差はたったの35mです。
e0064783_1829271.jpg

今回は基地側の少し急斜面も滑ってみました(バックに基地が見えます)。
e0064783_1831263.jpg

少しモナカでしたが面白かった。
e0064783_18331256.jpg

海岸のタイドクラックに沿ってトラバースして、もう一つのゲレンデへ移動。
e0064783_18344964.jpg

頂上からは、北の氷山群と大陸の眺めが素晴らしい。
e0064783_1836632.jpg

快適な斜面でとばすG隊員
e0064783_18374754.jpg

何本か快適な滑降を楽しんだ後は、海氷上に出て、のんびり歩きます。
雪が付いていないところは、ストックで漕ぐとスーっと進み、歩くより早いです。
雪があるところも、適度な摩擦抵抗があり、パスカングで走れます。
e0064783_18414013.jpg

北の初島は西面が緩やかな雪の斜面なので、スキーで登れます。
標高は20mしかありませんが、頂上で大休止。ここも眺めが素晴らしい。
持ってきたVB(オーストラリアビール)がすごく美味かった。
お日様に暖められた雪が融けているのを見て春を感じました。
紫外線も強くなって要注意なのですが。

下りは南の少し急斜面を滑って降りました。
e0064783_1845765.jpg

周りは氷山群。
e0064783_18462955.jpg

鑑賞しながら歩きます。
e0064783_18465674.jpg

ちょっと遊んでみました。
e0064783_22533657.jpg

ぐるっとネスオイアを一周して、基地に15時20分に戻りました。

いや~楽しい休日でした。
[PR]

by s_space_s | 2008-10-13 18:48 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/8751219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ワルテル at 2008-10-17 10:52 x
T津くんと、忘れられた岩壁とクライミング力強化ロードトリップ6日間に行ってきました。前半の間硫黄尾根前衛峰北壁は、予想に違わぬ脆さと逆層で、試しにおずおずと登った5pは「全ホールドが浮き石」の核心部があったりして、プチ・ボールドクライミングでした。そこそこの荷物を背負って山に分け入るのは久しぶりで、下山後は筋断裂前科3犯のふくらはぎがギリギリの状態でドキドキしましたが、人に会う事のないウィルダネスで過ごすことができ、「登山はこうでなくちゃ」と改めて思えたのでした。残り2日は瑞牆山。最近の岩登り力復活プロジェクトの小課題だったアストロドームRPをはたし、2日目はM裏夫妻の安定したクライミングを見学後、出がらし気味の体に喝を入れてT&Tを登ってみました。こちらはなんと、各駅停車になってしまいました。メンタルでやられてしまいました。先はまだ長そうですが、一歩進めた嬉しいトリップでした。
 しかし、夏中(北半球的には)テレしてる石際さんについて、アーモンドグリコ計画の頃とあまり変わってないわしがテレに行くのは、これまた苦難の道程が予測され、この長い道程に幸あれと願う小春日和の穏やかな秋の日です。
Commented by s_space_s at 2008-10-21 01:58
頑張ってますねぇ。
わしも頑張っているつもりですけどが、いろいろ誘惑が多くて煩悩に悩まされる白夜間近の春の日です。


<< みずほ旅行支援隊(復路)      夏至物語 >>