blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 03日

ラングホブデ長頭山登山

昭和基地周辺で野外活動をしながら、特徴のあるまあるい山容をいつも眺めていた、ラングホブデの長頭山に行ってきました。
希望者を募って8人の大所帯でのんびり登りました。

9月に雪上車でアプローチするためのルートを工作し、9月下旬に登る計画だったのですが、天気がいまいちで1ヶ月遅れの実施となりました。
378mしか標高がありませんが、周りにそれより高い山がないので、360度の素晴らしい景色でした。
登山自体も完全な岩山で登山道も当然ないので、非常にアルペンチック。
目に入る大岩壁に想像のラインを引きながら、もう1回来たいと思いました。

西のルンパ方面から見る長頭山(クリックするともう少し大きくなります)
登ったのはこの写真の反対側からです。
e0064783_315372.jpg



昭和基地から23kmほど海氷上のルートを走って2時間ちょっとで上陸地点の小湊に着きます。
雪上車は、海氷上に駐車。
e0064783_18464643.jpg

正面の雪の着いた沢状を登り前山を左から回り込むと赤い岩壁の下の顕著な谷に入ります。
G隊員が「レッドバレー」と命名。
e0064783_184713100.jpg

谷を長頭山と前山のコルまで詰めてから、少し急な左の岩の斜面を登ると尾根に出ます。
反対側の前山339mの斜面は雪が着いていやらしい感じでした。
e0064783_1849499.jpg

尾根に出ると急に広い海氷の展望が開けます。
みんな思わす「おー!」
e0064783_18493381.jpg

ペンギンの大きなルッカリーができる水くぐり浦も見えます。
e0064783_1850170.jpg

尾根上には何箇所か岩場があり、だいたい左からまいて通過します。
e0064783_1850238.jpg

2時間で尖がった岩場の頂上に着きました。
e0064783_18511215.jpg

東の大陸方面には雄大なラングホブデ氷河。
e0064783_1856284.jpg

南には後山347mのこれまた尖がったピーク。
e0064783_18562994.jpg

西はペンギンセンサスで行く予定のルンパ方面の島々。
e0064783_18565415.jpg

朝3個ずつ作ってきたおにぎりと味噌汁のお昼ごはん。

帰りは前山の裾をまかずに、谷をそのまま池まで降りてみました。
下から見るとすごく高い山のように見えます。
e0064783_1901379.jpg

前山を横から見るとなにやら角のようなものが・・・
e0064783_21384046.jpg

これを正面から見るとこんな岩壁なのです。標高差200mちょっと。
薄い板のような壁です。
e0064783_21393588.jpg

雪上車に戻ってエンジンをかけ暖まるまで少しのんびりして帰りました。
帰りは他のメンバーに運転を任せて爆睡。
すごく貴重な体験なのに、まるで、国内の近郊の山に登って来たような感覚の日帰り登山でした。

もう一回これるかな?

2008年10月25日
昭和基地6:40発 小湊8:50着 登山開始9:10 長頭山11:10~50 小湊13:30 同発14:00 昭和基地16:20  
[PR]

by s_space_s | 2008-11-03 19:04 | 山登り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/8887350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hee3hee3 at 2008-11-04 16:08
いいですね〜
やっぱり、大陸は広々としていいなぁ
こんどの二子山は行きたいです!

Commented by gaoro at 2008-11-05 11:44 x
こんどはAガイドとかなりの距離を歩きまわる予定です。
トレーニングしといてちょうだい。


<< ウートホルメンルート工作      ペンギンセンサスルート工作ほぼ完了 >>