blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 28日

ライギョダマシ釣れたど~!

11月26日、今日の当番は気象U隊員でしたが、わしも支援で参加。
夕食後スノーモービル2台でポイントまで行き、まずは穴のメンテナンス。
e0064783_23195842.jpg

その後、機械O隊員手作りのドラムリールに600mあるラインをセットして、せっせせっせと巻き上げる。
なんか前回より重いぞ・・・。
e0064783_23204126.jpg

20本出ている枝針の15本目で氷の穴からライギョがにゅーと顔を出した。
凄まじいファイトと言うにはほど遠いけどのた打つので、逃がしてはならじとエラに指を突っ込んで引きずり上げました。
e0064783_23211690.jpg

釣ったばかりはこんな顔でしたが、すぐに目から凍り始めました。
e0064783_23214530.jpg

毛布に包んで橇に載せ大事に基地に持ち帰りました。

仕掛けをチェックして餌を付け換え、再投入の作業中、我慢しきれなくなったのかアザラシが鼻を出しました。
死にそうな鼻息でした。プハァー!
e0064783_23223258.jpg

基地に着いても半分凍りながらまだ生きていました。
体長93cm、重さ8.8kgでした。
餌はかなり前に付けた魚の切り身。
イセエビ、アナゴ、アユ、ショウワギス、生イカなどもっとグルメな餌が付いている針もあるのに・・・。
e0064783_23231059.jpg

なにはともあれ、K漁協長お疲れさまでした。

漁協活動の記録
 9月 7日 オングル海峡ライギョポイントまで海氷上ルート工作
10月12日 海氷穴あけ。
10月15日 仕掛け投入失敗
10月22日 仕掛け投入成功
以後、週2回仕掛け監視と餌換え

翌日、調理のAシェフが捌いて鍋にしてくれました。
きれいな切り身になりました。
e0064783_23234469.jpg

刺身盛り合わせとアナゴの煮物付き。
ビールが美味い。
e0064783_23243659.jpg

魚、ネギ、白菜、春雨だけのシンプルな鍋。
e0064783_2325101.jpg

肝心の魚の味は甘味があっておいしいと思いました。
金目鯛みたいな感じと思っていただければ近いかも。
U隊員は気に入っていっぱい食べてました。
e0064783_23254185.jpg

けど、脂がこのとおりすごいので、隊員のなかでは評価はいまいちでした。
e0064783_2326914.jpg

脂を落とした焼き物がいいような気がしました。
[PR]

by s_space_s | 2008-11-28 23:26 | 釣り | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/9089424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バタ子 at 2008-12-03 08:40 x
8.8キロのライギョ!凄いですね。お疲れ様でした。
600メートルのドラムリールってのは手動ですか?

毎回思うのですが、コックさんの料理のレパートリーが凄いですね。
器も料理に合ったので盛りつけてあります。
最近我が家では、カレーライスの出番が多くなりすぎてるので、見習って
頑張らなくちゃ、です。


アザラシの鼻の穴、ウチの息子の鼻の穴にそっくり!と思っちゃいました。
Commented by gaoro at 2008-12-03 12:16 x
はい手動です。
腕が疲れるので、交替で巻くのですが、ちょうど最後のところに当たって、引き揚げさせてもらえました。

調理の両シェフの腕はすごいです。
若い方のAシェフの専門ははイタリアン、フレンチなのですが、修行時代に「まかない」を作らされて和も中華もエスニックもおぼえたらしい。
先輩シェフは「まかない」の味のほうがうるさかったそうです。
ひと口食べて残されるとか・・・。

アザラシの鼻は開閉自由自在です。
Commented by kenichi at 2008-12-05 12:06 x
こんにちは!
いつも楽しく読ませていただいてます。こんな生活も一度は経験してみたいです。

もしよろしければ、僕のブログで紹介させていただいてもよろしいでしょうか

みんなに知ってもらいたいすばらしい経験だと思います
Commented by gaoro at 2008-12-05 18:40 x
はじめまして。
読んでいただいて光栄です!
紹介もしていただけたら嬉しいです。

アウトドアのプロのガイドさんなんですね。
すごいです。
FAの公募情報は極地研究所のHPに載ってますよ。
Commented by haru-ss at 2008-12-06 22:55
こんばんは!!ご無沙汰しております.
やっぱり寒いところ魚ですね〜でなければそれほど脂ものらないでしょう.
今年の冬はまた剣岳に行きます.今回はかなりのメンバーです.
キム準教授,T津ガイド,ワルテルガイド,今やヒマラヤンクライマーの○本君,それに酒飲みな大工の○のり.なんでこんなに集まった疑問です.でも全員行くかは未だ不明です.
Commented by gaoro at 2008-12-07 01:55 x
わしも参加した~い!
Commented by 岩魚迷人 at 2008-12-08 12:51 x
(( 大きな疑問  ))
厚い氷の下でアザラシは、どうやって息してるんですか?息する穴が凍ってしまって塞がってしまい溺れないんでしょうか!!!
Commented by gaoro at 2008-12-08 22:35 x
アザラシは1m以上ある厚さのある海氷にも穴を開けて出入りしています。
どうしてこんなことができるのかというと、海氷が薄いうちに開けた穴に定期的に頭を出して割ってメンテしているのです。
1頭のアザラシで何個か穴を使っているそうです。
しばらく使わないとやはり凍ってしまいます。
そういう穴も見たことがあります。
アザラシの顔にはよく傷があります。これはケンカの傷もあるかもしれませんが、凍った穴を必死で頭突きして開けるときにできた傷かも。
Commented by kenichi at 2008-12-10 23:20 x
先日、僕のブログでご紹介させていただきました。勝手ながらお写真もお借りしました。不都合などございましたらお知らせください。削除いたします。

では、また遊びに来ます!
Commented by gaoro at 2008-12-11 13:27 x
ご紹介ありがとうございます。
こちらでの野外活動もほぼ終了し、現在は50次隊受入れの準備で毎日除雪に明け暮れています。
朝8時から夜の11時過ぎまで連日の作業です。
こういう生活も好きです。


<< 第2回ペンギンセンサス旅行      第1回ペンギンセンサス旅行(3... >>