2009年 03月 21日

船上生活3

船旅の最大の楽しみは、ふんだんにある時間。

ここでも昭和基地にいたときと同じように6時前に起きてジムへ行き、自転車漕ぎ1時間で汗を流し、部屋のシャワーを浴びてから朝食。
朝8時45分からのミーティング以外はやることがないので、読書したり、船のDVDレンタルで借りた映画を観て過ごした。

読書は昭和基地からまだ読み終わらない、ジョン・アービングのA PRAYER FOR OWEN MEANY。
ペーパーバックで600ページ以上あるので、帰国してもまだ終わってない。

映画は字幕がなく、意味が分からないので、だいたい2回ずつ観た。
e0064783_1655280.jpg

船上で観たのは、
★メメント
殺された妻の復習に燃える、新しい記憶が数分しか持たない前向性健忘の男の話。
雰囲気はマシニストに似ている。
★CUCTUS
ほとんど会話は聞き取れなかったけど、筋は大体わかった。オーストラリア映画。
JASMINE YUEN-CARRUCANという若い女性監督の作品で、オーストラリアの広大で美しい風景と砂漠の感じが印象的だった。
レンタルするとき「これはあまりいい映画ではない」といわれたが、こちらのDVDにはパッケージに「汚い言葉」「暴力シーン」「性的描写」などのマークが義務付けられていて、それを見て言っているようだった。
★RAGING BULL
ロバートデニーロの演技が神がかっていた。終盤の太り方は別人のよう。
もうリングに上がれなくても本番に向かうイメージは同じなのだ。
再婚した奥さんのちょっとぽっちゃりしたところが妙に色っぽかった。
★TIN MEN
バーバラ・ハーシィはライトスタッフにも出ていた。
スティーブン・キングのライディング・ザ・ブレットの母親役でも出ていたような気がするが、あまりいい印象がなかった。
喧嘩していた2人のセールスマンにある種の友情が芽生えるところがよかった。
終わりよければすべてよし。
★THE STAND
2枚組み。どうもキングものは映画で観ると損した気分になることが多い。
★capote
カポーティの「冷血」を読んだことがあったので話の筋は理解できた。
テーマは重すぎて、すぐにどうこう言えるほど死刑制度と犯罪について考えたことがなく、最近の女性強盗殺人に対する死刑と無期懲役に分かれた判決を聞いて、心の隅に引っかかっているのを思い出す程度。
★Crash
アメリカ社会の日常的な人種差別を扱った映画で「非常に重いテーマ」だった。
最後は個人の人間性が重要なのだけれど、そううまくいかないところが哀しいところだ。
エンディングでは、歳をとってゆるんだ涙腺が大変なことになってしまった。

ジムは狭いがエアロバイク、ランニングマシーン、ウエイトトレーニングマシーンやバーベル、ダンベルとひととおり揃っている。
e0064783_1659666.jpg

朝は自転車漕ぎ。ウエイトは夕食前に1時間弱やった。
e0064783_16592437.jpg

トレーニングしてから30分以内にたんぱく質を摂取すると筋肉の修復がよくなるらしいので。
AADスタッフのミックさんは元ラグビー選手で、ちょっと前に引退してからボディビルに集中するようになったビルダー。
ジムでトレーニング・メソッドについてしゃべったり、パーティーのとき仕事の話をしたり仲良くしてもらった。
越冬4回の通信担当で、本業は国連職員。

天気のいい日にはヘリのスタッフが甲板で運動するのに混ぜてもらった。
30分ほどのウオーキングに3階までの階段の昇降、腕立て伏せ、腹筋を組み合わせたエクササイズ。
時おり遠くに鯨が見えたりする。
e0064783_17163835.jpg

あとは、ブルースハープ。
バーで吹くことが多かったが、甲板で吹くのも気持ちいい。
e0064783_172853100.jpg

ブリッジ(艦橋)はほぼ自由に入れるので、鯨を探したり、夕日を眺めたりするのも船旅の贅沢。
e0064783_17292323.jpg
e0064783_17293785.jpg

年期の入ったオーロラオーストラリスの看板。
e0064783_17295031.jpg


長いようで短かった船上生活だった。
[PR]

by s_space_s | 2009-03-21 17:19 | 南極 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://sspaces.exblog.jp/tb/9882747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ワルテル at 2009-03-23 22:03 x
ベンチで筋肉を充血させながら、横の壁のポスターで
違うところも充血しそうな、パワフルなジムですね。
むむ、このコメントにも「ダーティーな表現」のマーク
が必要か…
ハープの「マイフェィバレットシング」完成した?
Commented by gaoro at 2009-03-24 08:27 x
反対側の壁にはもっとすごいポスターが張ってあって、自転車漕ぎするときはそっちを眺めてました。
「マイフェィバレットシング」は除雪作業しながらダンプの待ち時間に吹いていたのでだいたい吹けるようになったと思います。
今はリトルウォーターのJUKEってやつを吹いています。
Commented by ワルテル at 2009-03-24 17:29 x
どどど、どんなふうにすごいんですか!!
まあいいや。
「マイフェィバレットシング」わしのパーカッションは未完成っていうか
そのままマネするお手本がないので、やってるうちに熟していきます。
たのしみー!!


<< 帰国歓迎会と帰国後身体検査      船上生活2 >>