2017年 03月 18日

三方岩岳北面滑降

ちょっと偵察に行ってきました。
三方岩岳の肩のコルから北面の谷に滑り込んでみました。
300m弱ですが楽しめました。
復帰がつらかったけど…。


三方岩までは馬狩の料金所から登山道沿いに登りました。
地味な尾根ですが、白谷を眺めるには絶好です。
ブナ林もあっていい雰囲気です。
e0064783_22150789.jpg
三方岩岳頂上(中央)と右のピークとのコルから北面へ滑り込みました。

e0064783_22150779.jpg
スーパー林道まで下りずに適当なところで登り返し。
e0064783_22150737.jpg
このラインです(クリックしてね)。
e0064783_11550888.jpg
登山道尾根のツリーランはむちゃ腐れ雪でしたが、楽しかった。




[PR]

# by s_space_s | 2017-03-18 22:07 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 14日

石徹白バックカントリーガイド(ウイングヒルズ~水後山~石徹白)

3月11日の土曜日、ウイングヒルズから水後山に登り石徹白へ滑り込むルートをガイドさせていただきました。

新雪があることは予想していましたが、スノーシューを履いても膝まで潜る状況で、予定の時間を大幅に過ぎての下山になってしまいました。
往復のコースなら時間をみながら途中で戻れますが、今回のようなラインでは、エスケープルートを考えておくべきでした。
底なしの新雪ではスキーやスプリットボードとスノーシューとでスピードが全然違うことを再認識しました。

e0064783_21520671.jpg
滑りで満足していただけたのはよかった。
結構なパウダーです。
e0064783_21520636.jpg
午後は新雪が腐ってきました。
今回のメンバーのボード技術なら楽しめたのでは。
けど、テレマークでは難しい雪でした。

e0064783_21520718.jpg
バックカントリーガイドの前にはいつも、Powder Search(新雪情報)をチェックしてしています。
8日の夜から9日の朝にかけて長滝(平地)において6時間ほどで30cm積雪が増えています。
また10日の明け方にかけて降水量が急激に増え、それに伴って積雪も10cm以上増えています。
これは警報レベルの降り方で、山がどのような状況になっているのかイメージできなかったのは反省点です。

また、積雪グラフの2つのピークから積雪内が層になっていることも予測されました。
水後山頂上でコンプレッションテストを行った結果、積雪深20cmにタップ5回でSPが観察されました。
60cmにはタップ15回でRP。
比較的傾斜のない尾根上にルートを取りました。
e0064783_08361273.jpg

先日、ご案内したTさんがbcaのニューモデルのポールを持ってみえました。
グリップにスクレイパーが付いているのが便利そうだったので、例によって自分で付けてみました。
要らなくなったスクレイパーを切ってスーパーボンドとアルミビスで固定しただけです。
歩きながらスキーに載って氷りついた雪もこそげれるし、シール張替のときエッジやシールの氷も取れるので、なかなか便利ですよ。

e0064783_21520673.jpg






[PR]

# by s_space_s | 2017-03-14 17:34 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 13日

「草間彌生 わが永遠の魂」展

朝日新聞デジタルにこんなコンテンツがありました。
各展示室の様子がよくわかります。
本物の迫力を感じるには現場へ行くしかありませんが…。

草間彌生展をバーチャル体験




[PR]

# by s_space_s | 2017-03-13 12:14 | 美術 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 09日

草間彌生ーわが永遠の魂ー

先日、東京へ出かける用事があり、ついでに国立新美術館でやっている草間彌生展を観てきました。
草間彌生は今見ると樹木希林みたいですが、「前衛の女王」で売り出した若いころは、結構かわいかったんですね。
なんでか知らんが、「ねじ式」のママさんを思い出してしまいます。

e0064783_22213147.jpg
昨夜は、よく飲んだので、近くのお粥の店でいただいた朝粥がおいしかった。
ホテルに戻って、またごろごろして、ゆっくりチェックアウトしました。

e0064783_22214449.jpg
まずは、水玉「南瓜」のお出迎え
e0064783_22214423.jpg
展示室1の「21世紀の草間彌生」だけ写真撮影が許可されていました。
自撮りしている人がたくさんいました。
皆さん「なにこれ分からん」などと言いながら、楽しそうでした。

写真の中央にあるのが「真夜中に咲く花」という題名の連作のひとつです。
このオブジェの前でじっと観ているわしを見て、かみさんが「食べられてしまうと思った」と言うほど、異様な迫力があります。

e0064783_22214400.jpg
好きな作品を携帯で撮って待受け画面にしてみたり。

e0064783_22214450.jpg
展示室2から初期作品
「玉葱」など静物を具象的に描いた作品をみても、個性があってすごい画力だと感じます。

展示室3はニューヨーク時代の作品が並びます。
映写室で16mmカラー映画「草間の自己消滅」の抜粋が上映されていました。
1960年代のサイケなBGMと気持ち悪くなるような映像で毒気にあてられました。

ステッカーの文字を無数に張り合わせたコラージュなどは普通にウォーホルぽかった。
銀色の男根?が椅子などに無数にくっつけてある作品群はあまり面白いと思いませんでした。

展示室4は帰国後の作品。
フリーハンドで自由に水玉を描いたものではなく、洗練されたデザインのような水玉作品が出てきます。
どうやって描くんやろう?

ミュージアムショップにはレジに1時間の順番待ちの列ができていました。
ポップアートでグッズになりやすい作品も多いので、そういうのを欲しがる人もいるんでしょうね。

展示室から出てくると、かみさんがロビーに座り込んで、ぐったりしていました。
「エネルギーを吸い取られた~。」


草間彌生は小説も書いているようです。
「クリストファー男娼窟」を読んでみたい。






[PR]

# by s_space_s | 2017-03-09 12:02 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 07日

折れたスキーの修理&ビンディング雪付着防止

なんで折れたのかは訊かないでください。
下の写真は折れた部分のささくれをきれいに削った後の写真です。
e0064783_22350837.jpg
ホームセンターでガラスクロッシング用のガラスクロスを探しましたが、大きいのしかないので、エポキシとセットになったサーフボード補修キットを購入しました。
今回は三枚重ねの予定です。
e0064783_22352698.jpg
エポキシを塗った上にガラスクロスを重ねていきます。
e0064783_22353926.jpg
室温が低いので硬化時間が長く、余裕で作業できます。
e0064783_22353957.jpg
とりあえず、今日はここまで。
e0064783_22355897.jpg
24時間で硬化したあと、仕上げにエポキシを塗って完成。
e0064783_22364046.jpg
チップを持って力を入れてみましたが、コブとかでなければ十分滑れそうです。

(おまけのTIPS)
ボレーのスイッチバックはプレートの上面に雪がよくつきます。
ひどいとつま先の下で団子のようになり、足ツボマッサージを受けているような状況にも。
シリコンスプレーを塗ったりしていますが、一時しのぎです。

ホームセンターに普通に売ってある梱包用のOPPテープを試しに貼ってみました。
値段は100円前後です。
e0064783_22354093.jpg
特にウオークモードを切り替える部分(金属のバーが当たるコーナー)の雪の付着が毎回気になるので、ここにも。
e0064783_12553300.jpg
今のところ、非常に快適です。
はがすと糊が残り少し汚いのが難点といえば何点か。








[PR]

# by s_space_s | 2017-03-07 12:57 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 07日

赤のれんの味噌おでん

今日は中部山岳ガイド協会の総会とファーストエイドに関する研修がありました。
講師は日本山岳ガイド協会の講師もされている家永先生。
研修の後の懇親会にもご出席いただき大変有意義な研修でした。
ガイド協会のファーストエイド講習も受けてみたくなりました。

翌日、石徹白へ滑りに行くメンバーもいて、2次会の話も特に出なかったので、大人しく帰ろうかと思ったのですが…。
結局「赤のれん」に寄って串カツと味噌おでんで3杯飲んで帰りました。

小学校のころ、そろばん塾の近くに菓子屋がありました。
塾の帰りに、冬は味噌おでん、夏はかき氷を食べるのが楽しみでした。
みんなが「チクロ」と呼んでいた人工甘味料を使ったキャンデー。
蓋の裏に当たりマークがある小さいヨーグルトみたいなお菓子。
連続5回当たったことがありました。
ある日、この店に「ちんどんや」が休憩していて、店を出て商店街を練り歩くのに付いて回ったことがありました。

「赤のれん」のこんにゃくはすごく大きくて、1本で酒一杯はいけます。
まっちゃっちゃの三角の塊は初めて見たらびっくりするかも。
懐かしい味です。




[PR]

# by s_space_s | 2017-03-07 12:28 | うまいもん | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 03日

第13回 川と山のぎふ自然体験活動の集いのご案内

NSネットの良さんから、恒例の自然体験活動の集いの案内が届きましたので、ここに掲載させていただきます。
わしは、セッション2「指導者・ガイドのプロ化」にゲストとして参加予定です。

***** 以下、案内です。*****

第13回 川と山のぎふ自然体験活動の集いのご案内

毎年一度、岐阜県とその周辺の自然体験活動指導者が集う楽しいイベントです。
この集いは12年も続いていて岐阜県各地で開催してきました。
そのお陰で、岐阜県は全国で一番自然体験活動指導者がつながり、結束していると評価されています。
それはこの集いがあるからなんです。

岐阜県内には200を超える自然体験活動団体があると言われていますが、「つながることで見えてくることがある」、「知合えば友達」、「出会いとつながり」、まずは知り合うということを目的に活動を始めましたが、各地に点在する専門家たちが相互に協力・連携することで、多様な活動が展開され、各地で講演会・講習会が実施され、地域づくりに大きく貢献するようになりました。
週末の活動が多いみなさんの実情を考え、今年は平日に開催することにしました。
どなたでも参加できる、規則も会費もない集いです。
みなさんが声を掛け合って集い、活動の今と今後を語り合い、交流し、新しいネタと活力を充電しましょう。

日時 : 2017年3月23日(木) (14:00~20:00)
場所 : みんなの森ぎふメディアコスモス内 考えるスタジオ(岐阜市司町)
参加費 :無料(どなたでも参加できます。事前に参加申込をお願いします)
参加定員 :100名ぐらい
主催 :川と山のぎふ自然体験の集い実行委員会
後援(予定):岐阜県、岐阜市教育委員会
内容:
4つのテーマ別に分科会を企画しました。
それぞれの分野で活動されている団体や個人がお互いに事例報告をして、課題を共有し、解決のアイデアを出し合いましょう。
みなさんがゲストで、みなさんが参加者です。

(日程)
14:00  オープニングセッション(受付:13:30より)< 催しの全体説明をします >
14:30  「セッション1」 (分科会1.2)
16:00  「セッション2」 (分科会3.4)
       (休憩 約30分)
18:00  「セッション3」  情報交換会
20:00  終了

「セッション1」 (14:30-15:50)
●分科会1.岐阜の宝を生かした活動   
コーディネーター:田村明(朝日大学経営学部)・井田琢也(岐阜県自然環境保全課)
ゲスト:熊崎潤(飛騨小坂200滝)、平野彰秀(石徹白地域連絡協議会)、原令子(岐阜県シェアリングネーチャー協会)、平工顕太郎(結の舟・清流オフィイス)、伊藤来(名門カヤック大学)、興膳健太(猪鹿庁)、小寺春樹(山菜の里いび)、佐名敏已(天空の茶畑)
山・川・滝・森・歴史・自然など岐阜の自然を生かした活動をしている人たちがいます。
岐阜の良さを発信する人たちがどんどん増えています。
そうした活動に全国各地から岐阜に来てくれた人たちも参画しています。

●分科会2.ものつくりを通して岐阜の素材を生かす活動  
コーディネーター:小野敦(NPO法人グリーンウッドワーク協会)、長沼慶拓(岐阜県)
ゲスト:入江鐡夫(行灯工房)、栗谷本征二(栗くり工房)、小木曽賢一(森林たくみ塾)、野村純也(郡上割り箸)、酒井慶太郎(酒井産業)、浅野美香子(NPO法人岐阜県木育推進協議会)
今、自然豊かな岐阜県だからできる「ものづくり」が掘り起こされています。
消え去ろうとしている「手仕事」や「伝承文化」を守る、昔の若者たちと、今の若人たちが活躍しています。


「セッション2」 (16:00-17:30)
●分科会3.指導者・ガイドのプロ化   
コーディネーター:北川健司(中部山岳ガイド協会)、山田俊行(トヨタ白川郷自然學校)
ゲスト:岩佐勝美(飛騨の森自然ガイド協会)、蟻原陽一(白山白川郷トレイルクラブ)、岩本さやか(飛騨山岳ガイド協会)、石際淳(中部山岳ガイド協会)
岐阜県には、公益社団法人日本山岳ガイド協会に加盟している54団体の内、4団体と1割ものガイド団体が登録され、全国に先駆けて自然体験指導者のプロ化が進んでいます。
プロとしてガイド・指導者とは、講師料の設定、保険や契約などの手続きや責任について、これらの問題をゲストと一緒に考えていきます。

●分科会4.子どもたちの自然体験を進める活動   
コーディネーター:高屋良平(NPO法人エヌエスネット)、河合高志(岐阜県恵みの森づくり推進課)
ゲスト 高見美茶(だんごむし)、浅野純一(大垣プレイパーク)、村瀬典康(環境教育事務所エム企画工房)、千葉篤志(ガイアニック)、初音美奈(岐阜☆森のようちえん)
「森のようちえん」、「プレイパーク」、「冒険あそび場」、「放課後ランド」岐阜県各地の森や公園でさまざまなコンセプトの活動が広がっています。
岐阜県内では子供だけで参加できるキャンプ活動など催しも盛んに行われています。
多様な活動団体が一堂に会し、子どもの活動のあり方について一緒に考えます。


「セッション3」 (18:00-20:00)
●情報交流会(無料)
いろんな活動をする人が集まって交流する時間です。ここからでのつながりがあなたの活動を拡げます。
新しいネタと活力を充電してください。
各自で食べ物・飲み物を持参して(場内にはローソンやスターバックコーヒーもあります)気軽に話し交流しましょう。
食べ物、飲み物などの差し入れ大歓迎です。(待っています!)
さらに延長してのトーク会場も用意しています。

参加申込書
 
■お申し込み・お問い合わせ
川と山のぎふ自然体験の集い実行委員会 事務局
〒500-8886岐阜市西野町北町5
(NPO法人エヌエスネット内)
TEL /FAX 058-216-4533
ryo@odss.co.jp



[PR]

# by s_space_s | 2017-03-03 17:16 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 02日

三匹のおっさん

【山域】岐阜市内
【場所】御浪町・柳ヶ瀬界隈
【日時】2017年3月1日(水)
【コース】居酒屋竹~ほの字たこやきロコかたらい
【メンバー】コザエモンさん、Tsutomuさん、わし(チーム三匹のおっさん) 
【天気】雨のち曇り
【タイム】竹18:30 ほの字× ロコ19:00 かたらい20:00~?

ルート図(省略)

ほんと、よく飲みました。
e0064783_09594659.jpg
選曲がマイナー過ぎて1位連発!
そう言えばこんなこともあったっけ。



いかなる富も、いかなる作品も生み出さないのが、遊びというものの特徴である。
                            ロジェ・カイヨワ
この定義からすれば、昨夜は遊んだと胸を張って言える。
ところで、登山って遊びじゃなかった?




[PR]

# by s_space_s | 2017-03-02 10:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 21日

石徹白バックカントリーガイド(野伏ヶ岳)

新潟からお越しになったTさんご夫婦とお仲間のKさんを野伏にご案内しました。
Kさんが300名山を目標にしてみえるということで、一昨年は猿ヶ馬場にご一緒しました。
野伏は昨年も計画しましたが、Tさんのぎっくり腰で1年越になっていたものです。

ダイレクト尾根末端のブナ林
e0064783_21562317.jpg
ダイレクト尾根の中間に立っているY字ブナ
e0064783_21561030.jpg
ダイレクト尾根上部で予想どおりクラスト斜面になり、ヒャっとする場面もありました。
e0064783_22170754.jpg
晴れてくると思ったら、頂上では風も強く寒いので早々に支度して下りました。
滑降は安全策で東尾根を末端まで忠実に滑りました。
和田山牧場まで戻ってきて一安心。
TLTのビンディングは慣れないとトラブルの種になると思いました。
e0064783_21563331.jpg
お土産に、こんな高級酒をいただきました。
大事にして少しずつ飲ませていただいてます。
やっぱ旨いわ。





[PR]

# by s_space_s | 2017-02-21 17:50 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 17日

奥美濃大ダワ1087.5m東尾根・北面テレマーク

e0064783_22505197.jpg
【山域】奥美濃
【場所】土蔵岳東方大ダワ
【日時】2017年2月15日(水)
【コース】坂内川上~坂内バイクランド~東尾根~大ダワ~北面滑降~東尾根滑降~バイクランド~坂内川上
【メンバー】わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】曇り
【タイム】駐車地点8:00 渡渉地点9:00 大ダワ11:30 北面2回滑降 東尾根滑り出し14:00 駐車地点15:00

ルート図(クリックしてね)
e0064783_18095871.jpg
大ダワは土蔵岳の隣にあって通常、単なる通過点ぐらいの扱われ方です。
が、地図をなんとなく眺めていたら、バイクランドからの斜面が面白そうだと思いました。
グーグルの航空写真を見てみると、北東に入っているこの谷には無木立のところが多く、益々興味が湧いてきました。
こんな感じ(クリックしてね)
e0064783_11215192.jpg
登下降した東尾根はスキー向きの疎林(奥美濃基準で)で、頂上台地の雰囲気や北面の新雪滑降も素晴らしいです。
湧谷で楽しまれた方は次の候補として検討されてもいいのでは。
ただし、湧谷と同じぐらいの標高なので、賞味期限は短いです。

夜叉龍神社の奥まで入れました。
e0064783_22505186.jpg
林道の除雪終点。
1m以上あります。
e0064783_22505148.jpg
林道にはアニマルトラックだらけ。
キツネ、タヌキ、テン、ウサギ、ニホンシカ(実物も)、サル(食痕も)・・・
e0064783_22505304.jpg
バイクランド手前の堰堤あたりで林道がデブリで埋まり、急な雪壁になっていました。
右斜面から雪崩れたり、スリップしたら谷に落とされてしまうので、急いで横断しました。

e0064783_22505340.jpg
バイクランドあたりでも雪が繋がっていなかったので、渡渉ポイントを探します。
非常に浅いので、容易い渡渉です。
雪解け時期には無理だと思われます。
e0064783_22505295.jpg
伐採してあるバイクランドのコースを抜け、最後は細くなった尾根を登ると、伐採斜面のトップに電柱が立っていました。
ここから自然林になります。
e0064783_11220760.jpg
少し重くなった雪をラッセルしていきます。
数日前から背中が痛くて深呼吸ができないので、休み休みです。
イタヤカエデやトチの大木があったり、上のほうではブナが出てきたり、いい感じです。

e0064783_22505197.jpg
下りが楽しみです。



e0064783_22503194.jpg
天気が良くなると思ってましたが、すっきりしない。
雪が腐らなくていいのだけれど。
振り返ると蕎麦粒のとんがったピークが。
手前には日曜日にガイドして痛い目にあった湧谷。
e0064783_22503155.jpg
大ダワの頂上台地に出ると、南に金糞のどっしりした姿が望まれます。
このあたりには、シナノキが多かった。
実のなった跡の葉状の苞が面白い木です。

e0064783_22502018.jpg
古くて字も見えないプレートがミズナラにぶら下がっているだけの頂上

e0064783_22501514.jpg
時間があるので、北面を覗きにいきました。
遠くに懐かしい夜叉ヶ池の稜線が見えてました。

e0064783_22461199.jpg
滑りこんでみると、若干クラスト気味ですが、疎林の滑降が楽しめました。

e0064783_22464484.jpg
小尾根の末端手前まで降りてみました。
場所を選べば急斜面の新雪で、ウハウハなとこもありました。
谷が細くなる手前で切り上げました。
標高差200m弱。

左斜面に大きな木が見えます。
e0064783_22500849.jpg
近づいてみると幹周5mはありそうなトチの大木でした。

e0064783_22465633.jpg
気持ちよかったので、もう一回まわしました。
こんどは尾根をからんで。
e0064783_22465131.jpg
帰りは大ダワに寄らず、ショートカットして東尾根に戻りました。

e0064783_22495677.jpg
当初の計画では、無木立の谷の斜面を滑れないかなと思っていました。
けど、滝がありそうなのと、単独なので無理はせず尾根を滑りました。
白弓で事故もありましたし。
疎林の滑降でどんどん降りていけます。

バイクランド手前までくるとかなり雪が腐ってきました。
急斜面なのでドーンドーンと落ちてゆけば楽しく滑れます。

e0064783_22494003.jpg
バクランドの切り開きを楽しみにしていましたが、無木立斜面の宿命か、クラストぎみ。
滑り降りるには支障ないけど、気持ちよくはありませんでした。
ザラメになってからのほうがいいかも。

渡渉ポイントから滑ってきた尾根(谷の左手)を振り返る。
真ん中の白い谷は状況が良くないと怖いとこでした。
e0064783_22472609.jpg
渡渉のあと、怖かった林道斜面を急いで横断してほっとしました。
林道の傾斜がないので帰りはパスカング。
頂上から1時間で駐車場着。

ODSSのキタさんからお誘いがあり、家に帰ってから岐阜の街へ飲みに出ました。
NSネットの良さんも呼んで、忠節橋のたもとの「わおん」で結構飲みました。
ここは旨い料理もあるし千代菊の熱燗が一杯280円。
三千盛もあるし、酒好きにはいい店です。
牛筋をポン酢で食べる筋ポンが旨かったです(思い出すと涎が出てきます)。

店を出てから久しぶりに「くしびき」に寄って、ママさんの顔を見て帰りました。

e0064783_22470252.jpg




[PR]

# by s_space_s | 2017-02-17 12:17 | テレマーク | Trackback | Comments(0)