2017年 04月 17日

長野で「にいやん」に再会すること(十石山敗退、針ノ木雪渓)

二週連続の長野です。
南極観測隊つながりで、K先生(第26次)が安曇野にいるAガイド(第49、53、54、57次)のお宅へお邪魔して山スキーを楽しむ計画を立ててくださいました。
Aガイドとは49次越冬隊で、越冬期間はもちろん、板橋の極地研究所で半年ほど隊員室にいたときもよく遊んでもらいました。
同じ趣味(山と酒と○好き)ということで。

49次ではみんなから「にいやん」と呼ばれていました。
わしと違って仕事にも人付合いにも誠実さがあふれる人柄で、それが連続の観測隊参加に繋がっているのかなと思います。
当時、板橋から神風号に乗って荻窪のクライミングジムB-PUMPに通って、帰りに一杯やるのが楽しみでした。
よく行ったのがモンゴル居酒屋。
Aガイドがいない「一人モンゴル」は寂しかった。
隊員室の山好きで何回か行った東京近郊の沢登りもよい思い出です。

土曜日は雨の予報が出ていましたが、Aガイドに会いに行くのが主目的なので、予定決行となりました。
今回は岐阜登高会の若手のホープ、Tさんも参加で遠征がより楽しいものとなりました。

1日目は岐阜を4時に出て白骨温泉から十石山。
Tさんにはもちろんですが、最近登高会に入ったK先生がすごくパワーアップしていて、付いていけませんでした。
登山口からなんとかスキーが使えました。
e0064783_20345248.jpg
樹林も適度な密度
e0064783_20350076.jpg
晴れた日にまた来てみたい
e0064783_20350594.jpg
天気は途中から小雨が降り出し、頂上直下では吹雪。
舐めてアイゼンも持っていかなかったので、アイスバーンに敢無く敗退しました。
e0064783_20350985.jpg

沢渡で温泉に入り、濡れたギアを整理してから松本に向かいました。
e0064783_20351395.jpg

駅前の蕎麦屋で普通盛りも大盛りも値段がいっしょという面白い蕎麦屋に入りました。
e0064783_20351930.jpg
K先生とAガイドが知り合ったのは南極ではなく、奥美濃の地質調査だったそうです。
お仲間の研究者がAガイドにサポートを依頼し、数日間、山の中でキャンプしたのだとか。

K先生の車のナビでAガイドの家の近くまで来ました。
K先生のイメージしている古民家や山小屋的な家は見当たりません。
見覚えのあるKガイドの車がとまっていたのはモダンなお家でした。
出てきたA隊員は10年まえと全然変わってなかった。

Aガイドが作ってくれた手料理とキノコ鍋で酒もすすみます。
彼は今、キノコ博士を目指していて、きのこ検定1級にも合格したのだそうです。
天然エノキ、ヌメリスギタケ、ハナイグチ、ムキタケ・・・種類が多いと鍋の味も良くなるのだとか。
夜になったら素敵な奥様も帰ってみえて、さらに盛り上がり、4人(主に飲んだのは2人?)で2升いってしまいました~!

翌朝、3:15にかけた目覚ましでシュラフから出たわしは後悔しきり。
むりやりアンパン半分を缶コーヒーで流し込み、今日の針ノ木の準備をしました。
皆さんさすが、あんだけ飲んだのに4時前には予定どおり出発しました。

4月中旬なので駐車場からスキーが使えました。
e0064783_20353282.jpg
赤沢から昨日のものと思われるすごいデブリが出ていました。
まるで巨大な重機で削り取ったよう。
e0064783_20353516.jpg
赤沢岳頂上直下の斜面に面発生表層雪崩の破断面が観察できました。
こんなルンゼです。 → 赤沢岳直登ルンゼ

最初のうちは酒が残っていてきつかったけど、徐々に調子が出てきました(2人とも)。
e0064783_20355535.jpg
今回はヤマクボ沢のコルまでとしました。
目のいいAガイドがロープウェイが動いているのを発見
e0064783_20360463.jpg
山スキーは経験が少ないという事前の牽制があったAガイドの滑り。
e0064783_20360804.jpg
「舐めんな、このやろぅ。」
安曇野の人だもの。
e0064783_20355971.jpg
上部では薄っすら新雪、下部ではザラメを楽しめました。
Kリーダーも快調。
e0064783_20361241.jpg
今日もお昼で終了。
e0064783_20361612.jpg
扇沢は本日がアルペンルートの開通ということで賑わっていました。

大町温泉郷で温泉に入って、駐車場でAガイドとお別れ。
こういうとき、わし「是非、また行きましょう。」とか言うのがためらわれます。
また会えるかどうか誰にも分からないから。
彼はまた遠いところへ行くらしいし。


そのあと、3人でまた蕎麦を食べたいという話になり、街道沿いの蕎麦屋「しみず」の駐車場に入りました。
隣にとまった車を見ると…。
「にいやん」の日焼けした笑顔が。




[PR]

# by s_space_s | 2017-04-17 20:46 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 12日

焼き鳥食べに行くはなし

岐阜テレマーク倶楽部の有志5人+おじさん達のアイドル1人で焼き鳥を食べに行きました。
場所は、岐阜市一番町の「やきとり 田なか」。
帰雲山荘のえんちゃんの水泳部の先輩がやってみえるお店です。
相変わらず、おかみさんがちょっと怖かったけど、焼き鳥と酒が美味しかったのでマル。
イシハラさん、コザエモンさんとGWの打合せもできました。
白山スキー縦走の予定です。

二次会は、おじさん達だけで「ほの字」でまた旨い酒をいただいて、カラオケぱ~り~。
ねじ式の看板は相変わらずそのままです。
何を歌ったかおぼえがないですが、英語の歌だったような…。
今朝は喉がいたかった。

御浪町の老夫婦のやってる「やきどり屋」がしばらく閉まっていました。
昨日、前を通ったら暖簾が出てました。
本当はこちらに行きたかったのです。
今度は一人で行ってみます。




[PR]

# by s_space_s | 2017-04-12 12:55 | うまいもん | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 09日

おじんドルフィンズ八方尾根へ行く

おじんドルフィンズのメンバー7人で八方へ遠征。
土曜日の朝、岐阜を出て八方尾根スキー場についてみるとなんとか滑れる感じ。
名木山には人影もまばら。
わし、シーズン終わりのゲレンデの雰囲気が好き。
e0064783_21363017.jpg
テレマークでメンバーに付いて行くのに必死。
古いヌーニョとタルガのやわやわビンディングはちょいスミス
奥美濃とスケールが違うでかいゲレンデでほぼノンストップで滑ってなんか一皮剥けた気がする。
(気がするだけかも。)

最後はゲレンデトップへ。
e0064783_21360134.jpg
ここでトラブル発生。
右寄りにぽつんと見えるのはM氏。
滑走中にカメラを落として捜索中。
皆でもう一回トップに上がり散開してスイープ。
思わぬとこに落ちていた。
e0064783_21360051.jpg
白馬ハイランドの温泉も良かった。
高鷲で白山修験道の研究などもしているM氏に色々教えていただく。
こんなことやってる方です。

翌朝は予定どおり?雨。
腰が折れないように内足の太腿を立てるように意識していたので、山では筋肉痛にならない太腿上部が痛かった。
温泉に入ってゆっくりほぐす。

e0064783_21352793.jpg
岐阜に4時ごろ帰ると暑いほどの晴天になっていた。
時間があったので、かみさんの車の冬タイヤを替える。
今夜もビールが旨い!




[PR]

# by s_space_s | 2017-04-09 22:10 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 06日

★★テレマーク記録(地域別)★★

ブログ掲載のテレマーク記録を整理してみました。
それ以前の記録はこちらをご覧ください。

記録一覧
[PR]

# by s_space_s | 2017-04-06 12:54 | テレマーク | Trackback
2017年 04月 04日

御嶽・摩利支天山北西尾根~草木谷右俣源頭滑降

【山域】御嶽
【場所】摩利支天山北西尾根
【日時】2017年4月2日(日)
【コース】濁河温泉~北西尾根~摩利支天山~草木谷右俣源頭滑降~北西尾根~濁河温泉
【メンバー】まっちゃん、こざえもんさん、わし
【天気】快晴
【タイム】濁河温泉7:30 摩利支天の肩12:30 摩利支天13:30 肩14:10 濁河温泉16:50

ルート図(クリックしてね)
e0064783_10501828.jpg
昨年の4月24日にまっちゃんと計画し、雪が少ない年だったのと時期的にも遅すぎて尾根に取り付けず敗退した摩利支天北西尾根
まっちゃんとは沢は何度かご一緒していますが、山スキーではこれが初めてでした。
下山中にまっちゃんの登山靴が崩壊したこともあり、そのとき感じた不安は1年後もそのままでした。
・尾根の末端に雪があるのか。樹林が濃そうだがスキーが使えるのか。
・十何年ぶりというスキー道具は大丈夫なのか。特に登山靴。バンド締めのシールで大丈夫?
・まっちゃんのスキー技術はどのぐらいなのか。登山靴で滑れるのか。
などなど。

積雪については、温泉に上がる道路沿いの残雪を見てふっとびました。
道具についても、貰い物というバックスキンの冬靴を見て、少なくとも崩壊はしないな、と。
計画前のメールのやり取りで、まっちゃんの「足をひっぱるかも」と牽制があり、滑れるのかというのが一番の不安材料でした。

そして蓋をあけてみて…、
登りは今回のような柔らかい雪ならバンド締めのシールでも問題ありませんでした。
下りのほうもコペルニクス的転回で全然問題ない結果となりました。

その転回とは、下りもシール滑降するというものでした~!
隙間に雪がたっぷり詰まったシールは適度なブレーキとなり急斜面以外はほぼ直滑降。
何が狂ったのかターンがまともにできないコザエモンさんを待ちながら、余裕の下山だったのです。
普通に下れば1時間は早かったと思います。
滑る楽しみを捨てた、北海道仕込みの実践的技術でした。

わたしの まちがひだった
わたしのまちがひだった
こうして 草にすわれば それがわかる
 八木重吉「草に すわる」

ここまでは余談で、肝心の北西尾根ですが、まっちゃんが目を付けたとおり、スキー向きの素晴らしい尾根でした。
ラインの美しさはもちろん、原生林の雰囲気といい、登行・滑降に向いた適度な傾斜といい、登山口からいきなり取り付けるアプローチの良さといい。
これまでスキーの記録がなかったのが不思議なくらいです。
18世紀後半に開かれた御嶽教三道のひとつ小坂口からの道は、この北西尾根を経て剣ヶ峰に続いていました。
歴史ある、合理的なラインです。
雪の多い年なら4月中旬まで快適に登下降できると思います。
まっちゃんには関心がないようですが、草木谷右俣源頭の大斜面は垂涎物です。

(おまけ情報)
今月号の岳人のカラーページにまっちゃんのインタビュー記事があるようです。(読んでないけど)
    

登山口の橋でこんだけあります。
e0064783_23381538.jpg
雪があれば神社裏から登ったほうがいいみたいです。
わしらは仙人滝の上流最初の堰堤手前で尾根に取り付きました。
e0064783_23381518.jpg
ご機嫌なまっちゃん

e0064783_23381650.jpg
実にスキー向き

e0064783_23381688.jpg
森林限界間近。
乗鞍の眺め。
e0064783_23381680.jpg
草木谷右俣を覗く。
エキストリーマーならラインが見えるかも。
e0064783_23381618.jpg
最後のダケカンバ

e0064783_23381738.jpg
幸い、新雪が安定していました。

e0064783_23381743.jpg
濁河温泉スキー場が小さく見えてます。

e0064783_23381794.jpg
尾根通しはクラストしてきそうなので、草木谷源頭部へトラバースしました。
e0064783_22354919.jpg
帰りが楽しみな大斜面
e0064783_22364042.jpg
摩利支天の肩に着き、わしはここから滑ってもよかったのだけれど。
まっちゃんに訊くと、当然行くというので、スキーをデポしアイゼン・ピッケルで頂上を目指します。
e0064783_22360554.jpg
e0064783_22360534.jpg
頂上直下の雪壁
e0064783_22364016.jpg
やっぱり
ここがいいのだに
e0064783_22360418.jpg
滑降の支度をしていて、まっちゃんがシールを締めなおしているので、びっくりした。
シールのまま滑る!?

わしはこれのために登ってきたのだ!
e0064783_22372282.jpg
こざえもんさんが降りてこない。
e0064783_22475991.jpg
あれれ?
e0064783_22360545.jpg
「忍法こずえ渡り」が使えるとこも
e0064783_22364029.jpg
沢状がいいみたい。
e0064783_22364084.jpg
戻ってきました。
e0064783_22364182.jpg
車の人となり、展望台から振り返ると、摩利支天が恥ずかしそうに雲に隠れていました。
暫く待っていると顔を見せてくれました。
e0064783_22363968.jpg
目のいいコザエモンさん「わしらのシュプールが見える!」
e0064783_22363930.jpg
この尾根に確かに足跡を刻み込んだ感慨がじわ~っと湧いてきました。





[PR]

# by s_space_s | 2017-04-04 22:59 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 29日

白川郷バックカントリーガイド(三方岩岳)

先週に引き続き三方岩岳をご案内しました。
今回は名古屋の山スキーの会、ぶなの木スキークラブの皆さんです。
いろいろ話を伺うと、10年以上前に愛知の山スキー協議会のセミナーに講師として呼んでいただいて、お話を聴いていただいた方もみえました。
その時の資料
また、以前に岐阜テレマーク倶楽部入会希望ということで連絡をいただいていた方も。

日曜日の早朝に岐阜を出るとき、既に雨が降っていました。
現地で雨なら、ビーコン操作など雪崩対応のトレーニングをしていただこうかと考えなら車を走らせました。
自然学校に着いてみると、晴れていて崩れる気配もありません。

e0064783_22153857.jpg
三方岩岳の直下でスキーアイゼンを着けようとしてTLTのトラブルがあり、そこから下山することにしました。
予報どおり昼すぎには雪が降り始めました。

e0064783_22153859.jpg
上部はうっすら新雪の気持ちの良い滑降が楽しめましたが、下部は例によって腐れ雪で、さすがのスキークラブの皆さんでも苦労してみえました。
今シーズンは毎週のようにガイドのご依頼をいただきましたが、これでラストにさせていただきます。
ありがとうございました。
来シーズンもよろしく!

(条件が整えば、5月に別当から白山を予定しています。)



[PR]

# by s_space_s | 2017-03-29 08:11 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 28日

薄桜記

昨年の秋にお借りした本を読み終えました。
赤穂浪士の討ち入りを題材にした時代劇です。
695ページもあるので、大河ドラマを観ているようで、長い間楽しめました。

感想は・・・ちょっと難しい。
時代小説って多分、色んな暗黙のルールや表現の世界があって、それを知らないと理解できないことが多いのでは。
そのうえ、悲劇の主人公、丹下典膳とその元奥方、千春の行動原理が理解不能なので、最後まであまり感情移入できませんでした。

わし的には、忠臣蔵に出てくる通説とは逆に、浅野内匠頭のケチで無能ぶりとか大石内蔵助の遊び好きとかいう討ち入りの裏話が面白かったです。
紀伊国屋文左衛門とか出てくる江戸の夜の遊びのとこも。
メイン・ストーリーとは関係のないこの部分がこれでもかと長いので、逆に楽しめました。(逆にパワー)

本当に江戸時代の女性はすぐ赤くなったりしたのでしょうか。そうならかわいいと思います。
最近そんな女性に会ったことがありません。
いや待てよ・・・

五味康祐著 新潮文庫

e0064783_22153894.jpg
次は同じぐらいページ数のある、梶井基次郎全集です。
昭和初期の小説家ですが、この人すごいです。
これも当分楽しめそうです。





[PR]

# by s_space_s | 2017-03-28 17:26 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 24日

川と山のぎふ自然体験活動の集いに行ってきました。

23日(木)は休日出勤の代休をあてて、今回で13回目になる集いに参加しました。
例によってかなりゆるい企画でしたが(失礼)、ODSSのキタさんの絶妙な進め方で、いろんな方とお話ができて非常に有意義な会でした。

わしは「指導者・ガイドのプロ化」という分科会のゲストということでしたが、中部山岳ガイド協会の現状についてはキタさんが全部説明してくれたので、ほとんど一般参加の皆さんと同じぐらいの話で済みました。
お金をいただいてガイドするので当然プロとしての責任や求められる質は同じなのですが、わしの場合それで飯を食っているわけではないところが、他のゲストの方々と違うところでした。
保険の話や料金の設定などについても考えさせられることが多かった。

岐阜県内のガイドの4団体のうち飛騨山岳ガイド協会の方が都合でおみえにならなかったのが残念でした。
いろいろ訊いてみたい話もあったのですが。
あと、「森のようちえん」というのがすごいブームで、ブランド化してるけど活動内容は非常に多様だという話が面白かったです。

集いが終わってから、キタさんのプライベート・バーで美味しい日本酒とどぶろくをいただきました。
岐阜登高会のTさんと山の話ができたのがよかったです。
これを機会に遊んでもらえそうで楽しみです。
白川トレイルのAさんにもっと話を伺いたかった~。

また今度。





[PR]

# by s_space_s | 2017-03-24 18:17 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 18日

三方岩岳北面滑降

ちょっと偵察に行ってきました。
三方岩岳の肩のコルから北面の谷に滑り込んでみました。
300m弱ですが楽しめました。
復帰がつらかったけど…。


三方岩までは馬狩の料金所から登山道沿いに登りました。
地味な尾根ですが、白谷を眺めるには絶好です。
ブナ林もあっていい雰囲気です。
e0064783_22150789.jpg
三方岩岳頂上(中央)と右のピークとのコルから北面へ滑り込みました。

e0064783_22150779.jpg
スーパー林道まで下りずに適当なところで登り返し。
e0064783_22150737.jpg
このラインです(クリックしてね)。
e0064783_11550888.jpg
登山道尾根のツリーランはむちゃ腐れ雪でしたが、楽しかった。




[PR]

# by s_space_s | 2017-03-18 22:07 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 14日

石徹白バックカントリーガイド(ウイングヒルズ~水後山~石徹白)

3月11日の土曜日、ウイングヒルズから水後山に登り石徹白へ滑り込むルートをガイドさせていただきました。

新雪があることは予想していましたが、スノーシューを履いても膝まで潜る状況で、予定の時間を大幅に過ぎての下山になってしまいました。
往復のコースなら時間をみながら途中で戻れますが、今回のようなラインでは、エスケープルートを考えておくべきでした。
底なしの新雪ではスキーやスプリットボードとスノーシューとでスピードが全然違うことを再認識しました。

e0064783_21520671.jpg
滑りで満足していただけたのはよかった。
結構なパウダーです。
e0064783_21520636.jpg
午後は新雪が腐ってきました。
今回のメンバーのボード技術なら楽しめたのでは。
けど、テレマークでは難しい雪でした。

e0064783_21520718.jpg
バックカントリーガイドの前にはいつも、Powder Search(新雪情報)をチェックしてしています。
8日の夜から9日の朝にかけて長滝(平地)において6時間ほどで30cm積雪が増えています。
また10日の明け方にかけて降水量が急激に増え、それに伴って積雪も10cm以上増えています。
これは警報レベルの降り方で、山がどのような状況になっているのかイメージできなかったのは反省点です。

また、積雪グラフの2つのピークから積雪内が層になっていることも予測されました。
水後山頂上でコンプレッションテストを行った結果、積雪深20cmにタップ5回でSPが観察されました。
60cmにはタップ15回でRP。
比較的傾斜のない尾根上にルートを取りました。
e0064783_08361273.jpg

先日、ご案内したTさんがbcaのニューモデルのポールを持ってみえました。
グリップにスクレイパーが付いているのが便利そうだったので、例によって自分で付けてみました。
要らなくなったスクレイパーを切ってスーパーボンドとアルミビスで固定しただけです。
歩きながらスキーに載って氷りついた雪もこそげれるし、シール張替のときエッジやシールの氷も取れるので、なかなか便利ですよ。

e0064783_21520673.jpg






[PR]

# by s_space_s | 2017-03-14 17:34 | ガイド | Trackback | Comments(0)