blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 16日

板取の白水の滝沢(仮称)から三角点「平瀬戸」再訪

9月13日に板取の白水の滝上流の沢へ行きました。
そのとき、尾根上の802.5m三角点「平瀬戸」あたりから本流に下ったのですが、三角点を目視しないまま降りたのがひっかかっていました。
また、国土地理院の地図の表記のイメージと実際の地形のギャップが大いような気がしたので、再度、地形を確認したいと思っていました。
再訪するにあたり、国土地理院のサイトを漁っていると、より精密な公共測量地図を見つけました。

少し前に、地学のK先生から等高線が1m間隔の地形図を見せていただきました。
この精度の地形図なら再現性が非常に高いため、現場で地形を同定するのは簡単なのだそうです。
今回見つけた地形図は5m間隔ですが、並べてみると明らかに地理院地図より細部の地形が表現されています。
e0064783_18015862.jpg
縮尺は揃えてありません。
両地図を比べてみて驚くのは、地理院地図の等高線のまるめ方です。
現場では谷や尾根として捉えられるような小地形が大胆にカットされて単純化されています。
上図の三角点のある平坦な尾根のような地形ではコンターが10m間隔なので、それ未満の隠れた凸凹が実際にはあることは頭で理解できます。
しかし、等高線の引き方自体かなりの省略がおこなわれていることを実感しました。

10月14日・15日は穴毛谷の予定でした。
両日とも天気が悪そうな予報で山はあきらめていました。
ところが、14日になってみると、まあまあの天気。
半日で三角点「平瀬戸」と地形の確認に行ってみることにしました。
ルートはH405mあたりに右岸から入っている支流を詰めてみました。
大きな滝はないけど、登りが楽しめる滝がいくつかあって面白かったです。
詰めの雰囲気も良く、お勧めです。
カメラも携帯も忘れたので写真なしですが、遡行図をとったので参考にしてください。
e0064783_18180371.jpg
公共測量地図は非常によく地形を反映しているのが確認できました。
地理院地図の限界をちゃんと頭に入れて読図しないと、思わぬミスをする恐れがあります。

それで、目的の三角点は見つかったかって?
今回も見つけられませんでした。残念!
どなたか探しに行ってみてください。
見つけたら教えてね。





[PR]

# by s_space_s | 2017-10-16 18:38 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 15日

最近読んだ本(パルプ、血の収穫、城の崎にて他、滝への新しい小径)

落ち着く雨の日曜日
メダカの世話したり、古いツエルトを切ってタープを作ってみたり
庭でテストしてしてみるが、防水性の無くなった生地のタープでは、雨をしのぐのは少し厳しい

最近、よく本が読めるようになってきたので備忘にメモしておこう

★パルプ
ブコウスキーの書いた「史上最低」の私立探偵ビレーンの話。
報酬は1時間6ドル。仕事中もポケットのウオッカをちびりちびり。
トミー・リー・ジョーンズをもっと不細工にしたようなおっさんをイメージしながら読んだ。
「・・・でも飲んだくれていると、ひとつだけいいのは、絶対に便秘しないことだ。・・・」
これには、わしも頷いた。
最後の「赤い雀」って何の象徴なのか?
フランスの作家セリーヌに興味を持ったので「なしくずしの死」上下あわせて約1,000ページを取り寄せてしまった。

チャールズ・ブコウスキー著 柴田元幸訳 ちくま文庫

★血の収穫
こっちは本格派。
ハードボイルドの先駆的名作で、ヘミングウェイにも通じるところがある。
訳がいいせいかもしれないが、会話がクールでかっこいい。
主人公「おれ」はコンティネンタル探偵社サンフランシスコ支局員(コンティネンタル・オップ)だ。
オップ(op:探偵)と聞いて思い出すのは、昔、ラジオドラマでやっていた矢作俊彦の「マンハッタン・オプ」。
あれも台詞がかっこよかったけど、こういうのを手本にしていたのだな。

ダシール・ハメット著 田中西二郎訳 創元推理文庫

★城の崎にて他
城崎温泉にでも行ってみようかという話をしていたら、かみさんが図書館で少年少女日本文学館⑤というのを借りて来た。
白樺派の志賀直哉、武者小路実篤、有島武郎の短編を集めたもので、やはり志賀直哉のものがわしには面白い。
あとの二人の作品は道徳の教科書にでも出てきそうな話で、いけない。

「小僧の神様」「清兵衛と瓢箪」など読んだことのある作品もあった。
「城崎」も再読のはずで、静謐な雰囲気の作品だったことは感触として残っていたけど、生き物しか出てこない話だったとは憶えていなかった。
出てくるのは、
山女、川蟹(モクズガニ)、蜂、鼠、家鴨、桑の葉、いもり
この中でも、死んだ蜂、死にゆく鼠、図らずも殺してしまったいもり、を通じて生と死に対する感情が静かに語られている。

大きな鼠の首には魚焼きの串が刺し抜いてあり、川に投げ込まれた鼠は必死で泳いで逃げようとしている。
子供や車夫がそれに石を投げる。
「自分」は「寂しい嫌な気持ち」になる。

鼠を殺す話でこんな作品を思い出した。
梶井基次郎の「冬の日」の一節。

穉(おさな)い堯(たかし)は捕鼠器(ねずみとり)に入った鼠を川に漬けに行った。透明な水のなかで鼠は左右に金網を伝い、それは空気のなかでのように見えた。やがて鼠は網目の一つへ鼻を突っ込んだまま動かなくなった。白い泡が鼠の口から最後に泛(うか)んだ。……

堯もまた不治の病のまえに、やがて生きていこうとする意志が失われていく。
志賀の鼠の一生懸命さに比して、こちらの死は静かなあっけないもの。

ヒラヒラヒラヒラ動いていた桑の葉の理由について説明すっとばしするのも上手いと思った。

★滝への新しい小径
カーヴァーが癌でなくなる直前に書き残した詩集。
協同で編集にあたった妻で詩人のテス・ギャラガーの前書きと、まだ数編の作品しか読んでいない。
詩集なので、何回読んでも読了ということはないだろう。

レイモンド・カーヴァー著 村上春樹訳 中央公論新社




[PR]

# by s_space_s | 2017-10-15 15:59 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 11日

10月22日地図・コンパス勉強会の集合場所など

遠くから来ていただく方もみえるので、集合場所の地図を作りました。
クリックしていただくと大きくなります。
e0064783_14560628.jpg

当日、持ってきていただきたい装備などは下記のとおりです。
少雨決行したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

・プレート付きコンパス
・虫よけスプレー(気になる方)
・軍手(藪漕ぎナビゲーションやります)
・タオルor手ぬぐい
・草の種のつきにくいヤッケ、古カッパなど
・20cmくらいの定規
・鉛筆、赤ペン
・昼食(近くに水場はありません)
・その他、日帰り低山ハイキング装備

先日、フィールドの下見をしてきました。
面白い練習ができそうです。





[PR]

# by s_space_s | 2017-10-11 17:24 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 10日

板取の楢木1159m

【山域】奥美濃
【場所】板取、三角点1159m(点名:楢木)
【日時】2017年10月8日(日)
【コース】楢木南面右の谷~楢木~南東尾根下降
【メンバー】コザエモンさん、tsutomuさん、わし(チーム三匹のおっさん) 
【天気】晴れ
【タイム】駐車スペース7:30 尾根上9:30 頂上10:00~10:20 駐車スペース12:20
【行程概略】クリックしてね
e0064783_13281126.jpg

コザエモンさんと休みが合ったので、どこか沢登りに行くことになった。
コザエモンさんから板取の三角点「楢木1159m」の提案があった。
聞いたことがない山だったのでインターネットで検索してみると、こんな記録がヒットした。
この浮雲さんは中部地方の藪ルートを縦横無尽に歩いておられる。
文明の利器を山行から排除するなど、かなりこだわりのある方とお見受けした。
そのブログ紹介文の一部を引用させていただく。

(前省略)
登山道で登った山もありますが、そのような知力を要しない山は、当ブログの対象外ですので、非公開です。
山にはGPSを携行しません。それを携行することは、われわれの外に、われわれを助けてくれる者が、同行することだと思うし、そしてまたGPSの軌跡を利用することは、われわれが辿ったルートを、そのような者に教わることだと思うからです。
アマチュア無線従事者免許は持っていますが、無線機も携行しません。携帯電話も同様です。救助を前提にするものだからです。
(以下省略)

このお考えに対しては、突き詰めれば原始人に戻って山を登れということになるが、遊びなのだから自分で線を引くしかないと思う。

前置きが長くなった。要するに自然の残るいい山のようである。
わしが一番興味を持ったのは、川浦渓谷方面へ向かう途中で、いつも「禁漁区」の看板が気になっていた小沢をルートにとれそうだったから。
きっと、濃い魚影を蹴散らしながら、快適な秋の沢登りができるのでは、ひょっとするともうキノコもと期待したのだったが・・・。

結果は、かなり上部まで植林の谷であり、谷も荒れ気味で、魚も数えるほどしか見かけなかった。魚種不明。
下降した尾根は藪もほとんどなく歩きやすい尾根で、浮雲さんにならって地図とコンパスだけでナビしてみた。

今回も禁漁の看板の横から入渓
e0064783_20343444.jpg
植林帯によくある小沢
倒木が多い

e0064783_20343195.jpg
流域が自然林にかかるとナラタケが出ていた。
今回は、ほかにチャナメツムタケ、カノシタ少々

e0064783_20342852.jpg

この小滝を越えると自然林の谷
e0064783_20342430.jpg
いい感じのペポーニ
e0064783_20175206.jpg
上流の水が枯れる手前に湧水が出ていた。
甘露、甘露

e0064783_20174983.jpg
沢が消えて尾根登りになっても歩きやすい

e0064783_20174191.jpg
小さいブナも出てくる
e0064783_20163142.jpg
南東尾根の1040mあたりに出た

e0064783_20340715.jpg
三等三角点 楢木
切開きの脇にはミズナラが立っていた。
e0064783_20363658.jpg
下降の尾根上には結構りっぱなブナも

e0064783_21051935.jpg
上部は自然林だが、少し下ると左手の斜面が植林となり、コンタクトラインを行く感じになる。

e0064783_21050303.jpg
何箇所か凹地があってヌタ場が見られた
鹿たちの憩いの場「ヌターバックス」
e0064783_21045162.jpg
最後は灌木がなかったら降りるのが怖いほどの植林の急斜面を下り、車道に出た。
お昼に下山したので、板取の「清流そば」でザル蕎麦を啜って帰る。
モネの池の周りには人だかりができていた。

前々回の小山行で破れてしまった足袋を性懲りもなくまた使ってみた。
e0064783_20341197.jpg
まだまだいける?




[PR]

# by s_space_s | 2017-10-10 12:51 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 06日

祝ノーベル文学賞受賞

今朝の新聞の1面に大きく「ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏」とあった。
2年前の夏、腹部大動脈瘤の手術で入院していた時に読んだ本のなかに、たまたま彼のデビュー作があった。
その作品は「女たちの遠い夏」という中編で、当然、日本語翻訳版であった。
今朝、本棚から引っ張り出してぱらぱらと読んでみたけど、ほとんど話の筋は忘れていた。

新聞記事では、彼のイギリス文壇デビュー作は「遠い山なみの光」となっていたので、おかしいなと思った。
便利な機械で検索してみると、わしの読んだのも同じ作品で、翻訳者も小野寺健。
邦題が改題されていただけだった。
原題が ”A Pale View of Hills” なので、このほうが近いのかも。

読者が混乱しそうな回想場面とほのめかしが多い作品だった。
この作品について本人が語ったインタビューがWEB上に掲載されている。
なるほどという感じ。

自分の知っている作家が受賞したというニュースは、なんとなくうれしかった。
村上春樹も好きなんだけど、こっちはどうなんでしょう。




[PR]

# by s_space_s | 2017-10-06 12:08 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 02日

2日続けてまったりクライミング(錫杖岳・美濃加茂)

岐阜登高会のK先生と2日続けて岩登りをしました。

9月30日(土)は錫杖岳の中央稜P2右岩壁左ルート。
K先生は錫杖が初めてだったので、まず前衛フェースの各ルートの取付きをご案内しました。
e0064783_21051915.jpg
2ピッチ目はチョックストンをくぐらず、すぐ右のフェースから小さく巻いて上に出ました。
なめてアプローチシューズで登っていたらちょっと微妙なところがあり緊張しました。
湿った穴に入ったほうがよかった。
対岸の注文は「行列のできる料理店」になっていました。

3ピッチ目は見た目歩いて登れそうですが、足元が笹で滑るので、ノーロープでは怖い。
e0064783_21051968.jpg
4ピッチ目すっきりしたフェースを登ってP2へ。
P1とのコルへはクライムダウン。
e0064783_21051842.jpg
P1正面のフェースは左手の灌木帯から巻いて上部の気持ちの良い草原に出て終了。
烏帽子岩西肩ルートは登ってみたいかっこいいラインです。
すごい自然の造形ですね。
e0064783_21051948.jpg
西肩から裏の沢を下りクリヤ谷へ降りました。
e0064783_21051828.jpg
せせらぎ街道で岐阜へ帰りました。
夕飯に間に合い、ビールが美味かった。

10月1日(日)もいい天気。
午前中はかみさんのやっている畑の収穫祭の準備。
10時半ごろからピザ窯に火を入れて、まずは安納芋の焼き芋をしながら窯を温めます。
次は焼きリンゴ。
そのうち、かみさんの友人2人も来て、ピザを作り始めたので、わしはどんどん焼いて運びます。
もちろん食べながら。
ビールを飲めないのがつらい。

ピザ作りも一段落で、庭で収穫祭開始。
芋もリンゴも美味しく焼けました。
お腹いっぱいになったころ、K先生とMさんが到着。
ピザと焼きリンゴを食べていただいてから美濃加茂の岩場へ行きました。
焼き芋はお土産。

ショートルートのエリアへご案内し、
「森のちから」「ハッピークラック」「赤壁そっくり」を登りました。

「森のちから」は初めて触りましたが、面白かった。
Mさん奮闘中
e0064783_03251875.jpg
わしも登ってみました。
e0064783_20390256.jpg
NPのハッピークラック
K先生、猛烈なランナウト
e0064783_21043417.jpg
某サイトの情報ではこのクラックは5.9~10aとなっていますが、Ⅳ級ぐらいだと思います。

K先生が登りたかった「赤壁」
e0064783_21043450.jpg
日が暮れるまで遊んで帰りました。




[PR]

# by s_space_s | 2017-10-02 03:32 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 29日

刈安ヤナに行ってきました。

昔からやっている美並の刈安ヤナに行ってきました。
3時まで営業のところを、4時にご無理を言ってお願いしたので、申し訳なかったけど静かな長良川の秋を楽しめました。

彼岸花が満開
e0064783_20500700.jpg
うちのじいちゃんは鮎釣りが好きで、このあたりでも竿を出していたそうです。
ヤナの先代のご主人も知っていると言っていました。
わしにも鮎釣りをやって欲しそうだったけど、若いころは金もないし山に夢中で手を出しませんでした。
仕事も趣味も生き方も、親の期待に全然応えない息子です。
e0064783_20500024.jpg
水量は多いけど、落ちるタイミングではないようです。
e0064783_20500749.jpg
婚姻色が出て、あぶらびれがなかったらウグイみたい
e0064783_20501250.jpg
塩焼き、田楽、甘露煮、フライ。
川を見ながら食べると味も違います。

土曜日にはたくさん落ちたらしい。
甘露煮にしたものを2パック買ってきて楽しんでいます。




[PR]

# by s_space_s | 2017-09-29 17:55 | うまいもん | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 28日

分県登山ガイド「岐阜県の山」が発刊となりました。

2年前から取材してきた「岐阜県の山」が9月22日に発売となりました。
20年ほど前に飛騨山岳会の島田先生に初版本をいただいたとき、自分が分担させていただくとは夢にも思いませんでした。
e0064783_20402381.jpg

改めて本になったものを見ると、取材山行のことが懐かしく思い出されます。
今回、奥美濃の薮山をコンセプトに道のはっきりしないルートをいくつか入れています。
もう一つの方針は、往復コースではなく縦走できるコースとなるようルートを選定しています。
本屋で立ち読みでもされて、ご意見・ご感想をいただけると嬉しいです。
今後も地元の山について勉強していこうと思います。

詳しい内容はこちら



[PR]

# by s_space_s | 2017-09-28 20:43 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 25日

旧徳山村コビクラ谷から蕎麦粒山

【山域】奥美濃
【場所】旧徳山村コビクラ谷・蕎麦粒山
【日時】2017年9月23日(土)
【コース】ホハレ峠~黒谷下降~コビクラ谷~蕎麦粒山~西尾根縦走~ホハレ峠
【メンバー】まっちゃん(北大山の会)、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】曇りのち晴れ
【タイム】林道駐車スペース6:35 新ホハレ峠7:00 コビクラ出合8:00 堰堤9:00 蕎麦粒山11:55~12:15
     ホハレ峠14:15 駐車スペース14:35(内生物生息調査30分)

【簡易遡行図】(クリックしてね)
e0064783_09282840.jpg


ふとしたことがきっかけで大垣山岳協会の方の記録を拝見し、この谷の大滝に興味を持ちました。
日比野さんの百山百渓にも2回、いずれも下降ルートとして登場します。
その記述では30m、奥美濃随一との表記がありました。
谷の名前は「シシヤリ谷(小谷)」となっています。

大滝までは堰堤もあり人臭いですが、大滝を越えると、自然林の素晴らしい、癒し渓でした。
まっちゃんの希望で三角点ドンピシャを狙いました。
頂上直下で何箇所か岩場が出てくるのをあみだくじみたいに避けながら、最後の岩を右にとったので惜しくも20mほど西に出ました。


まっちゃんが心配したとおりホハレ峠手前でダートになると、わしのビッツでは上がれず、苦労してバックして手前の駐車スペースに駐車。
10分ほど歩いてホハレ峠らしいところに到着。
3台駐車してありました。
旧ホハレ峠への林道が生きていると思っていたわしらは、分岐がなく新ホハレ峠に着いてしまったので狐につままれた気分。
むむむ・・・
e0064783_11054435.jpg
地元のご老人みたい。我ながら溶け込んでいる。
e0064783_16104604.jpg
黒谷の踏み跡を下り、コビクラ谷出合の河原で大休止。
まっちゃんに美味しいリンゴをもらう。
e0064783_11054497.jpg
まあ、普通の奥美濃の谷

e0064783_11054539.jpg
コルゲート管あらわる

e0064783_11054464.jpg
2段の堰堤あらわる
これも普通サイズ。
e0064783_16104643.jpg
トライするまっちゃん
e0064783_11055555.jpg
堰堤を越えてすぐにコビクラ大滝が現れた。
どう見ても30mはないが、優美な滝と言ってよい
滝壺の主の姿はない
e0064783_11065967.jpg
ディープウォーターソロするまっちゃん
e0064783_11055681.jpg
コビクラ大滝の落ち口を覗く
股がむずむず
e0064783_11055575.jpg
大滝の上はしばらく河原状

e0064783_11061105.jpg
サワグルミの緑が濃い。既にカツラの甘い香りも。
e0064783_16104677.jpg
H700m左岸のトチの大木に登るまっちゃん
e0064783_11065923.jpg
次第に谷は傾斜を増し、滝が出てくる。
e0064783_11061107.jpg
個性的な6mほどの滝が連続する。
直登は難しい滝が多い。

美しい滝6m

e0064783_11065928.jpg
岩棚状8m滝を登るまっちゃん
e0064783_11065879.jpg
石コブ滝4m
e0064783_11065816.jpg
参考にした記録では源流は傾斜強くH900あたりから右岸尾根に逃げるとある。
わしらは、頂上ドンピシャを狙う。
壁ドンの話などしながら小滝を越えていく。
不安定な大石が多くヒヤッとすること数回

ほぼ、満足の結果
e0064783_11061248.jpg
羽根アリが大量発生して、おまけに噛まれるとむちゃくちゃ痛いので、頂上にのんびりできず。

「岐阜県の山」取材時よりもヤブがひどくなっている気がした。
1000mピークから新道と分かれヤブ漕ぎ開始。
e0064783_11064347.jpg
地形は単純なのでナビは難しくないが尾根上の灌木には体力を吸い取られる。
マーキングがないのが好ましい(by まっちゃん)。
1時間弱で旧ホハレ峠のカーブにぴったり到着。
ちなみに、GPS、高度計は使用していない。
e0064783_11064375.jpg
旧林道は完全に廃道で、歩く人も少なく踏み跡も薄い。
林道に出て今朝の疑問が解消した。

e0064783_11064343.jpg
帰りに揖斐川町手前の食堂「さか上がり」に寄ってみる。
のれんは出ていなかったけど、おばちゃんが天ぷらそばを作ってくれた。





[PR]

# by s_space_s | 2017-09-25 12:42 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 24日

10月22日(日)に地図・コンパス勉強会(第3回)を開催します。

過去2回、地図・コンパス勉強会を開催してきましたが、今回は地形図に関する勉強は最小限にして、コンパスの使い方を徹底的にやってみたいと思います。
コンパスを登山に活用したいと思ってみえる方、一緒に練習しましょう。
e0064783_12551816.jpg


詳細はこちら
[PR]

# by s_space_s | 2017-09-24 17:38 | 山登り | Trackback | Comments(3)