blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日常( 202 )


2017年 09月 15日

細々と

7月初めに親メダカが全滅してしまって、卵から孵った稚魚が6匹だけ残りました。
そのなかで少し前に孵った3匹(メス2、オス1)が産卵し始めました。
荷造りひもをほぐして小石に縛り付け、水中花みたいに沈めて置いたら、そこに産み付けるようになりました。
普通は10日ほどで孵るらしいのですが、採卵して別の水槽に入れておいても、受精がうまくいっていないらしく、ちっとも稚魚が生まれませんでした。(オス頑張れ!)

土曜日に水槽を覗くと、稚魚が泳いでいるのを発見!
その後も追加があり、今朝で3匹になりました。
e0064783_21464282.jpg
目玉の見える卵がいくつかあるので、孵るのが楽しみです。
e0064783_21463712.jpg
3匹の親から生まれてきた子供は、代を重ねたら遺伝子的にどうなんやろう。





[PR]

by s_space_s | 2017-09-15 12:18 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 04日

鎌の柄を直す

かみさんが、柄が腐って折れてしまった鎌をまだ使いたいというので、柄を取り換えました。
e0064783_17064722.jpg
材料は、要らなくなって薪にしようとしていたスリコギ。
クギも合うものがなかったので、古釘を切って作りました。
穴を合わせるのが難しかった。

日曜の午後、ビールを飲みながら、良い仕事ができました。





[PR]

by s_space_s | 2017-09-04 12:25 | 日常 | Trackback | Comments(3)
2017年 08月 23日

雷雨

たまたま会議が長引いて、職場を出る時間が1時間ほど遅くなった。
少し前までゴロゴロと空が鳴っていたので、すこし心配。
外に出てみると雷雲がちょうど東に抜けたところだった。
金華山の向こうではいくつも雷が落ちている。
なかには下から上に広がるような雷もあって、その下にいなくてラッキーと思った。

伊自良川の堤防に上がって携帯のカメラで写真を撮ってみた。
うまくタイミングつかめず。
e0064783_09040478.jpg
あんまり早く走ると雷に追いついてしまわないかとゆっくり目に走る。
それも余計な心配で雷雲はどんどん東の山の向こうに消えていった。
あとはまだ星も出ていない夜空。
日が短くなったなあ。



[PR]

by s_space_s | 2017-08-23 12:46 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 13日

らんちうとメダカが死んでしまいました。

7月に入って気温が上がったせいかメダカが少しずつ死ぬようになりました。
水槽を置く場所を変えたり、水替えをしたり色々やってみたのですが、とうとう親は全滅してしまいました。
昨年の春に孵ったメダカなので1年は生きていたわけで、自然のサイクルなら寿命ということになります。
でも、屋内の良い環境で飼えば数年生きるらしいので、かわいそうなことをしました。
まだ採卵も本格的に始めていなかったので、たまたま孵った稚魚が6匹だけ水槽で泳いでいます。

メダカで少し落ち込んでいたら、今度はらんちうが死に始めました。
こっちのほうは最初1匹、翌日1匹、朝になると死んで浮かんでいました。
ここで、塩水に入れるとか根本治療をすればよかったのに、水替え程度で様子を見ていたら、今朝、全部ひっくりかえって浮かんでました。

一番なついていた白いやつはアニメ・キャラクターのトゥイーティーにそっくりで、水槽から出すとき驚くほど重かった。




[PR]

by s_space_s | 2017-07-13 14:52 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 30日

石窯リニューアル&初テンカラ

連休出だしの土日は、後半に白山へ行く準備と家のことをしました。
懸案になっていたのは石窯の熱効率を上げるための壁作り。
娘とかみさんが作った石窯は上段の間口が広くて高いので、せっかく熱せられた空気が逃げていってしまいます。
なので、上段でうまくピザが焼けませんでした。

少し前にかみさんが少し間口を小さくしました。
手作り感満載です。

どうせやるなら煙突の排気口も低くして、窯口上の壁も低くしたいと思い、3月中旬に耐火モルタルを買ってきました。
煙突は以前に玄関の庇にトタンを貼ったときの残りでうまくいきました。

e0064783_15563935.jpg
壁を作るのにモルタルだけだと型を作らないといけないし、量も要るので耐火レンガを組んだ隙間にモルタルを詰め込むことにしました。
実際はこんだけレンガをはめ込めません。
e0064783_15563985.jpg
とりあえず、壁完成!
ところが・・・
e0064783_15563948.jpg
翌朝、支えの木枠を取った途端に壁全体が落下。
構造的な問題もあったのですが、水の分量を間違えていたのでした。残念!

今回は少し知恵を絞りました。
ジャーン!アンカーにボルト投入。
年配のクライマーさんには懐かしいでしょ。

e0064783_15595836.jpg
これは、ボルトを設置する穴をあけるためのジャンピングという道具です。
8mm径で固い岩だと1本設置するのにハンマーでカンカンやって20分以上かかります。
今までで打ったなかで一番固かったのは錫杖の北沢大滝でした。
e0064783_15595942.jpg
レンガなので面白いように穴が開きます。
実際はリングボルトでなくて、工業用ボルトにしました。
水の分量も間違えないように、キッチン用はかりで1kgずつ計って練りました。

e0064783_15595983.jpg
かみさんが用意したタイルも埋め込んでみました。
中心からずれているのはご愛敬。
今度は崩落しませんでした。
e0064783_16044478.jpg
石膏ボードで蓋も作りました。

e0064783_16044423.jpg
朝3時に起きて、原稿書きなどしてから、朝方火を入れてみました
いい感じです。

e0064783_16044565.jpg
早起きは三文の得といいますが、白山の準備もだいたいできたし、天気もいいので急遽思い立って釣りに行きました。
家から1時間もかからない奥美濃の谷です。

e0064783_16051427.jpg
遊ぶだけのつもりなので、すこし早いかと思いましたが毛ばりで。
水温が上がって条件がよく、ほぼ入れ食い状態。
全部リリースです。
e0064783_16051352.jpg
良さそうな淵で尺がかかりました。
合わせたときひゅんと竿が鳴りました。
何回か潜られそうになりましたが、浅瀬に引きずりあげました。
e0064783_16050156.jpg
何リンドウ? → コケリンドウというらしい。
e0064783_16051420.jpg
カタクリの群生がありました。
e0064783_16051416.jpg
カモシカ君も

e0064783_16051341.jpg
夜は岐阜市文化センター裏の居酒屋「楮」に飲みに行きました。
美味い肴で喜量能(きりょうよし)という東近江の酒をいただきました。
このお店、人気があるようで、予約しないと入れないようでした。

盛りだくさんで、とても長く感じた1日でした。











[PR]

by s_space_s | 2017-04-30 21:40 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 02日

三匹のおっさん

【山域】岐阜市内
【場所】御浪町・柳ヶ瀬界隈
【日時】2017年3月1日(水)
【コース】居酒屋竹~ほの字たこやきロコかたらい
【メンバー】コザエモンさん、Tsutomuさん、わし(チーム三匹のおっさん) 
【天気】雨のち曇り
【タイム】竹18:30 ほの字× ロコ19:00 かたらい20:00~?

ルート図(省略)

ほんと、よく飲みました。
e0064783_09594659.jpg
選曲がマイナー過ぎて1位連発!
そう言えばこんなこともあったっけ。



いかなる富も、いかなる作品も生み出さないのが、遊びというものの特徴である。
                            ロジェ・カイヨワ
この定義からすれば、昨夜は遊んだと胸を張って言える。
ところで、登山って遊びじゃなかった?




[PR]

by s_space_s | 2017-03-02 10:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 11日

雪もようの休日

この土曜日は石徹白の山をガイドする予定でしたが天気が悪そうなので延期しました。
その代わりにNSネットのネイチャースキーのお手伝いをするつもりでしたが、それも流れ。
朝一番でボレのスキーアイゼンの取り付けをしました。
96㎜用のやつですが100㎜センターのアトミックにぎりぎり付きました。
e0064783_16512534.jpg
手前はペッツルのスキーアイゼンです。
ペッツルはビス3本なのに対しボレは2本。
e0064783_16512574.jpg
アイゼンの形状も凹凸で強度を出しているペッツルに比べボレは一枚板。
刃先の鋭さもペッツルに分があるようです。
なお96㎜用を100㎜に付けるのはシビアな穴あけの位置決めが必要です。

まだ雪が降っています。
かみさんが美濃の小坂酒造の蔵開きにに行くというので付いて行きました。
e0064783_16512580.jpg
沢山の人がみえてました。
e0064783_16512438.jpg
蔵の裏庭
e0064783_16512591.jpg
蔵の中まで入れてもらい
e0064783_16512332.jpg
「夢のじゃぐち」から無濾過の純米しぼりたてを瓶に入れていただきました。
e0064783_16512606.jpg
運転を任せて試飲もいただきました。
e0064783_16512555.jpg
粕汁や酒粕の振舞いや酒饅頭でお腹もいい感じ。
e0064783_16512480.jpg
次は3月4日・5日です。
お酒は吟醸しぼりたて。
シボリ上げるそうですよ。

午後は関市の映画館へ行って「この世界の片隅に」を観ました。
ヒロイン「すず」のおっとりと対照的にストーリーは目まぐるしく展開し、年寄にはついていくのがやっとでした。
けど、描いている世界はよくわかるし、歴史のことを考えるとき、いつも感じていることでした。
(日常にかまけて深く考えることなどほとんどないのですが。)

あの時代に生きた人たちの人生は、不幸な人生でしたねで片付けられるのか。
すずはおっとりしたままで死ねれたら幸せだったのか。
あの時代の人はどうすればよかったのか。

純米しぼりたてを呑みながらでは、考えがまとまりません。




[PR]

by s_space_s | 2017-02-11 19:58 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 08日

傷だらけの天使

昨晩BSで「傷だらけの天使」の再放送を観た。
オープニングでオサム(ショーケン)が瓶牛乳を開けるシーンが懐かし~!
中学2年の給食どき、男子は真似して喜んでいた。
e0064783_16355929.jpg

深作欣二が監督したこの初回「宝石泥棒に子守唄を」は観たおぼえがない。
画面の雰囲気とアクションの迫力は今見ても凄い。
オサムとアキラ(水谷豊)の若さが眩しいね。
結構きわどいシーンもあって、当時リアルタイムで観せてもらえたか怪しい感じ。

あと、ぽっちゃりしたホーン・ユキが可愛かった。

給食の牛乳で思い出したのだが、牛乳のきらいなクラスメートの牛乳を集めて何本飲めるかチャレンジしたことがあった。
昼休み時間に7本飲んだ。
次の理科の授業中にどうしても我慢が出来なくなって、手を挙げてトイレに行った。
大量のおしっこが出た。
いくら出しても止まらないのにびっくりした。
今だったらお腹に来ると思うが、当時は腹が丈夫だったのだろう。


追伸
これから毎日やるみたいです。
BS12チャンネルの夜9時です。
いつもテレビなんか観ないのに、今日も観てまった。
小松政夫が出てた第10話「金庫破りに赤いバラを」が楽しみです。




[PR]

by s_space_s | 2017-02-08 19:07 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 29日

やらないかんことを後回し

暖かい晴れた日曜の朝です。

町内の神社掃除はもともと予定していた仕事でしたが、そのあと家でやらないかんことがありました。
けど、なぜかほか事をして取りかかることができません。

一週間ぐらい前から、ポタン、ポタンと滴が気になっていた蛇口の修理をしてみたり…
e0064783_16560165.jpg
e0064783_16560127.jpg
何回も水栓を止めたり戻したり、最後には金ヤスリで管を削る荒療治。
結局、午前中かかってしまいました。
かみさんには褒められたけど。

あと、琴三味線教室の看板を直したり。
昨日ご案内したNさんから送っていただいた動画を眺めたり。
石徹白で切れてしまったタイヤチェーンを買いに行ったり。
ロックリングスにぶら下がってみたり。
こんなどうでもいい話をブログに書いてみたり。

気が付くと雨が降り出し、夕方になっていました。




[PR]

by s_space_s | 2017-01-29 17:27 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 03日

気になるメダカ

3代目になる我が家のメダカですが、この夏に生まれたのに変なやつがいます。
e0064783_17113564.jpg
背中が曲がっていてラクダみたいにコブが二つあります。
やはり少ない個体数で世代を重ねるとこういうのが出てくるのですね。
e0064783_17113874.jpg
すぐに死んでしまうのではないかと思ったけど、よたよた泳ぎながらも生きています。
ほかのメダカはわしが姿を見せるとさっと藻の中に逃げ込んでしまうのに、こいつは反対に寄ってきます。
餌が欲しいのだと思います。
毎朝、どうしているか見に行って、ロックリングスにぶら下がるのが日課です。





[PR]

by s_space_s | 2016-12-03 19:33 | 日常 | Trackback | Comments(0)