blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:釣り( 73 )


2017年 09月 16日

よい沢の条件

わしにとって良い沢の条件は、魚がたくさんいることです。
あと、自然林できれいな水が流れているところ。
良い沢の逆は、面白くない沢?良くない沢?
沢登りの話で悪いというと、別の意味になってしまいます。
悪くて良い沢ってこともあるのです。

今日はこんな沢に行ってきました。
白山山系の谷で、平日なら誰もいないと思ったのに・・・
滝を超えても新しい足跡かありました。
魚も走らないので、我慢して遡行に専念します。

今回は買ってから全然履いてないモンベルの沢靴で行きました。
タビに慣れた足には固いソールが足裏感覚を邪魔して歩きにくいことこのうえない。
大きな岩を乗越すときにスリップしてあっという間に背中から川床に落ちました。
全身ずぶ濡れになったのとお尻と脇腹をしたたか打っただけで済みましたが、危なかった。

顕著な支流の出合いを過ぎると、魚影が濃くなりました。
e0064783_21452640.jpg
ここまで来ると岩魚はすれていなくて、姿を見せたまま木になったつもりになって、岩魚を見ながら釣りができました。
木化け石化けという技?です。
e0064783_21452944.jpg
よく肥えた尺岩魚
e0064783_21453338.jpg
両手・両足ほどひっかけて納竿。
ぶら下げた袋が重くて、下るのにバランスが取れず、ふらふらしました。
足回りにも不安があるし、ゆっくり下りました。
悪くない良い沢でした。

地図を見て余韻に浸りながら、ウイスキーをちびちびやってます。
お尻が痛いです。

晩酌するには、肴が美味くなる日本酒がいいけど、夜、のんびりするにはウイスキーが良い。
長男坊が置いていった、ラフロイグというシングル・モルトは、癖になる大人の味です。
はじめはピートのスモークが「うげ~!」という感じだったけど。
e0064783_21453938.jpg
最近、ブコウススキーの「パルプ」という探偵小説を読んでいます。
この酒と取り合わせがいい感じです。
難点は2ページぐらいで眠くなってしまうこと。




[PR]

by s_space_s | 2017-09-16 12:33 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 04日

揖斐の桃源郷?

色々、用事が入っていて諦めていた日曜日。
天気がもちそうなので、うまくやりくりして揖斐へ釣りに行きました。
雨後で少し水も多めで毛鉤の追いは今一(いつもの言訳)。
中流までアマゴ混じり、源流ではネイティブっぽいイワナが釣れました。
e0064783_05053285.jpg
いかにも居そうなとこです。
e0064783_05053234.jpg
尺に少し足りないやつが出ました。
e0064783_05053398.jpg
帰りにカモシカの角を拾いました。
e0064783_05053206.jpg
シカと違って中が空洞なんですね。
シカのように毎年生えかわらないので、こうやって落ちているのは珍しいのでは。
先っちょが鋭利な岩角にでも挟まれたのか、削れていました。
横に干してあるのは男達の熱き挑戦
ほとんどフェルトが無くなってきました。

条件のいいときにまた行ってみたい谷でした。




[PR]

by s_space_s | 2017-07-04 05:24 | 釣り | Trackback | Comments(1)
2016年 09月 15日

海釣り再挑戦

前回不甲斐ない結果に終わったので、今度は酔い止めを用意して再挑戦しました。
今回は神島沖でタチウオ狙いです。

気分は船長

e0064783_21235158.jpg
弟子2号にさっそく当たりが
e0064783_21233013.jpg
釣れたのはイシモチ
上げると浮き袋でぐーぐー鳴きます。
e0064783_21235108.jpg
師匠は外道だと言いますが、大変おいしい魚です。
さっそく師匠にタチウオが。
弟子たちは地球を釣ったりしてなかなか釣れません。

e0064783_21233032.jpg
弟子1号にようやくタチウオが来ました。
きれいな魚でした。
e0064783_21233094.jpg
船上で刺身にしていただきました。

e0064783_21233063.jpg
これがばかうま。
e0064783_21234310.jpg
弟子2号は終わりがけに調子が出てきたのかマダイを連続で上げてました。

e0064783_21234325.jpg
弟子2号が炊いた鯛めしです。

e0064783_21234386.jpg
家に帰ってかみさんとタチウオの刺身で乾杯。
イシモチは煮付けにしたらいい感じでした。

ほんとに贅沢な遊びです。













[PR]

by s_space_s | 2016-09-15 12:53 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 08日

2年ぶりの海釣り

昨年は入院したりしてそれどころではなかったので、海釣りに出かけるのは久しぶり。
毎度のことながら、船から仕掛け餌までK師匠にお任せです。
今回は名古屋に住んでいる坊主も同行させていただきました。
e0064783_22085488.jpg
台風の影響なのか、神島沖に出たらうねりが高く、慣れていないわしらは釣りをはじめて1時間も経たないうちに酔ってしまいました。
K師匠は元気いっぱいなのに。

このメバルの引きは気持ちいかった。
e0064783_22085737.jpg
釣ってるときはいいのですが、仕掛けを直したりしていると、もういけません。
e0064783_22085030.jpg
カサゴ、メバル、イサキ、子ダイなどボチボチ釣れて頑張れば大物の予感もしたのですが。
e0064783_10494584.jpg
結局ギブアップ。

K師匠には申し訳ありませんでしたが、早めに納竿、午前中で帰港となりました。
上陸してみると、喉元過ぎればなんとかみたいに、お腹がすいてきました。
中川区の「餃子苑」で坦々麺を食して帰りました。
e0064783_22084545.jpg

この店は、なかなかグレード高いです。
e0064783_22084703.jpg
ほんとうに…






[PR]

by s_space_s | 2016-08-08 22:10 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 20日

隔絶されたアマゴはどうなる?

最近、Tさんの影響か、アマゴの毛鉤釣りが面白くてアマゴの谷へ入ります。
今回は、20年以上前に沢登りをして、大滝の上の源流までアマゴがたくさんいた谷へ。
当時、釣りでも入ったことがありました。
まだ毛鉤釣りを始めたばかりで、1匹も掛けられず悔しい思いをしたものです。
ちょっとは上手くなったかなと、リベンジも兼ねての釣行です。

この大滝は奥美濃でもベストテンに入るのでは。

e0064783_22025599.jpg
大滝上には、今でもアマゴが健在でした。
ただし、魚影が濃すぎて、桁あふれ状態になっているのでしょう。
20cm前後のスリムなのが多い感じでした。

e0064783_22025567.jpg
大滝に続く2ヶ所の滝場を越えると、沢は平坦になります。

e0064783_22025539.jpg
両岸にはブナ、カツラなどの自然林が広がり、渓流魚にとって良い環境です。
淵に毛鉤を落とすと、それを追いかけて何匹も集まってくるくらい魚がいます。
e0064783_22025519.jpg
写真では分かりにくいですが、大きな赤い斑点が体側に多い個体。
黒い斑点が大きいのが特徴的です。

e0064783_22025688.jpg
こいつは赤い斑点は小さいですが、黒い斑点が大きいのは同じ。

e0064783_22025532.jpg
個体差はありますが、この谷特有の形質を持っているようです。
明らかに本流のアマゴと違う雰囲気があります。
ヤマトイワナなど原種イワナの研究はされていますが、アマゴに関するハプロタイプなどの研究は聞いたことがありません。
もし、ここのアマゴたちが大滝によって隔絶されたまま何百年も生き延びたら、独自の進化を遂げた違う魚になるのでしょうか。
それとも、小グループの個体群として弱体化が進み消滅してしまうのでしょうか。

リベンジのほうですが、やっぱりアマゴは難しい。
思ったポイントでイメージどおりに釣れるのは5回に1回くらい。
(足で稼げるので30匹ぐらいは掛けたと思います。)
まず、貰い物のドライフライ(パラシュート)を沈めて使っているようでは論外ですわな。

家に帰って早速毛鉤を巻きました。





[PR]

by s_space_s | 2016-07-20 17:52 | 釣り | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 24日

アマゴの沢

新しい竿の筆おろしに行ってきました。
郡上の奥の谷です。
梅雨の時期のわりに水量は平水。

落差の少ない谷なのでアプローチが難しかったです。
腰が痛くなりました。
おまけに前日の雨で満腹なのか毛鉤の好き嫌いが激しい。
e0064783_22342955.jpg
ここはアマゴの谷。
よく肥えています。
e0064783_22351130.jpg
根元に湧水のあるトチの大木がありました。
e0064783_22351126.jpg
甘露、甘露
e0064783_22351232.jpg
源流までアマゴです。
e0064783_22351195.jpg
ここで良い型が出ました。

e0064783_22351172.jpg
イワナもたまに混じります。
やっぱ出方と居付く場所が違います。
e0064783_22342944.jpg
雨がぽつぽつしだしたので納竿しました。

e0064783_22351275.jpg
釣果は30匹ほどでした。
前から居酒屋「くしびき」のおばちゃんに釣れたら持っていく約束していたのに、なかなか機会がなかったのですが、岐阜駅へかみさんを迎えに行くついでがあったので届けました。
くしびきのおばちゃんなら上手に料理してくれると思います。



後日、くしびきに寄ってみたら、全部塩焼きにして食べたそう。
シンプルが一番ってことか。



[PR]

by s_space_s | 2016-06-24 22:55 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 07日

雨上がりの小さい沢

クラムボンはわらったよ。
クラムボンはかぷかぷわらったよ。


お父さん、お魚はどこへ行ったの。
魚かい。魚はこわい所へ行った


*****************

日曜日、まっちゃんと荒島岳西面の沢へ行く予定でしたが、朝から雨で中止。
朝飯をゆっくり食べてから読書でもしようと思っていたら、雨が上がってきて、腰が落ち着かなくなりました。
そそくさと釣りの準備をして、釣りにしては遅めの出発となりました。

目的は揖斐の小さな谷。
20年以上前の沢登りのノートを読み返してみるとあまり好い印象ではなかったみたい。
今回は、あるものの確認もしたかったので、ダメ元で行ってみました。

谷に入ってみると、雰囲気が記憶とは違っていました(いい意味で)。
雨後のため毛ばりでは食いが浅く何匹も釣り落としました。くそ~っ。
15匹ほど引っかけて納竿。
e0064783_23274373.jpg
車に戻るとヤマビルがいっぱい這い上がってきていました。

小さいアマゴが多かったので、家でから揚げにしてもらいました。
採ってきたばかりの新鮮なアマゴは驚くほど反り返ります。
e0064783_23274368.jpg
酒は頂きものの銀河高原ビールです。
岩手で作られているんですね。
高山に住んでいたころ飲んだのと違う印象(いい意味で)。

谷でも酒でも時間が経つと印象が変わるもんだと思いました。
人もそうであればいいのに。
風呂上り、数ヶ所あるヒルの噛跡から血が流れ出し、パジャマがえらいことになりました。

********************


待て待て、もう二日ばかり待つとね、こいつは下へ沈んで来る、それからひとりでにおいしいお酒ができるから、さあ、もう帰って寝よう、おいで

 宮沢賢治 やまなし




[PR]

by s_space_s | 2016-06-07 12:33 | 釣り | Trackback | Comments(2)
2015年 10月 03日

小さな釣行

渓流釣りシーズンの最終日、歩かなくても釣れる小さな谷に遊びに行きました。
ちょっと前に、巻いてみたニンフ(水棲昆虫に似せた毛ばり)を試してみました。
こいつは、提灯釣り毛ばりにはピッタリです。

すぐに15㎝ほどの小さなイワナが食いつきました。
e0064783_10345074.jpg
アマゴも釣れます。
e0064783_10344798.jpg
河原で小さな焚火をして、カップラーメンを食べて、ぼけ~としてから帰りました。
e0064783_10345411.jpg
帰りに昔(1991.9.29)遡行したことがある小沢を覗いてみました。
昔は出合の滝上には魚がいなかったのに、誰かが放流したのか魚影がありました。
e0064783_10344327.jpg
来シーズンは釣りに入ってみようかな。





[PR]

by s_space_s | 2015-10-03 10:44 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 10日

息子と岩魚釣り

揖斐の渓流に岩魚釣りに行ってきました。
自然林と花崗岩のきれいな谷でした。
上流のブナの大木が素晴らしかったです。
e0064783_06540708.jpg
こんな滑滝が多い。

e0064783_06541471.jpg
大滝は念のためロープを出して登りました。
大学生の次男坊は初毛バリでしたが、2匹いい型を引っ掛けました。
こんな源流まで岩魚がいます。

e0064783_06541093.jpg
手づかみのほうが早い?
e0064783_06541977.jpg
帰りに藤橋の道の駅で食べた豆乳ソフトがおいしかった。






[PR]

by s_space_s | 2015-08-10 12:25 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 27日

夏休み源流男キャンプ

恒例の源流キャンプに、こざえもんさん、いしはらさん、わしの何時ものメンバーで行ってきました。
場所は5月に下見した白山の谷です。
下流の滝場は2回目で簡単に巻くことができましたが、中流部に滝が多く、意外と厳しい感じでした。
釣果は尺物が数匹出たし、源流部では入れ食いの区間もあり、大満足。
夜は、いしはらシェフの岩魚づくしで、これまた大満足。
帰りには予期せぬプレゼントもありました。

こざえもんさんの記録

(1日目)

谷の水量が多く、朝一の渡渉でロープを使いました。
時間があるので、下流部から竿を出しながら登ります。
増水気味で、毛鉤の追いは渋い感じでしたが、尺物も出ました。
e0064783_21294293.jpg
よく肥えたガマ
e0064783_21294352.jpg
ここで大物を釣り落としました。くそ~!
e0064783_21294218.jpg
滝場を越えると、イワナの楽園が。
e0064783_21294302.jpg
こざえもんさんの釣り姿も様になってきました。
e0064783_21294328.jpg
中流部のミニゴルジュ
e0064783_21294321.jpg
3時を過ぎたので、そろそろ今日のねぐらを探す時間です。
両岸が迫っているところが多く、キャンプ適地を探しながら暫く登ると、サワグルミの大木がある台地を見つけました。
河原がないので、乾いた薪を集めるのに苦労しました。

こざえもんさんが、またひょっとこになってやっと焚火が熾きました。
ここで、料理の鉄人いしはらシェフの登場です。
ダーダ♪ダーダ♫

まずは枝豆から始まり・・・
e0064783_21294318.jpg
岩魚の刺身
e0064783_23253059.jpg
岩魚のムニエル
e0064783_21294308.jpg
岩魚と玉ねぎの煮付け

e0064783_21294316.jpg
茹でた岩魚の胃袋もコリコリして美味です。
塩焼きが付くのはお約束。
仕上げは、醤油に漬けた岩魚の刺身&どっさりのネギをハンゴウで炊いた飯に載せた「岩魚の漬け丼」。
参りました。

刺身を作るときに残った頭と背骨はたき火で焼いて、出汁を取ります。
朝ごはんの仕込みです。

テントも張らず、ごろ寝しましたが、蚊もブユもおらず快適でした。


(2日目)

昨夜の出汁で岩魚茶漬けを作るいしはらシェフ
ひつまぶしに負けないくらい美味しく、お代わりしました。
e0064783_21371001.jpg
キャンプ地を出発すると、すぐ滝場が始まりました。
e0064783_21370988.jpg
今日は水量も落ち着いて、毛鉤の追いがいい。
e0064783_21370972.jpg
5~15mぐらいの滝が次々に現れます。
e0064783_21370944.jpg
e0064783_21370980.jpg
e0064783_21370919.jpg
連瀑帯を抜けると、また岩魚の楽園が待ってました。
e0064783_23253764.jpg

20cmぐらいのはここではチビちゃん。
出てきても合わせず、わざと釣り落として逃がします。
25cmぐらいが安部礼司。
e0064783_21371089.jpg
滝場の下降が心配なので、早めに納竿しました。
足並みが揃っているので、ロープなしで全ての滝をクライムダウンして、昼前にキャンプ地に無事帰還。
キャンプ地を撤収して、5月に来たとき納竿したあたりまで下ってきて、中州をふと見ると。

わ~!なんじゃこりゃ~。
わしを待っていたかのように、諦めていた熊鈴が静かに横たわって(何か変ですか?)いました。
e0064783_21371080.jpg
このあたりから、尾根に上がり、地図とコンパス頼りに国道まで降りました。
e0064783_21371044.jpg
岐阜まで戻ってくると気温は37度。

夕方5時ごろ帰宅し、汚れ物や道具を片づけていて、焚火で燻製にした岩魚3匹を車庫の上に置いて忘れてしまいました。
かみさんが帰ってきて、「岩魚食われとるよ。」というので、しまったと思い庭に出てみると・・・。
e0064783_21371019.jpg
お行儀の良いネコだったようで、1匹だけ食べてあり、あとの2匹は無事でした。
よかった~。







[PR]

by s_space_s | 2015-07-27 21:43 | 釣り | Trackback | Comments(0)