blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山登り( 207 )


2017年 11月 28日

毘沙門谷から三国岳、ダイラ、瓢箪(琵琶)池を周遊

【山域】鈴鹿北部
【場所】三国岳、ダイラの頭
【日時】2017年11月26日(日)
【コース】ゲート手前駐車スペース~毘沙門谷~ダイラの頭~三国岳~阿蘇谷~ダイラ~瓢箪池~時山~駐車スペース
【メンバー】わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れのち曇り
【タイム】林道ゲート手前8:25 毘沙門谷出合9:00 ダイラの頭11:45 三国岳最高点12:50 ダイラの北の尾根上14:10 瓢箪池14:35~14:55 時山15:25 ゲート手前15:40

周遊ルート(クリックしてね)
e0064783_08422426.jpg
気になっていたといっても、ダイラを知ったのはごく最近の話。
「岐阜県の山」の次の候補として適当な山を探していて、三国岳にダイラという面白そうな場所があることを知りました。
牧田川上流の五僧の峠は2001年秋に岐阜ケルンのKさんとポデローザ3号で越えたところです。
その当時は、まだ車で越える林道はできていなくて、マウンテンバイクもどきを押したり担いだりして越えました。
なんとなく懐かしいエリアでもあるのです。

* * * * * * * * * * *

薮谷出合から少し奥に林道ゲートがあって、そこから歩く。
持ってきた古い5万図には、新しい林道が載っていなかった。
旧道と新道の分岐があることも知らず、毘沙門谷の出合まで新道を行く。
林道は毘沙門谷出合よりかなり上の急斜面に付けられていて、林道から下るのはやっかいそうだ。
うろうろしていたら、山仕事のご老人がみえた。
毘沙門谷へ下る道を尋ねると、さきほど通過した堰堤の上流に旧道の分岐があると教えていただいた。

言われたように、谷沿いには旧道の跡が残っていた。
e0064783_09462417.jpg
毘沙門谷出合には炭焼き小屋や廃車が打ち捨てられている。
e0064783_09462444.jpg
恐る恐る腐って傾いた木の橋を渡る。
e0064783_09462432.jpg
この小屋は2001年11月のサイクリングで旧道を下ってきたときにも写真を撮ったところだ。
毘沙門谷に入っても人工的な道の跡が残っていて、それを辿る。
ここは昔、橋が架かっていたところだろう。
なにやら上流が開けていると思ったら・・・
e0064783_09462403.jpg
こんな自然林の平坦地があった。
ミニ・ダイラと命名
e0064783_09462482.jpg
踏み跡を辿りながらズックで歩いていたが、へつりでドボンして、地下足袋に替える。
好きなところを歩けて、このほうが楽しい。
谷沿いに杉が植林してあるところもあるが、全体的には自然林の美しい谷だ。
ケヤキの大木が多いのが奥美濃と違う。
e0064783_12520657.jpg
こんな淵では、なにかの影を探してしまう。
e0064783_09495888.jpg
上流まで窯跡が多いのも鈴鹿らしい。
e0064783_09495851.jpg
明るい、谷の詰め
e0064783_09495907.jpg
コルに出て休んでいると、キノコ採りのおっちゃんがダイラへ下っていった。
ダイラの頭への尾根道

e0064783_09495925.jpg
三国へ向かう道は阿蘇谷側の急斜面をトラバースするところが多く、怖かった。
e0064783_09495934.jpg
三国岳手前で男女ペアが下ってきてすれ違う。
せっかくなので911mの最高点まで往復する。
e0064783_09495920.jpg
三国岳直下のやせ尾根からダイラを俯瞰する。
真ん中から少し右寄りの台地状のところ。
右に緩やかに降りている尾根を下った。
e0064783_09495815.jpg
現在の2万5千図の道は815m三角点付近から阿蘇谷に下っている。
下ってみると道などなく非常に急斜面で、下草がないので手掛かりがなく恐ろしい。
地形図で滝がありそうな気がしたところに3mほどの滝があって、クライムダウンできず巻く。
e0064783_09522789.jpg
ダイラ入口にかかると急に谷が開ける。

e0064783_09522773.jpg
最近の阿蘇谷への下降ルートは、ダイラの頭南東のコルから降りているようで、そっち方面から登山者が下ってきた。
先ほど三国岳直下ですれ違ったペアであった。
彼らはダイラに寄ったあと阿蘇谷を下降したようだ。
e0064783_09522791.jpg
ダイラは名前のとおり平らな森
種類は特定していないがカエデが多く、もう少し早い時期なら紅葉が素晴らしいだろう。
ブナやミズナラの林とは違う雰囲気で面白い。
それにしても、アセビとユズリハのほか下草が皆無なのは何で?

e0064783_09522703.jpg
当初はここでのんびりする予定であった。
けど、下降の尾根を確認するまで気が急いて、なんとなく通り過ぎてしまう。

e0064783_12515991.jpg
ダイラの北の尾根に乗り、597mピークを目指す。
途中、見落としやすい分岐がありテープが過剰なほど付けてある。
ピーク周辺には鹿の泊り場が。
e0064783_09540889.jpg
瓢箪といえば瓢箪か。
琵琶といえば琵琶か。

e0064783_09540708.jpg
あとのルートはほぼ見えたので、池の畔でまったりする。
ガスコンロを消すと静寂、鳥と獣の声しかしない。
林の向こうに大きな獣の影が見えてぎょっとする。
イノシシに見えたが、声を出すと立ち上がりサルだとわかる。
サルとお茶する風流さはなく、鈴をならして群れを離れさせた。
e0064783_12521372.jpg
時山への尾根の下部は急になり尾根芯がはっきりしないため、コンパスで方向を確認しながら降りる。
踏み跡が出てくると、やがて阿蘇谷の道と合流して、獣除けのフェンスに囲まれた時山文化伝承館に着いた。

e0064783_09545130.jpg
すでに夕暮れの気配漂う時山集落を抜け、15分ほど歩いて車に戻る。
エンジンをかけると雨が降り出した。

帰りに湯葉神社の大杉を見る。



[PR]

by s_space_s | 2017-11-28 17:34 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 20日

地図・コンパス勉強会(第3回)を開催しました。

延期になっていた地図・コンパス勉強会を日曜日に開催しました。
参加者は8人+アシスタントのコザエモンさん。
その中に、はるばる大阪から参加された、BC愛好家のお二人もみえました。
「チーム三匹のおっさん」のメンバーtsutomuさんも。
こんな方々ががっかりされると申し訳ないので、下見も行い準備を整えての開催でした。
今、終わってほっとしています。

非常に寒くて、小雨も降るような天気予報だったので、昔ファミリーキャンプで使っていたコールマンのテントを持っていきました。
ポールのバンジーコードがびろんびろんで立てるのが大変でした。
寒いので、まずはテントの中で地形図の基本をおさらいしました。
e0064783_14020824.jpg
地図とコンパスを使うにあたって重要なポイントは、コンパスのN極は地図の真北を指さないということです。
最近では、パソコンから磁北線付きで印刷できるので、いままで西偏度数の変化は気にしていませんでした。
事前の準備で中部地方でも10年経てば西偏角度が変化することを確認でき、皆さんにもお伝えしました。
ちなみに、参考資料として持って行った平成9年測量の岐阜北部では西偏7度。
現在の地理院地図では7度50分でほぼ1度の変化がありました。
実用では7度と覚えていても支障はありませんが。
e0064783_14020966.jpg
基礎知識は必要最小限にして外に出ます。
まずは、コンパス1・2・3と地図の正置から。
e0064783_14020906.jpg
午前中から雨が降り始めました。
地図に記入するような作業はテントの中でやりました。
e0064783_14020954.jpg
地図ロイドも参考に使ってみました。
ヘッドアップに設定すると正置を自動的にやってくれるので、説明に便利でした。
e0064783_14020937.jpg
歩測の体験もしてみました。
20mを複歩で測っておいて、グランドの長辺を測ってみたら、皆さん短めに出るようでした。

午後は、本日のメインテーマ。
見通しのきかないフィールドでのコンパス直進です。
e0064783_14021012.jpg
何種類か設定したコースを、方法を変えながら歩いてみました。
なかなか面白かったです。
わしもコザエモンさんと組んでホワイトアウト・ナビゲーションをやってみましたが、コンパスのベースプレートが短いタイプのせいなのか、参加者の皆さんより精度がわるいようでした。
このあたりもコンパスを変えて検証してみたいところです。

1時間ほど予定をオーバーして終了。
皆さん真剣に練習されて、主催者冥利に尽きる思いでした。
e0064783_14021041.jpg
コザエモンさんとうちの近くの珈琲屋に寄って帰りました。

次回は、分岐が複数あるヤブ尾根の下降体験とナビゲーションマップの作り方でもやろうかな。





[PR]

by s_space_s | 2017-11-20 17:28 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 14日

タブレットのGPSを使ってみました

かみさんがスマホに変えて、おまけ?に付いてきたタブレットを借りて使っています。
メールのチェックとか手軽にできるので、最近はパソコンを開くのも面倒になりました。
このタブレットに付いているGPSを使って位置データを取り、読図講習などのメニューに利用できるかもと思い、定評があるらしい山旅ロガーをダウンロードしてみました。

練習に、飛騨金山の簗谷山でログを取ってみました。
谷地形のなかではときどき飛ぶみたいですが、尾根上ではほぼ満足できる精度でした。
壊れなくて、電源がもつ限り、地図が読める人にとっては十分な情報が得られます。
尾根も谷も区別できない人にはどうしようもないですが。

南極の海氷上のルート管理にGPSデータを使っていたので、データの構成と利用の仕方はだいたい分かります。

e0064783_21480561.jpg
これでナビして山を歩くのは、登山の面白い部分を切り捨てていることになるし、ヤブ漕ぎやバックカントリーでは地図、コンパス、高度計のコンビネーションのほうが機能的だと思います。
でも、何かに必要でログをとったり、自分のナビゲーションの検証には使えるアイテムだと思います。
しかもタダだし。
読図講習でも、こういう機器の便利さと限界を伝えることは大事だし、自分で使ってみないと話もできない。

今回の簗谷山は岐阜大学御嶽会の定期山行でした。
幹事をやらせていただいてます。
岐阜発5時半の早めのスケジュール(山屋ならそんなに早いとは思わない)が悪かったのか参加者5人と寂しい感じでした。

南尾根ルートの「小鹿の涙」
e0064783_08403746.jpg
御嶽(右)と乗鞍(左)
e0064783_08403748.jpg
紅葉は盛りを過ぎて、初冬の雰囲気でした。
全山自然林のいい山です。
下山に使ったブナノ木ルートは新版の「岐阜県の山」の地図と違うルートを通っていますので、注意が必要です。




[PR]

by s_space_s | 2017-11-14 12:05 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 06日

安全登山普及指導者中央研修会

先日、国立登山研修所で開催された安全登山普及指導者中央研修会に行ってきました。
担当は高等学校等教職員研修コースでした。
このコースは、高校の山岳部の顧問の先生方を対象に、生徒を安全に引率するための総合的な知識・技術の習得を図るものです。
今年3月の那須の雪崩事故をうけて、新しく設けられたコースです。

技術的なところは読図、ナビゲーションが中心で、その部分はある程度伝えることができたと思います。
あとの、生徒を安全に引率するという部分では、指導の現場を知らないわしには一般的なことしか話すことができませんでした。
班の責任者の大西講師が、その世界の指導的立場の方で、おんぶにだっこ状態でした。
分からないなりに、もう少しコミュニケーションをとって自分の考えを伝えるようできれば良かったと思いました。

高校生の登山の場合は顧問が必ず引率しなければなりません。
社会人のパーティーのように自己責任という部分は非常に小さく、なにかあれば責任がもろに先生にかかってきます。
楽しくやりがいのある顧問かもしれませんが、非常に大変なことで、頭の下がる思いでした。


読売新聞のWEB版に写真が載ってました。
スキンヘッドが後ろのほうに固まっているのは偶然ですが、その中の一人です。(類は友を呼ぶ?)
すごーくよく似た先生(下の写真の方)がみえましたので注意。

ちなみに、まっちゃんの先輩のイグルー・ヨネヤマさんも取材にみえてました。




[PR]

by s_space_s | 2017-11-06 17:41 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 20日

「岐阜県の山」出版記念パーティー

「岐阜県の山」の取材でお手伝いいただいた皆さんに集まっていただき、ささやかなパーティーを行いました。
場所は岐阜駅真ん前の割烹「てら田」
いつも飲んでるとこと違って、凝ったお料理が次々に出てきてびっくりしました。
みんなも、わしが予約したので、いつもの感じの居酒屋を想像していたそうです。
日本酒が美味すぎて、いろんな種類を飲んでしまいました。
e0064783_14261811.jpg
最後に、あやちゃんからサインを頼まれたのですが、漢字が出てこず、焦りました。
変な汗かいて酔いが醒めてまった。

2軒目は野郎ばかりで隠れ家的なバリバンジャールへ行って、ビンタン島のビールを飲みました。

いやいや、楽しい夜でした。
皆さんありがとう。




[PR]

by s_space_s | 2017-10-20 17:24 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 16日

板取の白水の滝沢(仮称)から三角点「平瀬戸」再訪

9月13日に板取の白水の滝上流の沢へ行きました。
そのとき、尾根上の802.5m三角点「平瀬戸」あたりから本流に下ったのですが、三角点を目視しないまま降りたのがひっかかっていました。
また、国土地理院の地図の表記のイメージと実際の地形のギャップが大いような気がしたので、再度、地形を確認したいと思っていました。
再訪するにあたり、国土地理院のサイトを漁っていると、より精密な公共測量地図を見つけました。

少し前に、地学のK先生から等高線が1m間隔の地形図を見せていただきました。
この精度の地形図なら再現性が非常に高いため、現場で地形を同定するのは簡単なのだそうです。
今回見つけた地形図は5m間隔ですが、並べてみると明らかに地理院地図より細部の地形が表現されています。
e0064783_18015862.jpg
縮尺は揃えてありません。
両地図を比べてみて驚くのは、地理院地図の等高線のまるめ方です。
現場では谷や尾根として捉えられるような小地形が大胆にカットされて単純化されています。
上図の三角点のある平坦な尾根のような地形ではコンターが10m間隔なので、それ未満の隠れた凸凹が実際にはあることは頭で理解できます。
しかし、等高線の引き方自体かなりの省略がおこなわれていることを実感しました。

10月14日・15日は穴毛谷の予定でした。
両日とも天気が悪そうな予報で山はあきらめていました。
ところが、14日になってみると、まあまあの天気。
半日で三角点「平瀬戸」と地形の確認に行ってみることにしました。
ルートはH405mあたりに右岸から入っている支流を詰めてみました。
大きな滝はないけど、登りが楽しめる滝がいくつかあって面白かったです。
詰めの雰囲気も良く、お勧めです。
カメラも携帯も忘れたので写真なしですが、遡行図をとったので参考にしてください。
e0064783_18180371.jpg
公共測量地図は非常によく地形を反映しているのが確認できました。
地理院地図の限界をちゃんと頭に入れて読図しないと、思わぬミスをする恐れがあります。

それで、目的の三角点は見つかったかって?
今回も見つけられませんでした。残念!
どなたか探しに行ってみてください。
見つけたら教えてね。





[PR]

by s_space_s | 2017-10-16 18:38 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 10日

板取の楢木1159m

【山域】奥美濃
【場所】板取、三角点1159m(点名:楢木)
【日時】2017年10月8日(日)
【コース】楢木南面右の谷~楢木~南東尾根下降
【メンバー】コザエモンさん、tsutomuさん、わし(チーム三匹のおっさん) 
【天気】晴れ
【タイム】駐車スペース7:30 尾根上9:30 頂上10:00~10:20 駐車スペース12:20
【行程概略】クリックしてね
e0064783_13281126.jpg

コザエモンさんと休みが合ったので、どこか沢登りに行くことになった。
コザエモンさんから板取の三角点「楢木1159m」の提案があった。
聞いたことがない山だったのでインターネットで検索してみると、こんな記録がヒットした。
この浮雲さんは中部地方の藪ルートを縦横無尽に歩いておられる。
文明の利器を山行から排除するなど、かなりこだわりのある方とお見受けした。
そのブログ紹介文の一部を引用させていただく。

(前省略)
登山道で登った山もありますが、そのような知力を要しない山は、当ブログの対象外ですので、非公開です。
山にはGPSを携行しません。それを携行することは、われわれの外に、われわれを助けてくれる者が、同行することだと思うし、そしてまたGPSの軌跡を利用することは、われわれが辿ったルートを、そのような者に教わることだと思うからです。
アマチュア無線従事者免許は持っていますが、無線機も携行しません。携帯電話も同様です。救助を前提にするものだからです。
(以下省略)

このお考えに対しては、突き詰めれば原始人に戻って山を登れということになるが、遊びなのだから自分で線を引くしかないと思う。

前置きが長くなった。要するに自然の残るいい山のようである。
わしが一番興味を持ったのは、川浦渓谷方面へ向かう途中で、いつも「禁漁区」の看板が気になっていた小沢をルートにとれそうだったから。
きっと、濃い魚影を蹴散らしながら、快適な秋の沢登りができるのでは、ひょっとするともうキノコもと期待したのだったが・・・。

結果は、かなり上部まで植林の谷であり、谷も荒れ気味で、魚も数えるほどしか見かけなかった。魚種不明。
下降した尾根は藪もほとんどなく歩きやすい尾根で、浮雲さんにならって地図とコンパスだけでナビしてみた。

今回も禁漁の看板の横から入渓
e0064783_20343444.jpg
植林帯によくある小沢
倒木が多い

e0064783_20343195.jpg
流域が自然林にかかるとナラタケが出ていた。
今回は、ほかにチャナメツムタケ、カノシタ少々

e0064783_20342852.jpg

この小滝を越えると自然林の谷
e0064783_20342430.jpg
いい感じのペポーニ
e0064783_20175206.jpg
上流の水が枯れる手前に湧水が出ていた。
甘露、甘露

e0064783_20174983.jpg
沢が消えて尾根登りになっても歩きやすい

e0064783_20174191.jpg
小さいブナも出てくる
e0064783_20163142.jpg
南東尾根の1040mあたりに出た

e0064783_20340715.jpg
三等三角点 楢木
切開きの脇にはミズナラが立っていた。
e0064783_20363658.jpg
下降の尾根上には結構りっぱなブナも

e0064783_21051935.jpg
上部は自然林だが、少し下ると左手の斜面が植林となり、コンタクトラインを行く感じになる。

e0064783_21050303.jpg
何箇所か凹地があってヌタ場が見られた
鹿たちの憩いの場「ヌターバックス」
e0064783_21045162.jpg
最後は灌木がなかったら降りるのが怖いほどの植林の急斜面を下り、車道に出た。
お昼に下山したので、板取の「清流そば」でザル蕎麦を啜って帰る。
モネの池の周りには人だかりができていた。

前々回の小山行で破れてしまった足袋を性懲りもなくまた使ってみた。
e0064783_20341197.jpg
まだまだいける?




[PR]

by s_space_s | 2017-10-10 12:51 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 28日

分県登山ガイド「岐阜県の山」が発刊となりました。

2年前から取材してきた「岐阜県の山」が9月22日に発売となりました。
20年ほど前に飛騨山岳会の島田先生に初版本をいただいたとき、自分が分担させていただくとは夢にも思いませんでした。
e0064783_20402381.jpg

改めて本になったものを見ると、取材山行のことが懐かしく思い出されます。
今回、奥美濃の薮山をコンセプトに道のはっきりしないルートをいくつか入れています。
もう一つの方針は、往復コースではなく縦走できるコースとなるようルートを選定しています。
本屋で立ち読みでもされて、ご意見・ご感想をいただけると嬉しいです。
今後も地元の山について勉強していこうと思います。

詳しい内容はこちら



[PR]

by s_space_s | 2017-09-28 20:43 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 25日

旧徳山村コビクラ谷から蕎麦粒山

【山域】奥美濃
【場所】旧徳山村コビクラ谷・蕎麦粒山
【日時】2017年9月23日(土)
【コース】ホハレ峠~黒谷下降~コビクラ谷~蕎麦粒山~西尾根縦走~ホハレ峠
【メンバー】まっちゃん(北大山の会)、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】曇りのち晴れ
【タイム】林道駐車スペース6:35 新ホハレ峠7:00 コビクラ出合8:00 堰堤9:00 蕎麦粒山11:55~12:15
     ホハレ峠14:15 駐車スペース14:35(内生物生息調査30分)

【簡易遡行図】(クリックしてね)
e0064783_09282840.jpg


ふとしたことがきっかけで大垣山岳協会の方の記録を拝見し、この谷の大滝に興味を持ちました。
日比野さんの百山百渓にも2回、いずれも下降ルートとして登場します。
その記述では30m、奥美濃随一との表記がありました。
谷の名前は「シシヤリ谷(小谷)」となっています。

大滝までは堰堤もあり人臭いですが、大滝を越えると、自然林の素晴らしい、癒し渓でした。
まっちゃんの希望で三角点ドンピシャを狙いました。
頂上直下で何箇所か岩場が出てくるのをあみだくじみたいに避けながら、最後の岩を右にとったので惜しくも20mほど西に出ました。


まっちゃんが心配したとおりホハレ峠手前でダートになると、わしのビッツでは上がれず、苦労してバックして手前の駐車スペースに駐車。
10分ほど歩いてホハレ峠らしいところに到着。
3台駐車してありました。
旧ホハレ峠への林道が生きていると思っていたわしらは、分岐がなく新ホハレ峠に着いてしまったので狐につままれた気分。
むむむ・・・
e0064783_11054435.jpg
地元のご老人みたい。我ながら溶け込んでいる。
e0064783_16104604.jpg
黒谷の踏み跡を下り、コビクラ谷出合の河原で大休止。
まっちゃんに美味しいリンゴをもらう。
e0064783_11054497.jpg
まあ、普通の奥美濃の谷

e0064783_11054539.jpg
コルゲート管あらわる

e0064783_11054464.jpg
2段の堰堤あらわる
これも普通サイズ。
e0064783_16104643.jpg
トライするまっちゃん
e0064783_11055555.jpg
堰堤を越えてすぐにコビクラ大滝が現れた。
どう見ても30mはないが、優美な滝と言ってよい
滝壺の主の姿はない
e0064783_11065967.jpg
ディープウォーターソロするまっちゃん
e0064783_11055681.jpg
コビクラ大滝の落ち口を覗く
股がむずむず
e0064783_11055575.jpg
大滝の上はしばらく河原状

e0064783_11061105.jpg
サワグルミの緑が濃い。既にカツラの甘い香りも。
e0064783_16104677.jpg
H700m左岸のトチの大木に登るまっちゃん
e0064783_11065923.jpg
次第に谷は傾斜を増し、滝が出てくる。
e0064783_11061107.jpg
個性的な6mほどの滝が連続する。
直登は難しい滝が多い。

美しい滝6m

e0064783_11065928.jpg
岩棚状8m滝を登るまっちゃん
e0064783_11065879.jpg
石コブ滝4m
e0064783_11065816.jpg
参考にした記録では源流は傾斜強くH900あたりから右岸尾根に逃げるとある。
わしらは、頂上ドンピシャを狙う。
壁ドンの話などしながら小滝を越えていく。
不安定な大石が多くヒヤッとすること数回

ほぼ、満足の結果
e0064783_11061248.jpg
羽根アリが大量発生して、おまけに噛まれるとむちゃくちゃ痛いので、頂上にのんびりできず。

「岐阜県の山」取材時よりもヤブがひどくなっている気がした。
1000mピークから新道と分かれヤブ漕ぎ開始。
e0064783_11064347.jpg
地形は単純なのでナビは難しくないが尾根上の灌木には体力を吸い取られる。
マーキングがないのが好ましい(by まっちゃん)。
1時間弱で旧ホハレ峠のカーブにぴったり到着。
ちなみに、GPS、高度計は使用していない。
e0064783_11064375.jpg
旧林道は完全に廃道で、歩く人も少なく踏み跡も薄い。
林道に出て今朝の疑問が解消した。

e0064783_11064343.jpg
帰りに揖斐川町手前の食堂「さか上がり」に寄ってみる。
のれんは出ていなかったけど、おばちゃんが天ぷらそばを作ってくれた。





[PR]

by s_space_s | 2017-09-25 12:42 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 24日

11月19日(日)に地図・コンパス勉強会(第3回)を開催します。

過去2回、地図・コンパス勉強会を開催してきましたが、今回は地形図に関する勉強は最小限にして、コンパスの使い方を徹底的にやってみたいと思います。
コンパスを登山に活用したいと思ってみえる方、一緒に練習しましょう。
e0064783_12551816.jpg


詳細はこちら
[PR]

by s_space_s | 2017-09-24 17:38 | 山登り | Trackback | Comments(3)