blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 30日

旧徳山村ヒン谷から若丸山(2)

【山域】奥美濃
【日時】2006年8月27日
【コース】ヒン谷~若丸山1285.7m往復

More
[PR]

by s_space_s | 2006-08-30 23:48 | 山登り | Trackback | Comments(4)
2006年 08月 30日

ゲルマニウムの夜

とにかくエロくて、グロくて、面白かった。
宗教とか神とか考えずに人間のエロ、グロ、暴力への衝動を感じるための小説かと思います。
肉体労働の感覚や直感的な倫理観の部分は自分にもよくわかる感じがしました。
映画化もされてるみたいですが、見たくない。

エンターテイメント系出身だけに多作な作家のようで、古本屋にいっぱい作品が並んでいたので当分楽しめそうです。
今、エッセイも読んでるけど面白いよ。

花村萬月 著
文春文庫
[PR]

by s_space_s | 2006-08-30 18:29 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 28日

旧徳山村ヒン谷から若丸山(1)

まえまえから気になっていた、旧徳山村のヒン谷から若丸山へ登りました。

昔、釣りでこの谷に入り、最初の二段の滝まで釣りあがり、この滝を越えるのがちょっと怖くて引き返したときから、この滝の上はどうなっているんだろうと地図を見ながら想像を膨らませていました。
同じヒン谷の支流で冠山に上がっているシタ谷のほうは、ガイドブックなどで紹介されたせいかネット上でも記録を多く見かけるのですが、ヒン谷のほうはほとんど記録がないのも魅力です。
徳山ダムが湛水すれば、入れなくなるかもしれないし。

この谷の記録に関しては、各務原山岳会の日比野さんの「百山百渓3」に遡行図が載っています。
この記録集は面白いことに、遡行図がB5版見開きの左ページ全面。右ページには、たぶんその山行をもとに作られた俳句が、大きな文字で何句か並べられ、一見、「白いなあ」との印象を受けます(百山百渓1、2の記述もエッセー風でしたが)。
その他、行動概要等の記述は一切ありません。

手にとって「なんじゃこりゃ~(松田優作風に)」との第一印象なのですが、遡行図を眺めながら俳句を読んでいると、イメージが湧いてきて結構楽しめます。
沢の記録はやはり遡行図が大きな部分を占めている。

「遡行図のない記録なんで・・・(クリープのCM風に)」
ということで、沢の記録を書くときは、遡行図を付けましょう。

(この項、次回につづく)
[PR]

by s_space_s | 2006-08-28 17:36 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 28日

イカル

今日、職場のベランダで小鳥(イカル)の骸を見つけました。
多分、鏡のようになったガラスに激突したのだと思います。
触ってみると、まだ体が柔らかかった。
毛ばりのハックルに羽根をいただこうかと思いましたが、かわいそうになりやめました。
[PR]

by s_space_s | 2006-08-28 12:35 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 23日

掲示板

ブログでは記事に対するコメントしか入れにくいと思いますので、
なんでも書き込める掲示板を作ってみました。
トップページから入れるようにしときますので、コメントいただけるとうれしいです。
[PR]

by s_space_s | 2006-08-23 08:40 | 日常 | Trackback | Comments(21)
2006年 08月 22日

錫杖岳前衛フェース支点整理の情報

横山勝丘さんから錫杖の残置撤去等の情報が入りましたので、ここにメール(関係のないところは省略)を掲載させていただきます。

More
[PR]

by s_space_s | 2006-08-22 16:48 | 山登り | Trackback(2) | Comments(5)
2006年 08月 21日

板取川で毛ばり釣り

板取川の源流でテンカラしてきました。

e0064783_235974.jpg最近自分で毛ばりを巻かないので,手持ちが少なくなり,いい加減な毛ばりでやった割には良く釣れました。見に来てUターンの方も多うございましたが。

朝,コンビニに寄るのを忘れ,朝飯,昼飯抜きでしたが,人間あまーい自販機のコーヒーだけでなんとか動けるものです。魚止まで釣りあがり,山越えして隣の沢を下りました。

この時期の奥美濃ではあたりまえですがアブが多かった。落ち着いて針を代えることもできません。白っぽいカッターシャツを着て行ったのでまだましでしたが,黒いズボンの股座にたかるのにはまいった。

おまけに家に帰ってきて気が付いたのがヒル。血が止まりません・・・



雄と雌の25cmを掛けたのが気持ちいかったです。

e0064783_23145665.jpge0064783_23153392.jpg



本日の釣果 アマゴ17~25cm 11匹
[PR]

by s_space_s | 2006-08-21 23:31 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 20日

傷だらけです

このごろは外へ出しているので,他所のネコと喧嘩をするのか生傷が絶えません。
白血病も心配なので,家で落ち着くよう,そろそろ去勢しようかなと思っています。
うちの坊主はかわいそうだと言っていますが・・・

TOTOの写真
[PR]

by s_space_s | 2006-08-20 20:33 | TOTO | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 18日

通勤途中の自然観察

自転車で通勤していると、花や樹木、鳥や小動物などが目に入る機会が自然に多くなります。

More
[PR]

by s_space_s | 2006-08-18 18:14 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 17日

社会的ひきこもり

1998年発行の新書であるが,ひきこもりについての社会的状況は現在でも変わっていないようだ。
「現代の青年は二十歳ではなく,三十歳で成人する」という精神科臨床医師の共通認識には頷けるものがあった。
わしがこんなことを言うと笑われそうであるが,三十過ぎても子供みたいなことを考えているように感じる人が珍しくないような気がする。

著者である斎藤環の精神分析等に関する著作はなかなか興味深い。
web上でも晶文社のホームページに連載「生き延びるためのラカン」がある。
じっくり読んでみたい。

斎藤環 著
PHP新書
[PR]

by s_space_s | 2006-08-17 22:40 | 読書 | Trackback | Comments(0)