<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 28日

初冬の麦草岳

2006.11.25
メンバー:わし,コザエモンさん

前夜,駒の湯温泉奥の登山口へ。
焼酎を少しやってテントで寝る。
しょんべんしに外へ出て、夜空を見上げると満点の星空。
おうし座の赤い目が光る。シリウスも怖いほどぎらぎらしていた。
快晴のため放射冷却で冷え込んだ。

木曽福島Aコース登山口7:10発。
松林から,落葉したコナラ林の登山道を登る。
コザエモンさんは冬靴が合わないらしくスピードがあがらない。

4合目あたり(まだ標高2千m未満)で,モミ,ツガの針葉樹の中に2本のダケカンバの大木があった。
標高が上がるとシラビソの若い木が多くなる。
6合目のトラバース道との分岐に10:40着。

このあたりから雪が出はじめる。
降ってからしばらく経ってクラストしているので,アイゼンを着ける。
6合目から上の登山道は不明瞭。小岩壁を右に回り込こむとハイマツ混じりの広い斜面となる。
e0064783_2351276.jpg


風もそれほどなく,おだやかな山頂に12:20着。
御嶽,乗鞍,穂高がみんな雪を被って青空をバックによく見えた。
時間があれば牙岩を経て木曽前岳へ縦走したかったが,コザエモンさんの体調も考えて今回は諦める。

バックは木曽駒ケ岳
e0064783_23515438.jpg


一人で,牙岩の稜線を偵察に行く。
稜線は複雑でかなり厳しそうであった。
標識では木曽前岳まで2時間とあった。この状況では3時間はかかりそう。
見るからに面白そうな稜線である。
e0064783_23521166.jpg


麦草岳13:00発。
下りは木曽福島Bコースに向かって下る。
登山道があるかは不明であるが,赤布が多くあり,北面のため雪も多く歩きやすい。
7合目の非難小屋に13:30着。
新しくきれいな小屋で,冬は2階の窓から入れる。(梯子が掛けてある)

ここからトラバース道に入り幸ノ川の源流を横切り6合目に戻る。
雪が多くなると雪崩の危険が高く,この道は使えない。
しばらく下りアイゼンを外す。
ここからが結構長くて,膝と腰にきた。
登山口に16:00着。いい時間になってしまった。

帰りはおきまりの東雲(しののめ)で飯を食って帰る。
おばちゃんも元気そうでした。
[PR]

by s_space_s | 2006-11-28 23:52 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 26日

ハマショー

自転車で通勤していて岐阜の国際会議場の横を毎日通ります。
先日の朝,大きなトラックが数台停まっていて,荷台の横にSHOGO HAMADAと大きく書いてありました。
そうです,あの浜田省吾のコンサート機材を運ぶライブツアーチームなのでした。
浜田省吾が特に好きという訳ではないけれど,こういうのを見るとなんかワクワクします。

そして昨日の山の帰り,美濃加茂のあたりをTレックスなど聞きながら走っていると,前のトラックの荷台にHAMASHOの文字が。
「なに?またHAMASHO!」
けど,ナンバーが石川だし,1台で走っているのもおかしい。
気になりだすと確かめたくなります。
浜省のトラックなら荷台の横にはSHOGO HAMADAのロゴがあるはず。
ずっと後ろを走って横へ回り込むチャンスを伺っていましたが,なかなか2車線にならない。

そしてついにHAMASHOのトラックが右折するようだ。
ゆっくり離れ気味に行けば曲がったトラックの腹が見える。

見て驚きました。
トラックの横にも大きくHAMASHOの文字が・・・
(お粗末さま)
[PR]

by s_space_s | 2006-11-26 12:54 | あほばなし | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 23日

The Last Trapper

カナダはユーコンの美しくも厳しい大自然の中で,罠猟師(trapper)を生業とする男,ノーマン・ウィンターの生活を描いた半ドキュメンタリー。
邦題:狩人と犬,最後の旅

幕開けの凍りついた渓谷を走る犬橇,雪原のトナカイの群れのシーンで最初から目頭が熱くなったのは,センチメンタルなテーマ音楽のせいだけではなかった。

自然に溶け込むように生活する生き方は素晴らしい。
けど,文明の利器に守られ,温室のような環境の中で生活することに慣れてしまった私たちには,ユーコンの自然はあまりに厳しすぎる。
特に-40度にもなる寒さは,それをしのぐ術を知らない者にとっては,即,死に繋がるものだ。
犬橇ごと湖の氷の穴に落ちたノーマンは奇跡的に助かったけど,普通は低体温症で死んでしまうと思う。

妻のネブラスカ(ネイティブアメリカンらしい)がノーマンを送り出すとき何回も"stay safe"(気をつけて)と言っていた意味が良く分かった。

人間が関与して自然の生態系のバランスを守るという考え方は,日本のマタギにも通じるものを感じた。
企業が森を完伐するような話は別問題であるが。

公式サイト
[PR]

by s_space_s | 2006-11-23 23:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 19日

バランスボール

春ごろ,腰がすごく痛くて,それも朝起きてしばらくが酷かった。
朝飯(結構しっかり食べる。飯なら大盛2杯)を食べて立とうとすると,田植えをやった後みたいに腰が固まって,伸ばせなくなってしまうのだ。

近所のかかりつけの病院で診てもらったら,神経的なものではなくて,筋肉が硬くなっているみたい?と言われた。リハビリはマッサージと電気を流すようなやつ(名前は知らない)で気持ちはいいのだけど,あまり効果がなかった。

最初は姿勢が悪いのが原因かなと思って,通勤のママチャリのサドルの角度を前がかなり下がるようなセットにしてみた。そうすると骨盤が前に起きるので,職場に着いて自転車から降り,腰の曲がったじいさんのように歩いて部屋に入るのはなくなってきた。

次に,腹筋と背筋のバランスが悪いのではと考えた。腹筋は昔からトレーニングしているので今でもある程度割れてます。問題は背筋である。それで,昼休みに体育館で遊ぶときには,上体反らしを毎回することにした。加えて,うちに転がっていたバランスボールに積極的に乗ることにした。

ここまでが前振り。
テレビを見ながら,歯磨きをしながら,パソコンしながら乗ってます。
バランスボールは乗っているだけでインナーマッスルを鍛えるらしい。
なにが効いたのか,今では,腰痛はほとんどありません。(いつのまにかですます調)

最初はお尻だけで乗って,足を浮かしバランスを取るだけで満足していましたが,やり始めると欲が出る性格なのか,正座をしたり,膝で乗ったりだんだん難しいことに挑戦したくなってきます。
スキーのトレーニングにもよく取り入れられているらしく,スキーをイメージしながら遊んでいるとなかなか楽しめます。

今のところ,両足で立つところまで行きました。
こんなふうに立ちます
手を使わずに膝立ちまではいけるのですが,手を使わずに足で立つのはなかなか難しそうです。
サッカーの中田は飛び乗るってホント?

あと,テレマークには正座の状態から,立てひざに切り替える(手は使いません)のがなかなかいいトレーニングになるのではと思います。また,テレマーク姿勢で乗って,後ろ足は正座のようではなく,拇指球で立つようにするともっとイメージが近くなります。これで膝が浮かせれたら,底なしパウダーでもバランスばっちりです。
[PR]

by s_space_s | 2006-11-19 17:42 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 16日

SAD MOVIE

韓国映画です。
4つのお話がなんとなく同時進行しますが、全部悲しい結末になるストーリー。
泣いてカタルシスを得るための映画です。ああすっきりした。

内容には関係ないのですが、韓国の男優は個性があって見分けがすぐつくのに、女優さんはみんな同じ顔に見えて、しばらく時間が経たないと区別できません。
この映画もパンフレットの写真を見ながらストーリーを追いました。
通の方ならすぐ分かるのでしょうが・・・

かってな想像ですが、韓国の映画界では規格上の美人の許容範囲が狭いのでは。
その点、日本の女優ではかなり幅が広いと思います。
美人とされている松島菜々子でも、冷静な目で規格を見れば、とても整った顔とは言えないですもんね。(怒られそう)

またまた、脱線しますが、新聞で最近の日本人男優が号泣するのは韓国映画の影響だと言ってる記事がありました。女性がそれを求めているのだそうです。

公式HP(音楽が流れるので注意してね)
[PR]

by s_space_s | 2006-11-16 13:02 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 15日

連想ゲーム?

三角四角
四角は豆腐

More
[PR]

by s_space_s | 2006-11-15 20:57 | あほばなし | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 14日

鯛焼き

長良橋から高富街道を北上し山県市に入ったあたり,岐北厚生病院の向かいのバス停前に岡山商店というたこ焼き,鯛焼きのお店があります。

たこ焼きは食べたことがないのですが,ここの鯛焼きは頭から尻尾まであんこが詰まっていて,焼きたてを買うと焼型からはみ出してせんべいのようになったへりのところも取らずに付けてもらえます。ここにもあんこがはみ出していたりして,ぱりぱりしてうまい。

1個105円。小学生たちも小遣いで買いに来ています。
ご夫婦でやってみえるようで,おじちゃんは話し好きで面白いです。
このお店は開店してからもう50年になるそうです。

身内の者が入院しているので顔を見に行くのですが,毎回この鯛焼きが楽しみです。
[PR]

by s_space_s | 2006-11-14 23:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 12日

猫の肉球は温かいか冷たいか

つげ義春の漫画「やなぎ屋主人」
「ぼく」のだめ人間ぶりがいい味を出している短編です。

この「ぼく」が房総の海辺で野宿をするのですが,砂浜で焚き火の脇に横になり,野良猫を抱きながら

「そうだ,だれかの小説に
猫の足の裏をまぶたに当てると冷たくて・・・・・・

ははは,なるほど・・・

ははっ,冷たくていい気持ちだ」

というシーンで終わっています。

うちのTOTOの肉球を触ってみました。
すると,けっこう温かい。
こんなのまぶたに当てても気持ちよさそうじゃない。
それどころか,怒って爪を立てられそうです。

この野良猫は夜露に濡れた冷たい砂の上を歩いて来たので,足の裏が冷たかったのでしょうか。
[PR]

by s_space_s | 2006-11-12 21:41 | TOTO | Trackback | Comments(2)
2006年 11月 11日

SHADES

J.J.ケールとエリック・クラプトンのコラボレーション・アルバムが出るらしい。
The Road to Escondido(ここでメイキングムービーが見れます。)
J.J.ケールの最近の動向を追っていなかったので,「まだおったのか」という感じで,感慨もひとしおです。

e0064783_18168.jpgこのSHADES(邦題で「蔭」)ちゅうアルバムはわしが大学生のころなのでもう25年ほど前に出たやつで,一番好きなアルバムです。
この頼りないヘタウマのボーカルとレイドバックなサウンドを聴くと,家賃月1万円のボロい下宿を思い出します。
1発目の「キャリー・オン」で引き込まれ,ラストの泣かせる「クラウディ・デイ」を聴くころには,「おじちゃん!バーボン,ダブルでもう一杯!」という気分にさせてくれます。

同じころ,クラプトンの「アナザー・チケット」ちゅうアルバムも出て,これも良い感じでした。

わしは見てないのですが,かみさんが最近この2人がテレビに出ているのをたまたま見て,J.J.ケールはクラプトンと同じぐらいの歳に見えたと言ってました。声からくるイメージなのか,生きてたとしても(失礼)もうよぼよぼの爺さんになってるような気がしていました。

明日はCD屋に行こっと。

と思ったが,ストリーミングならここで全曲聴けてしまった・・・
やっぱJ.J.ケールはクラプトンなしのほうがいいと思います。
[PR]

by s_space_s | 2006-11-11 02:03 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 06日

京都の峰定寺

京都に下宿している坊主の様子をみがてら、京都の北へ車で1時間あまりの山奥、大悲山麓の峰定寺(ぶじょうじ)に行ってきました。

このお寺は平安時代後期に創建された修験者の修行のためのお寺で、本尊の千手観音の祀ってあった本堂は崖の中腹に建てられ、清水寺の造りとよく似ています。(清水寺はこの寺を模して造られたのであたりまえの話ですが。)

管理人のおばちゃんの話によると、建立当時は道もつけられておらず、修行僧(修験者)は崖を這い登って本堂で修行を積んだそうです。今でも裏手のチャートの脆そうな断崖には鎖がぶら下がっていたりします。

説明を聞いた後、持ち物はカメラも含め全て預け、貴重品だけを借りた紫のズタ袋に入れ、金剛杖を突いて、四百段あまりの石段を登ります。これも修行の一つということで、大きな声などを発することは禁じられています。子供の入山も禁止です。
柱は見た感じ太く丈夫そうですが、あまり補修などは行われておらず、塗りも剥げ、かなり老朽化が進んでいるようでした。
この寺とおばちゃんに関する興味深い話

本尊である千手観音は現在は山門横の保管所に移されていて、年に2回のみ、3日間ずつ開帳されています。今日が秋のご開帳の最終日で、美しい千手観音様を拝顔することができました。平安後期の作で切金細工が素晴らしく、大変美人の観音様です。日本の代表的な千手観音の一つに数えられるだけあります。案内のおじちゃん(おばちゃんとはご夫婦でないらしい)も話し好きな人で、わしら家族貸切で丁寧に説明していただきました。

この寺はマスコミを一切入れず、団体の見学も受け付けていないので、訪れる観光客も少なく、静かな山寺の雰囲気を味わうことができました。

あまり良く調べずに行ったので、寺の東にある天然記念物の三本杉があることを知らず、見逃したのは残念でした。まあ、山門脇の高野槙の大木と本堂脇の大杉が見れただけでもよかっです。
[PR]

by s_space_s | 2006-11-06 19:34 | 日常 | Trackback | Comments(0)