blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 28日

恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八編

菊池寛の短編集
すべて歴史物で,人間とはいかに生きるべきか,というテーマを真剣に追求した直球勝負の話が多い。
菊池寛に言わせるとそれが「善」というものらしい。

印象に残るのは,「三浦右衛門の最後」と「形」。
どちらも悲劇的な結末である。

三浦右衛門は,命が惜しいと訴えながら,達磨のように手足を切り取られ絶命する。
中村新兵衛は鑓の達人としてのシンボルである鎧兜を貸したことを後悔した瞬間,敵の雑兵の鑓に貫かれる。

なんとなく,気分や雰囲気を楽しむ小説ではない。
「藤十郎の恋」なんか読んだら,ちょっと変な気は起こらなくなると思う。


岩波文庫
(収録作品)
三浦右衛門の最後
忠直卿行状記
恩讐の彼方に
藤十郎の恋

名君
蘭学事始
入れ札
俊寛
頚縊り上人

以上の作品は、作者没後50年以上経って著作権が消滅しているので、青空文庫で読むことができる。
[PR]

by s_space_s | 2007-05-28 21:05 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 27日

千鳥橋でボルダリング

今日は名古屋市美術館へダリ展を観にいってきました。
ちょっと疲れましたが,夕方,マットを持って近くのボルダーへ遊びに行きました。
川風が強かったけど,このボルダーは夕方のほうが日が当たるので気持ちよく登れました。
昔,絶好調のときしか出来なかった課題が出来てうれしかったです。
エリアガイドの⑪の課題)
e0064783_23114882.jpg

それにしても,千鳥橋あたりのジェットスキーはうるさいです。
長良川の静かな雰囲気が台無し。
やっている人は楽しいのでしょうが,わしは,燃料使って騒音と排気ガスを撒き散らしながらやる遊びはみんな嫌いです。
[PR]

by s_space_s | 2007-05-27 23:12 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 26日

伊木でクライミング

R&Fの成長株カジタニさんが付き合ってくれると言うので,今日は伊木でクライミングしてきました。
前まで繋がらなかったムーブMのムーブが繋がってちょっと成果があった1日でした。
カジタニさんは登山の講習会の講師もしていて,ロープワークの情報交換も有意義でした。

今度行ったらムーブM落とそうぜ!
[PR]

by s_space_s | 2007-05-26 23:03 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2007年 05月 22日

心エコー

今日は大学病院で心エコーという検査を受けました。
腹部のエコーとほとんど同じでした。

早く終わったので、仕事には戻らず、ブックオフへ本とCDを見に行って、掘り出し物があったので買って帰りました。

本は、カポーティの「冷血」。
これは最近の映画{カポーティ」の主題にもなっているノンフィクションです。
それと、「野坂昭如集」。ちゃんとした装丁の本で105円はお買い得。
中学の頃、友人が「エロ事師たち」を読んで喜んでいたのを思い出しました。
6月の入院の楽しみができました。

CDは、JJケールの「トラベル・ログ」
もう廃盤になった1989年の古いアルバムです。
その前の「グラスホッパー」「8」まではLP時代に買っていたので、JJケールのCDを買うのは初めて。
家に帰って、いただき物の泡盛を飲みながら、JJケール聴いていい気分になりました。
ささやかですが今日はいいことが多い日でした。

久米仙は旨かったです。(ありがとう)
[PR]

by s_space_s | 2007-05-22 17:56 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 21日

そこらじゅうガタがきています

再検査の結果、小さな胆石があるということで、胆嚢摘出手術を受けることになりました
(6月6日入院の予定)
今日は午後その事前検査で大学病院へ行って、造影CT検査をしました
CTは2回目ですが、造影剤を注入されるのは初めて
腕の静脈から注入されると、腕から胸、腹と熱い薬の感じが急速に広がって、面白い感じでした
毒でも盛られたら、こんな感じになるのでしょうか

検査が終わってから、昼飯抜きだったので、コンビニでコーヒーとサンドイッチを買って、大学近くの川の堤防に腰掛けて食べました

センダンの花がもう散りかけています
川を眺めていると、アオサギ、ウシガエルのおたまじゃくし、カメ、ライギョ、すごく小さいイトトンボの群れ、スカーフを被った留学生・・・
いろいろ考えなければならないことがあるはずなのに、頭の中がからっぽのいい気分で、暫く座っていました

明日は心電図検査の再確認で心エコーというのをしてもらいます
[PR]

by s_space_s | 2007-05-21 18:29 | 南極 | Trackback | Comments(5)
2007年 05月 19日

ロッキー・ザ・ファイナル

実は4月21日,封切直後に見にいきました。
けど,何も書くことがないので,そのままにしてありました。
わしが観にいくような映画の場合,だいたい両手で数えるくらいの観客しかいないことが多いのですが,今回はほぼ満席で,こういう映画を見るにはいい雰囲気でした。

ロッキーシリーズの楽しみのひとつに,情けないよわよわの状態から,トレーニングして,貯めにためたエネルギーを放出するお決まりのパターンがあります。ところが今回は,亡きエイドリアンの回想や息子との和解,新しい恋人?(この人の出てくる意味が全然分かりません)との出合などに大切な時間をとられ,トレーニングシーンがあっさり目に流されていたのが残念。
今回で本当に最後にしてほしい。

こんなおバカなオフィシャルサイトがありました。
ロッキーファンサイト「Hi! ROCKY」
もう駄目みたい・・・(2008.8.15)
[PR]

by s_space_s | 2007-05-19 15:34 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 17日

二重の虹

夕方仕事をしていて,ふと窓の外を見ると,くっきりと七色に染まった虹が目に入った
ベランダに出てみると,金華山をバックにして二重の虹が

天空の二重丸
こんなの見たの初めて
見た人たちみんなにいいことが起きるような気がした

何年か前に逆さの虹を見た
虹の弧が下に垂れ下がり空中で途切れた虹
こちらは不吉な予感があった
[PR]

by s_space_s | 2007-05-17 21:36 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 15日

岳人クロニクルの写真コメント訂正

本日発売の岳人720号クロニクル欄137ページに下の写真が掲載されましたが、コメントが間違っています。
この写真のコメントには「グラスホッパー左上部」とありますが、「右ルンゼの氷柱」が正解です。
岳人編集部には連絡済みです。

関連情報

e0064783_12461931.jpg

[PR]

by s_space_s | 2007-05-15 12:48 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2007年 05月 15日

白馬岳テレマーク

南極越冬候補のテレマーカー3人+特別ゲストで白馬へ行って来ました。
5月12日は大雪渓,5月13日は小日向山をのんびり滑りました。

白馬岳頂上直下を滑る
e0064783_0335420.jpg


2007年5月12日 晴
猿倉8:00 白馬岳14:30 猿倉17:00

南極越冬隊候補T先生とUさん、そして特別ゲストkozaemonさん
e0064783_21311133.jpg

大雪渓中間部。スケールがでかい。
e0064783_21313541.jpg

やっと稜線について,白馬鑓方面を振り返る
e0064783_21315417.jpg

白馬岳頂上でご満悦のkozaemonさん
e0064783_21321332.jpg

大雪渓上部の快適斜面
e0064783_21324292.jpg

葱平下の急斜面はちょっと雪も腐ってきて苦労する。
T先生はなぜか今回山スキーだったので、快適そうでした。
金山沢の出合まで気持ちよく滑り,林道に上がる。

猿倉についてファミリーキャンプ用のテントを張り,宴会モードに突入。
みんな疲れが出たのか酔いがまわるのが早かったみたい。(なんと酒が余った)
Uさんが沖縄で採ったモズクが美味しかったです。
e0064783_213331.jpg


5月13日 曇り時々小雨
猿倉7:00 コル9:00 小日向山10:00 猿倉11:00 

夜少しパラついたが,起きてみるとまずまずの天気。
予定していた金山沢の下部は雪が切れていたので,のんびり小日向山を登ることにする。
時々小雨が降ったり,コルの辺りでは風も強かった。
コルからの正面は急なので右から回りこむと、緩やかな登りで広い頂上に至る。
小日向山に着くとちょうど風がやんでビールが旨かった。
e0064783_21333765.jpg

小さい山ですが,滑りも結構楽しい。
みちのく仕込みの優雅なテレマークをきめるUさん
e0064783_21335127.jpg

台地の末端で雪が切れ,スキーはおしまい。
キュウリをかじりながらまたビールを飲んで和む。
このあたりはブナ林でいい雰囲気です。

猿倉で解散し,T先生とUさんは温泉に寄って帰ったみたい。
わしとkozaemonさんはグランド・ファンク・レイルロードなど鳴らしながらのんびり下道を走って岐阜へ帰った。
木曽で車屋の蕎麦をいただいたが,気取らない味で,旨かった。
[PR]

by s_space_s | 2007-05-15 00:35 | テレマーク | Trackback | Comments(9)
2007年 05月 10日

気になる木

朝、自転車を漕ぎながら長良川の対岸から眺める金華山にツブラジイがそろそろ満開。
山がもこもこと黄金色に輝いています。通勤しながら道沿いの木を眺めるのが楽しみです。

最近、悲しいことがありました。河川敷の公園に昔からあったクルミの木が伐採されてしまったのです。この木は公園ができる前、このあたりが竹薮や自然林だったころからあって、よくクルミを拾いに行ったものでした。このあたりで、自然薯や菊芋も掘りました。

公園になってほとんどの木が伐採され、後から植えられたケヤキなどと並んで細々と生き延びていましたが、周りをコンクリートで覆われては樹勢も落ち、枝ぶりも悪くなってきていたので毎日心配して見ていました。少し寂しいです。

その代わりと言ってはなんですが、長良橋上流の旅館街の道沿いに一際枝ぶりのいい大木があり、特に冬、葉がないときにライトアップされることがあり、すごく立派で美しい。前から気になっていたので、葉っぱと樹皮をよく観察してみると、エノキでした。
近くにはクスノキの大木もあり、また楽しみが増えました。

大学の外周を囲む新堀川のハリエンジュも満開で、甘い香りをただよわせています。それに混じってクリの花でしょうか、悩ましい香りが・・・。特に夕方はきつく感じられ、ちょっとおかしな気分になります。
[PR]

by s_space_s | 2007-05-10 18:51 | 日常 | Trackback | Comments(2)