blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2007年 07月 31日

笛吹川久渡沢ナメラ沢

1週間ちょっと前に沢登り部会第1回総会で決定された記念すべき第1回山行が雨の確立50%の微妙な予報にもかかわらず、果敢にも決行されました。

行先は笛吹川支流久渡沢のナメラ沢
メンバーはわし、A隊員、A(シェフ)隊員、U隊員、T隊員の5人。設立メンバーのK隊員は所用で次回ということに。

雁坂トンネル手前の駐車場から出発。8:10
e0064783_18242560.jpg

30分ほどで林道の終点。参考にしたガイドではここの沢(ふみきり沢)を下降して本流に降りることになっているが、「ナメラ沢下降点はここではありません」みたいなしっかりした看板があり、それを信用して登山道を10分ほど登ると、「ナメラ沢→」の古い標識があった。ここを降りると歩いて沢へ降りることができた。

入渓地点で地形図とコンパスで現在地を確認すると、ナメラ沢の入り口より上流に降りているようだ。それでは少し下ろうとしたら、ご親切に立木に下流に向けて→のマークが。地形図を読めない(読まない)人はたぶんここから上流へ行ってしまうのであろう。9:00

この沢のハイライト中流の20mナメ滝
e0064783_1825308.jpg

ナメ滝にトライするT隊員
e0064783_8294224.jpg

中流部はナメの連続
e0064783_8303652.jpg

記念撮影
e0064783_831411.jpg

この辺りまではるんるんの遡行でしたが、その後思わぬ(予想できた)事態がパーティーを襲うことに・・・

10時半ごろ休憩していると、雨が降り出した。もう少し登りたい気もしたが、ハイライト部分は楽しんだので、無理をせず下降することにした。

最初は少し水が濁ったなくらいのことだったが。
e0064783_8454037.jpg

みるみる増水してきて
e0064783_8462031.jpg

さいごはこのとおり
e0064783_8465852.jpg

小さい谷なので、増水した渡渉も楽しんでいられたが、これが本流の谷だったら・・・

最後はふみきり沢から林道に上がり、缶ビールを回し飲み。うめ~!12:00

駐車場にもどりそのまま温泉に直行。「ほうとう」を食べてから渋滞する中央道を007のDVDを見ながら極地研へ無事帰還。

ベランダに濡れものがずらっと
e0064783_8544062.jpg

[PR]

by s_space_s | 2007-07-31 18:28 | 山登り | Trackback | Comments(4)
2007年 07月 30日

鷹取山あるいはセンチメンタルジャーニー

土曜日にA隊員が昔岩登りを始めたころ通ったという鷹取山へ行きたいというのでつき合いました。
ここは横須賀郊外のの住宅街の裏山。昔、砂岩を切り出していた石切場の跡で、岩質が柔らかい(割れ目がなくてもハーケンが打てる!)ためすべてトップロープでルートが設定されている変わった岩場です。

今日はクライミング初体験のA(シェフ)隊員も参加。極地研を6時半ごろ出てJRなどを乗り継ぎ、追浜(おっぱま)で下車、駅の立ち食いの蕎麦くってから高級住宅街をてくてく歩いて、9時前に着きました。岩場は鷹取山の公園内にあってトイレや水場もあり、散歩の人やハイキングの人なども歩いていて、のどかな雰囲気です。

まずはA隊員の案内で懐かしい岩場を見て回ります。
「マジックマッシュルーム」という怪しい名前のルートがあるハング
e0064783_1254385.jpg

最初に「学校フェース」にTRを張りました。
e0064783_12552320.jpg

脇にはこんな看板が・・・
e0064783_1256064.jpg

奮闘するA(シェフ)隊員。5.9完登(さすが若い)。
e0064783_1257556.jpg

学校フェースでカンテライン10など何本か遊んで飽きたので、次は看板(入門)ルート「電光クラック」へ移動。
e0064783_12585324.jpg

となりの竹本フェースが結構むずい。A隊員の記憶ではたしか10bぐらいだったはずなのだが。
(見物に来た兄ちゃんの持ってたガイド見たら11でした。)
おまけに、直射日光で岩が熱いぜ。
e0064783_1305796.jpg

わしもA隊員も中間のポケットを取るムーブができず(というかその前のスローパーがぬめって止まらん)、悩んでいるうちにエネルギー切れ。A(シェフ)隊員もさすがに前腕にきて、3人とも日陰でぼけ~としたり遠足に行ったり・・・・

近くにある磨崖仏
e0064783_1894536.jpg

岩場のてっぺんでまったり
e0064783_18103557.jpg

横須賀の港が見える
e0064783_18111511.jpg

暑さに我慢ができなくなったA隊員はついに上半身裸に。いい色に焼けてます。
e0064783_18133556.jpg


ムーブを繋げることはできたが、1テン地獄に陥り、次回(いつ来れるかわからんが)の宿題に。さて、からからに喉が渇いたところで、次は、これも昔A(シェフ)隊員が横浜で働いていた時よく通ったという四川料理の店「上海厨房」へ。店内は多国籍料理屋ぽい雰囲気で、ちょとコアなレゲーがかかっていたりする。生を3杯飲んで、豚足煮、クラゲ、牛すじ麺など酷使した関節をケアするためコラーゲンをたくさん食べました。大盛りのチャーハンは食べきれず持ち帰り。

JRを乗り継ぎ、満腹の腹をさすりながら、極地研へ帰還。

明日は急遽A(シェフ)隊員も参戦することになった沢登りのこころだ~。
[PR]

by s_space_s | 2007-07-30 09:01 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2007年 07月 24日

街のあかり

土曜にひきつづき日曜日も神風1号を駈けて、渋谷のユーロスペースへ映画を観に行ってきました。

「街のあかり」はフィンランドの映画でアキ・カウリスマキの作品です。
カウリスマキが特に好きというわけではありませんが、根っからのマイナー志向が働いたという感じです。
板橋から渋谷までのんびり走って1時間ちょっと。
昼1時10分スタートのところ少し遅れて20分ごろ着きました。
窓口で尋ねるとまだ本編は始まっていないというので、予告編が流れている薄暗い劇場に入ってみてびっくり。

劇場はほぼいっぱい。空いているのは端のほうの席だけ。
岐阜や名古屋だったらこの監督の作品にこれだけ入らんと思います。
やっぱ東京は人が多いだけにもの好きも多いのだなあと変なところに感心した映画の日でした。
[PR]

by s_space_s | 2007-07-24 18:40 | 映画 | Trackback | Comments(2)
2007年 07月 21日

神風1号

隊員室の装備として自転車が3台倉庫に置いてある。
その自転車は革サドルのクラシックな作りで、たとえば郵便配達の自転車を思いうかべてもらえばよい。南極で使えるわけがないので、たぶん寄港地での連絡用に昔買ったものだと思われる。ゲストハウスの隊員はてきとうに借りて足代わりにしている。この自転車には名前が付いていてその名も「神風1号、2号、3号」。
e0064783_1034631.jpg

その中の神風1号がパンクしていて修理もせず倉庫に置きっぱなしになっていたので、土曜日の朝、仲宿の自転車屋でチューブを買ってきて直してみた。
e0064783_955545.jpg

こう見えても(どうみえる?)小さいころの夢は自転車屋のおっちゃん(小いせー!)。
大学ではサイクリング部で授業に出るより土方バイトで旅の資金稼ぎ、野宿しながら北は礼文島から南は屋久島までうろうろしたもんだ。

走れるようになった神風1号
e0064783_1012034.jpg

雨の予定?だったのにはれてきやがったので、荻窪のクライミングジムまで自転車で行ってみることにした。

環7をひたすら南西へ。気分はもうチェ・ゲバラ。奥田民生の「さすらい」なんか口ずさみながら、1時間ちょっとでB-PUMP。
この天気予報で小川山をあきらめたK隊員と、ガイドキャンセルになったMガイドと合流。よれよれになるまで登り、荻窪の焼き鳥や「秋吉」でいっぱい。この店けっこう美味くて賑わっている。Mガイドのグレーディングでは初段。帰りも赤ちょうちんの誘惑に負けそうになりながらも無事ゲストハウスに帰還。いい1日だった。
[PR]

by s_space_s | 2007-07-21 09:41 | 自転車 | Trackback | Comments(2)
2007年 07月 14日

台風まっただなかの帰省

この3連休は2週間ぶりに岐阜へ帰ります。
金曜日の夜行バスが満席だったので、土曜(今夜)の便になりました。
明日の朝、岐阜へ着くころには台風まっただなかかもしれません。

1日空いてしまい、今朝は朝起きてから、町田康の「きれぎれ」「人生の聖」をラヂオを聴きながら読んでいる。もう2回目。
町田がパンクバンド時代に泉谷しげると出ていた「爆裂都市」なんて観てたけど,泉谷もそうだがアナーキー。
自分は全然アナーキーじゃない。
せいぜい穴開きパンツ履くぐらいなもん。
なのに,こういうのに惹かれるのはどうしたわけか。


昼飯は立ち食いの蕎麦
B-PUMPに行って夕方まで登る
だいぶんプラスチックに慣れてきた感じ
目黒で娘と待ち合わせていっぱい飲む
娘はなんとかサワー2杯
わしは生2杯やってから男山をひやで3杯

娘と別れ東京駅へ
バス待ちの客で発着場はごった返している
バスに行ってみると名前がない
とりあえず運転手の後ろにすわらしてもらう

係員の兄ちゃんに「にしぎわ」ってあるじゃないですかと言われ
文句を言うのも面倒なので「にしぎわ」となっているシートへ
e0064783_21263518.jpg

やっぱ寝れんね
台風の中,2回ほどサービスエリアで休憩し,7時過ぎに岐阜へ
[PR]

by s_space_s | 2007-07-14 10:59 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 11日

石神井川

このところ、朝、目が覚めて水だけ飲んで、近くの石神井川ぞいのジョギングコースを20~30分ジョギングしています。
宿舎に戻ってくるころには汗も出て、そのあとシャワーを浴びてから食べる朝食は簡単なもの(今朝はレーズンロール2個、コーヒー、バナナ入りヨーグルト、キャベツのネギ油サラダ)ですが体に染みいるような感じでとてもうまいです。

朝のジョギングのことを他の隊員に話していて、話が通じないことがあって変だなと思っていたら、昨日理由がわかりました。わしは「石神井川」のことを「かみいしいがわ」だとばかり思っていたのでした。
「しゃくじいがわ」が正解です。
東京近辺の方なら常識なんでしょうね。

昨日は生れてから4回目(前回行ったのが何時だったか思い出せないくらい)となるクライミングジムへも行ってきました。荻窪のB‐PUMPです。2階建てになっていて、ゆったりしていて課題も面白かったです。まだ楽しめるまでいきませんが、定期的に通うつもりです。

いま肩が筋肉痛・・・
[PR]

by s_space_s | 2007-07-11 13:03 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2007年 07月 09日

久々の小川山

隣の席のK隊員が土日で小川山に行くというので、東京へ出てはじめての休日をのんびりしたいという気持ちもあったが、このままずるずるしていても時間がなくなってしまうので、一緒に行くことにした。夕飯のときA隊員にその話をしたら、是非行きたいということになり、3人で行くことになった。

ラッキーなことに2日とも梅雨の晴れ間で、快適なクライミングを満喫した。
小川山はこれで3回目、2~3年ぶり。どこになにがあるのかも忘れてしまっているので、エリアの選択はここの常連のK隊員にお任せし、面白いルートを何本か登ることができた。

登った(とりついた)おもなルート
ピクニクラ10b、コグレ大サーカス10c FL
ロングロングアゴー10b OS
DDT11a RP、森の緑11b×ムーブ繋げたのみ

わしの登りを見ていたK隊員
「久しぶりって背中に書いてありましたよー」

2日目はかなり筋肉痛でこりゃ登れるかなと思ったけど、体が慣れてきたのか、1日目より調子がよかった。こちらもフリー久しぶりのA隊員とわしは、来週から近くのジムに通おうと誓い合った小川山行きであった。

「男は黙って花崗岩」いい響きですなあ・・・
[PR]

by s_space_s | 2007-07-09 18:16 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 05日

東京は意外と緑がいっぱい

隊員室に詰めて4日目。
毎日、面白いことがいっぱいで、ここに書きたいこともたくさんあるのですが、極地研の規則で南極観測隊に関する情報の発信には許可がいることになっているので、お許しが出るまで、南極ネタはなしでいきます。

職場の敷地内に宿舎があり、9時からの勤務なので、出勤するまでに結構時間があります。今までは自転車で片道1時間弱の通勤だったので、1日2時間ほど自由な時間が増えた計算になります。けど、このままでは運動不足になりそうなので、朝起きてから周りを散歩することにしました。(そのうちジョギングしようと思います)。

今日は近くの石神井川沿いの遊歩道を歩きました。川は巨大な側溝のようですが、流れは思ったよりきれいで、街路樹も大きな木が多く緑が濃いです。歩いている人はご高齢の方が多い。
30分ほど歩いて、ジャワーを浴びて、食堂でコーヒーを入れてのんびりパンとヨーグルトとバナナときゅうりの朝飯食って、歯を磨いてくそしたらさあ出勤だ。
[PR]

by s_space_s | 2007-07-05 12:53 | 日常 | Trackback | Comments(2)