blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 29日

JAZZ喫茶CRUX

土曜日のお昼はお決まりのメニュー、楽しみなカレーです。
今日でキャベツが最後らしい。
感慨深く味わってサラダをいただきました。

そのあと機械監視と野菜栽培装置の監視。
レタスの植えかえもしました。
2時半からの喫茶の準備をしていたら、A隊員から電話。
明日使うスノーモービルの掘り出しをするとのこと。
明日は久しぶりの野外なのだ。

羽毛服を着こんで外へ出ました。
気温はマイナス25度ぐらいか。
地学棟の前にデポしてあったベンツ(通称)2台は、予想よりしっかり雪に埋まっていて、おまけに雪が固くかなり大変です。
エンジンルームにも雪がびっしり。
ほんとに動くのかと思ったけど、雪を掻きだして手動でセルを回したらエンジンがかかったのでよかった。
2時までやってあとはAさんに任せて戻りました。

e0064783_053053.jpg


今日の喫茶はわしが店長。
メニューはあんこを載せたよもぎ団子と桜餅という季節外れのお菓子。
飲み物は抹茶、玄米茶、レギュラーコーヒー、エスプレッソ、紅茶、杜仲茶。
e0064783_0494154.jpg


BGMは、またこのメニューと脈絡のないビル・エヴァンスのジャズ。
けど、結構リラックスできる雰囲気を出せたのではないでせうか。
流したのはこの2枚のアルバムです。
Waltz For Debby
e0064783_23458100.jpg


Affinity
e0064783_2372674.jpg


特に2枚目、Toots Thielemansのハーモニカが泣かせます。
[PR]

by s_space_s | 2008-06-29 02:39 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 27日

めざせピカソ!クイズあなたも名画伯

ミッドウインター祭のゲームでやりました。
チームの代表がお題をもらって1分で絵を描き、他の仲間が何の絵か当てるというクイズです。

わしは2回描きました。
絵心がないことが自分でよーくわかりました。
何を描いたかわかりますか?
お題は2つです。
e0064783_1718931.jpg

両方正解の方(たぶんいないと思うけど)にはなにかいいもの贈ります。
[PR]

by s_space_s | 2008-06-27 17:22 | あほばなし | Trackback | Comments(14)
2008年 06月 26日

「親鸞の告白」他

日本を出るときに、こちらで時間ができたら読んでみようと思って持ってきた本の中に仏教に関するものが3冊あった。

親鸞の告白(梅原猛著)小学館文庫
梅原猛の『歎異抄』入門( 〃 )PHP新書
日本仏教の思想(立川武蔵著)講談社現代新書
の3冊。

3冊目は日本への仏教伝来から思想(宗教とは違う)としての仏教がどのように変化発展し今日に至っているかという視点で日本の仏教史を概観するものである。
わしの興味は浄土真宗にあるので、鎌倉仏教の部分が重要なのだが、この著者の観点では、鎌倉仏教は「知の放棄」というキーワードでくくられてしまっている。仏教が大衆化する過程で哲学的な世界観の追究は放棄され、念仏、座禅、題目など、信じることと直観による悟りという方に流れてしまったという。
哲学の話ならこれでいいと思う。けど、わしは宗教が科学的な現実世界の把握から離れてしまっているからといって、今後の課題としてそういうものを求めていく必要はないと思う。

「親鸞の告白」(ちょっとセンセーショナルなうけ狙いの題名)にもあるように、親鸞は法然が説いた念仏を信じているのであって、はったりかも知れんけど、「仮に法然に騙されて念仏を唱えたことによって地獄に落ちても悔いはない。」と言い放っている。宗教の本質とは頭で考えて納得して入信するようなものではない。
「歎異抄」は、親鸞の弟子の唯円が書いたものであるが、親鸞の言っていることは、急進的で逆説的だけど理論が通っていて、すごく面白い。今後、折にふれ親鸞の言葉をかみしめてみたいと思う。

本屋の平台陳列に並んでいたので、何も考えずに買ってしまったが、「歎異抄入門」の文章はほとんどそのまま「親鸞の告白」に使われおり、必要ないので、昭和基地の文庫にでも寄贈しておこう。
[PR]

by s_space_s | 2008-06-26 23:06 | 読書 | Trackback | Comments(3)
2008年 06月 25日

祭りのあと

前夜祭まで入れると5日間も飲んで食って遊んだお祭りが終わった

飲みすぎて失敗したこともあった
スポーツ競技ではトップだったのに頭を使うゲームになったら最下位になった団体競技
(わしらの国名はイーグル王国)
体重がついに大台にのってしまった

けど、良かったこともたくさんある

ハープのスローブルースを1曲吹けるようになった
いままでの人生で一番美味いといえる料理を食べた
今まで知らなかった仲間の凄いところを見直した

自分の中で少し変わったところがある

夜が明けるまで2人でダーツを投げて、誰もいない食堂で食った朝飯の味
これも忘れることはないだろう

祭りのあとのちょっと複雑な気分
[PR]

by s_space_s | 2008-06-25 03:37 | 南極 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 18日

MID-WINTER GREETINGS!

日本ではもう梅雨に入ったとお聞きしておりますが、皆様いかがお過ごしですか。
こちらは5月30日から太陽が顔を出さない極夜に入り、6月21日に冬至を迎えます。
伝統的な南極の行事として、各国の基地では冬至の前後にお祭りを行ったり、グリーティングカードの交換をしたりして、ミッドウインターのお祝いをします。

昭和基地でも6月18日から5日間、ミッドウインター祭を実施します。
いろいろなイベントを企画して、単調になりがちな、極夜の生活を楽しくしようという趣旨です。

49次隊で公式のグリーティングカードを作成しましたので、この節目に感謝の意をこめてお送りいたします。

バックは昭和基地の管理棟です。
e0064783_1716965.jpg

設営系のメンバーで撮影したものです。
それぞれ担当に関係のあるコスチュームを着ています。
e0064783_17182669.jpg

2枚とも、私は山で使うある道具を持っています。
探して下さいね。
[PR]

by s_space_s | 2008-06-18 17:26 | 南極 | Trackback | Comments(8)
2008年 06月 17日

アーリオ・オリオ・ペペロンチーノの作り方

夕食後、南極大学を忘れていて自転車こぎしようとしたら、放送が入る。
南極大学というのは、毎週月曜夜8時から各隊員が順番で研究、趣味、仕事、自己紹介など好きなテーマで30分ほど講演をするというものです。
今日は気象M隊員とAシェフの話。

M隊員は雲とダイアモンドダストを作る室内実験の実演をしてくれた。
Aシェフの経歴はなかなか興味深かった。
わしも含めたくさん転校してる人が多いんやね。
Aシェフのメインテーマはアーリオ・オリオ・ペペロンチーノの作り方。
忘れるといかんのでここにメモしておこう。

・まずニンニクはスライスかみじん切り。芯は体に悪いので取っておく。胃腸の弱い人は包丁の腹でつぶす。
・冷たいフライパンにオリーブ油とニンニクを入れ弱火でゆっくり炒めニンニクの香りをつける。
・ジュージューいってきたら鷹の爪(ぺぺロンチーノ)を入れる(焦げやすいから後から入れる)。
・その間にパスタを茹でる。塩加減はかなり濃い目(お吸い物くらい)。パスタにしっかり塩味をつけるため。水は多め。沸騰したら、パスタ1人前100gを入れ再沸騰したら弱火にする。数回かき混ぜるだけ。ぐつぐつ煮たりかき混ぜすぎるとパスタの表面が傷ついて美味しくなくなるらしい。
・十分熱してオイルに香りと辛みが移ったら、ゆで汁を適当(お玉で軽く2杯)にフライパンに入れフライパンを前後にスライドさせ乳化する。フレンチドレッシングを作る感じ。パスタのグルテンも入りとろみが付く。これでパスタにソースがからみやすくなる。ここでバジルなどを入れても良い。入れるなら多めに入れしっかり味をつける。これが基本のソースなのであとここに具を入れても良い。魚介類を入れるときは少し硬めに茹でてフライパンで少し煮込んで味をつけるとよい。
・アルデンテに茹ったパスタをフライパンに入れすぐ火を止める。炒めないこと。さっとかき混ぜて皿に移す。
・作る分量は多くて2人前まで。それ以上だとソースをうまくからめることができない。ちゃんとしたイタリアンレストランなら1人前ずつ作っているらしい。

試食してみたら、あたりまえだけど、すごくうまかった。
機械A隊員が教えてもらって同じ手順で作ったパスタもけっこういけました。
わしも日本に帰ったら家のもんにつくってやろう。

終わってから、青春俳句映画「恋は五・七・五」の続きを観て自転車こぎ一時間500kcal。
風呂に入って日本酒マグカップにもらってきて部屋でアークティック・モンキーズを聴いて飲む。
このバンドいまいちピンとこなかった。
追記:何回も聴いていたらいい曲があることが分かった。
[PR]

by s_space_s | 2008-06-17 22:08 | 南極 | Trackback | Comments(2)
2008年 06月 16日

Hedwig and the Angry Inch

このミュージカルむちゃくちゃはまった。
曲がいいし、ストーリーもアービングを思わせるようなどたばたと歴史とSEXと愛がごちゃまぜになってもう腹一杯。
Hedwig and the Angry Inch
ロック好きなら絶対観るべし。
要所要所に挿入されるEmily Hubleyのアニメーションもいい感じです。

Six inches forward, five inches back !

2001年、アメリカ映画、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督・主演
[PR]

by s_space_s | 2008-06-16 17:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 15日

久々のオーロラ

夜中に眼が覚めて、窓の外を見てみたら、オーロラが出ていたので、急いでカメラと三脚を用意して外へ出てみましたが、すでにピークが去った後でした。
けど月明かりで照らされた大陸の景色が奇麗でした。
e0064783_17144459.jpg

G隊員に撮ってもらった写真
e0064783_17375610.jpg

久々といってもわしが久々なだけで、毎晩、空を眺めていればもっと凄いのが出ているのだと思います。
宙空のS隊員なんか、ブリ以外の日は毎晩徹夜でオーロラの観測をしています。
食堂に行ってみると、S隊員が夜食を食べているところでした。
オーロラの観測に影響するのでフラッシュを焚くのはいけないのですが、忘れてて焚いたのを見つかって叱られました。
ごめんなさい。

眼が冴えてしまったので、今読みかけの、「親鸞の告白」(梅原猛著)を眠り薬がわりに読んで寝ました。
[PR]

by s_space_s | 2008-06-15 17:15 | 南極 | Trackback | Comments(2)
2008年 06月 13日

レタスの芽とブリとミッドウインター

野菜栽培装置の当番で7日に播いたレタスの種が芽を出しました。
e0064783_22202054.jpg

種を撒いてから20日ぐらいで植え替えをして、その後20日ちょっとで収穫できるそうです。
楽しみ楽しみ。
e0064783_22205462.jpg

今日はA級になりそうなブリザードが吹き荒れ、設営事務室の隊員も外作業ができないので、パソコンで書類を作ったり、来週のミッドウインター祭の準備をしたり、昼寝したり、まったりムードです。

ミッドウインター祭は南極の冬至を祝う伝統的な行事で、南極にある各国の基地もみなお祭りをするのだそうです。
グリーティングカードの交換も行われます。

昭和基地では、有志のMWF委員会により企画された下記のような行事が予定されています。
オリンピックイヤーにちなんだ内容になっています。

1日目
餅つき大会、聖火リレー、キャンプファイアー、カウントダウン花火

2日目
居住区対抗屋内・屋外競技、フルコースディナー、仮装ファッションショー、ミッドナイトシアター

3日目
夏隊とのTV会議、ミニゲーム大会、松花堂弁当、演芸大会、麻雀大会

4日目
居住区対抗屋外競技、クイズ大会、夜店、ダーツ大会

5日目
エンディングセレモニー、表彰式

また、この期間、露天風呂が用意されます。
5日間も体(特に肝臓)がもつか心配です。
仮装は、まだなにも考えていませんが、演芸大会ではハープを吹く予定です。
毎日、ハープを咥えているので、口がおかしくなってきました。
ちょっと前に、またメインのCハープがぶっ壊れたので、他のキーのハープでごまかすのに苦労しています。
[PR]

by s_space_s | 2008-06-13 22:41 | 南極 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 13日

最近

なんか乱読気味に観ていますが、その他の作品を一応記録(記憶)のためにメモしておきます。

★ウルトラヴァイオレット
ゲーム「バイオハザード」が基になった映画なので、アクションもストーリーもゲーム感覚(意識的にだと思うけど)。
ヴァイオレットそのものもCGで化粧しているような感じ。
まあどうでもいい映画だった。

2006年、アメリカ映画、監督:カート・ウィマー

★ミミック
G隊員に「ソウ」なみに怖い映画ということを聞いて、一人で観るのは恐ろしいので、夕食後、G隊員、Tドクターほかとサロンで観る。
全然怖くなかった。
虫系の映画。ゴキブリを見ただけで台所に入れなくなるAガイドなら卒倒するかも。
巨大な昆虫と、小さな昆虫がうじゃうじゃではどっちが気味悪いでしょうか。

1997年、アメリカ映画、監督:ギレルモ・デル・トロ
[PR]

by s_space_s | 2008-06-13 15:28 | 映画 | Trackback | Comments(0)