<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 30日

ペンギンセンサスルート工作ほぼ完了

11月中旬から始まるペンギンセンサスで調査して周るエリアまでのルート工作がほぼ完了しました。

下の地図の場所を何回かに分けて調査します。
11月中旬は個体数調査、11月下旬~12月上旬に営巣数調査をします。
調査方法は数が少ない所は現場でカウント、多い所は写真を撮影して数えます。
数字は多い年の個体数の概数です。
e0064783_13301461.jpg


10月3日 弁天ルート工作の様子

10月23日 ルンパ方面ルート工作1回目

2本のシュプール。1本はペンギンの移動の跡。
e0064783_255186.jpg

豆島沖のプレッシャーリッジ付近のアザラシ親子。
今日は赤ちゃんを見せてくれました。
e0064783_2554755.jpg

スノーモービルと氷山と・・・
e0064783_2563619.jpg

ルート工作してたら、ルンパに向かうペンギンが近寄って来た。
アデリーペンギンはかなり移動能力が高く、しばらく抜きつ抜かれつ作業をしていたが、やがて追い抜いて行った。
渡り鳥と同じで、方角を知る能力があるらしい。
生まれた島に戻って行くのかしら。
雪のあるところは腹ばいで足で雪を掻いて進む。ツルツルの裸氷上では足が引っかからないので2本足で歩く。
e0064783_2583555.jpg

ルートのポイント脇に大きなアザラシ穴がありました。
作業中に2回ほど丸い頭を出しました。
鼻息で来たことが判ります。
e0064783_259185.jpg

今回ルート工作初参加の気象I隊員。
もっぱらインドア派かと思いきや、野外でも力を発揮してくれました。
とてもいい写真を撮る人です。
日焼け防止のマスクがちょっと見、怖い。
e0064783_2594060.jpg

ルンパには30羽ほど集まっていました。
まだ序の口ですね。
すでに石を集めて巣を作っているようでした。
e0064783_301745.jpg

氷山と太陽の暈
e0064783_383540.jpg

この日は豆島からルンパ南沖まで工作して終了。

10月28日 ルンパ方面ルート工作2回目

ルンパから更に南下してイットレホブデホルメンまで来ました。
上陸地点にはタイドクラックの割れ目が。
e0064783_310266.jpg

イットレホブデはかなり大きな台地状の島で、上に上がるとラングの素晴らしい景色が丸見えです。
e0064783_3104192.jpg

イットレホブデの島の一つの「ひさご島」に上陸しました。
e0064783_3112186.jpg

風もなくいい天気だったので外でお弁当を食べました。
Kシェフのお弁当は美味しくて景色もよく楽しい昼食でした。
けど、食べるのがゆっくりのHドクはおかずが凍って途中で食べれなくなりました。
保温水筒の蓋も凍りついて開きませんでした。
e0064783_3115589.jpg

ひさご島のペンギンとラング長頭山
e0064783_3123627.jpg

イットレホブデからラング方面にルートを繋げました。
時間があったのでラングの袋浦、水くぐり浦にもルートを伸ばしました。
水くぐり浦には200羽ほどのペンギンが集まって、求愛行動を始めていました。
e0064783_313849.jpg

海氷上には数羽の力尽きたペンギンの死骸が。
e0064783_313503.jpg

アザラシの赤ちゃんもお母さんからはぐれたのか半分雪に埋もれて亡くなっていました。
e0064783_3143362.jpg

帰りはラングルートで。
14羽のグループが移動しているのとすれ違いました。
e0064783_315241.jpg


昭和基地では50次隊受入れに向けて除雪作業が急ピッチで進んでいます。
南極の短い春を実感する今日この頃です。
[PR]

by s_space_s | 2008-10-30 16:17 | 南極 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 27日

釣り大会のあった休日

日曜日に釣り大会がありました。
ブランチの前にまず漁協メンバー4人で準備をしました。

今の時期は海氷が厚くなっているので、穴を開けるのが大変です。
ルート工作で使うドリルでは大きな穴が開けられないので、研究用のアイスコア採取用のドリルを使います。
気温が低い日にはこれが海水で凍りついてスタックしたりします。

今日は比較的暖かい(-17度)日だったのと、穴あけをもう何回もやって、みんな慣れてきたのか、氷厚は150cmほどありましたが10個の穴をスムーズに開けることができました。
e0064783_1841553.jpg

厚さが1mを超す海氷には延長シャフトを繋いで深く穴をあけていきます。
e0064783_1843271.jpg

釣り堀のような釣り大会の様子。
日本酒をちびちびやりながらのんびり糸を垂らしました。
e0064783_18443768.jpg

そして、肝心の釣果というと・・・
残念ながら全員で17.5cm、13.5cmのショウワギス2匹のみ。
まあ、天気がいい日に野外で遊べただけでも満足です。

使った道具を片付けて、野菜栽培装置の世話をしてから、喫茶に行ってみると手作りのモンブランケーキが2個、それも特大が残っていて、食べてしまいました。
Aシェフ指導で喫茶係が作ったもので、とてもクリームが軽くてパクパクと口に入りましたが、後で胸やけがしました。

4時からゲレンデでテレマーク。
行ってみたらK隊員が当直の合間の時間を使って滑っていました。
新雪が少し積もっていて、かなり気持がよく17本滑りました。
総標高差450mほど。もしこのくらいの山があったらハの字で登る気にはならないでしょう。
結構な運動になりました。

夕食は焼き魚。カマスとサンマがチョイスできたのであっさりしてそうなカマスにしました。
実は、魚も減ってきて1種類では数が揃わなくなったから2種類出たらしい。
夕食後、溜めていた日記を書きました。
9時半から自転車漕ぎ軽めに1時間、440kcal。
すぐ風呂に入ろうと思ったけど3人入っていたので、ワッチ(機械監視業務)を先にして、その後入りました。

食堂で日本酒を1杯もらってきて、昨夜の鯖缶の残りを食べて12時ちょっと過ぎに寝ました。
窓の外はまだ薄明るい。白夜の季節ももうすぐそこです。
[PR]

by s_space_s | 2008-10-27 18:58 | 南極 | Trackback | Comments(4)
2008年 10月 20日

みずほ旅行支援隊(復路)

10月17日から20日まで、2週間の内陸旅行を終えてS16に帰って来る、みずほ旅行隊8名を迎えに、内陸拠点S16まで行ってきました。
メンバーはカリスマYチーフほか4名。わしは装備と食料、調理を担当しました。
あと安全管理とナビゲーションはいつものFAの仕事です。

1日目は海氷上をとっつき岬までSM40、4台で走り、そこで大型雪上車SM100、2台に乗り換えて、大陸の坂を登り、S16に向かいました。

とっつき岬の上陸地点にあるプレッシャーリッジの割れ目は見かけは10cmほどしか開いていませんでしたが、Yチーフがゾンデ棒で水面下を調べたら、足元にはほとんど氷厚がなく、スノーブリッジのようになっていてぞっとしました。
厚い道板を敷いて通過しました。
とっつき岬までは昭和基地から15.7km。

とっつき岬では、ウエッデルアザラシの赤ちゃんに会うことができました。
出産したばかりなのか、周りの海氷上は胎盤や出血で汚れていました。
赤ちゃんはぬいぐるみみたいでかわいかったけど、お母さんが神経質になっていたので、すぐ雪上車に戻りました。
e0064783_22292084.jpg

中型雪上車SM40
e0064783_2230953.jpg

とっつき岬でわしも整備を手伝ったSM100
e0064783_22303710.jpg

とっつきからS16までは17.5km。
雪上車や橇がたくさんデポしてありますが、半分またはほとんど雪に埋まってるものも多い・・・。

夕焼けがきれいでした。
e0064783_2231299.jpg


2日目は、S17の飛行場にデポしてある、ジェット燃料橇の引出し作業。
例によって、硬い雪を掘るのはきつい作業です。
4橇引き出し、昭和基地から引張って行った2橇を追加して、ガソリンスタンド完成。
e0064783_22315389.jpg

時間があったので、近くのジャッキアップ小屋(上の写真の後ろにも写っている)の点検に行きました。
現在は使われていませんが、ここは飛行場の管制塔や食堂として使われていた施設です。
地平線上にぽつんと立っている姿は、どこかSF的です。
e0064783_22363386.jpg

ここには外国隊のメンバーが滞在していたこともあり、食事時間が英語で張り紙してあったりします。
食堂には数年前の物と思われる食材が時間が止まったようにそのまま置いてありました。

ジャッキアップ小屋付近から見るガスステーション。
その向こうが滑走路ですが、どこも同じに見えます。
e0064783_22383789.jpg

みずほ旅行隊は1日早く、2日目の夜19時ごろS16に入りました。
8人のメンバーはあまり変わっていないように見えました。
それぞれ夕食は別で食べましたが、夕食後一緒にシャンペンで乾杯しました。

Kシェフに倉庫に眠っていた缶の日本酒を1ケースもらって来たので毎晩、酒がすすみます。
かっぱっぱーるんぱっぱー
e0064783_22482416.jpg


3日目は、みずほ旅行隊の基地帰還準備の支援。
装備、廃棄物の整理など。
わしは橇のデポを担当。
お昼前に片付いたので、とっつき岬まで下り、そこで1泊することになりました。
小雪がちらついていました。
今日も、かっぱっぱーるんぱっぱー。

4日目は、SM100からSM40にすべて装備を積み替え、午後から天気が悪くなる予報が出ていたので早めに出発しました。
SM40の運転は支援隊がやることになっていたのですが、みずほ旅行隊車両担当のF隊員だけは本人の希望で基地まで運転して帰りました。
その心意気に脱帽。
曇りで雪の凸凹が見にくく走りにくかったですが、昭和基地に10時半ごろ着きました。

午後から、みずほ旅行隊と支援隊の装備の片づけや廃棄物の処理を行いました。
みずほ隊のビールの空缶、ワインなどの空瓶の多さにびっくりしました。
4日間、わしも美味いもの食べて酒もたっぷり飲んだので体重計に乗ってまたびっくり。
[PR]

by s_space_s | 2008-10-20 23:02 | 南極 | Trackback | Comments(5)
2008年 10月 13日

ネスオイヤ一周スキーツアー

土日で西オングル徒歩旅行を予定していましたが、土曜日に強風の可能性があるということで、またまた中止にしてしまいました。

日曜日は高気圧に覆われてほぼ無風、快晴のツアー日和になりました。
基地にいるのはもったいないので、機械G隊員と基地のある東オングル島のすぐ北隣の島、ネスオイヤへスキーに行きました。
前回行ったのは新雪の降った非常に寒い日でした。
今回はマイナス13度ぐらいで暖かいので、のんびり島を1周して、もう一つ北の小島、初島にも上陸してみました。


パスタとドリアのブランチを済ませ12時に基地を出発。
いつものゲレンデから海氷上に滑り込み、数100m歩くともうネスオイヤです。

広い斜面を登って3回ほど滑りました。
標高差はたったの35mです。
e0064783_1829271.jpg

今回は基地側の少し急斜面も滑ってみました(バックに基地が見えます)。
e0064783_1831263.jpg

少しモナカでしたが面白かった。
e0064783_18331256.jpg

海岸のタイドクラックに沿ってトラバースして、もう一つのゲレンデへ移動。
e0064783_18344964.jpg

頂上からは、北の氷山群と大陸の眺めが素晴らしい。
e0064783_1836632.jpg

快適な斜面でとばすG隊員
e0064783_18374754.jpg

何本か快適な滑降を楽しんだ後は、海氷上に出て、のんびり歩きます。
雪が付いていないところは、ストックで漕ぐとスーっと進み、歩くより早いです。
雪があるところも、適度な摩擦抵抗があり、パスカングで走れます。
e0064783_18414013.jpg

北の初島は西面が緩やかな雪の斜面なので、スキーで登れます。
標高は20mしかありませんが、頂上で大休止。ここも眺めが素晴らしい。
持ってきたVB(オーストラリアビール)がすごく美味かった。
お日様に暖められた雪が融けているのを見て春を感じました。
紫外線も強くなって要注意なのですが。

下りは南の少し急斜面を滑って降りました。
e0064783_1845765.jpg

周りは氷山群。
e0064783_18462955.jpg

鑑賞しながら歩きます。
e0064783_18465674.jpg

ちょっと遊んでみました。
e0064783_22533657.jpg

ぐるっとネスオイアを一周して、基地に15時20分に戻りました。

いや~楽しい休日でした。
[PR]

by s_space_s | 2008-10-13 18:48 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2008年 10月 12日

夏至物語

サロンに岩井俊二初期作品集というDVDがあったので観てみた。
深夜テレビなどで放送された短編ドラマが8作品収められている。

この中で、「夏至物語」が非常に印象に残った。
暑くけだるい夏の1日、1人の下着姿の若い女が安アパートの2階でぐだーっとしている。
やってることは普通ではない。こんな女がいたら怖い。
けど妙に惹きつけられるのだ。

「オムレツ」も親が離婚して別々の姓になった姉弟の会話が面白く、エンディングの感じが好きな作品。

「雪の王様」では最初と最後に子供のころの「雪の王様」の思い出がモノローグで語られる。
この部分の作品における意味が理解できなかった。
自分では雪だるまの王様につけた王冠のつもりが、姉には角に見えた。
勘違い人生の始まりってことかも。
誰か観てわかったら教えてほしい・・・。

「殺しに来た男」はP.オースターの「幽霊たち」からヒントを得ているらしい。
随分前に読んだ小説なので内容は忘れてしまったけど、作品の雰囲気は似ているような気がする。
山奥にある洋館の周りの自然が美しい。秋の空気の匂いまで伝わってくるようだった。
SEVENを観たばかりのせいか、鉄砲を撃つシーンに緊張感が感じられず、おもちゃのピストルを撃っているように見えた。

風が吹くと予報が出た休日。
映画を観て終わってしまった。
[PR]

by s_space_s | 2008-10-12 01:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 08日

充実した1日

10月7日(火)晴れ
5時半に起きて、みずほ旅行(内陸250kmほどのところにある元基地までの観測旅行)支援隊参加のため不在の隊長の代理でトイレと風呂掃除。
(女性が当直のときは隊長がやることになっている)
7時の朝飯はご飯大盛り、味噌汁(とろろ昆布を大量に入れる)、納豆2パック、おかず少々、コーヒー。

8時から浄化槽スカム(汚泥。黒い便のようなもの)除去の準備。
8時20分から機械T隊員、A隊員に手伝ってもらってスカム除去。
Aガイド(みずほ旅行で3週間不在)が直前に取って行ったのか、スカムは少なかった。
バケツ4杯、50kgほど。少ないので焼却炉棟への運搬はT隊員にお願いした。

その後、ガソリンドラムを積んだクローラー(キャタピラー付きのクレーン車)で工作棟へ。
機械Iチーフと道の脇にドラムを下ろし、電離層棟の前にデポしてあったドラムも同じところに運び集積する。午前中はここまで。

昼は豚焼き肉定食。すごい肉の量があった。
現在みずほ隊8名、支援隊4名が出ているので、基地に17名しかおらず、いつもは4テーブルに別れて座るのを、1つの大テーブルにして食事をする。
食事後皿洗い。設営事務室でビル・エバンスを聴きながら昼寝。

午後、ミニバックホー(小型ショベルカー)の慣らしをしてから、Aヘリ下へドラムを取りに行く。
1kmもないが時速2kmぐらいしか出ないので、移動に時間がかかる。
埋まっていたドラムを掘ったりどづいたりして、クローラークレーンで引出し、12本積み込み工作棟へ戻る。
みずほ支援隊が戻ってきていた。
支援隊の帰りに橇置場から持ってきてもらった橇の除雪をしてから12本積み込む。

支援隊メンバーが風呂に入るかもしれないので、3時に基地に戻り、Iチーフ、A隊員に手伝ってもらって風呂を復旧(乾かしてあったすのこなどのセット)。
通常は5時から入浴可能なのだが、野外から帰ってきたパーティーがある場合はすぐ入れるようにしているので。
設営事務室でコーヒーを淹れちょっと休憩。

雪上車でドラム橇を海氷上の橇置場に置きに行って、カラ橇を持って帰り、ドラム脇に付けたところで作業終了。
設営事務室に戻ると5時過ぎていた。

夕食前にウエイトトレーニング1時間。今日はチンニングなどプル系。
1日おきに引っ張り系(懸垂、ベントオーバーローイング、カール)とプッシュ系(ベンチプレス、フレンチプレスなど)をやっている。
握力は右64kg、左63kgになった。
首が太くなって、カッターシャツが苦しくなってしまった。

夕食はチキンカツ、お浸し、竹輪麩、オクラ。
スパゲティとコンビーフは残す。
最近まで出されたものは絶対残さない人だったが、思い切って考えて要らないものは残すことにし始めたら、調子がいい。

漁協のミーティング。ライギョダマシ(1mを超える大型魚)釣りの準備と釣り大会の打ち合わせ。

7時からN隊員と12日のナイトハイクの下見で貝の浜の先まで行く。
雪がカンテコ(ウインドクラスト)しているので夏より歩きやすい。
危険個所、苔の自生地など、特に注意する個所はなかった。
カメラのバッテリーが寒さで切れて写真取れず。マイナス20度ぐらいか。
日の入りが7時22分だが、10時頃まで薄明るい。

8時に戻りみずほ隊と定時交信。
S17より奥の内陸ルートのメンテナンス(旗竿の立て直しと標識ドラム缶の掘り起こし)について状況報告と質問を受けたが、48次から特に引き継ぎを受けていないので、指示は隊長に任せる。

バーで焼酎を1杯もらってきて、部屋で監督解説付きで映画”SEVEN”(ブラピ主演の連続殺人物)を観て、10時半ごろ寝る。

野外に出ない日は、こんなふうに過ごしています。
いつもは、これに朝夕1時間ずつの自転車漕ぎが入るのですが、今日はよく動いたので省略。



[PR]

by s_space_s | 2008-10-08 21:44 | 南極 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 07日

弁天島

10月3日金曜日、昭和基地から15kmほど西にある小島、弁天島へルート工作に行ってきました。
何回か計画をしては、ブリなどのため延期していた作業でしたが、この日は天候に恵まれ順調に作業ができました。

今日はスノーモービルを使うパーティーが他にあったので、雪上車2台で行きました。

1台はSM30型で車重が軽く、浮上型といって、海水に落ちた場合2基の排水ポンプで排水して沈まないようになっています。
しかし、水上を走れるわけではなく、浮いていられる時間も、乗員が脱出する時間ぐらいだそうで、氷上に脱出できなければそのうち沈んでしまいます。
ある程度海氷が厚くなってから、ルート工作に使います。

もう1台はSM40型で4トンほどの車重があり、氷厚を確認してからでないと走れません。
これはSM40。
e0064783_17401391.jpg

雪上車で行けば、お昼ご飯も暖かい車内で食べられます。
Aシェフがおいしいお弁当を作ってくれました。
e0064783_17412416.jpg

いただきま~す。
e0064783_17424627.jpg

弁天島上陸ポイント。
e0064783_17433314.jpg

島にはあまり平らな場所がなく、アデリーペンギンはどこで営巣するのかなと思いました。
11月中旬と12月初旬にペンギン調査に来る予定です。
頂上には三角点と航空標識がありました。
e0064783_17444461.jpg

島の北のタイドクラックの近くに大きなアザラシが4頭、昼寝をしていました。
観察しているのは、スノーモービルで弁天島沖のGPSブイのメンテナンスに来た4人組です。
アザラシには15m以内に近づいてはいけないことになっています。
e0064783_18253217.jpg

[PR]

by s_space_s | 2008-10-07 18:20 | 南極 | Trackback | Comments(3)
2008年 10月 06日

真夜中にぎょっ!

e0064783_116466.jpg

夜中にトイレに起きて、設営事務室に寄ろうと思い、事務室の前に来てびっくり。
下半身だけなのに人が倒れているように見えました。

観測隊では、長靴とヤッケを一緒に使うことが多いので、長靴とヤッケをセットにして脱いでおく人が多いです。
中にはガムテープをゲートルのように巻いて貼り付けている人もいます。
基地と屋外を頻繁に出入りするには、時間がかからず、いい方法です。

50次隊以降は登山用のパンツを採用するらしいので、こんな使い方はできなくなるのでしょうね。
[PR]

by s_space_s | 2008-10-06 01:29 | あほばなし | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 04日

最近観た映画

DVDソフトが限られているので、食わず嫌いをしていたら観る映画がなくなってきた。
ビデオソフトはいっぱいあるので、サロンで観てもいいかも。

★イン・ザ・プール
カメは意外と・・・の三木聡監督。
変態精神科医伊良部の非常識診療記録。爆笑はなかったが、むふふと笑えるネタが多く、結構面白かった。
オダギリジョーの陰茎強直症の逸物を見て「チューリップというか中学生っぽくない?」という台詞にはぶっ飛んだ。

毎日プールで泳がないと精神状態を平静に保てないプール依存症の雑誌編集長大森。
1日1回(最近では朝夕)自転車を漕がないと頭がすっきりしない、わしやTドクは自転車依存症なのかも。
大森と伊良部の関係が映画では分からなかったけど、伊良部が患者の大森に水泳を薦めたらしい。
2005年、日本映画

★800発の銃弾
マカロニ・ウエスタン版の時代劇村で観光客相手に西部劇ショーをしている元スタントマンの役者魂を描く人情喜劇。
おじいちゃんと孫が出てくる映画には好きな作品が多いけど、これもその1つに入れてもいい。
オチがいまいち(日本語吹き替え版で観ると面白いというネット情報があった)。
2002年、スペイン映画、アレックス・デ・ラ・イグレシア監督

★インタープリター
国連の通訳者がアフリカのある国の大統領暗殺計画に巻き込まれる話。
部屋で酒を飲みながら観はじめること3回。途中で筋がわからなくなり、特典の監督コメント付を観て、ようやく筋が把握できた。
監督の思い入れがちょっと強過ぎるというか、演出技巧に走り過ぎているようで、あまり好きにはなれない映画だった。
二コール・キッドマンとショーン・ペンの臭い芝居も嫌い。
2005年、アメリカ映画、シドニー・ポラック監督

★黄泉がえり
まあ普通。自転車漕ぎながら観るにはちょうどいい作品。
昭和基地では角度美人の噂もある柴咲コウ(RUI)の歌がラストで3曲は長過ぎるんでないかい。
わしはこの人も黄泉がえったのだと思っていたが、どうやら違うらしい。
2003年、日本映画、塩田明彦監督

★失踪
ほんとにあったら怖い話。3年前ドライブ中に失踪した彼女を探し続ける男の悲劇。
サンドラ・ブロックの眉毛と笑顔が印象に残った。その分、主演女優のナンシー・トラヴィスの影が薄い。
オランダで制作された同監督のオリジナル版のほうが怖くて、評価も高いようだ。
1993年、アメリカ映画、監督:ジョルジュ・シュルイツァー(オランダ)
出演:キーファー・サザーランド、ジェフ・ブリッジスほか

★博士の愛した数式
阿弥陀堂たよりの小泉堯史監督作品。いい映画だった。
深津絵里が子持ちの家政婦っぽい味をよく出していた。

80分しか記憶がもたないとはどういうことなのだろう。
ある人と別れて80分を過ぎてまた会ったら、誰だったか忘れてしまっているというのは、分かりやすい。
もし、ずっと話し続けていて80分経ったら、今話しているのは誰なのか分からなくなるのか、それとも80分前に話した内容を忘れてしまうだけなのか。
1時間ごとに「私は○○です。」と念を押していれば、誰なのか憶えていられるのか。
専門のTドクに聞いてみよう。

「実に潔い数字じゃないか。」という台詞、どこかで使ってみたい。
2005年、日本映画、出演:寺尾聡ほか

★ジョニー・イングリッシュ
ミスタービーンの007版。
ローワン・アトキンソン演ずるスパイ、ジョニー・イングリッシュはミスタービーンと同じキャラ。
非常識で間が抜けていて自己中、それでいて憎めない。
真面目な顔をするといい男に見えたりするから不思議だ。
映画も本格的に作ってある。
2003年、イギリス映画、ピーター・ハウイット監督
[PR]

by s_space_s | 2008-10-04 18:14 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 01日

本日晴天

9月最終日。
天気がいまいちで計画していた野外活動が仕事、遊びあわせてかなり延期になってしまった月だった。
それに、あっという間に終わってしまった感じ。
これからは、まるで滝に吸い込まれる流れのように加速度をつけながら、南極にいられる時間も終局に向かってまっしぐらという感じになるのだろう。

今日は久々の晴天。
Tドクと昼休みにテレマークに行った。
先日のパウダーは嘘のように吹き飛ばされ、ドリフトで残った新雪だが、視界のいい日に滑るのは非常に気分がいい。

わしらのゲレンデ。
滑走距離100mもない小さなゲレンデ。
古いリフトの残骸が肩に残っていたりする。
e0064783_6344469.jpg


先日、作った生ソーセージをバーでいただき、夜11時の機械ワッチも終わって事務室で泡盛を飲んでます。
e0064783_658710.jpg

ソーセージはうまかったのは当然として、酔ってくると甘い菓子でも酒が飲めるのは何故か?
宍戸錠みたいな顔になってます・・・
[PR]

by s_space_s | 2008-10-01 06:35 | テレマーク | Trackback | Comments(0)