<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 02日

去年よりずっときれいになった

晴れたのにヘリが飛ばないので、ハイキングに行ってきました。
昨日もAAメンバーたちと行った胎内くぐりから見晴らし岩までぐるっと周りました。

晴れていると景色も違います。
大陸方面もはっきり見えます。
e0064783_12364141.jpg

春の小川はさらさら行くよ~♪
e0064783_12375850.jpg

残雪もまだ多い。
e0064783_12391166.jpg

見晴らし岩から富士ケルン、さらに北の海を望む。
よく見ると水平線にはガスが掛かっていました。
e0064783_12395354.jpg

よく歩いたあとは読書三昧。
夕食はシェフが作ってくれました。
ビール付きなのが嬉しい。
e0064783_12412017.jpg

船の生活も楽しみです。
[PR]

by s_space_s | 2009-02-02 13:06 | 南極 | Trackback | Comments(7)
2009年 02月 01日

夏宿生活

29日の引っ越しの朝はまた雪でした。
トラックにブルーシトを掛け手荷物を乗せて移動。
e0064783_14465118.jpg

狭いベッドスペースで合宿気分が盛り上がる。
e0064783_14445684.jpg

ここは食堂。
もう作業もないので、朝昼は各自好きな時にご飯やカップ麺など好きな物を食べます。
自分でちゃんと調理している人もいますが、簡単なたまごかけご飯が人気です。
日本でも今たまごかけご飯が人気らしいですね。
Yahooニュース
e0064783_1445371.jpg

ほとんどの隊員が暇なので寝るか食堂や共有スペースでパソコンするかマンガ読むかしてます。
ついついテーブルに置いてあるお菓子に手が出ます。
e0064783_1446040.jpg


2日目はちょっと体を動かしました。
昼食後に無線を持って単独行動が許可されている境界線をぐるっと一周しました。
見晴らし岩から大陸方面を見ると、ラング長頭山もガスの中。
e0064783_14481477.jpg

Cヘリポートに寄ってヘリの様子も見てきました。
雪に埋まっているようなことはなく、ちょっと安心しました。
e0064783_14491295.jpg

読書する時間はたっぷり。
でもここにある本はほとんどマンガ。
その中で見つけた少ない文庫本のうちの1冊。
e0064783_1533261.jpg

江國香織著「泣く大人」
この人は自分に起こった出来事を美化するのが上手な人だと思いました。
家での食事は果物ばかり、だばこをよく吸い、よく飲みに行き、歯が弱い人間の骨が焼けたあと白く美しいわけがない。
群れたがる男が嫌いというところは共感できました。
巻末の読書感想にカポーティの「叶えられた祈り」が紹介されていました。
文庫も出ているようなので帰国したら読んでみたい。

夕食の後、AAメンバーが島内を散歩したいというので、G隊員と案内しました。
e0064783_14501240.jpg

AAメンバーは11人。
みんな元気です。
胎内くぐりに登って・・・
e0064783_14504263.jpg

はい、ポーズ
e0064783_16264068.jpg

貝の浜へ行く途中にあった池の面白い現象。
水面が下がったのか、雪壁の下につららの下がった空洞ができていた。
e0064783_1554863.jpg

今年は異常に雪が多い。
e0064783_1561026.jpg

貝の浜の貝殻もほとんど雪の下でした。
夏宿に戻ってちょうど1時間ちょっと。
天気が悪く景色はあまりでしたが、みんな喜んでくれました。

寝る前にイギリスの女性作家ヴォイニッチの「あぶ」をウイスキー片手に読み始めましたが、すぐ食堂で飲んでいる仲間につかまり挫折。
この本はかなりのボリュームなので手ごわそうです。
[PR]

by s_space_s | 2009-02-01 14:55 | 南極 | Trackback | Comments(2)
2009年 02月 01日

足止め5日目

居住棟の窓から憂鬱な外の景色を眺める
e0064783_13572773.jpg

なんとなく雪はおさまりましたが、雲がかかったり、船側がガスったりして、なかなか飛べません。
当初の予定では第1次ピックアップが1月27日、第2次が29日で全員引き揚げる予定だったのに・・・・。
予想外の事態で、居住棟を50次に明け渡し、去年の夏作業期間以来の夏宿へ引っ越ししました。

合宿みたいなここの生活も気分が変わって楽しいです。
こんなこと言ってられるのも今だけかな?

船に乗るまではネット環境と時間があるので、ここの生活についてはまた報告します。
[PR]

by s_space_s | 2009-02-01 14:02 | 南極 | Trackback | Comments(0)