<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

人のセックスを笑うな

なかなか挑発的な題名に目が留まりDVD借りてきて、1回観てなんとなくすっきりせず、2度観していたら、かみさんに臍を曲げられた。
わしに言わせれば蒼井優のための映画です。
この長回し、賛否両論あるようだが、こういう映画があってもいいのでは。

原作は少し前に朝日新聞の土曜版にエッセーを書いていた山崎ナオコーラのもの。
微炭酸ニッキ
[PR]

by s_space_s | 2009-07-31 22:17 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 27日

TOTOが死にました

昨日、朝9時半ごろ我が家の猫TOTO(推定6歳)が息を引き取りました。
家のものが気がついた時には、座敷の隅に置いてあった琴の陰で、四肢を突っ張り、目も開けたまま、苦しそうな様子で硬くなっていたそうです。

昨日の朝、わしは、出勤前に座敷で胡座をかいてハープを吹いていました。
時間が来たので立ち上がると、知らない間に、おしめをしたTOTOが後ろに寝転がっていました。
それがTOTOを見た最後になりました。
撫でてやればよかった。

その日のうちに、岐阜市の斎苑で火葬していただきました。
他にも運び込まれていたペットの遺体があり、一緒に焼かれました。

これまでのお話し

元気だったころの写真
[PR]

by s_space_s | 2009-07-27 22:42 | TOTO | Trackback | Comments(4)
2009年 07月 22日

なんとなく

あいにく、7月22日の岐阜の天気は曇りでした。
仕事を休んで免許更新の手続きをして家に帰る途中、信号待ちの対向車のフロントガラスに映った太陽が三日月形!
たぶん雲で光線が弱められて、部分日食の形が見えたのだと思います。

慌てて家に帰り、雲が掛かった太陽をデジカメで撮ってみると、なんとなくそれらしい形が写りました。
e0064783_1345546.jpg


南の島へ行かれた皆さんはきれいに観察できたのでしょうか。
[PR]

by s_space_s | 2009-07-22 13:05 | 日常 | Trackback | Comments(3)
2009年 07月 18日

TOTOが帰ってきた

TOTOは、2ヶ月ぐらい前に外で喧嘩してきて、白血病のため抵抗力がなくて、傷が化膿してしまいました。
何回か病院へ行って、傷のほうは治ったのですが、この半月ぐらい、餌を食べなくなり、水だけ飲んで家の中で寝てばかり。

パンチされた牛の耳みたい。毛は禿げたままです。
e0064783_14555926.jpg


病院へ連れて行って注射と点滴をしてもらうと少し元気になります。
けど、病気のときしかやらない「金缶」(高級な缶詰の餌)をやっても少ししか食べなくて、どんどん痩せていくばかり。
6kgほどあった体重も半分以下に減ってしまいました。
動物病院の先生も、最初は「毎日続けるとよくなるかも。」と言っていましたが、最近は「注射打っても怒らんね。元気ないね。」と望み薄なコメントが多くなってきました。

痩せてしまったTOTO
e0064783_1575572.jpg


4年前に我が家に迷い込んできて、すぐ発病し、動物病院で「数週間の命」と言われながら、何回も奇跡的な回復をみせ、先生に「TOTOは不死身だ。」とまで言わせたTOTO。
今回も僅かな望みを託して輸血と点滴のため入院させました。

2日後に戻ってきて驚きました。
朝、わしが起きると起きてきて、何回も頭突きの挨拶をするではないですか。
(すねに当たるとけっこう痛い。トイレで後ろからやられると膝かっくんみたいになる。)
食べれなかったドライフードの餌もぺろりと食べて、おかわりまでしている。

1回注射に連れて行くと4千円以上かかり、入院すると2万近く。我が家にとっては痛い出費です。
「ペットショップで血統書付の猫を買ったほうがよっぽど金かからんね。」
家族のなかでこんな冗談を言ったりしてますが、TOTOに生きる力があるかぎり、最後まで面倒見てやろうとみんな思っているようです。


今日は、昨夜のダメージが残っていて、家でごろごろしています。
[PR]

by s_space_s | 2009-07-18 15:30 | TOTO | Trackback | Comments(3)
2009年 07月 13日

にがうり

結婚する前、かみさんの実家に遊びに行って、もう亡くなってしまった親父さんが好きで、畑で作って食べていた「にがうり」を初めて食べました。
そのときは煮物だったなあ。

我が家の日よけ代わりに植えたゴーヤにも実がつきました。

これは雄花。いっぱい咲きますが、すぐ散ってしまいます。
e0064783_21275150.jpg

蜂が来ました。
e0064783_2128851.jpg

これは雌花。雄花に比べ非常に少なくまだ3個しか咲いていません。咲いたときから花柄の部分がミニゴーヤ。
e0064783_21284464.jpg

大きくなるんだよ。
e0064783_21285212.jpg

1個収穫し、豆腐と一緒にちゃんぷるーにしました。
採れたてのゴーヤは苦味も新鮮な気がしました。
[PR]

by s_space_s | 2009-07-13 21:26 | 日常 | Trackback | Comments(3)
2009年 07月 12日

下呂温泉

1日目
登山というには、短か過ぎ?
e0064783_13563526.jpg
e0064783_13564872.jpg

湯ヶ峰頂上
e0064783_135739.jpg

可愛いコアジサイの花
e0064783_13571827.jpg

うのはな(ウツギの花)
e0064783_13573299.jpg

雨模様の飛騨川(山形屋の8階から)
e0064783_13574532.jpg

ご馳走
e0064783_13575910.jpg

日が暮れた
e0064783_1358104.jpg


2日目
朝一で傘をさして合掌村の「いでゆ朝市」へ。
栃の実煎餅、トマトジュース、エゴマ、傘など買い物。

旅館を出て、幸月本家の生どらを買いに行って、ついでに、近くの喫茶店「おしゃべり」で珈琲を飲んでのんびりする。
ここの主人はかなりの趣味人とみた。

「天下の名刹」禅昌寺を拝観
e0064783_140881.jpg

幻想的な大杉の林を背景に使った庭園「萬歳洞」
e0064783_14019100.jpg

寺宝の書画も見るべきものが多い
e0064783_140479.jpg

樹齢約1200年の大杉(国指定天然記念物)
e0064783_1414344.jpg

「ひさご」蕎麦の喉ごしは最高
e0064783_1415937.jpg


このサイトが参考になりました。
下呂温泉マニアック観光情報
コンテンツ「こりゃすごい」の「名古屋はすごい」は必見(音声注意!)
[PR]

by s_space_s | 2009-07-12 14:02 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
2009年 07月 12日

つのがれ

1匹から9匹までは、「ひとつ」「ふたつ」・・・「ここのつ」とか数えますが、10匹からは「つ」がつきません。
なので、渓流釣り師は10匹以上釣ることを「つのがれ」(「つ」逃れ)と言ったりします。
この日は20cm前後のあまごがちょうど10匹掛かりました。
e0064783_13344311.jpg
e0064783_13345271.jpg

このぐらいがちょうどいい。

遠い昔、落ち武者の屋敷があった谷で、古い石組の護岸や川沿いになんとか大明神の石の祠があったりして変わった谷でした。
歴史的にも面白そうなので、ちょっと通ってみようと思います。
[PR]

by s_space_s | 2009-07-12 13:49 | 釣り | Trackback | Comments(2)
2009年 07月 12日

ぴのきおサックス

フィルムケース、塩ビパイプ、風船など身近な材料で工作できる楽器です。
e0064783_135173.jpg


振り返ると・・・
[PR]

by s_space_s | 2009-07-12 13:19 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 12日

長良川夜景

通勤で毎日通る鵜飼大橋の下あたりから鵜飼船が漁に出ます。
自転車で通りかかって橋の上から川原を覗くと、鵜匠が焚き火をしながら、鵜を籠から出したり、昼寝(夕寝?)していたり。
e0064783_11564421.jpg

e0064783_1285411.jpg

e0064783_1156588.jpg
e0064783_11571832.jpg

毎朝、鵜匠の杉山さんの家の前を通ります。
朝から、鵜の籠を長良川の流れに浸けて洗うのを日課にしてみえます。
自然と生き物相手のお仕事なので大変でしょうが、黒装束も凛々しく憧れるお仕事です。
鵜匠杉山秀二さんのHP
[PR]

by s_space_s | 2009-07-12 12:07 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 06日

スラム・ドッグ・ミリオネア

日曜日の夜にかみさんと観てきました。
なにも考えずに観ることができる、面白い映画でした。

残念だったのは、その日は朝4時起きで釣りに行って、おまけに帰ってからビールをきゅっと一杯やってから行ったので、後半、映画の良し悪しに関わらず睡魔に襲われてしまったこと。
最終問題のあたりの、ジャマールの機微がよく理解できなかったのはそのせいかもしれません。
つまらん映画だと、よくこっくりこっくりしているかみさんが最後まで元気だったので、これは間違いなくいい映画だと思います。

最後のダンスで目が覚めた。シャキーン!

最終問題でライフラインを使って彼女に電話するのですが、彼女は正解を知らなかったのか、違う答えを言ったのか記憶が曖昧です。
そして、ジャマールは正解を知っていたのでしょうか?

2000万ルピー(約4000万円)を獲得したとき、ジャマールがちっとも興奮してないのが印象的でした。
[PR]

by s_space_s | 2009-07-06 18:06 | 映画 | Trackback | Comments(3)