blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 25日

アバターもえくぼ

とオヤジギャグ一発。
2時間半の長い映画だったが、最後まで飽きることなく観れた。
話題の3Dは、慣れてしまうと今までの映画を革新的に変える技術とは思えなかった。

が、鳥のような動物に乗って飛ぶシーンなどは夢に出てきそうなほどリアルで美しかった。
もし自分がジェイクだったとしてもナヴィになりたい。

最後がエイリアンやターミネーターばりのアクションで終わってしまったのは残念。
家のものが言うには、この映画はいろんな映画に似ているらしい。
上記の2作品のほか帰りの車の中で出てきたのは、もののけ姫、ラピュタ、マトリックス。
話の筋はダンス・ウイズ・ウルヴスに似ているとか。

難しいことは考えずに美しいおとぎ話の世界を楽しめばいいのだ。

ジェームズ・キャメロン監督、2009年、アメリカ映画
[PR]

by s_space_s | 2010-01-25 22:11 | 映画 | Trackback | Comments(7)
2010年 01月 25日

禁断の果実?

こざえもんさんにテレマークのビデオをYouTubeにアップしてもらったので、1つだけ貼り付けてみました。




また行きたいね。
[PR]

by s_space_s | 2010-01-25 12:53 | テレマーク | Trackback | Comments(1)
2010年 01月 19日

関市の巨木を2本

1月11日の成人の日にハイキングがてら、おとなり関市の巨木を観に行ってきました。
1本目は武芸八幡神社の大杉。
樹齢千年以上という情報を見て、是非行ってみたいと思いました。

少し離れた武芸川沿いの公園に車を置いて、歩きました。
集落から長い参道がまっすぐ続き、この鳥居はまだ途中です。
e0064783_22225853.jpg

なかなかいい感じの参道。
e0064783_22214913.jpg

これが大杉です。
スノコのようなものが巻いてあるわけはたぶん伊勢神宮と同じです。
e0064783_22215834.jpg

まだまだ樹勢は衰えていないようです。
e0064783_2222739.jpg

本殿
e0064783_22221666.jpg

ムササビの巣になりそうな穴のある木があったので、落ちていた枝で幹をガリガリしてみましたが、住人はいないようでした。
裏山が植林なので、環境が悪いのかも。
e0064783_22223662.jpg

武芸川ぞいを歩いて公園に戻るとちょうど昼時。
道の駅むげ川に寄ってみると、目を引く張り紙が。
e0064783_22232582.jpg

ざるそば 800円
e0064783_22255092.jpg

そば湯がまた美味しかった。
そのほか女性には焼き芋1個100円が大人気でした。

ついでに(と言ったら失礼?)、かみさんの実家の近くの広見にある松見寺の大杉にも寄りました。
e0064783_22235125.jpg

この木も樹齢700年とかなりのものです。
残念なことに年末年始の大雪でもともと幹が腐っていたらしい株立ち4本のうち1本が折れてしまっていました。
e0064783_2224297.jpg

あとの3本で頑張れ!
e0064783_22241344.jpg

関係ないですが、下の息子が大学受験の下見に仙台に行って、土産を買ってきました。
「白松がモナカ」。汽車の車窓から見る看板で名前は知っていましたが、初めて食べました。
4種類の味があって美味しかった。
e0064783_22242183.jpg


中部地方の巨木の情報については、こちらのサイトが参考になります。
時間の輪
[PR]

by s_space_s | 2010-01-19 22:24 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 19日

苺大福

先日、国見岳スキー場に行った帰り、本巣の「おもと製菓」で苺大福を買ってきました。
e0064783_2203095.jpg

1個250円と少し高めですが、食べれば納得のおいしさです。
大福というより新鮮で美味しい苺を食べている感じです。
e0064783_2274233.jpg

全国発送もしているようです。
e0064783_2282869.jpg

[PR]

by s_space_s | 2010-01-19 22:05 | うまいもん | Trackback | Comments(3)
2010年 01月 15日

la neige tomber

今年はよく雪が降りますね。
岐阜市内でも昨日10~15cm積もりました。

昨日の仕事帰り、ママチャリで新雪がフェンダーに詰まってしまい車輪が回らず往生こいたので、今日はマウンテンバイクもどきのポデローザ3号で出勤しました。
なんで「もどき」かと言うと、形はマウンテンバイクですがフレームに「舗装路以外では使用しないで下さい」と書いたラベルが貼ってあるからです。
15年前にホームセンターで購入したこのポデローザ3号(チェ・ゲバラの愛車にちなんで命名)には山スキーやら釣りやらで守備範囲を超える働きをしてもらいました。
半分氷ったがたがたの雪が残る路面でもその走破能力はママチャリをはるかにしのぎ、雪道14kmを1時間で出勤することができました。

仕事をしていても窓の外の雪の降り方が気になります。
今週末の大学入試センター試験の実施について心配するのは当然ですが、テレマーカーとしてはそれだけでもないような・・・。
お昼になったので、長靴で雪を踏みしめながら、体育館のフィットネスルームに運動に行きました。
夕方は部活の学生で賑わうフィットネスルームなのに、雪が降っていることもあって、トレーニングしているのはわしだけ。
チンニング(懸垂)などのプル系と肩中心のウエイトトレーニングをして戻って昼飯を食べました。

午後も雪は止まず。
気温が高めなので、どんどん積もることはないですが、ついつい外を見てしまう。

夕方、仕事にてきとうにきりをつけ、今日が最終レッスンとなる、大学に近い英会話教室ジオスに行きました。
6ヶ月間通い、もう少し続けたい気持ちもありましたが、ある程度英語でコミュニケーションできる自信もできたのと、ほかにやりたいこともできたので止めることにしました。
その空いた時間を酒飲んで無為に過ごす可能性も大ですけど。

レッスンが終わってからも先生ととりとめのない話をして、さよならをしました。
「また、いつか」「そうね」
けど、もう二度と会えないことはわかっていました。

誰かと別れるとき、それで終わりになるのがつらくて連絡先を教えあったりしてきました。
けど、長続きする関係はほんの数えるほどです。
お互い、今その場所を生きるのが精一杯なのです。

日常のふとした瞬間に誰かを思い出して、今どうしているのかと思うときがある。
相手もそう思うときがあるかもしれない。
そう思えるだけの関わりがあったことが大切なこと。

そんなことを考えながらポデローザ3号を漕ぎ、妻と暖かい食事の待つ家路を急ぐ雪の夜。
[PR]

by s_space_s | 2010-01-15 01:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 12日

石徹白ネイチャースキー3日目(12/29)

3日目最終日

みんなの心掛けがよかったのか、今日は快晴。
野麦キャンプの卒業生いりけん(高3)が今日だけ参加するので、りょうさんが北濃駅まで朝一で迎えに行く。
その間にわしらはグランド横のゲレンデにジャンプ台を作って遊ぶ。
若いかとちゃんとけんちゃんはテレマーク2回目だと思ったが、筋がいい。
ステップソールで果敢にジャンプしていた。
りさも派手にこけながら根性で跳んでいた。
他の子もそれぞれ滑ったり歩いたり、かじさんといっしょに動物の足跡を見つけたり。

おなじみウサギの足跡。どっちに跳ねて行ったのでしょうか?
e0064783_2246764.jpg

リスの足跡。前足は同時着地なんやね。
e0064783_22461418.jpg

アカネズミの足跡。引きずったしっぽの跡がかわいい。
e0064783_2246231.jpg

しばらくしてりょうさんといりけんが合流。
一緒に展望台へ向かう。
e0064783_2245402.jpg

展望台でおやつタイム。
今日はけんちゃんに代っていりけんが女の子たちのいじられ王子になっていた。
e0064783_22455171.jpg

下りは雪ががたがたで固まっているので苦労した子もいたが、皆無事ゴールイン。
早く着いたみおとまゆがお昼寝?
e0064783_22455890.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎて、宿に戻り、おにぎりの昼食。
カルヴィラいとしろでマイクロバスを出していただき、参加者は北濃駅まで送ってもらう。
かじさん、かとちゃん、けんちゃん、いりけんは昨日のニホンジカをもう一回見に行くことになった。
りょうさんとわしでお見送り。
北濃駅に行ってみると1時間ほど時間があったので、あずぅと子供達が道の駅で買い物しているあいだに、白山長滝神社へ見学に行く。
りっぱなお社でした。
e0064783_22464593.jpg

子供達を白山長滝駅まで引率する。
e0064783_22485481.jpg

汽車に乗り込むあずぅと子供達。
e0064783_2249814.jpg

あ~あ。行ってまった。
e0064783_22471224.jpg

みなさん、ありがとう。
また会いましょう。
[PR]

by s_space_s | 2010-01-12 22:47 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 09日

焔仁展

岐阜県美術館で1月5日から17日まで開催されている白川郷在住の画家、焔仁の個展を観に行ってきました。
一度見たら忘れられない強烈な個性を持った画家です。

多少デフォルメされた青い裸婦像がメインのモチーフで、目が白く描かれているため(黒目がない)人間の女性ではないような感じを受けます。
例えば妖怪人間ベラと言ったら分かっていただけるかも。

最近の作品では黒目がはっきり描かれているものもあり、そういう作品はリアルすぎて絵画として鑑賞しずらいような気がしました。

青のほかオレンジから黄色の色使いが印象的な作品が多く、若い頃の作品にもその嗜好が現れていて面白かった。
陶器に絵付けした作品には油絵の大作にはないウイットが感じられ、この画家の懐の深さにも感心させられました。

帰るとき受付にいるご本人をお見かけしました。
リリーフランキーを背の高い、いい男にしたようなやさしそうな方でした。
絵の印象とかなり違いました。
[PR]

by s_space_s | 2010-01-09 21:57 | 日常 | Trackback | Comments(0)