<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 30日

曼荼羅寺の江南藤まつり

仙台で下宿を始める息子の支度も一段落ついたので、江南市の藤まつりに行ってきました。

参道には出店がたくさん並び、賑わっていました。
懐かしいリンゴ飴や初めて見たサメ釣りなど、花より団子の楽しみもあります。
e0064783_15261190.jpg

樹によって満開のものと、まだ蕾のものがありました。
e0064783_15251546.jpg

こちらは満開。いい香りが漂っています。
近くで見ると1つ1つがランの花にも似ています。
e0064783_15252842.jpg

看板につられて行ってみると、珍しい麩饅頭がありました。
e0064783_15271515.jpg

包んである葉っぱはサルトリイバラです。
葉っぱの塩味と餡子の上品な甘さが絶妙。
かみさんと二個ずつ食べてしまいました。
e0064783_15272444.jpg

かなりの樹齢と思われる藤の老木も、まだまだ元気に花を咲かせていました。
e0064783_1527351.jpg

おもかる地蔵様があったので、願をかけてみましたが・・・重い。
e0064783_15274291.jpg

桜やムクノキの素晴らしい大木もあり、また行ってみたい、いいお寺でした。

場所はこちら
巨木MAP
[PR]

by s_space_s | 2011-04-30 15:27 | 巨木巡礼 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 29日

早春の岩魚釣り

運動不足気味の息子を引っ張り出し、白山山系の谷へ岩魚釣りに行ってきました。
まだこのあたりは谷筋に雪が残り、新緑も出ておらず、春には少し早い感じでした。

ブナ林もまだ寒そう。
e0064783_15293396.jpg

クマ?
e0064783_1529498.jpg

ユキシロが入り増水気味で、郡上の釣具店で買った天然ミミズが大当たり。
ほぼ入れ食いでした。
e0064783_153008.jpg

がちゃぴん
e0064783_1530816.jpg

季節外れのエノキダケがいっぱい出ていました。
まだまだ寒いんです。
e0064783_15301688.jpg

お昼過ぎにミミズが無くなり納竿。
山菜も期待してましたが、フキノトウぐらいしか出ていませんでした。
5月中旬に山菜採り兼ねてまた行こうかな。

帰りに白鳥の風見鶏で奥美濃カレーをいただきました。
タイのグリーンカレーとキーマカレー
e0064783_15302923.jpge0064783_15303630.jpg

牛すじカレーも美味しそうでした。
[PR]

by s_space_s | 2011-04-29 15:32 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 26日

悪魔からの手紙

今日も悪魔からの手紙が届く。
MAILER-DAEMON

DAEMONというのは配達人・仲介者というような意味らしいが、この名前に不吉なものを感じてしまうのはわしだけか。
「電子郵便やさん」みたいな名前にしてくれるといいのに。

この手紙に返事を書く人もいるらしい。
メーラーだえもんさんへの手紙
[PR]

by s_space_s | 2011-04-26 08:36 | あほばなし | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 23日

苦竹の乳銀杏

所用で仙台へ行きました。
時間ができたので、仙台駅から仙石線で一駅の宮城野原駅近くにある苦竹の乳銀杏を観てきました。
駅から出ると前方に高い樹が2本そびえているので、すぐそれと分かりました。
その1本が樹齢200年ほどの大ケヤキ。
e0064783_10551859.jpg

もう1本が樹齢1200年と言われる乳銀杏です。
樹高は同じぐらいですが、近くに行ってみると太さが全然違いました。
目通りで幹周が8mほどある堂々の大銀杏です。
隣の八幡神社の灯籠は地震で倒れていました。
e0064783_10555658.jpg

銀杏は永野家の屋敷内にあり、一般の立ち入りは御遠慮下さいとあります。
八幡神社から塀越しに見せていただきました。
乳のように垂れた無数の気根は珍しいものでした。

八幡神社の枝垂れ桜は満開でした。
地震があっても、春は来る。
人間の思いなど関係がないのです。
e0064783_10562227.jpg

夜行バスで岐阜へ帰るのに時間をもてあまし、JRを乗り継いで東照宮へ行ってみました。
ここも桜が満開です。
重要文化財に指定されている参道脇の石灯籠がほとんど倒れたまま放置され痛々しかった。
この土日に予定されていた春祭りも中止になりました
氏子代表の皆さんが紋付き袴でお参りだけしてみえました。

仙台駅まで歩いて戻りました。
街の生活は元に戻りつつあるようでしたが、まだ閉まっている店が多い。
途中、ミティークという雰囲気のあるパティスリーがあったので入ってみました。
2階に喫茶スペースがあり、奮発してデザートプレートをお願いして、ソファーでゆっくりしました。
e0064783_1113416.jpg

EWF、クインシー・ジョーンズなどファンキーな音楽が流れていました。
地元の若いご婦人お二人が後ろの席でずっとお話をされていました。
それとなしに聞いていたら、震災支援のこぼれ話・・・。
向かいの学校の校庭では小さい女の子とお母さんが遊んでいます。

ミティークから出て夕暮れ迫る仙台の街を駅へ向かいました。
[PR]

by s_space_s | 2011-04-23 11:55 | 巨木巡礼 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 17日

乗鞍岳高天ヶ原東尾根

たまにしか行かない乗鞍東面ですが、面白そうな尾根があったので滑ってみました。
さすがに3,000m級だけあってコンディションによっては厳しい滑降となる場合もあることを実感しました。
けど、雪が緩めば気楽に周遊できるいいルートだと思います。

期日: 2011年4月10日(日)
天候: 晴れ
メンバー: K先生、がおろ
タイム:国民休暇村7:30 スキー場トップ8:45 高天ヶ原11:45~12:25 小コル13:20
前川林道13:45 国民休暇村14:45

ルート図:
e0064783_21312029.gif


スキー場は既にクローズで国民休暇村からスキー場をシール登高。
三本滝まで除雪が進んでいるが、一般車はまだ入れず、除雪でできた雪の壁がかえって障害になる。
ツアーコースから位ヶ原手前で外れ、真っすぐコルを目指す。
e0064783_21325418.jpg

左のスカイラインが東尾根の上部。
e0064783_21331373.jpg

昨日雨が降り、薄い氷が張ったアイスバーンとなる。
傾斜が緩いのでスキーを叩き込みながら登る。
e0064783_21332521.jpg

シールも効かなくなったのでシートラーゲンに切り替える。
e0064783_2210693.jpg

高天ヶ原に着き、剣ヶ峰を振り返る。
今日のコンデションでは無理。
e0064783_21333872.jpg

ゆっくり休憩してから滑降開始。
テカテカのアイスバーンのため東尾根の右側のラインは怖くて入れず。
雪が緩んでいればここがいいラインとなる。
e0064783_21335344.jpg

尾根の左側(北面)の出だしは比較的傾斜がないのでそちらにラインを探る。
K先生はガリガリとターンを決めていくが、わしはツーステップで絶対転ばないように下っていく。
頂上直下の岩場の下は斜滑降で横切れそう。
2人で顔を見合わせながら、しばし悩んだが、「行ってみよう。」ということになった。

トラバースを始めると案外エッジが効き、無事尾根に出ることができた。
東面の斜面は早くも表面が緩んできていた。
e0064783_2134648.jpg

そうなればこっちのもんだ。
e0064783_532561.jpg

快適にターンを刻み、あっという間に樹林帯へ。
きんもちえ~!
e0064783_5322640.jpg

樹林帯に入ると尾根が広がるので、コンパスをぶら下げながら楽しくツリーラン。
2つのコブは手前のコルから左手の斜面に入り巻く。
振り返ると東尾根にわしらのシュプールを確認することができた。
e0064783_21341758.jpg

前川林道はほぼ平坦。
シールなしのパスカングでのんびり歩く。
除雪された舗装路に出てスキーを担ぎ国民休暇村に戻る。
[PR]

by s_space_s | 2011-04-17 22:29 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2011年 04月 13日

きんもちえ~!






期日:2011.4.10
ルート:乗鞍岳高天ヶ原尾根
メンバー:K先生(おやじまったり登山隊)、がおろ
[PR]

by s_space_s | 2011-04-13 13:44 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2011年 04月 09日

MIHO MUSEUM

NHKのBS放送で観て気になっていた江戸時代後期の画家、長沢芦雪。
MIHO MUSEUMで企画展をやっているという情報を得たので行ってきました。

岐阜からは車で3時間ほどかかり遠いけど、それだけの価値がありました。

駐車場のあるレセプション棟エリアから電気自動車に乗りトンネルに入ります。
そこを抜けると、つり橋の向こうに、雑木林に囲まれた近代的な建物が忽然と現れます。
周囲には山並みが広がり人工物がないので、よけいに印象的です。
e0064783_1543724.jpg

今回のお目当ては「白象黒牛図屏風」。
NHKの美術番組で観て、かみさんがすごく気に入りました。
本物を観てみたいというので、この企画展の期間は6月5日まででしたが、急遽行くことにしました。
この屏風はアメリカのエツコ&ジョウ・プライスコレクションの一点で展示期限が4月10日までだったのです。

これです(クリックしてね)
e0064783_17264699.jpg


実際には屏風として折られた状態で展示されているので、上の写真のように間延びした感じがありません。
芦雪はそこまで考えて、構図を決めているのです。
まず大きさに圧倒され、近づいて細部を観るとその緻密さに驚きました。
芦雪の描く動物や人物にはユーモア溢れるキャラクターがあり、好きです。

他に気に入ったのは、
群猿図屏風
寒山拾得図
などです。

芦雪最後の作品となった「月夜山水図」。
この絵も是非観たかったのですが、4月12日からの展示になっており残念でした。
e0064783_17252440.jpg


南館には常設で、アジア~ペルシャ~エジプト~ローマの古代美術が展示してあります。
一つ一つ不思議な魅力(魔力?)を持つ秘宝ばかりで、観て回るだけでシルクロードを旅している気分です。
午前中に入館し昼過ぎまで、時間を忘れてゆっくり鑑賞することができました。

往きは珍しく高速道路を使いましたが、帰りはいつものように下道で帰りました。
信楽を通ると、こんなタヌキがいいっぱい並んでいました。
息子が土産に信楽焼の蛙を買いました。
e0064783_1544742.jpg

彦根に面白そうなレストランがあるというので、お昼ご飯の遅れついでに我慢して行ってみると・・・。
4時ちょうどでお店が閉まったところでした。
営業時間をチェックしておけばよかった。
e0064783_1545551.jpg

TVのバラエティ番組で「○○○シュラン」とかいうのを観たことがありますが、この店はエントリーする資格十分です。
「スイス」という店です。面白そうでしょ?

往きに寄った道の駅「こんぜの里りっとう」で買った「こんぜ味噌」。
まろやかで、家で造る味噌とまた違った味で美味しかったです。
e0064783_158552.jpg


美術以外のお楽しみもあり、また、行ってみたい美術館でした。
[PR]

by s_space_s | 2011-04-09 15:08 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 09日

SHORT STORIES BY JOHN STEINBECK

リン先生からいただいた英語の本です。
ほんの薄い短編集で、4つの物語が収録されていました。
1932~1945年に書かれたものです。
古い言葉が使われているようですが、わしには感覚として分からないし、物語やテーマには全然古さを感じませんでした。
今、翻訳の短編集も読み直しています。

TULARECITO
頭は5歳児、怪力の蛙男の話。
わしのイメージはこんな感じ。
e0064783_13441234.jpg

THE LEADER OF THE PEOPLE
西部開拓時代に活躍したおじいちゃんと心を通わす少年の話。

THE CHRYSANTHEMUMS
これは訳本で読んだことがあった。
邦題では「菊」となっている。
こういう鼻っ柱の強い女は苦手です。

FRANKIE
この少年もちょっと発達障害なのかな?
生物研究所の所長さんを愛する少年の話。
[PR]

by s_space_s | 2011-04-09 13:51 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 09日

にこいち

正面衝突してパンクしたママチャリを直すついでにMTBもどきのポデローザ3号もメンテしました。

タイヤはそれほど減っていませんでしたが、経年劣化でひびが入り中のコードが飛び出す状態。
これでは林道は走れません。
(もともとこいつは舗装路以外走行禁止)

子供が乗らなくなったMTBもどきからホイールとペダルをもってきて、久しぶりにハブのグリスアップもしました。
e0064783_13103469.jpg

これで当分使えそうです。
手前は通勤用ママチャリです。
e0064783_13105574.jpg


今日はのんびりChet Baker など聴きながら、久々のblog更新しています。
そう言えばChet Bakerってこざえもんさんに似てない?

明日は乗鞍の予定です。
[PR]

by s_space_s | 2011-04-09 13:15 | 自転車 | Trackback | Comments(2)