blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 29日

最近読んだ本(新釈遠野物語・冬芽ハンドブック・女について)

★新釈遠野物語
柳田国男の「遠野物語」で読んだことのある幾つかの奇譚を岩穴に住む不思議な老人の語りで再現する。
生きた人の語りを重視する著者のこだわりは分かるけど、あまり成功しているとは思えない。
「遠野物語」の話には自分で想像して楽しむ部分が残されているけど、リアルに描かれてしまうと奇妙さがかえって希釈されてしまうことがあるから。
結局、狐にばかされていたという落ちも安直でいただけない。

井上ひさし著 新潮文庫
 
★冬芽ハンドブック
野外観察ハンドブックシリーズの1冊。
いつもお世話になっている「樹皮ハンドブック」もそのなかの1冊。
いまごろ冬芽とは時期外れと言われそうだが、眺めているだけで楽しい。
トイレに常備して来冬に備えよう。
葉痕(葉が枯れ落ちた跡)には動物や人の顔に見えるものがあって、面白い。
葉っぱと樹皮と冬芽が見分けられたら春夏秋冬、木を観察する楽しみが続けられる。
あとは花かな?

分一総合出版

★女について
時代的な制約と自身の来歴からと思われる偏見も多々含まれているが、男が読んだら面白く、すっとするんではないかい。
朝日新聞の読書欄で筒井康隆も面白がっていたような気がする。
町田康のパンク小説を読むように、このエセーを楽しむのも一つの楽しみ方。

何が書いてあるのかというと、こんな感じです。

「女について」以外の話には眠くなるものが多い。
実際、睡眠薬代わりに使っている。2~3行でイチコロだ。
勇気や知性が道徳の観点からは価値の尺度にならないなど、面白いことも書いてあるのだが。

ショーペンハウエル著 角川文庫









[PR]

by s_space_s | 2011-05-29 21:36 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 24日

まっちゃんのエビネ

ちょうど1年前、まっちゃんが遊びに来てくれたときにお土産でもらったエビネが花を咲かせました。
花を観がてら、また飲みに来てください。
e0064783_4284746.jpg

シュンランは、植えた場所が悪かったのか、この春は花芽が出ませんでした。
植え替えてみようと思います。
[PR]

by s_space_s | 2011-05-24 07:01 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2011年 05月 22日

白馬大雪渓(中退)と長走沢

2011年5月14日(土)
ビルケのIさん、タイ帰りのKさんとの山行。
Kさんと山に行くのは、ほんと久しぶりです。
下界では、先日、ねじ式で飲んだばかりですが。

柳又谷の源流を滑ろうと白馬の大雪渓を登りました。
e0064783_4364719.jpg

夕方から天気が下り坂となることは予想していましたが、午前中から雲行きが怪しい。
H2450m付近でガスがかかり、風も強くなったので無理をせず下降しました。
e0064783_4374962.jpg

4年もタイにいたのにこの滑り。
e0064783_437633.jpg

今日は何故か脚にきて、滑りにくい雪でした。
でもあっという間に長走沢まで降りてきました。
まだ10時なので、雪が切れかけた長走沢を登り返し、小日向山方面へ行ってみることに。
下部は藪が出ているのと、小石などが多くすっきりしません。
小日向山下のプラトーからはきれいな斜面になったので、そのまま長走沢を詰めました。
e0064783_4382229.jpg

2回目の登りのせいか、結構登り応えがありました。
e0064783_4383865.jpg

樺平にはその名のとおりダケカンバの大木が1本立っていました。
根元の芝に腰掛けてのんびりしました。
今ごろになって晴れてきた白馬岳のほうは見ないようにしよう。
e0064783_439235.jpg

なかなかいい斜面が続きます。
e0064783_439208.jpg

Iさんも元気にテレマークでとばします。
e0064783_4393796.jpg

下りは登山道のあるほうへ滑り込み、雪が切れたところで終了。

白馬の裏側を滑るのは来シーズンのお楽しみになりました。

猿倉6:10 大雪渓H2450付近9:30 長走沢堰堤10:00 樺平12:50~? 猿倉14:30  
[PR]

by s_space_s | 2011-05-22 17:35 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 18日

栃ノ木谷(仮称)

揖斐の春日村へ岩魚釣りに行ってきました。
釣果は両手、片足とまずまずでしたが、新緑のきれいな谷を歩くのは楽しい時間でした。
このあたりの谷沿いには植林してあっても栃が残っていることが多い。
昔から飢饉のときの救荒植物の代表だからです。
この谷も大きな栃が残っていて、若い樹も多かったです。

こんな花崗岩の小滝が幾つもあり、滝の上にも源流まで岩魚がいました。
e0064783_232244.jpg

ミズナラの新緑が淡い。
e0064783_2321850.jpg

花崗岩の谷の美しい岩魚。
白い魚体でよく肥えています。
e0064783_2324345.jpg

この滝壺で岩魚が竿を絞りました。
e0064783_2325985.jpg

休憩した河原の浅瀬を見ると川底がきらきら輝いていました。砂金でしょうか。
e0064783_0145100.jpg

大きなトチの木の下で~♪
e0064783_2333010.jpg

珍しいトチとウラジロカシのペアの大木。
e0064783_2334078.jpg

ミズナラの若葉
e0064783_2373041.jpg

イヌブナの若葉
e0064783_17305211.jpg

ネマガリタケのタケノコを少しだけいただき、夕食の汁に入れたら春の味がしました。
[PR]

by s_space_s | 2011-05-18 23:07 | 釣り | Trackback | Comments(4)
2011年 05月 13日

ブナの森を楽しむ

元東北大学農学部附属演習林助教授西口先生が書かれたブナの森の楽しみ方。
ブナの森で遊んだり山菜をとったりするお話ではない。
森を楽しむためには、その構造と生態系を理解しないといけない。

いくつか、面白かったポイントをメモしておく。
・日本のブナ科ブナ属は2種:ブナ、イヌブナ
 葉による見分け方が解説されていたが、個体差が大きいのでそれだけで同定するのは困難。

イヌブナの側脈の本数は10~14対。ブナは7~11対。(H23.5.14 春日村で撮影)
e0064783_034212.jpg

イヌブナの葉脈には長い毛が残る。(同上)
e0064783_08781.jpg

・ブナ属の葉は側脈の先端部分の縁が窪む。
・イヌブナは太平洋側でモミと混交群落を形成することが多い。
・日本海側のブナは圧倒的な優位種になる
 ツガ、ヒノキ、ウラジロモミなどの針葉樹は雪に弱いから
・太平洋側のブナは他の針葉樹・広葉樹と混交
・日本のブナ林の特徴
  ササ属を伴う
  常緑性低木群落を伴う(アオキ、ユズリハ、ユキツバキ など)
  ヨーロッパにない落葉性低木群落を伴う(タムシバ→「マグノリアの木」?、クロモジ、マンサクなど)
・ブナの幹は湿気が多い→苔・地衣類 雨が伝って落ちる樹形、樹皮から。
・ブナの実は無毒で美味しい
・豊作は数年おき。野ネズミ対策
・P72ブナヒメシンクイの虫害等の影響と思われる短い周期での豊作は「ブナの気持ち」ではなく、わしは何か科学的な理由があると思う。
・ブナの葉は硬い。セルロースとリグニン。分解されにくい→深い腐食層スポンジ
・ブナの葉を利用するのはタマバエの仲間。虫こぶ形成。25種、観察すると面白い。
・樹齢100~250年が成長カーブの上昇率最高。
・この時期の外敵は1種のみブナアオシャチホコ
・ブナアオシャチホコの天敵はクロカタビロオサムシ、サナギタケ(冬虫夏草)
・枯死はポツポツと単木で立枯れ
・葉を食べるガとチョウの研究から日本のブナの森は世界一であるとの結論
・東北の里山はかってはクリ帯と呼ばれるほどクリが多かった。クリタマバチの虫害によってほとんど枯死。
・野草は原則として毒草
・どんぐりのタンニンは冬を越すと分解→野ネズミが貯蔵
・毒の進化。針葉樹の毒は樹脂とタンニン。広葉樹の毒はサポニン。草本植物の毒はアルカロイド。さらに多様化。
・国有林問題。日本列島森林倍増論。外材依存。
・針葉樹は伐採すると根が腐る
・雑木林の広葉樹は伐採しても切り株から萌芽する木が多い。二次林。
・スギと広葉樹の混交林を作るべき
・森林が生み出す利益のただどり論
・森の公園の意味のない建造物は粗大ゴミ。ハイキングコースを整備すべき。
・ブナの森の再生はかなり困難な取り組み。
・山を放置するから荒れるわけではない。スギを必要以上に保護する下刈りは金食い虫。放置林業のすすめ。

1996年、岩波新書
[PR]

by s_space_s | 2011-05-13 15:46 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 09日

カフカの長編。
城で測量師として雇われるために、城の麓にある村にたどりついたK(カー)。
城の制度に翻弄され、お城に近づくこともできないKのあてもない奮闘努力を描く。

まるで悪い夢を見ているようで、この小説を読んでいる間に実際、似たような夢を見てしまった。
夢なら覚めて欲しいと思いながら最後まで読むと、なんと、何の進展もないまま突き放したように終わってしまうではないか。
K以外の登場人物の存在は職業や社会的な立場によってのみ規定される。
なので、時に人情も倫理観もないように見えたりする。

城からの命令でKにつけられた助手が2名いる。
Kに媚へつらい、かといって真剣に仕事をするわけでもなく、双子の道化のよう。
終盤になってKに首にされるた後の2人(正確には片割れしかでてこない)の変わりようにぎょっとする。
人相まで別人になってしまうのである。

Kには最後まで測量の仕事が与えられない。
人間は社会的な生き物である。
役割を与えられない人間はKのように出口(入口?)があることを信じて動き回るか、あるいは、絶望するしかないのか。

新潮文庫
[PR]

by s_space_s | 2011-05-09 22:34 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 08日

Katie Cruel

When I first came to town,
They brought me the bottles plenty;
Now they've changed their tune,
They bring me the bottles empty,



[PR]

by s_space_s | 2011-05-08 23:27 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 04日

ステップソールで馬狩からゴマ平ヒュッテ南2060mピーク

このGWは、できれば石徹白からスーパー林道入口の馬狩まで縦走したいと思っていたけど、いろいろありまして、日帰り1回が精一杯でした。
毎日飲んで重くなった体をすっきりさせるべく、縦走後半部の間名古の頭~野谷荘司の稜線をステップソールで歩いてみることにしました。
個々のピークには荒谷側から何回か登ったことがありますが、縦走してみると、また違った素晴らしさを感じることができました。

直線距離で往復約20km、総登高標高差2450m。
部活が終わったときみたいな疲労感は、5年前に石徹白周遊したときと同じでした。
なまかわ(意味わかる?)な生活でかなり体力は低下しとりますが。

【山域】白山北方稜線
【日時】2011年5月4日
【コース】馬狩~鶴平尾根~野谷荘司山~妙法山~ゴマ平ヒュッテ南2060mピーク(往復)
【メンバー】単独 
【天気】晴れ
【装備】セントイライアス・ワックスレス、3ピン、T3
【タイム】大窪5:15 稜線7:50 妙法山9:30 2060mピーク11:40~55 妙法山13:20
     野谷荘司山14:45~15:00 大窪16:20

e0064783_108194.jpg


大杉と阿弥陀様のある登山口からつぼ足でスタート。
すぐに素晴らしいブナ林となる。
e0064783_1083989.jpg

点々と大木も。
e0064783_1084780.jpg

鶴平登山道のある尾根の上部は無木立となる。
雪が硬くなってきたのでアイゼンを着ける。
e0064783_1091290.jpg

ステップソールで降りられるか心配になるようなリッジ
e0064783_1092815.jpg

登ってきた尾根と馬狩の集落
e0064783_109404.jpg

稜線に出るとステップソール天国
遥かかなたに間名古の頭。そのまた向こうに白山。
e0064783_1095982.jpg

妙法山までに2箇所ほど快適なスロープがありテレマークを楽しむ。
とんがった妙法へは急斜面で、スキーを担ぐ(軽いので苦にはならない)。
e0064783_1010876.jpg

時間がまだたっぷりあるので、先に進むことにする。
妙法の下降には岩場がある。

北から南を見た写真。左端のピークが妙法。
e0064783_10101945.jpg

地図から想像していたより歩きやすい尾根である。
ただし、雪庇とクラックに注意が必要。
e0064783_10102710.jpg

快適なテレマークで、オモ谷の源流に降り立つ。
e0064783_10103766.jpg

歩きながら見ていて、間名古の頭よりゴマ平ヒュッテ裏のピークのほうが滑って面白そう。
間名子は2回登ったことがあるので、新しい斜面を滑ることにする。
中央の双耳峰の右が2060mピーク。白山をはさんで左が間名古。
e0064783_1615041.jpg

ここまで来ると、400mの登りがきつくなってくる。
e0064783_10105385.jpg

白い2060mピーク。
e0064783_10111036.jpg

オモ谷への斜面を覗くと、すいこまれそうにいい斜面。
e0064783_10113388.jpg

ステップソールでも気持ちのいいターンがきまり、あっという間に谷底へ。
e0064783_10114590.jpg

林間をのんびり滑り、お楽しみは終了。
帰路は、ただひたすら歩いては滑り、歩いては滑る。
野谷荘司で大休止をとり、ちょっと不安な尾根滑降に入る。
雪がさらに腐り細板では回すのがきつい。
慎重に2ステップなどで下降する。
e0064783_10115419.jpg

樹林帯に入ってからは、ジャンプターンしながら快適に滑降。
下部で登山道の尾根から少し南に外れ、雪が切れてしまったが、そのまま下ると登山口の50mほど南に出た。
e0064783_1012468.jpg

阿弥陀様の前の小川で顔やらスキーやら洗って、さっぱりする。
トヨタ自然学校のKさん(インタープリターでテレマーカー)を訪ね、このあたりの情報をいろいろ教えていただいた。

白川郷ではGWの観光渋滞が発生していたが、そこを過ぎると国道は空いていて2時間半で岐阜へ帰ることができた。
風呂上がりに飲んだ発泡酒の美味いこと!
[PR]

by s_space_s | 2011-05-04 10:12 | テレマーク | Trackback | Comments(0)