blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 27日

金星と木星の明るさの違いから

最近、仕事帰りに夜空を見上げると、西の空に金星と木星が接近して耀くのが観られます。
3月26日には中間に三日月が入って壮大な天文ショーが観られるはずでしたが、居酒屋で酒を飲んでいるうちに見逃してしまいました。
27日の今日も一直線ではありませんが、3つの星が面白い位置関係で浮かんでいました。

ちなみに、金星がほぼマイナス4等星、木星がほぼマイナス2等星なのでほぼ2等の差があります。
1等違うと約2.5倍の明るさの違いになるので、金星と木星は2.5×2.5で6倍ぐらいの明るさの違いがあるらしい。
けど、そう思って眺めても、これが6倍というのは感覚で確かめることは無理ですよね。
人間の五感はあいまいなものです。

視覚や聴覚など人間の五感では、例えば10の刺激が10増加して20になる感覚と、20の刺激が20増加して40になる感覚はだいたい同じぐらいという法則があるそうです。
これを「フェヒナーの法則」と言います。

望遠鏡が発明される前は、最も明るい星を1等星とし、肉眼で見える最も暗い星を6等星としていました。
19世紀になって星の明るさを測定してみたら、結果的に1等星と6等星は100倍の差があることがわかりました。
そこで5等の差を2.512・・を底とする対数で表すことにしたのが現在使われている定義です。
わしも高校以来logとか使うことがなくて、専門的なことはこれ以上わかりません。

どうしてこんな等級の話を長々書いたかというと、この等比級数的な人間の感覚が面白いと思ったからです。
もし、幸福の感覚、言い換えれば欲求の充足度の感覚にもこの法則が当てはまるとしたら・・・。

幸せが大きくなればなるほど、もう少し幸せになるには、より大きな幸せが必要になってくる。
井上陽水の歌にもあるように、欲望の充足には限りがなくなってしまうのではないでしょうか。
7000万円を年俸としてもらっていたどこかの社長のコメントはわしの感覚ではおかしいとしか言いようがありません。
大学時代に「資本論」について勉強したとき、資本主義は拡大再生産を続けていかないと倒れてしまう、自転車操業みたいなものと先生がいわれたのを憶えています。
直感的な感想ですが、このあたりも人間の感覚となんらかの関係があるような気がします。

少しの幸せで満足できるようになるには、幸せの尺度をなにか別のものに変えるしかないのかもしれません。
[PR]

by s_space_s | 2012-03-27 23:11 | 自然 | Trackback | Comments(3)
2012年 03月 25日

Paul Austerを2冊

最近読みました。

City of Glass(シティ・オブ・グラス)と The Book of Illusions(幻影の書)です。

★City of Glass
こちらは、1985年に発表された探偵もの。
オースターのデビュー作とされる中篇です。
小説は、チャンドラーの探偵ものを読んでいるような雰囲気で始まりますが、最後はなんとも不条理な展開をみせ、救いようのない終わりを迎えます。

ある事情から偽探偵になってしまったクィン(ほんとは探偵小説家)。
ある日、オースターという探偵に依頼しようとかけた電話が、混線か番号違いかでクィンのところへ繋がります。
クィンは、ほんの弾みでオースターを騙ってしまったばかりに、ある監禁事件の被害者の依頼を引き受けることになります。
この監禁事件は、言語の宗教的な意味について神の啓示を受けたと錯覚?した父親が、10年以上子供に言葉を与えず暗い部屋に閉じ込めて、神の言葉を獲得させるためのおぞましい実験でした。

偶然の火事が起こって監禁から救出された少年は大人になりますが、やはり精神と言語に問題が残ります。
刑務所から出所することになった父親からこの被害者を保護するのがオースターの任務です。
バビルの塔で神が行った天罰の話やこの狂った神学者の書いた小説などが入れ子になりテーマが何なのかわからないうちに、クィンは父親を見失い、絶望的な張り込みを始めるのだが・・・。

「ロング・グッドバイ」みたいにオースターがクィンを真剣に助けようとしたら、こんな最後にはならなかったかも。
これは探偵小説ではありません。

★The Book of Illusions
こちらは2002年に発表された長編。
自らも映画製作をおこなうオースターならではの作品です。

無声映画の最後を飾る、喜劇俳優・監督のヘクター・マン。
その絶頂期に突然失踪してしまった彼の作品に偶然興味をもった大学教員デイヴィッド。
飛行機事故で家族を失った悲しみを紛らすため、デイヴィッドはヘクター・マンの作品について研究し、1冊の著作を物します。

この著作がきっかけで、ある日ヘクター・マン夫人を名乗る人物から手紙を受け取ります。
失踪後のヘクターの半生とは?
人に観られないことを前提とした創作活動の意味とは?
最後に妻が取った(女性ならではと感じる)恐ろしい行動とは?

この作品も、小説の中に映画の物語、ヘクターについてのアルマ(デイヴィッドをヘクターのもとに連れて行く女性)の語りなどが入れ子になって、複雑です。
けど、オースターの語り口が見事で、一気に読めてしまいます。

アルマの容貌・体の特徴について非常に詳細な描写があります。
オースターがこれほどリアルに人物像を描くのは珍しいような気がします。
アルマには左頬に痣があります。
彼女はナサニエル・ホーソーンの「あざ」という短編を子供のころ読んで救われます。
(うちにも「アメリカ短編小説100」というのがあったので見てみたけど「あざ」はありませんでした。
かわりにRoger Malvin's Burialと言うのを読み始めました。)

アルマが目の前に居るように感じられ、それゆえ彼女を失ったデイヴィットの悲しみも迫ってきます。

オースターは、期待を裏切らない小説家です。
次は邦訳の出ていない作品を原文で読んでみたい。
[PR]

by s_space_s | 2012-03-25 19:00 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 18日

ひるがの高原~大日ヶ岳~天狗山~アマゴ谷~尾上平スキー場跡

前日本降りの雨で、あまりやばい斜面のあるところは行きたくない。
先週も行者道調査に入り、気軽にハイクできそうな大日周辺へまた行って来ました。
今回のメインはアマゴ谷を滑って、みずかみさんから聞いて気になっていた尾上郷のスキー場跡へ下るルートです。

ひるがのから大日の尾根はアニマルトラックも多く、自然観察にもってこいのルートです。
天狗山周辺は雪がよければ快適な滑降が楽しめるところですが、今回はすごい腐れ雪。
悪雪修行となりました。
それもまた楽し。

アマゴ谷の滑降は上での修行の成果か、思ったより快適にすべることができました。
尾上平スキー場跡は廃墟となっていました。
なんか不思議なところでした。

【山域】白山南部
【場所】大日ヶ岳周辺
【日時】2012年3月18日(日)
【コース】ひるがの高原大日ヶ岳登山口~大日ヶ岳~大日谷滑降~天狗山~東面滑降~アマゴ谷の頭~アマゴ谷滑降~尾上平スキー場跡~ひるがの高原登山口
【メンバー】いしはらさん、わし 
【天気】くもり
【タイム】登山口7:00 大日ヶ岳10:30 天狗山12:00 アマゴ谷の頭13:30 尾上平スキー場跡14:00 ロッジ跡15:30 主尾根16:00 登山口16:40 
【ルート図】クリックしてね
e0064783_1304021.gif

これだけ指の形がはっきり出ているノウサギの足跡は珍しい。
しかもかなり大きかった。
e0064783_22343890.jpg

ミズメの冬芽
e0064783_22345261.jpg

ブナ、ミズメ、ミズナラが多い。
e0064783_22352763.jpg

ドライフラワーのようなツルアジサイ
e0064783_2235376.jpg

滑り込む予定のアマゴ谷の頭からスキー場跡を望む。
ロッジの屋根が見えた。
e0064783_22354652.jpg

尾根の上部。ウラジロモミが混じる。
e0064783_22355817.jpg

大日ヶ岳で岐阜登高会の大先輩、白木さんと河村さんにお会いする。
お二人ともお元気そうでした。
少しお話してから、大日谷へ滑り込む。
昨日の雨で腐れ雪のうえに、流水溝とクラストがあり、ちょー難しかった。
e0064783_16523048.jpg

200mほど滑り、シールを付け、天狗山へ向かう。
途中で見かけたツタウルシの冬芽。
木に巻きつく様子はツルアジサイと同じだけど、こちらは要注意。
e0064783_22362823.jpg

天狗山直下
e0064783_22391523.jpg

先週縦走した鎌ヶ峰方面の稜線
e0064783_22393339.jpg

天狗山から東面の谷へ滑り込む。
ちょっといい感じかも。
e0064783_16375390.jpg

けど気を抜くと、またまたこのとおり。
e0064783_1638159.jpg

いしはらさんは悪雪にも薮にも強い。
e0064783_2240342.jpg

わしもちょっと馴れてきたかも。
e0064783_1643393.jpg

ここも200mほど滑って、谷の上部をトラバースしアマゴ谷の頭に向かう。
ガスが出てきたアマゴ谷に滑り込む。
e0064783_2240521.jpg

雪の状態はあまり変わらなかったけど、滑りに余裕が?
e0064783_16434530.jpg

アマゴ谷は上部はブナ、中間部はカラマツのいい感じの谷だった。
下部はほぼ左岸を滑り、谷が割れて左岸の斜面が崖になる手前で林道跡に出た。
林道跡を滑り1回渡渉してスキー場跡の林道へ出る。
ここからは探検気分で、スキー場跡を見て回る。
e0064783_2242859.jpg

こちらオペレーター。もしも~し。
e0064783_1722527.jpg

古い索道がそのまま。
e0064783_1702513.jpg

無念の涙雨に煙るゲレンデ。
e0064783_22432384.jpg

けっこう立派なロッジ。まがったロの字が哀しい。
e0064783_22434040.jpg

林道を辿ればひるがのに戻れるが、ショートカットして小谷を登る。
e0064783_22435596.jpg

登山道の尾根に戻り、登山道沿いに滑降する。
雪が切れそうなとこもあって、あまり快適ではない。
スキーなら主尾根をそのまま滑り林道にでたほうが快適かも。










[PR]

by s_space_s | 2012-03-18 21:31 | テレマーク | Trackback | Comments(3)
2012年 03月 16日

白山行者道エコツーリズム調査(その2)

鴛谷卓蔵さんからの聞き書き

先日の白山行者道調査の際にお世話になった民宿「おしたに」のご主人のお話を備忘録としてメモしときます。

・30年前の白山室堂では越前室の勢力が強く、非常に立派な石室が運営されていた。
 石の壁で梁には松の大木が使われていた。中では焚き火が焚かれていた。
・若い頃室堂からお客を石徹白まで送り、少し休んでその日のうちに室堂へ帰ったことがあった。
 (すごいですね。)
・白山神社は愛知県に多い。(これは何勢?)
・修験者は石徹白の集落に寄らず、尾根道を通って白山に向かった。
・途中にある「宿」と呼ばれる場所は寝泊まりするところという意味ではなく、祭をするところ。
 護摩を焚くところ。
・大日ヶ岳経由の行者道以外にも野伏側の尾根を経由して白山に向かった修験者がいたと思われる。
 山の名前にその由来が感じられる。
・石徹白へは牛首、打波から出作りにくる人が多かった。そのまま住み着いた人もいた。
 出作りとは山のなかの平坦地を開墾してひえ・あわなどの雑穀を栽培すること。
・和田山(現牧場跡)は非常に肥えた出作りに向いた場所だった。
・橋立峠が加賀・越前との交流の道。「嫁取り峠?」という異名もあった。
・冬期、村外との交流は桧峠経由に限られていた。
 (現在も同じ。なお、冬に桧峠を車で越えられるようになったのは、スキー場ができた1972年。)
・ある事象(笹が鳴るとか)があるときは桧峠を通ってはいけないなどのルールがあった。
・冬期に力尽きて峠を越えられず死亡する者もあった。
・カサバ谷の源流はブナ、ミズメ(アズサ)の巨木が鬱蒼と茂る森だった。
 (現在は伐採され、灌木が残るのみ。)










[PR]

by s_space_s | 2012-03-16 08:49 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 13日

白山行者道エコツーリズム調査

勤め先の大学で白山エコカフェ、長良川エコカフェなどを主催してみえる、みずかみさんから、石徹白周辺から白山にかけての行者道をエコツアーのフィールドにするための調査に協力して欲しいとの依頼があり、大日ヶ岳を周遊してきました。
3月では雪崩、アイスバーン、吹雪など一般的なエコツアーで企画するにはちょっと厳しい条件ですが、ルートの設定や残雪期に行うなど工夫すれば、すばらしい企画が実施できることがわかりました。

個人的には、天気のいい日にステップソールで駆け抜けたくなる、そんなコースです。

白山の三禅定道の一つ、美濃禅定道は、長滝白山神社から桧峠付近を越え、石徹白川を遡って大杉あたりで尾根にとりつき神鳩から主稜線を北上し白山に続いています。
これは、一般の参拝ルートであったらしく、修験者は石徹白の集落は経由せず大日ヶ岳から主稜線を辿って神鳩で合流しました。
途中には何ヵ所も宿坊(祭礼場所)があり、その遺跡が発見されています。

今回は、石徹白を起点に檜峠から大日を経て天狗の鼻までの行者道の踏査と中居神社から尾根に上がる道として使われたかもしれない「わさびそ尾根」の下降を目標にしました。

【山域】白山南部
【場所】大日ヶ岳周辺
【日時】2012年3月11日(日)
【コース】ウイングヒルズスキー場~水後山~大日ヶ岳~天狗山~わさびそ尾根滑降~林道除雪終点
【メンバー】みずかみさん、こじま先生、わし 
【天気】快晴のち吹雪
【タイム】スキー場トップ8:20 水後山9:50 大日ヶ岳13:00 天狗の鼻15:00 林道車止18:00
【ルート図】(クリックしてね)
e0064783_6431100.jpg

お世話になった、石徹白の民宿「おしたに」
e0064783_2141168.jpg

夜は、白山室堂で30年働いてみえたご主人、鴛谷卓蔵氏に白山、石徹白周辺の行者道、村の生活などについてお話を伺いました。
興味深いお話がいくつもあり、その内容は、みずかみさんの報告書などで公表されると期待します。
e0064783_2142730.jpg

翌日は快晴。
e0064783_215776.jpg

水後山まではこんな感じ。
e0064783_2153524.jpg

みずかみさんが前日に撮影した水後山(左端)と鎌ヶ峰(中央)。
手前はウイングヒルズの頂上駅です。
e0064783_21384439.jpg

鎌ヶ峰への稜線。
e0064783_21194490.jpg

水後山でピットを掘り、安定していたのでスキーで鎌ヶ峰に向かいました。
しかし、北面には薄く新雪が乗っていてスキーがグリップしないため、つぼ足に切り替えました。
たまにクラストがブレイクして泣きが入ります。
e0064783_2120082.jpg

雪庇注意
e0064783_21201952.jpg

鎌ヶ峰から大日の稜線。
e0064783_21413210.jpg

アイゼンが欲しいところもあります。
e0064783_21203697.jpg

大日手前の急斜面。
ガイドさんがロープでお客を降ろしていました。
e0064783_21205250.jpg

大日ヶ岳に着いたころから白山方面が怪しい雲行きに。
e0064783_21215056.jpg

あっという間に雪が降り始めました。
天狗の鼻までは左が切れていて、右がなだらかな地形でルートは分かりやすい。
ステップソールで自由に散歩できそうなところです。
e0064783_21215958.jpg

下降した「わさびそ尾根」はブナ、ミズナラの大木が残るいい雰囲気の尾根です。
晴れていれば、楽しい滑降になりそうなところです。
e0064783_21221250.jpg

わさびそ尾根は支稜が多く広い尾根で、ルートファインディングが難しくなります。
地図、コンパス、頭を駆使して吹雪の中、ルートを見つけていきます。
e0064783_2129523.jpg
e0064783_2129172.jpg

e0064783_21241085.jpg

e0064783_21233158.jpg

最後は林道をのんびり滑り、なんとか明るいうちに車に着きました。
お疲れ様でした。
e0064783_21234611.jpg










[PR]

by s_space_s | 2012-03-13 21:15 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 08日

Spring Is Here

ここ数日、自動車で通勤する日が続きました。
運転しながら、ビル・エバンスのPortrait in Jazzを聴いています。
お気に入りは、Blue In Green(2テイク)とSpring Is Here 。
信号待ちのときは、エコというより静かに曲が聴きたいので、エンジン止めてます。

春は、ここに・・・

3月になって、大学構内の梅の花が咲き始めました。
庭のフキノトウはフキノトウ味噌にしていただきました。

冬の間、砂利に潜って顔を出さなかった水槽のドジョウが久しぶりに出てきました。
いつも寄ってくるのに、人影を見たら逃げ回っていました。
寝ている間に、わしのこと忘れてまったみたい。

アブラボテ(なんかメタボみたいな名前ですね。)の親分は春になっても元気がありません。
少し心配です。


もう暫らくすると、通勤のとき見ているカモたちも北へ帰るのでしょう。
ホシハジロとハシビロガモがまだ残っています。
だんだん少なくなる鳥たちを見ていると、寺尾聡の「出航 SASURAI」のメロディーが浮かんできます。

  ひとつ また ひとつ 港を出てゆく船
  別れのしるしに 俺の影置いてゆく
  自由だけを 追いかける
  孤独と引き替えにして
  ・・・・

今週末から白山行者道の調査です。
[PR]

by s_space_s | 2012-03-08 20:54 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 06日

登山ガイドⅡ受験者義務講習(雪崩対策技術基礎)

3月2日から4日まで栂池で実施された雪崩対策技術の講習会に行ってきました。

20人の受講者があり、雪崩対策の基本的な技術と実際のガイドの場面での状況判断などについて講習を受けました。
労山の雪崩講習会に出てからかなりの年数経っているので、基本的な事項の再確認とJANに準拠した積雪観察記録の方法など、いろいろ勉強になる講習でした。
参加者が持ち寄ったいろんなビーコンに触れたのもよかったです。

最終日は、2人のお客さんをガイド中に他パーティーから救助要請を受けた場合、どのように対処するかというシチュエーション・トレーニングを行いました。
漫才を観ているより面白い寸劇を披露してくれる方もあり、人の振り見て我が振り直せではありませんが、現場のイメージを膨らますうえで大変有意義なトレーニングでした。

参考になった話としては
・統計的にはビーコンを装着していても10%(25→35)ほど生存率が上がるだけ。
 (当然、個々のケースではスキルが高いほど生存率は上がる)
・樹林帯で流された雪崩では8割以上が樹木などに激突して重傷を負っている。
・スラブの形成を常に意識すること。
・低体温症に陥った埋没者のケア
・プロービングによる積雪内情報収集
などなど。
あと、恥ずかしながら「フットペン」という言葉を初めて知りました。

同室になった尾瀬と裏磐梯のガイドさんたちともお話しできて、この業界も厳しいものがあるなあと思いました。
今回はODSSのたっつぁん、もっさんの車に同乗させていただき、大変お世話になりました。
皆さん、ありがとうございました。

1日目
フルピットの積雪観察
e0064783_20501665.jpg

ビーコン捜索訓練
講師が意地悪して木に発信ビーコンをぶら下げました。
期待どおり笑わせていただきました。
e0064783_20502875.jpg

2日目
栂池自然園に上がりました。
e0064783_7594556.jpg
e0064783_801830.jpg

3班の講師は三浦理事
e0064783_802827.jpg

ルッチブロック・テストを行いました。
断面観察だけでは見つけられなかった滑り面がはっきり表れぞっとしました。
e0064783_803911.jpg

こんなワカン使っているのはわしだけでした。
e0064783_804994.jpg

3日目
雪崩事故のシチュエーション・トレーニング
e0064783_81725.jpg

この写真でおかしいのはどこ?
e0064783_811569.jpg

[PR]

by s_space_s | 2012-03-06 12:48 | 山登り | Trackback | Comments(3)
2012年 03月 02日

わかもと占い

e0064783_12425663.jpg
仕事の日は、朝食後に胃腸薬の「強力わかもと」を飲んでいます。
飲まないと、調子が悪くなるとか、飲んだから元気になったみたいな実感はなく、なんとなくの習慣です。
(休日はなぜか飲まない。)
1回9錠なので、かみさんの分も合わせて18錠出します。
この18錠というのを1回で出すのがなかなか難しい。
多すぎたり、足りなかったりします。
最近は、その出かたで一日の運勢を占う「わかもと占い」をやっています。

もし、1回で出た「わかもと」の錠数が18錠より少なかったら、その日は消極的(もう少しガンバ!)
錠数が18錠だったら「何かいいこと」がある
もし、18錠より多かったら、積極的過ぎ(要注意)

てな具合です。

今日は「積極的過ぎ、要注意」でした。
わしに近づくと危ないかもよ。
[PR]

by s_space_s | 2012-03-02 12:37 | あほばなし | Trackback | Comments(2)