blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 26日

針ノ木雪渓赤石沢上部、蓮華大沢テレマーク

【山域】北アルプス
【場所】針ノ木雪渓、赤石沢、蓮華大沢
【日時】2014年5月25日(日)
【コース】扇沢~針ノ木峠~2754ピーク~赤石沢滑降2450mまで~蓮華岳~大沢滑降~扇沢
【メンバー】いしはらさん、じゅんぺいくん、つるさん、わし
【天気】高曇り
【ルート図】(クリックしてね)
e0064783_11595214.jpg
【タイム】扇沢7:45 針ノ木峠10:20 蓮華岳14:00 扇沢15:15

たまには定番のコースも滑りたいので、いしはらさんと白馬方面へ行く計画をしていたら、いしはらさんのクライミング仲間で若いじゅんぺいくんとつるさんも一緒に行くことになり、じゅんぺいくんたちが白馬方面へ行ってきたばかりなので、蓮華大沢を滑ることにしました。
蓮華大沢だけだと半日で終わってしまうので、赤石沢の上部もおまけで滑りました。

赤石沢の上部は一枚バーンの広い急斜面でいい感じでした。
地形図のバグだと思いますが、「何じゃこりゃ?」の所も確認したかったけど、登り返しがきついのでやめました。

昼近くになると、急斜面が腐れ雪になり、赤石沢の登り返しには苦労しました。
わしのアイテムは、修理したT3とヌーニョという軽さ重視のチョイスです。
わし以外の3人はセミファット以上の板にT2,T1などの滑り重視。
おまけに、ヌーニョにはスキーガイド検定のとき必須だったので、直付けのペッツルスキーアイゼンも付いています。
結果的に、登りではこの選択が効いて、若い子たちに置いて行かれることはありませんでした。
復活したシールもちゃんと使えました。

蓮華岳からは手前のピークからのラインが良さそうに見えたので、少し戻って滑り込みました。
じゅんぺいくんのテレマークは思い切りがよくフォールラインを攻める滑りで、感心しました。
わしは、怪我をしないよう慎重にクラシックなテレマークで腐れ雪の急斜面を降りました。
谷底に入り狭いとこもありましたが、雪はまずまずで楽しく滑降。

二俣の少し上はやはり落石がありますが、たまに変な衝撃がソールに感じられる以外はそれほど支障ありません。
その下の広くなったメロウな斜面でお口直しして終了。
若い人と滑ると自分も元気が出ます。

e0064783_21314281.jpg
針ノ木峠からはシートラーゲン

e0064783_21130689.jpg
赤石沢滑降の前にハッピーターンで験かつぎ
e0064783_21130674.jpg
じゅんぺいくんのテレマーク。かっこいいね。
e0064783_21130672.jpg
安定したいしはらさんのテレ

e0064783_21130694.jpg
わしも行くど~!

e0064783_21484296.jpeg




蓮華岳へ移動

e0064783_21130651.jpg
蓮華岳から隣のピークを振り返る。
隣の芝生はなんとやら。


e0064783_21130678.jpg
下が見えない急斜面を果敢に攻めるじゅんぺいくん
e0064783_21130631.jpg
つるさんも行くど~!
e0064783_21315641.jpg
大沢を振り返る
e0064783_21314681.jpg






[PR]

by s_space_s | 2014-05-26 17:21 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 24日

美濃加茂創造の森の岩場

今日も友人のKと美濃加茂の岩場に行ってきました。
今日はKが岩のピッチをすべてリード。
わしはブッシュや繋ぎのピッチをやりました。

右の大スラブ1ピッチ目
e0064783_16293335.jpg
2ピッチ目
e0064783_16293234.jpg
3ピッチ目
e0064783_16293263.jpg
e0064783_20192098.jpg

4ピッチ目まで登って、懸垂下降の練習をしながら取付きまで戻りました。
e0064783_20191692.jpg
対岸の三角岩壁も面白そう。
e0064783_16293384.jpg
先週登った左岩稜を登っているパーティーがいました。
e0064783_16293347.jpg
コールしてみると、Right&FastのTさんとIガイドでした。
岩場の下まで行って少し話をしました。
Tさんのマシンガンのようなギャクは変わりなく、すごいクライマーになってしまったIガイドも好青年の雰囲気は変わらず。
懐かしかったです。
e0064783_09272579.jpg

お昼で切り上げて中華料理を食べて帰りました。
家に帰ってメールをチェックしたら、この岩場の整備をしてみえる、Y氏からメールが来ていました。
ご連絡すれば案内していただけるとこのとで、また楽しみが増えました。

e0064783_16011446.jpg

注意!
岩場への踏み跡のスタート地点である車止め(横のスペースから進入可能)された広場は駐車禁止との地元の方からのご意見がありました。広場の奥の道は公園の管理道路になっており、火事など大型車が入る必要があるときに障害となるとのことです。車は牛牧橋を渡った左側の空き地に止めてほしいとのことです。




[PR]

by s_space_s | 2014-05-24 16:42 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 22日

シール「復活の日」

真川源流キャンプで、グルーのベースが劣化してモヘア部分だけ残ったアセッションのシールです。
e0064783_23202212.jpg
剥がれたのはこの黒いゴムシートみたいな部分で、元のシールの半分ぐらいの厚みがありました。
e0064783_23201492.jpg
グルーアップする面が布地なので、1回塗っただけでは染みこんでしまい、粘着力が弱い。
一度乾かしてから、薄くグルーアップすることでいい感じになりました。
怪我の功名か、スキンの厚みが減って、むっちゃコンパクトに畳めるようになりました。
機能は、今週末、山で使ってみて確かめたいと思います。
e0064783_23201902.jpg
ちなみに、チートシートの代わりに使っているのは、農作業などに使う防風ネットを切ったものです。
キウイの木に掛けた残りの切れ端利用です。
ただ同然なのに使いやすいですよ。



[PR]

by s_space_s | 2014-05-22 08:29 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 20日

ポデローザ3号の700c化完了

GWごろから、ちょこちょこ部品を取ったり付けたりして楽しんでいた、MTBもどきのわが愛車。
リアブレーキの手持ちに合うものがなく、自転車店でパーツを取り寄せてもらっていました。
e0064783_21352802.jpg

タイヤが700c×38cなのでブレーキマウントとタイヤのクリアランスがほとんどないので、付けてみるまで心配でした。
もらってきたブレーキを付けてみると、なんとブレーキ本体とタイヤが完全に当たっています。
エンドの後ろまでホイールをいっぱいに下げてもです。
700c化計画はこの時点で失敗に終わったかと思いました。

しか~し!
ブレーキマウント用の穴を観察してあることに気がつきました。
ブレーキのボルトのラインとタイヤの接線が平行になっていないのです。
これは標準のホイールセンターより後ろにセットされているためです。
そんなら、ブレーキを反対側に付ければブレーキ本体はタイヤから少し離れるはず。

やってみたら付きました~。

e0064783_21352821.jpg
問題はこのような変則的なセッティングで強度的に大丈夫かという点です。
よく考えると、フロントとリアのキャリパーブレーキのデザインは共通なので、フロントブレーキと同じ向きに力が掛かるこのようなセッティングでも大丈夫なはず。
沈頭ナット式ではできない裏技です。

ちょっとは軽くなったかなと思って・・・
バネ秤で重さを量ってみたら13.5kgもあってが~ん!
e0064783_21352862.jpg
早くサイクリングに行きたいな。



[PR]

by s_space_s | 2014-05-20 20:33 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 17日

美濃加茂高木山の岩場

マルチピッチのトレーニングがしたいという旧友のKに付き合って、美濃加茂健康の森のある高木山の岩場に行ってきました。
取り付くまで半日ががりの岩場でした。

高木山の隣にある富士山。
結局、岩場を探して高木山の山頂までクライミングギアを担いで登ってしまいました。

e0064783_22390204.jpg
展望台のある高木山からは北面に2本の岩稜が望まれます。

e0064783_22390289.jpg

高木山西隣にも大洞穴を持った岩場がありました。
面白そうなので、洞穴の下まで登ってみました。
e0064783_22390244.jpg
洞穴は奥行きはあまりない大ハングでした。
水が浸み出しており、壁は緑の苔に覆われていました。

e0064783_21064479.jpg
今日は、山腹にあるマンガン採掘鉱跡やエイカン穴など穴によく入りました。

やっと見つけた、ここが、高木山の岩場です。
岐阜ケルンの人たちにアプローチを訊いて来ればよかったのですが、こんな岩場探しも面白かったです。
けっこうスケールがあります。
e0064783_22390357.jpg
最初に現れたフェースを登ってみました。
e0064783_22390279.jpg
Kは変な汗をかいていたのか、レンズが曇っています。
e0064783_22490483.jpg

時間がなくて2ピッチ登っただけですが、隣に見えた大スラブも面白そう。
近いうちにまた行こうということになりました。
百々ヶ峰の不動岩と似たような岩質(チャート)ですが、スケールとロケーションはこっちのほうが上のようです。





[PR]

by s_space_s | 2014-05-17 22:41 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 14日

Trout Fishing in America

よく行く本屋の海外文学のコーナーで「アメリカの鱒釣り」というタイトルが目に付いた。
ぱらぱらと捲ってみた感じ、開高健の「オーパ」みたいなものではないとすぐ分かった。
けど、なんとなく「釣魚大全」的なものが含まれているのではないかと思い、購入。

まだ、途中までしか読み進んでいないが、読んでみたら全然見当違いで、釣りの本ではなかった。
アメリカ的なもの(それも、あまり明るい部分ではないもの)のイメージがシュールな「アメリカの鱒釣り」という固有名詞をつけられた人物や出来事に関する物語として綴られていく散文詩であり、幻想的な短編集だった。
著者リチャード・ブローティガンはアメリカのビート・ジェネレーションの代表的な作家というのを後で知った。
同時代の作家ジャック・ケルアックの「路上」を昔読んだことがある。
この時代のアメリカ的なものにはわし自身興味があり、結果オーライ。

リアルな鱒釣りの話ではないが、スチールヘッド、カットスロートなどの鱒や川や湖が出てきて、釣り好きには楽しめる。
枕元に置いて、眠り薬として活用中。

e0064783_14013637.jpg



[PR]

by s_space_s | 2014-05-14 23:15 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 14日

息子と釣りへ

ここ数年、ゴールデンウィークあたりで坊主と渓流釣りに行くのが恒例行事のようになってます。
いつも白鳥方面の沢に行くことが多いのですが、今回は気分を変えて揖斐方面の沢にしました。
家から1時間ぐらいで行ける、お手軽な小沢です。

中流にある綺麗なナメ滝20m
e0064783_20454942.jpg
新緑が美しい
e0064783_20454927.jpg
ここの岩魚はよく肥えています。
e0064783_20455062.jpg

大木が伐採してありました。
切り株の上に熊?
e0064783_20454991.jpg

サワグルミの花
e0064783_20455040.jpg
ワサビの花
e0064783_20454926.jpg
真川源流キャンプでいしはらさんに教えてもらった岩魚の胃袋炒めを作ってみました。
30匹分ほどあったのでいい酒の肴になりました。
歯ごたえがあってひねの皮肝みたいです。
e0064783_20455037.jpg
** レシピ **
材料:岩魚の胃袋、ごま油多め、塩、コショウ、醤油、粉山椒

岩魚の胃袋は現地で捌くときにはさみで開いてよく洗っておく。
いろんな物が出てきて面白い。
フライパンに多めのごま油を引いて胃袋を炒める。
よく火をとおしたほうが歯ごたえが出て美味しい。
あとは好みの調味料で味付け。









[PR]

by s_space_s | 2014-05-14 23:04 | 釣り | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 12日

あぶらぼてが死にました

4年ほど前に近所の用水で採ってきて水槽に飼っていたあぶらぼての親分がとうとう逝ってしまいました。
2年ぐらい前から寒くなると元気がなくて、水槽の底に横になっていることが多くなりました。
今年は暖かくなっても横になっていて、人が近づくとよろよろと水面に出て浮かんだ餌を食べるという状態でした。
両目は白内障みたいになって見えないようでした。

この水槽にはもう一匹メスのあぶらぼてがいるだけで少し寂しい感じでした。
また、底に沈んだ餌が溜まって汚れるので、水底の泥を食べてくれるドジョウみたいな魚を入れてみることにしました。
千鳥橋あたりでガサガサしたらシマドジョウ1匹、小さいヨシノボリ3匹が採れました。
こいつらを水槽に入れて2日後に親分は死にました。

かみさんは、「小さな水槽では今の状態でバランスが取れているんやで、新しいものを入れたら弱いのから死んでしまう。」と言っていました。
わし自身、よぼよぼになった親分が水槽の底で横たわっているのを毎日見るのがつらかったということもあります。
見ると忘れていた死を思い出すので。

タナゴの寿命は自然界では3年ぐらいらしい。
採ってきたときにもう大きかったので、死んだときの魚齢は?です。





[PR]

by s_space_s | 2014-05-12 17:34 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 10日

壊れかけの・・・。

長年、山をやっていると、道具がいっせいに壊れ始めることってないですか。
今回、北ノ俣へスキーに行って、いろんなものが壊れたり、壊れかけたりしました。
性分として、直して使えるものは捨てられません。

・アセッションのシールのグルーベース部分が劣化し完全剥離:20年程度使用
・テレマークブーツT4のソールがつま先部分から剥離、ベロに亀裂:11年使用
・サーマレストスリーピングマットに焚き火の火の粉が降りかかり穴多数(不注意):20年使用
・スキーの樹脂のキャップ構造が劣化し、全面細かい亀裂、一部剥離:20年以上使用
・BDの薄手手袋、指先部分に穴多数(何回も修繕済)
・シュラフカバーのゴアライナーが完全剥離(2重封筒状態):30年程度使用



修理するのが、また、楽しかったりします。
早く捨てたほうがいいものもありますが。
ちなみに、昨年勝山のゲンゴロウさんから褒められた古いゼロポイントのザックは引退しました。

とりあえず、マットの穴はいつものセメダインスーパーXを直接塗って塞ぎました。
これはいしはらさんに教えてもらった方法です。
今のところ、空気漏れはありません。
e0064783_09180968.jpg
ほくろがいっぱいあるみたいで、見た目は悪いけど、問題ない。
e0064783_09181341.jpg









[PR]

by s_space_s | 2014-05-10 09:23 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 09日

春休み源流大人キャンプ(真川源流から北ノ俣岳)

【山域】北アルプス
【場所】北ノ俣岳
【日時】2014年5月3日~5日
【コース】飛越トンネル~寺地山~真川源流BC~北ノ俣岳往復
【メンバー】Nさん(おやじまったり登山隊)、いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】1日目:曇りのち小雨
    2日目:晴れ
    3日目:雨

「テレマークスキーと渓流フィッシングの融合」
GWのプランをいしはらさんと相談していて、どこかの源流にキャンプしてのんびりスキーしたり、釣りや焚き火をしたいねという話が出ました。
いくつか候補地はありましたが、昔ステップソールで滑り込んで、大変良い印象を持っていた真川源流に行ってみることにしました。
「おやじまったり登山隊」のK先生とNさんにも声を掛けましたが、直前になってK先生は風邪でダウンの連絡があり、3人でキャンプすることになりました。
主たる目的はキャンプしてまったりすることなのですが、せっかくなので真川源流から北ノ俣の西面の原生林を滑る計画も入れました。
このあたりは、高岡の「たき」さんが昔滑ってみえたと思います。
アプローチは寺地山の北に延びる尾根から。
ここが、思った以上にスキー向きのいい尾根でした。

真川源流の雪原は、やっぱりイメージどおりの天国でした。
北ノ俣はお昼近くなっても上部の雪がゆるまず、昔、御嶽で痛い目にあった板(手彫のステップソール)で来たので緊張しましたが、滑り込んでみると、いい感じになっていて、楽しくテレマークができました。
何度でも来たいところです。

(1日目)
飛越トンネルのかなり手前で林道の路肩にいっぱい車が止めてあり、登山者の多さに驚きました。
途切れ途切れですが雪のあるところはスキーで歩きます。
e0064783_21514619.jpg
登山道はトンネルの左を上がっていますが、スキーを使えそうなトンネル左手の尾根を上りました。
途中でファイントラックの相川さんとすれ違い、ご挨拶しました。

登山道に合流すると雪が十分あります、緩やかなアップダウンがある尾根はステップソール向きです。
いしはらさんはマズシャス、わしは彫刻刀手彫の細板です。
登行能力はくやしいけど、マズシャスのほうがちょっと上みたいでした。
ちなみに、Nさんは山スキー。
最後までペースが合いませんでした。

寺地山へ近づくと北ノ股の白い斜面が見えてきて、明日の滑降が楽しみになります。

e0064783_21514638.jpg
寺地山から北の尾根に滑り込みます。
サワラやコメツガなどの疎林で楽しく滑れます。
e0064783_21514645.jpg
上部はメローな感じ。
e0064783_20505660.jpg

下部はちょっと急なところもあります。
真川の源流に降り立ち、期待していたスノーブリッジを探しますが、このあたりは既に流れが完全に出ていました。
水量は少ないので、場所を選べば渡渉もできますが、ちょうどいい所に自然の橋がありました。
e0064783_21522935.jpg
この橋の前が平地になっていたので、ここをベースキャンプ地に決定。

e0064783_21514625.jpg
Nさんに焚火の準備を任せて、わしといしはらさんは早速釣りに行きました。
天気は小雨もようで、非常に寒く、コンデションはよくなかったけど、今夜の塩焼きと骨酒用は確保できました。
e0064783_21514604.jpg
小雨の中でなかなか火が熾きず苦労しました。

e0064783_20510081.jpg

雨も上がり、酒を飲みながらのんびりします。
e0064783_21514662.jpg
いい感じになってきました。
e0064783_21512187.jpg
夕方まで、骨酒飲んだり、飯盒の飯を食べたりして、贅沢な時間を過ごしました。
これだけでほぼ今回の目的は達成したようなもの。
夜空は晴れ渡り、夜は放射冷却で冷え込みました。

林道車止8:30 トンネル前9:15 寺地山12:45 真川源流13:30 


(2日目)
夜明けとともに起床。
あまり早く出発しても、上部はクラストしているので、ゆっくり準備して、7時ごろ出発しました。

e0064783_20544476.jpg
熊の新しい足跡がありました。
昨日は糞も見たなぁ。
e0064783_21521335.jpg
ここがステップソール天国です。
e0064783_20545369.jpg
コメツガ、オオシラビソなどの原生林の中にところどころ開けた斜面が出てきます。
e0064783_20545075.jpg
隣の太郎山の西尾根も真っ白で美味しそうです。
e0064783_20535874.jpg
神岡真道に2400mあたりで合流します。
その下の沢状の地形を登ります。
e0064783_21521362.jpg
VO?
e0064783_20544258.jpg
ここで調子がいまいちのNさんは別行動することになりました。
上部はハードクラストでシールでは少し怖かったけど、なんとか頂上に着きました。
430MHzバンドで高岡の固定局の方と交信できました。
e0064783_20535242.jpg
なかなか雪がゆるまないので、頂上でぐずぐずしていましたが、きりがないので…。
e0064783_20544049.jpg
出だしはかなり急でしたが、雪はいい感じに緩んでいました。
e0064783_20534947.jpg
古い細板のステップソールでも快適です。
e0064783_21532298.jpg
マズシャスのいしはらさんも当然いい感じ。
e0064783_21521293.jpg
2400mあたりでNさんとも合流できました。
e0064783_21521224.jpg
途中でおいしそうな斜面に引き込まれ、下部はかなり左寄りのラインになってしまいました。
こういう時、ステップソールなら横移動でラインを変えるのは簡単なのですが、Nさんには悪いことをしました。
ベースキャンプまで戻ってほっとしました。
e0064783_21521238.jpg
今日もNさんにたき火を任せて、いしはらさんと2人で釣りに出ます。
e0064783_21521286.jpg
小雨だった昨日と違い、天気が良くて、喰いもいいみたいです。

e0064783_20541361.jpg
本日の大物賞
e0064783_20541628.jpg
Nさんの焚き火も進化形

e0064783_21521271.jpg
いしはらさんが刺身を作ってくれました。
e0064783_21521262.jpg
今日も骨酒と持ってきたいろんなつまみと飯盒飯で満腹です。
天気もいいし、もう天国じゃあ。

BC発7:00 9:40森林限界 10:50~11:30北ノ俣 BC着12:45


(3日目)
小鳥の声で目が覚めました。
朝から雨が降っています。
こうなったら慌ててもしかたないので、ゆっくり朝飯を食べてからテントを撤収して出発。
e0064783_21522916.jpg

本当にいい感じの尾根です。
e0064783_21522990.jpg

寺地山に着くと下山する数パーティーと前後するようになりました。
中には登山道を外れて真川方面にいってしまうパーティーもありました。
トレースがあっても2回ほど逸れかかってヒヤッとしました。

トンネル脇に降りる尾根は雪が切れているところもありました。
わしの技術では怪我しそうなので、潔く板を担ぎました。
e0064783_21522962.jpg
Nさんゴールイン!

e0064783_21522967.jpg
駐車してあった車もだいぶ減っていました。
e0064783_21522936.jpg

BC発6:30 車止10:20

山へ入る前から少し風邪気味だったのを、こじらせてしまいました。






[PR]

by s_space_s | 2014-05-09 12:41 | テレマーク | Trackback | Comments(5)