blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 27日

最近読んだ本(日本の山と高山植物・R62号の発明・鉛の卵・庶民烈伝)

★日本の山と高山植物
ものの名前を知ること自体に意味があると思うので、高山植物の名前や特徴を憶えることはいいことだと思います。
次の段階として、高山植物と環境の関わりとか、高山植物がどこから来たのかなど興味を持ったので、この本を読んでみました。
日本の山岳の多様性と希少性を再認識しました。

(ほほう!)と思った話題を幾つかメモします。
・日本の上空では、冬、ヒマラヤの北と南を回ってきたジェット気流が収斂し、平均風速が秒速21mと世界一の強風域となる。
 その強風で植被が削られる風食現象も世界では珍しい。
・大雪山の森林限界は1600m、本州中部では2600m。日本付近では1㎞北上すると森林限界が1m下がる。
・もし日本の山がもっと高かったらハイマツは3200mまでびっしり広がりその上に高山植物群落ができるはず。
 実際は山頂現象(風上の強風と風下の多雪)によりハイマツが生育できないエリアができ、そこに高山植物が入り込んだ。
・森林限界は夏の最暖月の平均気温が10度に一致する。北アルプスの森林限界は気温の上での到達高度より200~400m低い。
 これは山頂現象と岩塊斜面が針葉樹の生育を妨げ森林限界を押し下げているから。
・ホシガラスはハイマツの実を岩の上に運んで食べる。また食べ残しの実を草地に掘って埋める。これが分布拡大の助けになっている。
 しかし、極端な強風地では実をつけることができない。(他の著書によれば、匍匐した枝から根を出して繁殖するとあった。)
・日本列島の大部分は大陸プレートからはぎとられた付加体。チャートや石灰岩など海底で形成された岩石はもともと日本付近でできたものではない。
 (日本国内の石灰岩や鍾乳石を指して、「大昔ここは海底でした」というのは正確ではない。)
・日本は地質の博物館ともいわれるほど地質が多彩。それが山岳における植物の多様性にも寄与している。
・最終氷期の最盛期2万年前より6万年前の寒冷期のほうが日本の氷河が発達した。穂高では横尾付近まで。
 これは日本海に流入する対馬暖流の影響。2万年まえは海面が低下し対馬暖流がストップした。
・白山御前峰の北半分には無植生帯があるが、これは冬の強風の影響ではなく、450年ほど前に翠ヶ池から発生した火砕流が尾根を越えて流れた跡である。

平凡社新書 小泉武栄著


★R62号の発明・鉛の卵
1956年、阿部公房(32歳)が書いた短編集。
東京の神田で娘と待ち合わせすることになり、立ち飲みを梯子しながら、ふらっと入った駅前の本屋で買いました。

「R62号の発明」のラストのグロさは格別です。
この短編の解説で、「機械になった人間が機械を発明して人間に復讐する」というようなくだりをよく見かけます。
けど、機械になってしまった人間には、復讐みたいな非常に人間的な感情は、もはや存在しないと思います。
人間を消耗品・パーツとして機械に組み込むことの不条理こそ、この作品の気味悪さなのだと思います。

田舎に赴任した教師の違和感を不条理な出来事で綴る「鏡と呼子」。
その世界はカフカのそれを思い出させます。
主人公が、カフカの「城」の主人公と同じKとなっているのは偶然ではないのかも。
Kafkaのイニシャルでもありますし。
でも、単純に公房のKだったりして。

タイムカプセルとか言って小学生が校庭に空き缶を埋めたりしますね。
「鉛の卵」はそれの人間版。
1987年に埋められ2087年に目覚める予定が、80万年後の地球で「古代人」として目覚めてしまった男のお話です。
80万年後の地球には植物化しながら高度な知性を持ったヒトの子孫がいるのですが、「古代人」とは全く異なる価値観を持っています。
光合成できるので労働に価値など置いてませんし、賭け事が大好きで、長生き過ぎで死にたがっている。
養分は下半身の房から摂れるので、食欲はないし、食べることが犯罪行為とみなされています。
最後の大どんでん返しで、この植物人間以外にも「古代人」と同じ形態と性質を持つ未来人がいることが分かるのですが、どっちが自分の「正当な子孫」なのか自分で良く分からなくなって来て、大声で泣いてしまうのでした。
どっちもなんじゃねえの?

新潮文庫 


★庶民烈伝
1970年、深沢七郎(56歳)が書いた短編集。
長良北町の古本屋「鯨書房」の百円均一の棚にあったのを見つけました。
烈伝というだけに、ここに描かれる庶民の一生は凄まじい。

死ぬまで周りに迷惑かけまいと嘘をついた「おくま」婆さん。
親の性病のせいで醜女になり刑務所帰りの旦那は再犯で死刑となり、目が悪くなってお針子仕事ができなくなって数年で死んだおセン。
広島原爆で目がつぶれた按摩おタミは、目に焼き付いた原爆雲の中に神を見る。
キャバレーのママの座争奪戦。引退ママで知っている人がいるのですが、ありそうな話で面白かった。
「べえべえぶし」の善兵衛を殺すに刃物はいらぬ。稲の消毒すればよい。
品物にならない「お化け梨」ができる病気が流行り、転作する腹を隠しながら探り合う梨栽培農家の治助と軍平。

序章で庶民の定義が語られます。
強情で意地っ張り、騙されやすく、世間の目を気にするのが庶民。
資本家、作家、俳優、スポーツ選手など上昇志向や自己顕示欲を持つものは「異常神経」の持ち主で庶民ではない。
わしもそう思います。

新潮文庫




[PR]

by s_space_s | 2014-08-27 22:01 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 27日

ねじれたポール

通勤途中の交差点で案内標識が傾いていました。
ポールが、なんか変な感じだったので、よく見ると。

e0064783_20482566.jpg

ポールが、ねじり飴みたいにねじれています。


e0064783_20482578.jpg

竜巻でも起こって、ひねられたのでしょうか?
このテープは、もしや怪事件でも・・・。


ここです。
e0064783_12384473.png







[PR]

by s_space_s | 2014-08-27 12:21 | あほばなし | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 19日

毛鉤釣り、或いは少しワイルドなドライブ

月曜日の午後、先日久しぶりに巻いた毛鉤を試しに、近所(と言っても車で1時間弱)の谷へ行ってみました。
道路沿いの板取川はまだ恐ろしいほどの濁流です。
行ってみようと思っていた谷も釣りができるような状況ではないので、最源流まで入れる隣の谷へ転進しました。

いつもは小川のようなこの谷も、見違えるような水量です。
水が濁ってないのが救いです。
普通このような状況では毛鉤の追いが良くありません。
少し沈めて誘ってやったらアマゴが食いついて来ました。
e0064783_21514599.jpg
この谷は昔はアマゴの谷だったのが、最近はイワナばかりになったと思ったら、今日はアマゴばかりでした。
毛鉤のテストなのでみんなリリースです。
パートリッジを使った蓑毛の動きは良いようでした。
e0064783_21514584.jpg
アマゴなのでアタックが早いし、増水して食いが悪いので、ヒットする確率はイワナのときのように高くはありません。
3匹ほど掛けて満足して帰ればいいものを、次の淵、次の落ち込みと未練がましく竿を出し続けました。

絶対いると思った大きなプールでガツンと当たりがあり、竿がしなりました。
「やった!」と思って数秒やり取りした後、ふっと抵抗がなくなりました。
切れたと思ったけど、鉤が外れただけでした。
そのぐらい良い引きだったのです。

もう1回出ないかと、まだ竿をたたまずにいたら、急に雨が降り出しました。
おまけに雷も鳴り始めました。
仕掛けを片付ける余裕もなく急いで谷から上がり、車に戻りました。
土砂降りになり、全身ずぶ濡れで車に駆け込みました。
着替えは短パンしか持ってきてなかったので、短パン一丁で帰ります。

山から町へ出ると雨はうそのように上がって、まだ夏の午後の熱い風が吹いていました。
ARBをかけながら、窓を開けて上半身裸で運転するのは気持ちが良かった。
ちょっとワイルドになった気分で。



[PR]

by s_space_s | 2014-08-19 17:30 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 17日

ゴーヤかりんとう

ゴーヤかりんとうを作ってみました(かみさんが)。
ゴーヤと半分の目方の砂糖を煮詰めて、きなこをまぶしただけです。
コーヒーのお供に結構いけます。
e0064783_17133718.jpg
ランチュウが赤くなってきました。
全員元気です。
里親募集中!
e0064783_17133791.jpg



[PR]

by s_space_s | 2014-08-17 17:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 17日

ほんとによく降りますね

お盆は自分の山ではなくて荘川でシャワークライミングのガイドの予定でした。
15日午前のツアーをガイドしましたが、水位が高く、わしの技量では危険と判断し途中で中止にしました。
北さんとブルースはゴールまで行ったそうで、脱帽。
経験とテクニックが全然違います。

その後はやることがなく、ODファームで北さんの石窯ピザ作り(お客様用)のお手伝いをしたり、自分たちもピザを焼いて食べたり、ブルースと喋ったりして、のんびりしました。
e0064783_06203143.jpg
16日以降のツアーはキャンセルになったので、すぐ岐阜に帰ればよかったのですが、荘川宿舎で1泊して帰ることにしました。
夕方は御母衣湖でブルースのカヤックの予約が入っていたので、キャンプ場の受付のお手伝いに付いていきました。
ブルースはニュージーランド人でラフトやカヤックの凄いガイドです。
日本語はほとんど話しませんが、キャンプ場を管理している地元のおじさんたちともボディランゲッジで仲良くなってしまうナイスガイです。
結局カヤックも雨降りでキャンセルになり、ODファームに戻って、皿洗いなど片付けをして宿舎に帰りました。

宿舎ではもう一人の外国人スチュアートとガイドのゲンちゃんも交え岐阜から持って行った貰い物の焼酎「百年の孤独」を皆で飲んで楽しかった。
この焼酎ってプレミアがついて1本1万円もすると北さんから聞いて、確かに美味しいような気がしました。
ブルースはロケットの燃料だと言っていましたが・・・
ゲンちゃんが明日は郡上でケイビングのガイドに入るというので、お願いして連れて行ってもらうことになりました。

翌朝は4時半に起きて宿舎を5時出発、リーバーベースで機材を積み込み郡上の美山鍾乳洞へ移動。
午前はファミリーツアー、午後は一般ツアーに付いて行きました。
基本的にはクライミングのテクニックと同じですが、濡れているのと、内面登攀技術(チムニー登り)などを使う場面が多くお客さんをうまく動かすのが難しそうでした。
あと、鍾乳洞の螺旋構造は迷路のようで、エスケープも含めコースを把握するのが、記憶力のないわしには厳しそうでした。
一般公開のコースでない美しい鍾乳石と洞窟の怖さを体験できたのはよかった。
まずはサポートで入れるぐらいが目標です。

翌日の今日17日、なんか体がだるく、読書していても眠ってしまいます。
網戸の張替えと、通勤ママチャリの後タイヤ交換をしただけで、ごろごろしています。
今、岐阜市あたりでも1時間に50㎜の勢いで雨が降っています。
近くの町に避難勧告が出ました。






[PR]

by s_space_s | 2014-08-17 16:40 | ガイド | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 11日

毛鉤を巻いてみました

台風の影響で劔岳のクライミングは延期となり、この土日は家でのんびりです。
まっちゃんにもらったバド・パウエルのLPを聴きながら、安部公房の短編集「R62号の発明・鉛の」を読んだりしています。
これは最高の贅沢だと思うのですが、2日もやっていると、さすがに体や頭の底に澱が溜まってくる。

The Amazing Bud Powell, Volume One
e0064783_08542351.jpg
"Un Poco Loco"三連発は凄い。

台風で体を動かすこともできないので、何か作ってみることにしました。
そこで思いついたのが、テンカラの毛鉤。

普段やっているのが提灯釣りのテンカラなので、毛鉤を枝にひっかけて無くすことがほとんどありません。
丈夫な毛ばりなら1回の釣行中、1個の毛ばりでもつこともあります。
それに、テンカラの毛鉤は針に何か巻いてあれば、アマゴでもイワナでも食い気のあるやつは出てくるものです。
子供が昔巻いたのや、もらい物の毛鉤で十分遊べます。
なので、なかなか自分で巻くことがないのですが、古いマテリアルを引っ張り出してきて暇つぶしに巻いてみました。
e0064783_20294982.jpg
コンセプトは「丈夫な毛鉤」
ハックルはパートリッジ、胴はピーコックハールです。
ハックルが多すぎのような気もしますが、そのうち抜けてちょうど良くなると思います。

早く谷へ行きたいなぁ。




[PR]

by s_space_s | 2014-08-11 12:55 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 07日

やっぱ1番は気持ちがいい

昨晩はコザエモンさんを誘って柳ヶ瀬へ呑みに行きました。
気になっているお店があったのですが閉まっていたので、いつもの「かたらい」へ行きました。
水曜日はしき子さんが店に出る日で、久しぶりに面白い話が聴けました。
岡本太郎の「今日の芸術」を読んでから変わったという絵を観てみたい。

途中から例によってカラオケ大会に突入しました。
ちょっと来ないあいだにカラオケが進化していて、採点だけでなくて、ネットで繋がった他の店のカラオケも含めて、ある曲を歌ったなかで順位が出るというハイテクマシーンになってました。
コザエモンさんと適当に選曲して歌って、500位ぐらいで上から3分の1に入ったとか言って喜んでいたら、この店で3桁の順位なんて見たことがないと、しき子さんに笑われました。
しき子さんに言わせるとマスターは音痴(失礼!)なのだそうですが、1位になったこともあるそうです。

人気のある曲だと4桁以上のエントリーがあります。
けど、わしらは調子が出てくると、だんだん選曲がマニアックになってきて、エントリー数が減っていきました。
そして何曲めかも何歌ったかも思い出せませんが(多分ARBか泉谷)、50人ほどのエントリーで1番になりました。
エントリーが少ないのは珍しい曲を歌えるというように考えれば悪くはないし、なんと言っても1番というのは気持ちがいい。
その後も、もう一回1番が出て、なんか良い気分で店を出ることができました。

コザエモンさんは終電で先に帰ってしまったので、しき子さんが上がるのを待って、夜中の12時開店で朝8時までやっているという居酒屋「まるあけ」へ連れて行ってもらいました。
(後で確認したら、うどん屋さんということになっていました。)
酔っ払って寝てしまったおっちゃんがいても朝まで起こさないとか、普通の店ではお目にかかれない面白い人間が集まってくるとか聞いていました。
話から想像していたより普通の感じでした。
ただ、ママさんの肝が据わっているのが、酔っ払いのわしにもよく分かりました。
朝までいたかったけど、明日も仕事なので、ほどほどにして帰りました。

無事、帰宅と言いたいところですが、帽子を忘れたことに翌朝気がつきました(残念!)。




[PR]

by s_space_s | 2014-08-07 18:01 | あほばなし | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 06日

A・O・R

岐阜FMで平日19:00~20:55に放送されているA・O・Rという番組をたまに聴きます。
火曜日8時台はJazz特集なので、酒飲みながら聴くには大変よろしい。

昨日はクラシックの曲をジャズに編曲して良い感じになったナンバーを特集していました。
特に気に入ったのが、ハード・バップ時代のテナーサックスプレイヤー、ティナ・ブルックスによる「ストレンジャー・イン・パラダイス」です。

Stranger in Paradise


ティナ・ブルックスのリーダー・アルバムは4枚しかないそうですが、”Stranger in Paradise” は彼の死後に発表された ”THE WAITING GAME” に収録されています。
他の曲も聴いてみたいです。

”Stranger in Paradise” は1953年に発表されたミュージカル「キスメット」の中の一曲で、オペラ曲「ダッタン人の踊り」のメロディーを使っているそうです。
ジャームッシュの映画 ”Stranger Than Paradise”(1984)はお気に入りですが、この曲がジャームッシュの頭の中にあったのでは、などと想像して楽しんでいます。

あと、ユキ・ラインハートの「エイ・オウ・ア~ル」と言うアクセントが、ちょっと色気があって、おじさんにはたまりません。








[PR]

by s_space_s | 2014-08-06 17:30 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 05日

もうパンクしそう!

通勤用ママチャリの後タイヤが薄くなってきました。
コードが見えるまではいってないけど、黒ゴムのトレッドがなくなり、最初は所々見えるだけだった灰色ゴムの部分が全体的に広がってきました。
早くタイヤを交換すればいいのに、ママチャリの後タイヤの交換は駆動系を分解しないとできないのが面倒で、延ばし延ばしにしています。
交換用のタイヤは買ってきてあるのですが、面倒なことは後回しにする悪い癖。

こうなると、バーストしそうで、恐くて空気圧を上げられません。
いつパンクするかひやひやものです。

わしの体の中にもパンクしそうなところがあります。
2年前に人間ドックで見つかった腹部大動脈瘤です。
そのときは、エコーでひっかかり、CT検査の結果、経過観察となりました。
大動脈瘤が破裂すれば、大量出血で、まず昇天だそうです。

半年ごとにCT検査で大きさをチェックして、基準の大きさになったら、手術を検討することになっています。
先日CT検査したところ、少しずつ大きくなっているのに加え、変な所?も膨らんでいる可能性があると主治医の先生に言われました。
いつパンクするかひやひやものです。

膨らんだ場所をはっきりさせるため、今日は造影CT検査を受けてきました。
腕の血管から造影剤を入れると、全身に熱いものが走り抜ける面白い感覚を味わいました。
来週、先生から検査結果と診療計画について教えていただく予定です。

普通に何かやっていて、突然、大動脈瘤がパンクして、ハイそれまでよ♪というのも悪くない。
けど、自転車がパンクしたら乗ってた人がその後、大変困ります(まあ何とかなるもんですが)。
わしの場合も困る人たちがいることを考えると、きちんと治しておかんといかんと思います。
サイクリング車の後輪みたいに簡単にパンク修理できたらいいのにね。


[PR]

by s_space_s | 2014-08-05 17:49 | 日常 | Trackback | Comments(0)